「シラノのラップはバトル。ミュージカルで心情を歌うのとは違う」、古川雄大(下) | アイデアニュース

新着 予定 プレゼント 教室 ペット

「シラノのラップはバトル。ミュージカルで心情を歌うのとは違う」、古川雄大(下)

筆者: 岩村美佳 更新日: 2022年2月5日

​​2022年2月7日(月)から2月20日(日)まで東京芸術劇場 プレイハウスで、2022年2月25日(金)から2月27日(日)までCOOL JAPAN PARK OSAKA TTホールで上演されるマーティン・クリンプ脚色版『シラノ・ド・ベルジュラック』にシラノ役で出演される古川雄大さんのインタビュー後編です。「下」では、シラノのラップのこと、ラップとミュージカルで歌うときの違い、古川さんの「言葉」に対する思い、「言葉」が生まれたプロセスについて調べたこと、映像作品に出演して思ったこと、仕事の選択において大切にしていること、35歳を迎えるにあたっての思いなどについて話してくださった内容やお客さまへのメッセージを紹介します。

古川雄大さん=撮影・岩村美佳
古川雄大さん=撮影・岩村美佳

(※このインタビューは、1月中旬に行いました)

――今回の『シラノ・ド・ベルジュラック』の新しさには、ラップでの表現もあるかと思います。台本を拝見すると、ラップで表現される部分は、かなりの量があるという印象でしたが、実際に取り組まれていかがですか?

序盤に立て続けに登場するので、僕も多いなと思いましたが、お芝居全体でみるとそこまで多くはないんです。いわゆる王道なラップばかりではなくて、時には歌うようなラップもあったりと、いろいろあります。ラップのプロではない人が表現することで、ラップとしてバラエティ豊かな表現になると思うんです。

ラップは、ビートがあるかないかで大いに違うんです。どの部分でビートが入るかは、まだ決まっていないのですが、ビートが入ったらもっとラップになるのかなと。「これもラップなんだ」と思っていただけるようなものも入っていますし、「YO!」みたいな感じだけではなく、さまざまなラップを聴いていただけると思います。

――ミュージカルの中でナンバーを歌うのと、この戯曲の中でラップを語るのは、まったく違うものですか?

そうですね。僕のラップは戦いというか、「ラップバトル」みたいな感じです。相手を言いくるめたり、「俺はひとつの“鼻”というワードでこんなに言葉が出るぜ」と見せつけるようなところがあり、そういうところに違いがある気がします。

ラップではセリフを言っているわけでもなく、その時の状況や心情を説明しているわけでもないので、ミュージカルの中でナンバーを歌うのとは、また違った感覚です。

――シラノは「言葉」を語る人ですが、古川さんはご自分で作詞作曲もされますよね。古川さんの「言葉」に対する思いをお聞かせください。

「言葉って難しいな、深いな」と改めて考えています。まず、詞を作る段階で、いろんな言葉が、何通りもあって。その構成の仕方や組み合わせに至る前に、言葉を思いつくところから始まります。そこから文字になって、誰かに与えられて、読んだ時、人によっていろんな解釈がある。その人が発する言葉の音や響き、その言い方などで、それが何通りにも広がっていくみたいな。だから言葉とは、すごく深いものなのだなと感じながら、それを操る人を演じる難しさも同時に感じています。

言葉ってどういう風に生まれたんだろうと思い調べたら、いろんな説がありました。その中の一つに、狩りに行く時に、とある音を発して、それが習慣にされていき、「こういう時に、このメロディが来るということは、狩りに行く合図」みたいなところから言葉が生まれたと。言葉のベースが「歌」というのは、すごく面白いなと思いました。

――言葉が生まれた経緯に、そんな説があるのですね。古川さんは、今回の作品を経て、言葉に対する考え方も広がりましたか?

広がっていますし、難しいなとも思いました。だからこそ、伝え方も、受け取り方も無限なのだなと。

✳︎✳︎✳︎

――共演者の皆様とご一緒されていて、特に気になったり、面白いと感じている方はいらっしゃいますか?

銀(粉蝶)さんと、堀部(圭亮)さんです。よくお話させていただいています。おふたりとも素晴らしい方です。銀さんとは「ちょっとここどういうことだろうね?」みたいな話や、プライベートな話をさせていただいたり。堀部さんとはゴルフの話をしました。堀部さんは、先日ミュージカルに初めて出演されたそうですが、「面白い世界だね」とおっしゃっていました。

――お芝居についてはもちろん、広くコミュニケーションもとれているんですね。

そんながっつりのコミュニケーションではないですが、「何か吸収できないかな」という目線で拝見しています。

※アイデアニュース有料会員限定部分には、映像作品に出演して思ったこと、仕事の選択において大切にしていること、35歳を迎えるにあたっての思いなどについて話してくださった内容やお客さまへのメッセージなど、インタビューの後半の全文と写真を掲載します。

<有料会員限定部分の小見出し>(有料会員限定部分はこのページの下に出てきます)

■映像作品では「ここを見る」と目線が固定されたり。繊細なものを求められると感じた

■出演作は、自分だけでは決めない。客観的な目が大切だと思っているので、周りに相談

■ずっと「頑張ろう」と思ってきたけど、それはみんな一緒。僕はその中の一員だと思う

■「言葉って深いな、表現にはいろんな可能性があるんだな」と思っていただける舞台に

<『シラノ・ド・ベルジュラック』>
【東京公演】2022年2月7日(月)~2月20日(日) 東京芸術劇場プレイハウス
【大阪公演】2022年2月25日(金)~2月27日(日) COOL JAPAN PARK OSAKA TTホール
公式サイト
https://www.cyrano.jp/

『シラノ・ド・ベルジュラック』 関連記事:

⇒すべて見る

古川雄大 関連記事:

⇒すべて見る

※古川雄大さんの写真1カットとサイン色紙を、有料会員3名さまに抽選でプレゼントします。有料会員の方がログインするとこの記事の末尾に応募フォームが出てきますので、そちらからご応募ください。応募締め切りは3月4日(金)です。(このプレゼントの募集は終了しました)有料会員の方はコメントを書くこともできますので、どうかよろしくお願いいたします。

古川雄大さん=撮影・岩村美佳
古川雄大さん=撮影・岩村美佳

全文が読める有料会員登録にご協力を

アイデアニュースは、有料会員のみなさんの支援に支えられ、さまざまな現場で頑張っておられる方々の「思いや理想」(ギリシャ語のイデア、英語のアイデア)を伝える独自インタビューを実施して掲載しています。ほとんどの記事には有料会員向け部分があり、有料会員(月額450円、税込)になると、過去の記事を含めて、すべてのコンテンツの全文を読めるようになるほか、有料会員限定プレゼントに応募したり、コメントを書き込めるようになります。有料会費は取材をしてくださっているフリーランスの記者のみなさんの原稿料と編集経費になります。良質な取材活動を続けるため、どうか有料会員登録にご協力をお願いいたします。

    
<筆者プロフィール>岩村美佳(いわむら・みか)  フォトグラファー/ライター ウェディング小物のディレクターをしていたときに、多くのデザイナーや職人たちの仕事に触れ、「自分も手に職をつけたい」と以前から好きだったカメラの勉強をはじめたことがきっかけで、フォトグラファーに。「書いてみないか」という誘いを受け、未経験からライターもはじめた。現在、演劇分野をメインに活動している。世界で一番好きなのは「猫」。猫歴約25年。 ⇒岩村美佳さんの記事一覧はこちら

コメント欄

有料会員登録してログインすると、コメントを書き込めます(コメントを送信すると、すべての人が読める形で公開されます)。

最近のコメント

  1. あき より:

    いつも素敵なインタビューとお写真ありがとうございます。他のインタビューでは聞けないような、お仕事を選ぶ基準や今後の目標のようなものも聞けてとても興味深く最後まであっという間に読んでしまいました。またぜひ古川さんのインタビュー、楽しみにしています。

  2. ほんよみ より:

    ジャンルを問わず沢山のお仕事を経験し、経験したことを確実に身に着けて次のお仕事に活かしていらっしゃるお姿はいつも頼もしく、ファンとして誇らしくも思います。この人を推していてよかったといつも感じています。これからも作品を通してさまざまな表現を見せてくださると思うと楽しみです。素敵な記事をありがとうございました。

  3. よん より:

    (上)のインタビューに続いて舞台の『言葉』について、読んでいくと本当にシラノという舞台が楽しみになりました。
    (下)では共演者の方々のお話、お仕事を受ける時など舞台以外のお話も沢山聞けて良かったです。
    今回のお写真も本当に素敵なカットばかりです!ありがとうございます。

  4. maruko より:

    他のインタビューでは聞けない、深い部分も聞いてくださる、岩村さんのインタビュー、大好きです。⁡
    今後、どんな作品に出演するのか、今からたのしみてす。⁡
    お写真、どれも素敵に撮っていただきありがとうございます。

  5. まっちゃ より:

    どうやって出演作を決めるか…とても興味深い内容でした。
    今年、35歳になる雄大君の今の心境、変わらずカッコいいなと…
    深いところまで引き出して頂きどうもありがとうございました。

  6. めぐにゃん より:

    言葉のルーツを探るって古川さんらしいエピソードですね。今、感じておられるモノに対しての探究心が凄い!だから古川雄大さんの舞台は惹きつけられるし、また観たくなります。
    古川さんの目線をはずした写真は、色気たっぷりです。岩村さん、ありがとうございます!!

  7. マリン より:

    前編に引き続き、シラノでのラップについて、他の俳優さんとの交流、ご本人の仕事選びについて、ご自身の立ち位置について、聞いてみたいけど自分ではどうしようもないことなので、全部聞いてくださりありがとうございます!
    岩村さんのインタビューと写真には愛情を感じます。

  8. ロビン より:

    岩村さんのインタビューは、いつも聞きたい所を聞いてくれる、痒いところに手が届く感じがしますし、雄大くんはよりナチュラルに自然体でお話しされてるのかなと感じます〜お写真もいつも素敵です。アイデアニュースさんの記事はいつも本当に楽しみです。早く雄大くんの戦う姿が観たいです!

  9. レモン より:

    この作品に対する想いがまっすぐ伝わる濃厚なインタビューでした!
    今まで無意識だった「言葉」についても考えさせられました…「言葉のベースが歌」というのもとても素敵だなと思いました。
    舞台、映像、音楽活動も可能性が無限な古川さんのこれからのご活躍も楽しみです(^ ^)

  10. まろん より:

    古川さんの魅力と、シラノへの意気込みがよく伝わる濃いインタビューでした!ラップ、言葉、セリフに対する解釈が変わるような気がします。いつもながら美しい写真もありがとうございます!久々のストレートプレイ、ますます楽しみになりました。

  11. みささぎ より:

    あまり他の記事で出てこないような深いお話が嬉しかったです!言葉の始まりについてのお話など特に興味深かったです。
    古川さんの今後の出演作もさらに楽しみになりました。ありがとうございました。

  12. ユウタノトリコ より:

    美麗な写真にうっとりです。ミニマムな衣装なのになぜこうも気品溢れるのか…顔がもうホントにどうにもできない程、気貴い(笑)いつも掘り下げたインタビューをありがとうございます!こちらでは、他の取材ではあまり聞く事が出来ない、作品に対する古川くんの深い心情が語られるので、とてもありがたいです!

  13. りのん より:

    出演作品を客観的に決めるお話やまだまだ貪欲に吸収しようとする雄大くんの姿勢がかっこいいですね!素敵なインタビューありがとうございました!

最近の記事

■ 2022年5月掲載分
■ 2022年4月掲載分
■ 2022年3月掲載分
■ 2022年2月掲載分
 過去記事一覧は⇒こちら 有料会員登録は⇒こちら
お勧め商品
新着商品
Sorry, no posts matched your criteria.