「このハードな作品も、ウエンツくんとなら」『ブラッド・ブラザーズ』柿澤勇人(上) | アイデアニュース

新着 予定 プレゼント 動画

「このハードな作品も、ウエンツくんとなら」『ブラッド・ブラザーズ』柿澤勇人(上)

筆者: 岩村美佳 更新日: 2022年3月24日

正反対の環境で育った双子の数奇な運命を描いたミュージカル『ブラッド・ブラザーズ』が2022年3月21日(月)に開幕し、4月3日(日)まで東京・国際フォーラムホールCで上演されます。本作はその後、愛知・刈谷市総合文化センター アイリス大ホール、福岡・久留米シティプラザ ザ・グランドホール、大阪・梅田芸術劇場シアター・ドラマシティで上演されます。アイデアニュースでは、双子を演じる柿澤勇人さん(ミッキー)とウエンツ瑛士さん(エドワード)にインタビューをしました。まず、柿澤勇人さんのインタビューを上下に分けてお届けします。「上」の無料部分では、稽古のこと、7・8歳という子どもを演じる上での大変さ、吉田鋼太郎さんの演出のことなど、合同インタビューの内容を紹介します。有料部分では、エドワード役を演じるウエンツ瑛士さんとのことを、稽古場でのエピソードを交えて話してくださったことなど、独自取材の内容を紹介します。

「下」の無料部分では、役作りをしながら考えたこと、ご自身が観劇された『ブラッド・ブラザーズ』との違いなどについて伺った合同インタビューの内容を、有料部分では、ウエンツ瑛士さんや木南晴夏さん(リンダ)との芝居で感じること、今回の上演ならではのチャレンジ、ご自身の活動、本作への思いについてお話ししてくださった独自取材の内容を掲載します。

ミッキー役 柿澤勇人さん=撮影・岩田えり
ミッキー役 柿澤勇人さん=撮影・岩田えり

(※このインタビューは3月初旬に実施しました)

ーーお稽古も佳境かと思いますが、手応えなどはいかがでしょうか?

19歳からこの世界でやってきて、今回、これまでで一番の運動量とテンションの高さを経験しています。台詞の「声量」という意味でも、その数値が高いなと思っています。すごく疲弊するので、1幕だけで酸欠で倒れそうですし、2幕のラストでは、すぐには起き上がれないくらい、心も身体も限界が来ますね。

ーーミュージカルでいうと、『デスノート』や『フランケンシュタイン』などでも、心身共に大変そうな役をされているのを拝見してきましたが、それを超えるということでしょうか?

『デスノート』も『フランケンシュタイン』も、この作品と比べればできますかね!(笑)

ーーえ!?今、かなりの衝撃を受けています。あれを超えるとなると、どのようなことが展開されるのでしょう。

もちろん、フランケンは慣れもありましたし。デスノートは、最後の40秒くらいが本当にしんどかったですけど。でも、どちらも論理的で、クレバーな役です。今回、僕が演じるミッキーは、ある意味では馬鹿ですし、頭のいい役じゃないんです。ずっと、走り回って、飛び跳ねて、叫んで。怒られて、泣いて、笑って。感情をすぐに発動して、そのままその感情を言葉や動きに出さなければいけないんです。7歳や8歳の子どもは、すごいエネルギーで日常を過ごしているのだなとわかりました。

ーー7歳の役となると、動きが激しいのは想像もできますが、声量も大きいとは意外でした。シャウトするような歌が多いのですか?

シャウトするような歌はないですね。鋼太郎さんの演出が「歌も台詞の一つとして」という感じなので、伴奏などもカットしたりと日々変化しながら稽古しています。

声量の話ですが、7歳や8歳の子どもたちって、本当に驚いた時など、とんでもない声を出すんですよ。「そんな驚く!?」「そんな泣く!?」「そんな笑う!?」と、レンジが大きくて中途半端なところがないんです。「こうだ」と感じたら、「バーン!」といくんです。

だから、僕ら大人がこの年齢の役をやるときには、すばしこく動かなくちゃいけないですし、全てのモーメントで「思ったら即ストレートな言動」が必要なんです。都度考えている余裕はないですね。1幕はほぼこの状態が続くので、声もすごく張っています。

もちろん、大人なので声変わりしていますが、「子どもっぽく、かわい子ぶって」という方向は、一切考えていないです。純粋に、一生懸命目の前にあることに反応し、動く。毎日、そんな感じで今は稽古しています。

※アイデアニュース有料会員限定部分では、独自インタビューで伺った内容を紹介します。エドワード役を演じるウエンツ瑛士さんとのことを、稽古場でのエピソードを交えて話してくださったことなど、インタビュー前半の全文を掲載しています。3月25日掲載予定のインタビュー「下」の無料部分では、役作りをしながら考えたこと、ご自身が観劇された『ブラッド・ブラザーズ』との違いなどについて伺った合同インタビューの内容を、有料部分では、ウエンツ瑛士さんや木南晴夏さん(リンダ)との芝居で感じること、今回の上演ならではのチャレンジ、ご自身の活動、本作への思いについてお話ししてくださった独自取材の内容など、インタビュー後半の全文を掲載します。

<有料会員限定部分の小見出し>(有料会員限定部分はこのページの下に出てきます)

■「そんなとこまで悩んでいたの?」と、びっくりするくらいに真面目なウエンツくん

■ウエンツくんとの稽古中、台詞が飛んだりしても、お互いアドリブで繋いだりしない

■鋼太郎さんが、いきなり新演出を始めた日。誰も思いつかなかったことが生まれた

■2幕まで稽古を終えた日。ウエンツくんと二人で「ああ、終わったの?」と茫然とした

<ミュージカル『ブラッド・ブラザーズ』>
【東京公演】2022年3月21日(月)~4月3日(日) 東京国際フォーラム ホールC
【愛知公演】2022年4月9日(土)・10日(日)刈谷市総合文化センター アイリス大ホール
【久留米公演】2022年4月15日(金)~17日(日)久留米シティプラザ ザ・グランドホール
【大阪公演】2022年4月21日(木)〜24日(日)梅田芸術劇場シアター・ドラマシティ
公式サイト
https://horipro-stage.jp/stage/bb2022/
https://www.cubeinc.co.jp/archives/theater/bb2022

『ブラッド・ブラザーズ』 関連記事:

⇒すべて見る

柿澤勇人 関連記事:

⇒すべて見る

※柿澤勇人さんのサイン色紙を、有料会員4名さまに抽選でプレゼントします。有料会員の方がログインするとこの記事の末尾に応募フォームが出てきますので、そちらからご応募ください。応募締め切りは4月24日(日)です(このプレゼントの募集は終了しました)。有料会員の方はコメントを書くこともできますので、どうかよろしくお願いいたします。

ミッキー役 柿澤勇人さん(右)とエドワード役 ウエンツ瑛士さん=撮影・岩田えり
ミッキー役 柿澤勇人さん(右)とエドワード役 ウエンツ瑛士さん=撮影・岩田えり

全文が読める有料会員登録にご協力を

アイデアニュースは、有料会員のみなさんの支援に支えられ、さまざまな現場で頑張っておられる方々の「思いや理想」(ギリシャ語のイデア、英語のアイデア)を伝える独自インタビューを実施して掲載しています。ほとんどの記事には有料会員向け部分があり、有料会員(月額450円、税込)になると、過去の記事を含めて、すべてのコンテンツの全文を読めるようになるほか、有料会員限定プレゼントに応募したり、コメントを書き込めるようになります。有料会費は取材をしてくださっているフリーランスの記者のみなさんの原稿料と編集経費になります。良質な取材活動を続けるため、どうか有料会員登録にご協力をお願いいたします。

    
<筆者プロフィール>岩村美佳(いわむら・みか)  フォトグラファー/ライター ウェディング小物のディレクターをしていたときに、多くのデザイナーや職人たちの仕事に触れ、「自分も手に職をつけたい」と以前から好きだったカメラの勉強をはじめたことがきっかけで、フォトグラファーに。「書いてみないか」という誘いを受け、未経験からライターもはじめた。現在、演劇分野をメインに活動している。世界で一番好きなのは「猫」。猫歴約25年。 ⇒岩村美佳さんの記事一覧はこちら

コメント欄

有料会員登録してログインすると、コメントを書き込めます(コメントを送信すると、すべての人が読める形で公開されます)。

最近のコメント

  1. げんち より:

    初日から3回観てきました。こうも変わるのかと驚くほど毎回違うので、毎回新鮮でした。全力で子供から大人まで演じる皆さんをぜひ目撃して欲しい。これはミュージカルではなく芝居、いえ目の前で現実に起こるお話です。

最近の記事

■ 2022年9月掲載分
■ 2022年8月掲載分
■ 2022年7月掲載分
■ 2022年6月掲載分
 過去記事一覧は⇒こちら 有料会員登録は⇒こちら
お勧め商品
新着商品
Sorry, no posts matched your criteria.