「念願が叶った『シラノ・ド・ベルジュラック』」、古川雄大(下) | アイデアニュース

新着 予定 プレゼント 動画

「念願が叶った『シラノ・ド・ベルジュラック』」、古川雄大(下)

筆者: 岩村美佳 更新日: 2022年3月31日

2022年4月1日(金)から、4月10日(日)までIHIステージアラウンド東京で開催される、『古川雄大 The Greatest Concert vol.1 -collection of musicals-』に関する古川さんのインタビュー、後編です。無料部分では、回替わりのゲストのみなさまについて話してくださった合同取材の内容を、有料部分では、先日まで出演されていた『シラノ・ド・ベルジュラック』を振り返っての想いや、コンサートをつくる中で感じていることなどについて伺った独自取材の内容を紹介します。

古川雄大さん=撮影・岩村美佳
古川雄大さん=撮影・岩村美佳

(※このインタビューは、3月下旬に実施しました)

ーー回替わりで豪華なゲストの方々が登場されますが、それぞれの方への想いや、新たに挑戦してみたいことがあればお聞かせください。

4月1日(金)の初日は、花總まりさんです。もうまずは花總さん。レジェンドです。「まずは絶対に花總さんだ」と、お客様も思っていらっしゃると思うんです。僕が『エリザベート』でルドルフを演じていた駆け出しの頃から、第一線で活躍されていましたし、ルドルフとエリザベートとして、お芝居もしました。そこから僕が頑張っていく中で、『マリー・アントワネット』のフェルセン伯爵とマリー、『エリザベート』のトートとエリザベートと、だんだん関係性が近くなっていき、今のこの場所まで来れました。

作品から離れても、花總さんとステージでデュエットさせていただけるなんて、vol.1の初日を贅沢に迎えられることになりました。花總さんのゲストコーナーは、とても緊張しています。もちろんすべてのゲストの皆さまもそうですが、「何を話そう。ホストとしてどう仕切ろうか」と考えています。でも、あまりシミュレーションをしてもつまらないだろうとも思うので、今回は台本なしで挑戦してみようかと思っています。僕のテンパり具合も魅力になってくるんじゃないかと(笑)。どれだけ回せるのかも見どころかと思います。

4月2日(土)は、14時公演が廣瀬友祐さん、19時公演が黒羽麻璃央さんです。ヒロくん(廣瀬)は以前同じ事務所で、一緒に事務所のライブなどをやったりしていました。作品などで一緒になることが多いので、ずっと仕事のパートナーの感覚でいます。でも、プライベートで遊んだことはないんですよ。仕事帰りにお茶をしたりするくらいですが、仲がいい友人よりも会っています。不思議な関係性で、すごくいいパートナーだなと思っています。ぜひ今回のファーストコンサートに出てもらいたいと思ってお願いしました。

麻璃央は、ロミオもやっていますし、同じ役をやっている仲で、次の世代の新しい風と言いますか、勢いがありますよね。新旧ロミオ対決なのか、新旧ロミオ共演なのか、「さぁ、どっちが上手いんだい?」みたいな(笑)。僕としては負けられないという思いもありながら、ひとつのコラボという楽しみ方や、いろいろな見え方をする組み合わせだと思います。

4月3日(日)は、佐藤隆紀(LE VELVETS)さんです。シュガー(佐藤隆紀さん)と歌うこの日は、一番異質な声の組み合わせになると思います。このふたりが混ざるとどんな感じなんだろうと。トートとフランツで共演していますが、役として作品の中で一緒に歌うのは一瞬ですし、今回歌う内容も含め「皆さんを驚かせられる日」になると思っています。あまり知られていないかもしれませんが、すごく仲がいいんです。普通にちょっかいを出し合ったりもします。シュガーはコミュニケーションを取るのが上手なんです。僕に合わせてくれるので、僕もそれに甘えられる。トークと歌のギャップが、結構ある回になりそうです。トークは、「何か喋ってよ」というぐらいに甘えに甘えきっていますから(笑)。

4月5日(火)は、木下晴香さんです。コンサートのゲストに誰を呼びたいかと考えて、まず、パッと浮かんだのが、木下さんでした。以前ライブでゲストを呼ぶのはどうかという話になった時も、「木下さん、出てくれるかな」と考えました。彼女がデビューした時からずっと、ロミオとジュリエットとしてやってきて、『モーツァルト!』でも一緒にやらせていただいたり。先日リハーサルで、デュエットしましたが、「もう、合わせるの一回でいいね」というぐらいでした。何作も相手役をやっている中での安定感をお届けできるだろうと思っています。懐かしいなと思いましたが、もう二度とできない曲をやります。ご覧いただけるのは、今回が本当に最後になるでしょう。

4月6日(水)は、山崎育三郎さんです。僕が同じ役をさせていただく前から、井上芳雄さん・浦井健治さんとStarSとしてユニットを組まれていて、「3人のミュージカルスター。すごい方々だな」と思っていました。共演の際に、優しく接しながら背中を見せてくださる山崎さんに教わったこともたくさんありますし、先輩後輩として仲良くさせていただいています。

トートにヴォルフガングと、同じ役でのご縁もありますが、ゲストでお迎えするのは今回が初めてなので、先輩の胸を借りたいと思います。僕が主催するコンサートにお呼びするのは、恐れ多いのですが、優しい先輩なので、来てくださると。この回も緊張しますよね。どう振る舞おうかと考えています。MCもされていますし、何でもできる方なので…。『エリザベート』でも『モーツァルト!』でも、舞台上では一緒に立つことがない二人が一緒に立つ日なので、楽しみにしていただきたいです。

4月7日(木)は、愛希れいかさんです。『エリザベート』一作品しかご一緒していませんが、愛希さんの舞台は何作品か拝見しています。一緒にお芝居をしている時も素敵だと思いましたが、宝塚での『1789』、退団公演の『エリザベート』、最近では『泥人魚』など、どれもとても素敵でした。今年は『エリザベート』でもご一緒させていただくので、一足早くご覧いただける組み合わせです。特に声が、唯一無二で素敵だなと思うポイントなので、ぜひ聞いていただきたいです。

4月8日(金)は、田代万里生さんです。万里生さんは、優しさの塊です。昔、「『トルコ行進曲』のジャズヴァージョンが好きで聞いているんです」とお話ししたら、次の日に楽譜をくださったんです。「優しいな」とその時から思っていたのですが、そのエピソードのことを万里生さんに先日じっくり伺ったところ、「この譜面をFAXして」と親御さんに電話されてご実家から届いたFAXをコピーして僕にくださったことがわかりました。それをやっちゃう方なんです。見返りも何も求めず、ナチュラルに純粋なキラキラの瞳で、「はい!」って。

こんな方は見たことがないです。透明といいますか…。先日歌声を聴いていても、万里生さんだからこその、本当に包み込まれるような声だと思いました。すごく綺麗な声で、人柄が声に滲み出ているなと。だから、フェルセンなどの誠実な役がハマるのだと思うんです。以前、一緒にフェルセンをさせていただきましたが、大好きで、本当に尊敬しています。

4月10日(日)は、明日海りおさんです。明日海さんとは初めてご一緒します。舞台を何度も拝見しているので、お会いするのが楽しみです。宝塚のトップに上り詰めた方の、ステージでの輝きや、立ち振る舞い、お芝居。一方で、役と離れた時のギャップに驚いたり、憧れます。贅沢ですが、ステージで一緒に歌えないかと思いお願いしたら、何とOKしてくださったんです。一番緊張するかもしれないです。

他の皆さんとは共演しているので、明日海さんとは、また違った緊張感だと思います。リハーサルで一回しか合わせないんです。その緊張感に加え、きっと控えめな方だと思うんです。「控えめ」×「控えめ」となると、どんなトークになるのだろうと。「第一声で、古川は何を言うんだろう」とか、楽しんでください(笑)。他のどこでも聞けない曲を一緒に歌います。明日海さんのご出演によって、本当に貴重なコンサートになっていると思うので、感謝しています。光栄な時間を、楽しみたいと思います。

※アイデアニュース有料会員限定部分には、先日まで出演されていた『シラノ・ド・ベルジュラック』を振り返っての想いや、コンサートをつくる中で感じていることなどを伺った独自取材の内容と写真を掲載します。

<有料会員限定部分の小見出し>(有料会員限定部分はこのページの下に出てきます)

■「よし!やってやったぞ!」よりも、「終わったなぁ…お疲れ様」という感じ

■初日で感情的にブワっと溢れ出たものを、「もう一度」とずっと目指していた

■感情でやれるものではなく、ものすごく考えた。それを目指してのストレートプレイ

■コンサートを作るのは、作品を創る感覚。コンサートならではの魅力を感じています

<古川雄大 The Greatest Concert vol.1 -collection of musicals->
【東京公演】2022年4月1日(金)~4月10日(日) IHIステージアラウンド東京
公式サイト
https://www.ken-on.co.jp/furukawa/

古川雄大 関連記事:

⇒すべて見る

花總まり 関連記事:

⇒すべて見る

廣瀬友祐 関連記事:

⇒すべて見る

黒羽麻璃央 関連記事:

⇒すべて見る

佐藤隆紀 関連記事:

⇒すべて見る

木下晴香 関連記事:

⇒すべて見る

愛希れいか 関連記事:

⇒すべて見る

田代万里生 関連記事:

⇒すべて見る

※古川雄大さんの写真1カットとサイン色紙を、有料会員3名さまに抽選でプレゼントします。有料会員の方がログインするとこの記事の末尾に応募フォームが出てきますので、そちらからご応募ください。応募締め切りは4月30日(土)です(このプレゼントの募集は終了しました)。有料会員の方はコメントを書くこともできますので、どうかよろしくお願いいたします。

古川雄大さん=撮影・岩村美佳
古川雄大さん=撮影・岩村美佳

全文が読める有料会員登録にご協力を

アイデアニュースは、有料会員のみなさんの支援に支えられ、さまざまな現場で頑張っておられる方々の「思いや理想」(ギリシャ語のイデア、英語のアイデア)を伝える独自インタビューを実施して掲載しています。ほとんどの記事には有料会員向け部分があり、有料会員(月額450円、税込)になると、過去の記事を含めて、すべてのコンテンツの全文を読めるようになるほか、有料会員限定プレゼントに応募したり、コメントを書き込めるようになります。有料会費は取材をしてくださっているフリーランスの記者のみなさんの原稿料と編集経費になります。良質な取材活動を続けるため、どうか有料会員登録にご協力をお願いいたします。

    
<筆者プロフィール>岩村美佳(いわむら・みか)  フォトグラファー/ライター ウェディング小物のディレクターをしていたときに、多くのデザイナーや職人たちの仕事に触れ、「自分も手に職をつけたい」と以前から好きだったカメラの勉強をはじめたことがきっかけで、フォトグラファーに。「書いてみないか」という誘いを受け、未経験からライターもはじめた。現在、演劇分野をメインに活動している。世界で一番好きなのは「猫」。猫歴約25年。 ⇒岩村美佳さんの記事一覧はこちら

コメント欄

有料会員登録してログインすると、コメントを書き込めます(コメントを送信すると、すべての人が読める形で公開されます)。

最近のコメント

  1. まりか より:

    古川さんのインタビューが、心のこもったもので、コンサートのゲストの方々への古川さんの想いが素直にとてもあらわれていて、お写真は静かな空気感に心惹かれます。

  2. まっちゃ より:

    雄大君の
    シラノドベルジュラック
    初めて観たときの衝撃を思い出しました。
    5公演観ることが叶いましたが
    観るたびに違う感想が生まれる作品で…
    雄大君の役への取り組み方が聞けてよかったです!

  3. まりんまま より:

    シラノ観劇しました。古川さんの内なるエネルギーの爆発力に圧倒されました。これまでも、破綻なく役を成立させることに長けている方だと認識していましたが、ストレートプレイへの思い、熱情、怖れ、喜びなど様々な感情が溢れていて、しかも毎回新たな挑戦をされていることが伝わってきました。そしてコンサート。第一部の完成度の高さ。第二部での魅力的な個性の煌めき。歌声も魅せ方も回を重ねるごとに進化され、ゲストとの楽しいトーク、MCのスキルもupされ、本当に機会を一つも無駄にしない方なのだなと、ますます応援したくなりました。エリザベートではさらに進化した歌声を聴かせてもらえることを確信しました。努力を怠らず決して奢らず、可愛らしくもあり、魅力的な古川さんの思いが、この先ますます花開きますようお祈りしています。

  4. パンダうさぎ より:

    色々な方がミュージカルコンサートを開催されていらっしゃいますが、何回もリピートしたくなるほど、クオリティーの高さに驚きました。古川雄大さんの良さが前面に引き出されていて、また色々なゲストの方のご出演もあり、10日まで公演が毎回楽しみです。

  5. 虹色 より:

    ミュージカルコンサートの各ゲストさんへのコメント、雄大くんの熱い思いや意気込みから、一層すべての回を観たくなりました。ですが、全通はなかなか難しい…笑。舞台「シラノ・ド・ベルジュラック」は、東京公演を観ましたが本当に素晴らしく、大阪公演でもまた、心を揺さぶられたいと楽しみにしていたのですが、中止になり、私の中でも不完全燃焼な気持ちが残っています。そして、岩村さんの記事やお写真は毎回素敵で大好きです。ありがとうございます!

  6. みささぎ より:

    上に続き読みました。シラノの舞台、とても感情豊かに演じられているように見えて綿密に作り上げられたものだと言うことがとても興味深かったです。読んだ後にもう一度観たくなりました。そしてその舞台経験を経た古川さんのコンサートとても楽しみです。上下に渡っての素敵なインタビューありがとうございました!

  7. レモン より:

    ゲストの方々ひとりひとりへのコメントが暖かく、笑顔になりました!
    どんなトークや歌を歌うのかとっても期待が高まる濃厚なインタビューをありがとうございます!
    シラノ、ストレートプレイについての率直でまっすぐな想いも伺えて嬉しかったです。役作りを真摯に追求し続けて挑戦していく姿が伝わり、それが素晴らしい作品へと繋がっていくのだなぁと改めて感じました。
    古川さんのこれからのご活躍も心から楽しみです!(^ ^)

  8. 佳子ママ より:

    コンサートのゲストによって様変わりしそうな雰囲気が醸し出されて本当に楽しみです。

  9. まめっこ より:

    コンサートに向けての意気込みが聞けてとても嬉しいですし、物凄く楽しみになりました!ワクワクが止まりません!!
    そしてシラノのインタビューもありがとうございます。あれから舞台後の細かなお話を聞けていなかったので嬉しいです。ちょうど初日を観劇したので、再びあの日あの場の空気感や熱いお芝居に思いを馳せることが出来ました。これからもどんどん挑戦する雄大さんを応援していきたいです。今回も読み応えのあるインタビューをありがとうございました!!

  10. ぽた より:

    グレコンの各ゲストについてのエピソードがとても雄大さんらしくて素敵でした!また、「シラノ・ド・ベルジュラック」を終えてみての雄大さんの素直なコメントを知ることができて良かったです。シラノ、ミュージカルコンサート、と経験を経てのエリザベートもとても期待していますし、その際もまたインタビューしていただけたら嬉しいな…と思っています。上下と2本にわけて素敵な、そしてたっぷりボリュームのインタビュー記事をありがとうございました。

  11. maruko より:

    シラノの大阪公演が中止になっての雄大さんの気持ちを知ることが出来ました。⁡
    ありがとうございます。⁡
    雄大さんの引き込まれる演技、もっともっと見たい、そんなインタビュー。⁡
    (下)のお写真、どれも好きです。

  12. ロビン より:

    今、シラノの事を聞いてくれてありがとうございます!という思いです。初日の、嗚咽混じりの愛の詩を思い出しました。雄大くんの溢れ出す感情に心が震える人間なので、これからも雄大くんの表現するお芝居が大変楽しみです。

  13. みみちゃん より:

    とても読み応えのある、想いの伝わるインタビューでした。岩村さんのお写真も、いつも本当にステキです。ありがとうございます。

  14. やっちょん より:

    岩村さんの記事、お写真。毎回同じ事しか書けませんが、本当に大好きです。素敵です。大阪公演が中止になってしまった「シラノ・ド・ベルジュラック」についても触れていただき嬉しかったです。古川くんにとっては不完全燃焼感が残る舞台になったかと思います。大阪公演を観劇予定だった自分にも、正直心残りはあります。ただ、東京公演では、素晴らしい舞台を観させていただきました。彼の舞台を観る度、間違いなく舞台でこそ活きる俳優さんだなと、再確認しています。このコロナ禍に入り、2020エリザベート全公演中止、2021モーツァルト!一部公演中止、8,9月グレコン中止、シラノ・ド・ベルジュラック大阪公演中止と、昨今、古川くんのステージは不運に見舞われていました。このグレコンは、是非とも完走していただきたい。間違いなく素晴らしい全ステージを、観客に魅せていただきたいと、強く願っています。

  15. りのん より:

    シラノ公演を振り返ったお話とても嬉しいです。雄大くんが先に控えている公演をどう見据えているか知ることができました。
    今回もステキなインタビュー掲載をありがとうございました!

    次回、ワンマンライブ東名阪のインタビューをしていただけると嬉しいです。よろしくお願いします!

最近の記事

■ 2022年10月掲載分
■ 2022年9月掲載分
■ 2022年8月掲載分
■ 2022年7月掲載分
■ 2022年6月掲載分
 過去記事一覧は⇒こちら 有料会員登録は⇒こちら
お勧め商品
新着商品
Sorry, no posts matched your criteria.