「僕らにとって作品創りは命」、『-4D-imetor』池田純矢インタビュー(上) | アイデアニュース

新着 予定 プレゼント 教室 ペット

「僕らにとって作品創りは命」、『-4D-imetor』池田純矢インタビュー(上)

筆者: 達花和月 更新日: 2021年8月3日

「エン*ゲキ」シリーズ#05『-4D-imetor』(フォーディメーター)が、2021年8月5日(木)から8月15日(日)まで、東京・紀伊國屋ホールで、8月28日(土)から8月29日(日)まで、大阪・COOL JAPAN PARK OSAKA TTホールで上演されます。〈量子力学〉をテーマに、壮大なスケールで繰り広げられる謎解きミステリー! 作・演出・主演の池田純矢さんに、作品についてお話頂きました。

池田純矢さん=撮影・NORI
池田純矢さん=撮影・NORI

――「量子力学」をテーマにする着想はどこから得られたのでしょう?

若い頃から小説を書いていたんですけど、多分17歳のときに『-4D-imetor』の原型となるアイデアノートみたいなものを作っていたんです。そもそも僕は学問がとにかく好きで、「○○学」とつけば、何でも好きっていうようなタイプの人間でした。その中でも僕の中で神に等しい存在が、アルベルト・アインシュタインで、アインシュタインに恋しすぎて、アインシュタインになりたいと思っていた人間なんです。有名どころでいえば「相対性理論」「光量子仮説」「量子力学」いろんな学問が、アインシュタインという天才1人がいなければ、多分今の人類の発展はないと言われているくらいで、本当に大天才だと思っていて。そのアインシュタインが切り開いた学問である「量子力学」という分野に関しては、もともとすごく興味があって好きだったんですが、この学問をベースに、何かエンターテインメントにできないかなと考えて「量子力学」とそれから「次元」作品では「四次元」「超能力」これを掛け合わせたら、すごく面白いものができるんじゃないかなというのが、17歳の僕の発想でした。それを何とか組み込んでやろうとしたんですが、物語にする力量がなくて諦めたという経緯が10年前にありまして。諦めっぱなしだったんですけど、その10年の時を経て「エン*ゲキ」シリーズでまた新作作りたいね、と話をしたときに、次やるとしたら何をやろうかなとぼんやり考えながらパソコンを触っていたら、10年前のファイルを偶然、たまたま見つけて「確かにこんなの考えてた。今なら書けるかもしれない」と思ったのが、今回『-4D-imetor』を作るきっかけでした。

――台本はどのくらいの期間で書かれましたか?

『絶唱サロメ』の稽古より前…2019年の5月、6月ぐらいに話が具体化して、台本は2~3週間ぐらいで書きました。メチャメチャ早かったです。そこからもちろん改稿を重ねたので、決定稿ができるまでの長い道のりはもちろんありましたが、ひとまずその原型になる台本が完成したのは、本当に3週間ぐらいでした。

※アイデアニュース有料会員限定部分には、「四次元」や「超能力」をどのように表現するのかや、「ノア」を演じる生駒里奈さんについて、昨年5月の公演がコロナ禍でやむを得ず上演中止になったことなどについて伺ったインタビュー前半の全文と写真を掲載しています。8月4日(水)掲載予定のインタビュー「下」では、作・演出・役者としてひとつの作品への関わることなどについて伺ったインタビューの後半の全文と写真を掲載します。

<有料会員限定部分の小見出し>

■映像は人間の想像力には勝てないと思うので、演劇人たるもの人力でやりたい

■謎解き要素のある作品を作るときに、やっぱりダブル主演だろうと

■『絶唱サロメ』を生駒ちゃんが観に来てくれて、「ノアを見つけた」って

■エンターテインメントは「命に代えられるんです、僕らにとっては」

<エンゲキ#05『-4D-imetor』>
【東京公演】2021年8月5日(木)~8月15日(日) 紀伊國屋ホール
【大阪公演】2021年8月28日(土)~8月29日(日) COOL JAPAN PARK OSAKA TT ホール
公式サイト:
https://enxgeki.com/

<出演>
生駒里奈 池田純矢
村田充 松島庄汰 田村心 新子景視
藤澤アニキ 北村海 町田尚規 松本城太郎 前田りょうが 春本ヒロ
阿南健治

<スタッフなど>
作・演出:池田純矢
音楽:和田俊輔
美術:根来美咲
照明:榊原大輔
音響:井上直裕
衣裳:八重樫伸登
ヘアメイク:古橋香奈子、成谷充未
イリュージョン監修:新子景視
振付:吉野菜々子
演出助手:荻原秋裕
舞台監督:西村珠生 / 尾花真
宣伝写真:京介
宣伝美術:田中ユウコ、渡部亜利沙
webデザイン:田村桂一(dooo Inc.)
webデザイン:蘭わかば
ライター:横川良明
PRディレクター:森欣治、大西徹
キャスティング:杉山麻衣
制作協力:設楽敬子
共同プロデュース:山田泰彦、北村友香理
プロデュース:森脇直人
宣伝:ディップス・プラネット
票券:サンライズプロモーション大阪

主催:関西テレビ放送 サンライズプロモーション大阪 バール
製作:バール

<関連リンク>
公式サイト:
https://enxgeki.com/
公式Twitter:
https://twitter.com/enxgeki

エンゲキ#05『-4D-imetor』 関連記事:

⇒すべて見る

池田純矢 関連記事:

⇒すべて見る

※池田純矢さんのサイン入り写真を、有料会員3名さまに抽選でプレゼントします。有料会員の方がログインするとこの記事の末尾に応募フォームが出てきますので、そちらからご応募ください。応募締め切りは9月3日(金)です。(このプレゼントの募集は終了しました)有料会員の方はコメントを書くこともできますので、どうかよろしくお願いいたします。

池田純矢さん=撮影・NORI
池田純矢さん=撮影・NORI

全文が読める有料会員登録にご協力を

アイデアニュースは、有料会員のみなさんの支援に支えられ、さまざまな現場で頑張っておられる方々の「思いや理想」(ギリシャ語のイデア、英語のアイデア)を伝える独自インタビューを実施して掲載しています。ほとんどの記事には有料会員向け部分があり、有料会員(月額450円、税込)になると、過去の記事を含めて、すべてのコンテンツの全文を読めるようになるほか、有料会員限定プレゼントに応募したり、コメントを書き込めるようになります。有料会費は取材をしてくださっているフリーランスの記者のみなさんの原稿料と編集経費になります。良質な取材活動を続けるため、どうか有料会員登録にご協力をお願いいたします。

    
<筆者プロフィール>達花和月(たちばな・かずき) 遠方の友人を誘って観たお芝居との出会いがきっかけで、二次元二次創作界の住人から演劇沼の住人に。ミュージカルからストレートプレイ、狂言ほか、さまざまな作品を観劇するうち、不思議なご縁でライターに。熱っぽく自らの仕事を語る舞台関係者の“熱”に、ワクワクドキドキを感じる日々。 ⇒達花和月さんの記事一覧はこちら

コメント欄

有料会員登録してログインすると、コメントを書き込めます(コメントを送信すると、すべての人が読める形で公開されます)。

最近のコメント

  1. ミナト より:

    いつもとても素敵な記事をありがとうございます。
    またアイデアニュースさんの記事を読めて嬉しいです。
    こちらはいつもインタビューが深くて丁寧で、しっかり読み物として楽しませて頂けるので
    心から嬉しく思っています。
    お写真もとても素敵で、どのお写真も大好きです。

最近の記事

■ 2021年9月掲載分
■ 2021年8月掲載分
 過去記事一覧は⇒こちら 有料会員登録は⇒こちら
お勧め商品
新着商品
Sorry, no posts matched your criteria.