「脚本家・演出家・役者、切り替える必要はない」、池田純矢インタビュー(下) | アイデアニュース

新着 予定 プレゼント 教室 ペット

「脚本家・演出家・役者、切り替える必要はない」、池田純矢インタビュー(下)

筆者: 達花和月 更新日: 2021年8月4日

「エン*ゲキ」シリーズ#05『-4D-imetor』(フォーディメーター)が2021年8月5日(木)から8月15日(日)まで、東京・紀伊國屋ホールで、8月28日(土)から8月29日(日)まで、大阪・COOL JAPAN PARK OSAKA TTホールで上演されます。作・演出・主演の池田純矢さんへのインタビュー後半です。作・演出・役者として、ひとつの作品への関わり方についてお話頂きました。

池田純矢さん=撮影・NORI
池田純矢さん=撮影・NORI

――これまでにも、作・演出・出演をされていましたが、今回は主演を担われることで、これまでと違うことはありますか?

稽古は基本的に代役さんで進んでいるので、僕が急にパッと入ったときに、もちろん「うわ、メッチャやることがある」とは思います。大変だとは思いますが、そんなに苦ではなくて楽しいです。単純にやることのタスクが増えたなという感じですが、それは寝る時間を削ればどうとでもなるので大丈夫です(笑)。

――台本を書くとき、演出をされるとき、役者として演技をするときで、それぞれ切り替えをされるのでしょうか?

もちろん表現方法が違うし出力の仕方も違いますが、何を表現したいかという事なので、ほぼ根っこは一緒なんです。例えば台詞が一つあって、それを脚本家として書いたときは、こういう気持ちを届けたいからこの台詞を書く。演出家のときは、自分に対してだったり、自分じゃない役者に対してもそうですけれど、オーダーをするときはこういう表現を創りたい、要は「この台詞でお客さまにこういう気持ちを受け取って欲しいので、こういうふうに演じてください」というオーダーを出します。役者になったら台詞を読んで、演出家のオーダーがあって、その上で自分はこれをお客さまにどういうふうに届けたいか、こういうふうに届けたいということで、自分の体と声、顔を使って表現をする。

だからその根っこにあるものというのは全部一緒で、これを届けたいから、じゃあどういう方法で届けるのかということなんです。それで、脚本家の池田純矢は、文字を書くことで表現する。演出家の池田純矢は、空間演出であったり台詞のトーンであったり、明かりや音楽と合わせて複合的にそれを表現する。役者の池田純矢は、自分の体を使ってそれを表現する。結局この発信源は全部一緒で、出力方法が違うというだけなので、切り替える必要はないんです。

――台本を書いたときはこう思っていたけど、演出してみたらこっちの方がいい、というようなことは?

いっぱいあります。脚本家のときは演出家の池田のことを全く無視して好き勝手書くので「こんなの書かれてるけど、無理無理」とか(笑)。でも逆に言うと、それは演出家にとって「これをどう表現してくれるの?」という脚本家からの挑戦状なわけです。書かれてるからやるしかない、書かれてることはやります、という感じです。

※アイデアニュース有料会員限定部分には、演出も出演も担当している時の稽古はどのように進めているかや、明智小次郎役の松島庄汰さんについて、ノア役の生駒里奈さんに期待していることなどについて伺ったインタビューの後半の全文と写真を掲載しています。

<有料会員限定部分の小見出し>

■基本的に脚本家のオーダーは通します。でも改変のアイデアを演出家権限で

■(松島庄汰さんは)いい意味で泥臭くて野武士、魂があって動くお芝居をする人

■(生駒里奈さんは)彼女の心の中の子供みたいな部分がすごくノアに似通っている

■構えずに身一つで来て、楽しい思いだけをお土産に持って帰って頂ければ

<エンゲキ#05『-4D-imetor』>
【東京公演】2021年8月5日(木)~8月15日(日) 紀伊國屋ホール
【大阪公演】2021年8月28日(土)~8月29日(日) COOL JAPAN PARK OSAKA TT ホール
公式サイト
https://enxgeki.com/

<出演>
生駒里奈 池田純矢
村田充 松島庄汰 田村心 新子景視
藤澤アニキ 北村海 町田尚規 松本城太郎 前田りょうが 春本ヒロ
阿南健治

<スタッフなど>
作・演出:池田純矢
音楽:和田俊輔
美術:根来美咲
照明:榊原大輔
音響:井上直裕
衣裳:八重樫伸登
ヘアメイク:古橋香奈子、成谷充未
イリュージョン監修:新子景視
振付:吉野菜々子
演出助手:荻原秋裕
舞台監督:西村珠生 / 尾花真
宣伝写真:京介
宣伝美術:田中ユウコ、渡部亜利沙
webデザイン:田村桂一(dooo Inc.)
webデザイン:蘭わかば
ライター:横川良明
PRディレクター:森欣治、大西徹
キャスティング:杉山麻衣
制作協力:設楽敬子
共同プロデュース:山田泰彦、北村友香理
プロデュース:森脇直人
宣伝:ディップス・プラネット
票券:サンライズプロモーション大阪

主催:関西テレビ放送 サンライズプロモーション大阪 バール
製作:バール

<関連リンク>
公式Twitter:
https://twitter.com/enxgeki

エンゲキ#05『-4D-imetor』 関連記事:

⇒すべて見る

池田純矢 関連記事:

⇒すべて見る

※池田純矢さんのサイン入り写真を、有料会員3名さまに抽選でプレゼントします。有料会員の方がログインするとこの記事の末尾に応募フォームが出てきますので、そちらからご応募ください。応募締め切りは9月3日(金)です。(このプレゼントの募集は終了しました)有料会員の方はコメントを書くこともできますので、どうかよろしくお願いいたします。

池田純矢さん=撮影・NORI
池田純矢さん=撮影・NORI

全文が読める有料会員登録にご協力を

アイデアニュースは、有料会員のみなさんの支援に支えられ、さまざまな現場で頑張っておられる方々の「思いや理想」(ギリシャ語のイデア、英語のアイデア)を伝える独自インタビューを実施して掲載しています。ほとんどの記事には有料会員向け部分があり、有料会員(月額450円、税込)になると、過去の記事を含めて、すべてのコンテンツの全文を読めるようになるほか、有料会員限定プレゼントに応募したり、コメントを書き込めるようになります。有料会費は取材をしてくださっているフリーランスの記者のみなさんの原稿料と編集経費になります。良質な取材活動を続けるため、どうか有料会員登録にご協力をお願いいたします。

    
<筆者プロフィール>達花和月(たちばな・かずき) 遠方の友人を誘って観たお芝居との出会いがきっかけで、二次元二次創作界の住人から演劇沼の住人に。ミュージカルからストレートプレイ、狂言ほか、さまざまな作品を観劇するうち、不思議なご縁でライターに。熱っぽく自らの仕事を語る舞台関係者の“熱”に、ワクワクドキドキを感じる日々。 ⇒達花和月さんの記事一覧はこちら

コメント欄

有料会員登録してログインすると、コメントを書き込めます(コメントを送信すると、すべての人が読める形で公開されます)。

最近の記事

■ 2021年9月掲載分
■ 2021年8月掲載分
 過去記事一覧は⇒こちら 有料会員登録は⇒こちら
お勧め商品
新着商品
Sorry, no posts matched your criteria.