「初めまして」、『銀河鉄道999 THE MUSICAL』中川晃教・三浦涼介対談(上) | アイデアニュース

新着 予定 プレゼント 教室 ペット

「初めまして」、『銀河鉄道999 THE MUSICAL』中川晃教・三浦涼介対談(上)

筆者: 岩村美佳 更新日: 2022年4月7日

ミュージカル『銀河鉄道999 THE MUSICAL』が、2022年4月8日(金)から4月18日(月)まで日本青年館ホールで上演されます。松本零士さん原作の漫画『銀河鉄道999』は、これまでに2018年、2019年に音楽劇として上演されましたが、初のミュージカル版が誕生します。脚本・作詞は高橋亜子さん、演出は小山ゆうなさん、音楽監督はミッキー吉野さん(ゴダイゴ)です。

アイデアニュースでは、星野鉄郎役の中川晃教さんと、キャプテン・ハーロック役の三浦涼介さんの対談インタビューを、上、下に分けてお届けします。「上」では、初対面の稽古場でのエピソード、三浦さんが中川さんのCDを「回らなくなる」まで聴いていたことや、中川さんが三浦さんを『1789-バスティーユの恋人たち-』で観た時の印象、今回『銀河鉄道999』がミュージカルになることについて思うこと、三浦さんから中川さんへの「やっとお会いできた」という思いや、中川さんが三浦さんの出演ドラマを観ながら感じたこと、鉄郎とハーロックについて考えていることなどについて話してくださった内容を紹介します。

「下」では、ハーロックの存在感の出し方についての試行錯誤、三浦さんと小池修一郎先生の約束、ご自身の20周年を振り返って中川さんが思うこと、蜷川幸雄さんや石丸さち子さんの熱い現場のことなどについて話してくださった内容と、中川さんと三浦さんそれぞれからのお客さまへのメッセージを紹介します。

中川晃教さん(右)と三浦涼介さん(左)=撮影・岩村美佳
中川晃教さん(右)と三浦涼介さん(左)=撮影・岩村美佳

(※このインタビューは3月下旬に実施しました)

――おふたりでの対談は初めてとのことですが、稽古場などでの交流はされていますか?

中川:稽古場でちょこちょこと、話したりしています。

三浦:初日の本読みの時が、初めましてでした。「めちゃくちゃ怖い人だったらどうしよう」とドキドキ、ビクビクしていたのですが、中川さんが優しく声をかけてくださったので、とても安心したのを覚えています。

中川:鉄郎にとって、ハーロックがとても大事なキーパーソンだということを今回の脚本を読んで感じていたこともあり、最初の挨拶がすごく大事な気がしていました。あまり壁を作らずに、いかに僕たちが「初めまして」をできるかが大切だと思いながら、本読みの時にご挨拶したんです。

――意識的に、声をかけられたのですね。

中川:オールキャストが集まっていて緊張感もありましたから、このままの流れで本読みに入ったら、この後がうまくいかないと感じたんです。

三浦:嬉しかったです。

中川:気持ち悪いと思わなかった?大丈夫だった?(笑)

三浦:そんな!思わないですよ!(笑)

――「気持ち悪いと思われるかもしれない」と感じたのですか?

中川:寄り添う感じ…。

三浦:本当に、素晴らしいなと思いました。大先輩ですが、稽古場に入って来られた入口から、皆様にご挨拶されているのを拝見して、すごいなと思って。とても素敵だなと思いました。

中川:ありがとうございます。そういうところも見てくださっているんですね。

三浦:もちろんです。

中川:まだお若いのに。

三浦:もうそろそろ、若くない…(苦笑)。

中川:もう、30…?

三浦:もう、35歳ですね。

中川:そっか。でもデビューは、結構若い時からですもんね。

三浦:そうですね。14歳とかなので、20年くらい経ちました。

――今回共演が決まった時、どのようなことを思われましたか?

三浦:僕、舞台のお仕事のきっかけになった最初のオーディションを受けた時に、中川さんの歌を歌ったんです。ずっと、CDが回らなくなるくらいまで聴いていたので。

――CDが回らなくなるぐらいですか!?

三浦:いや本当に。ガガガガって引っかかっちゃって、音が飛んじゃうぐらいまで聴いていたんです。以前、中川さんが出演された作品に、お声がけいただいたこともあったのですが、その時にはご縁がなくて出演できませんでした。いつかいつかと思っていて、今回共演させていただくことになりました。本当にようやくお会いできたという感じですね。

――中川さんに対して、いろいろな想像が膨らんでいましたか?

三浦:小池(修一郎)先生からも、中川さんのことを伺っていたので、どんどん想像が膨らんでいました。僕が言うのは間違っているかもしれませんが、ハッピーで、ピーターパンのようにすごくキラキラしながら、少年の心をずっと忘れずに、お仕事ときちんと向き合っていらっしゃる感じだなという想像が膨らんでいたのですが、まさにその通りの方でした。まだお会いしてから数日なのですが、圧倒されますね。台詞や歌などの、お仕事ではないところでの、スタッフさんとのお話や、僕に話しかけてくださる言葉や、そういうのも含めて、もうすでに予想以上の方だと思っています。

中川:僕が初めて三浦さんの舞台を観たのは、『1789-バスティーユの恋人たち-』の革命家・ロベスピエールでした。すごく印象に残っています。主役のロナンを、加藤和樹くんと小池徹平くんがやっていましたが、すごく若いエネルギーに満ちた作品だったじゃないですか。

三浦:はい。

中川:あの作品の中には、若さというもののなかにも、いろいろな種類が描かれていたと思うんですよね。中でもひとりスッと、美しい存在感みたいなものを持っている人がいて。

三浦:(恐縮しながら)ええ…!?

中川:「何だろうこの子」って、その時すごく印象に残ったんですよ。今回のキャスティングの話を聞いた時に、パッと『1789』のことを思い出しました。というのも、ハーロックは一見タフな男で、男のなかの男じゃないですか。

2022年の今に至るまで、『銀河鉄道999』という作品は受け継がれてきていますし、劇場版は、リマスタリングで映像がより鮮明になって公開されていますし、僕が出演させて頂いている舞台版も3回目となり、今回ようやくミュージカルの形になります。『銀河鉄道999』は、作品としての魅力を保ちつつも、切磋琢磨しながら進化し続けているソフトだと思っているんです。

今回ならではの新しいハーロック像を、きっと三浦さんだったら作れるんだろうなと思いました。だから、これまでのハーロックともまったく別物だと思うのですが、きっとご自身のなかで一本の筋を通された新たなハーロックを、お見せできるんだろうなって。そのためには、僕たちのやりとりや、今回の脚本の中での鉄郎とハーロックの関係性が、きっとすごく鍵になってくるんだろうなと思います。

ここで先程の話に戻るのですが、だからこそ、初めてお話する瞬間に、すべてがあるのかなと思いました。ハーロックに対する憧れとか、強い想いを持っている鉄郎だからこそ、自分自身が三浦さんのどういうところに心惹かれているのかを、非常に大切にしたいと思わせてくれるような、繋がりを感じますね。今のお話を聞いて、目に見えないところでのいろいろな出会いが、こういう風に繋がっていくのだなと感じています。

三浦:(感無量の様子で)いやぁ…ちょっと…。『1789』を観られていたと伺って驚きましたし、嬉しかったです。やはり同世代の役者さんがたくさんいらっしゃるなかで、こうして一緒にお仕事できるのは、奇跡に近いことだと思いますし、今こういうご時世でもあり、とても感謝しています。より人の大切さなどを考え始めた時に、憧れの中川さんにお会いできて、お仕事できて。実際にお会いして、その事実を、より深く感じますね。

※アイデアニュース有料会員限定部分には、三浦さんから中川さんへの「やっとお会いできた」という思いや、中川さんが三浦さんの出演ドラマを観ながら感じたこと、鉄郎とハーロックについて考えていることなどについて話してくださった内容などインタビュー前半の全文と写真を掲載しています。4月8日(金)午後4時0分掲載予定のインタビュー「下」では、ハーロックの存在感の出し方についての試行錯誤、三浦さんと小池修一郎先生の約束、ご自身の20周年を振り替えて中川さんが思うこと、蜷川幸雄さんや石丸さち子さんの熱い現場のことなどについて話してくださった内容と、中川さんと三浦さんそれぞれからのお客さまへのメッセージなどインタビューの後半の全文と写真を掲載します。

<有料会員限定部分の小見出し>(有料会員限定部分はこのページの下に出てきます)

■三浦:マスクしていて良かったなと思うぐらい、ニヤニヤしちゃって(笑)

■中川:ドラマ『顔だけ先生』を見ながら、「あっ!今度ご一緒する三浦さんだ」と

■中川:エンジンをかけるのが少し遅い。同じことを僕も言っていた時期があって

■三浦:ハーロック像は人それぞれ。しなやかさや繊細さも、きちんと自分なりに

<『銀河鉄道999 THE MUSICAL』>
【東京公演】2022年4月8日(金)〜4月18日(月) 日本青年館ホール
公式サイト
https://999musical.com/

『銀河鉄道999 THE MUSICAL』 関連記事:

⇒すべて見る

中川晃教 関連記事:

⇒すべて見る

三浦涼介 関連記事:

⇒すべて見る

※中川晃教さんと三浦涼介さんの写真1カットとサイン色紙を、有料会員3名さまに抽選でプレゼントします。有料会員の方がログインするとこの記事の末尾に応募フォームが出てきますので、そちらからご応募ください。応募締め切りは5月7日(土)です(このプレゼントの募集は終了しました)。有料会員の方はコメントを書くこともできますので、よろしくお願いいたします。

中川晃教さん=撮影・岩村美佳
中川晃教さん=撮影・岩村美佳

全文が読める有料会員登録にご協力を

アイデアニュースは、有料会員のみなさんの支援に支えられ、さまざまな現場で頑張っておられる方々の「思いや理想」(ギリシャ語のイデア、英語のアイデア)を伝える独自インタビューを実施して掲載しています。ほとんどの記事には有料会員向け部分があり、有料会員(月額450円、税込)になると、過去の記事を含めて、すべてのコンテンツの全文を読めるようになるほか、有料会員限定プレゼントに応募したり、コメントを書き込めるようになります。有料会費は取材をしてくださっているフリーランスの記者のみなさんの原稿料と編集経費になります。良質な取材活動を続けるため、どうか有料会員登録にご協力をお願いいたします。

    
<筆者プロフィール>岩村美佳(いわむら・みか)  フォトグラファー/ライター ウェディング小物のディレクターをしていたときに、多くのデザイナーや職人たちの仕事に触れ、「自分も手に職をつけたい」と以前から好きだったカメラの勉強をはじめたことがきっかけで、フォトグラファーに。「書いてみないか」という誘いを受け、未経験からライターもはじめた。現在、演劇分野をメインに活動している。世界で一番好きなのは「猫」。猫歴約25年。 ⇒岩村美佳さんの記事一覧はこちら

コメント欄

有料会員登録してログインすると、コメントを書き込めます(コメントを送信すると、すべての人が読める形で公開されます)。

最近のコメント

  1. ひとみ より:

    三浦さんが中川さんに憧れていたという話や中川さんが1789で三浦さんのことが気になったという話、初めて聞くことだったので新鮮でした。三浦さんのハーロックについての思いも知ることができて嬉しいです。
    お写真、インタビュー内容共に素敵な記事をありがとうございました!

  2. ちゅん より:

    この御時世、すごく自分からの発信を意識されるようになった中川さんの言葉がまた沁みます…。
    岩村さんの撮られたあっきーすごく素敵です!嬉しい!
    アイデアニュースに掲載されるなら絶対読み応えある記事が来るぞという期待感、いつも本当にありがとうございます。

  3. 馬氏 より:

    中川さんも三浦さんも、相手をよく見て、その人の魅力を見出し、尊敬しあってお稽古やお芝居を進めてらっしゃるのが伝わってきました。
    どんな鉄郎とハーロックに出会えるのか、とても楽しみです。

  4. のの より:

    三浦さんが憧れの中川さんと共演されることのワクワク感がものすごく伝わってきます。
    その中川さんも「1789」で私と同じように三浦さんの美しい存在感に釘付けになっていたのかと思うと嬉しくてたまりません。
    二人の共演がどんな風になるのかとても楽しみです。

  5. れん より:

    三浦さんのファンです
    中川さんのお言葉ひとつひとつに、
    『そうそう!! そうなんですっ!!』
    と、激しく頷きながら読ませていただきました
    素敵なインタビュー記事、ありがとうございます
    明日の初日が、今まで以上に楽しみになりました!!

  6. ポンポン より:

    益々、観劇に行くのが楽しみになりました。
    鉄郎とハーロック、楽しみたいです

  7. ゆっちょ より:

    三浦さんが憧れの中川さんと仕事をできることがとても嬉しいんだろうなというのがよく伝わってきました。
    中川さんが話をリードしていて、三浦さんがいい意味での緊張を持ちながら相槌を打つ感じが微笑ましくてよかったです。
    観劇予定なので、お二人の話を聞いて、より楽しみになりました!

  8. まちゃみ より:

    中川さんと三浦さん今回の共演が初めましてと思えないくらいお二人ともリラックスしてお話しされていて、前半だけでもとてもボリュームのある対談でした。三浦さんの憧れの中川さんと一緒にお仕事できる喜びと興奮がひしひしと伝わる感じや、中川さんの三浦さんの印象を語るときのワクワク感がお二人の会話から伝わってきて、舞台を観劇するのがますます楽しみになりました!!
    インタビューの後半も楽しみにしています!

  9. とら より:

    ミュージカルを観始めたのがここ数年のため、これまで中川さんの事をよく存じ上げておりませんでしたが、作品作りと取り組みかた、その為の共演者への理解など、とてもユニークで興味深く拝読致しました。また、昭和の色合いを濃く持つ、ハーロック像を三浦さんがどのようにアップデートするかも楽しみです。あと数日で初日、期待が高まっています。

    あやふやな記憶で勘違いかもしれませんが、中川さんは1789以前に蜷川幸雄さんの舞台「わたしを離さないで」のもとむ役で三浦さんをご覧になっていらしたかも?

  10. さるこ より:

    これまで時間をかけて積み重ねた中川さんの鉄郎と、新たに生まれる三浦さんのハーロックが噛み合った時に生まれる世界観を楽しみにしています

  11. はな より:

    コロナ過になって舞台の観劇をずっと控えてきました。
    とても好きな世界だったので悲しくてインタビューなども
    読むことも避けてきた日々でした。
    銀河鉄道は幸運にも観劇出来る事になりこちらのインタビューも再登録して
    読了しました。
    中川さんの抱かれた1789での三浦さんの印象に納得で
    このお2人の共演が観れる事がとても楽しみになる
    素敵な記事でした。後編も楽しみです。

最近の記事

■ 2022年5月掲載分
■ 2022年4月掲載分
■ 2022年3月掲載分
■ 2022年2月掲載分
 過去記事一覧は⇒こちら 有料会員登録は⇒こちら
お勧め商品
新着商品
Sorry, no posts matched your criteria.