「今回のような役は、たぶん最初で最後」 、『東京ラブストーリー』、柿澤勇人(下) | アイデアニュース

新着 予定 プレゼント 動画

「今回のような役は、たぶん最初で最後」 、『東京ラブストーリー』、柿澤勇人(下)

筆者: 岩村美佳 更新日: 2022年10月21日

【お詫び】11/5追記 プレゼント内容を、「写真1カットと色紙」とご案内しておりましたが、正しくは「サイン入りチェキ」です。心よりお詫び申し上げます。

2022年11月27日(日)に東京建物Brillia HALLで開幕するミュージカル『東京ラブストーリー』に、永尾完治役で出演する柿澤勇人さんのインタビュー、後編です。「下」では、赤名リカというキャラクターのこと、ミュージカルにおける歌と芝居のことについて思うこと、『メリー・ポピンズ』で経験されたこと、廣瀬友祐さんとの久しぶりの共演への想いや、ジェイソン・ハウランドさんの音楽の魅力のこと、どのような作品になりそうかということ、柿澤さんご自身の見どころなどについて伺った内容を紹介します。

柿澤勇人さん=撮影・岩村美佳
柿澤勇人さん=撮影・岩村美佳

ーーいつも柿澤さんの芝居に心を動かされています。ドラマ、ストレートプレイ、ミュージカルと、垣根なくお仕事される中で得られた表現は、完治役を演じるにあたっても使えそうでしょうか?

使えると思います。本当に最初は冴えない男で、「この人が主役なの?」みたいな感じでいこうかなと。ミュージカルなのでカッコつけたくもなっちゃうのですが、一切それは捨てようと考えています。かっこいいのは三上君でいいですし。4人が集まったら、いい空気になる気がしますね。

ーー製作発表で、空キャストと海キャストの皆さんが一斉に並んでいるのを拝見して、すごくフラットな印象を受けました。(一部キャストは欠席)

「ミュージカルだから、前に出る」みたいな感じが、一切ないところが好きです。「合うな」という感覚がありますし、芝居では、この4人のリアルな空気や年齢で、しゃべってしまっていいと思っています。

ーー4人の生き方の中で、この人に気持ちが動くというキャラクターはいますか?

難しい役でしょうが、リカちゃんがすごくいい役で、彼女の話でもあるのかなと思います。リカにはそのつもりはなくても、とにかく彼女が引っ張っていって、結果的に完治を翻弄していく。それくらいのエネルギーをずっと持っているけれども、常に寂しさや悲しさをフックに置きながら演じなければならないと思います。共感ではなくても、感情移入できるキャラクターなのではないでしょうか。いい例えではないかもしれませんが、エポニーヌみたいな叶わなさですね。

ーー赤名リカを演じる笹本さんと唯月さんは、お二人ともエポニーヌを演じられましたね。

あそこまでドラマチックではありませんが、日常でも僕らもあるじゃないですか。「報われない恋があるけれど、明るく生きていく」みたいな。あのリカが、かなりいいんじゃないかなと思います。玲奈ちゃんと、どう作っていくかにかかっているかな。

ーー2チーム制で、キャストの年代が違うというのもおもしろい仕掛けだなと思うのですが、いかがですか?

若いチームは、本当に若いな〜と思いますね。元気だし、フレッシュです。若さとは、それだけで才能だなと思いました。

ーー分かります。二度と手に入らない宝物みたいな。

そうです。本当に、僕らくたびれちゃったなって(笑)。

ーー(笑)。物語は同じですが、チームによって、大切にするものなどの違いが生まれるのかなとも思いました。

そこは全然違うでしょうし、違っていいと思います。歌詞やセリフも、お互いに感じていることが違うのであれば、変えてしまっていいのかもしれません。彼らの芝居を見て、真似しようにもできないところが、多分たくさんあるんだろうなと想像しています。

ーー今までに、見たことがないような柿澤さんを拝見できるのではと期待しています。

僕も全然わからないです。まだ掴めていないですね。冴えない、ダサい役は芝居でできると思うんです。でもそこに歌が入ってくると、どうしても歌っちゃいますから。すごくキーが高かったり、全身で出さないと出ない音があったりするので、そこをどうするかが課題だと思います。本当は歌い上げたくないんですよね。

ーー今年の『ミス・サイゴン』でも歌っていないところが結構あって、冒頭から語り合っているんです。30年も上演されているグランドミュージカルでも芝居重視になっているんだなと感じました。

最近ロンドンのチームは割とリアルにやろうとしていますよね。僕は好きな方向ですが、歌が多い作品では、歌わざるをえないじゃないですか。多分、悩むと思います。

※アイデアニュース有料会員限定部分には、『メリー・ポピンズ』で経験されたこと、廣瀬友祐さんとの久しぶりの共演への想いや、ジェイソン・ハウランドさんの音楽の魅力のこと、どのような作品になりそうかということ、柿澤さんご自身の見どころについて伺った内容など、インタビューの後半の全文と写真を掲載します。

<有料会員限定部分の小見出し>(有料会員限定部分はこのページの下に出てきます)

■芝居どころに悩んだ『メリー・ポピンズ』。「踊りも芝居だ」と言われて開放された

■ヒロ(廣瀬さん)とは、久しぶりの共演。芝居への思いも話しながら一緒にやりたい

■ジェイソンさんのイメージした世界観がしっくり。音楽は、100%楽しんでもらえるはず

■「この人たち、こういう恋をしてきたのかな」と、空気感がリアルになりそうな作品

<ミュージカル『東京ラブストーリー』>
【東京公演】2022年11月27日(日)〜12月18日(日) 東京建物Brillia HALL
【大阪公演】2022年12月23日(金)~25日(日) 梅田芸術劇場シアター・ドラマシティ
【愛知公演】2023年1月14日(土) 刈谷市総合文化センターアイリス 大ホール
【広島公演】2023年1月21日(土)~22日(日) JMSアステールプラザ大ホール
公式サイト
https://horipro-stage.jp/stage/love2022/

『東京ラブストーリー』 関連記事:

⇒すべて見る

柿澤勇人 関連記事:

⇒すべて見る

※柿澤勇人さんのサイン入りチェキを、有料会員3名さまに抽選でプレゼントします。有料会員の方がログインするとこの記事の末尾に応募フォームが出てきますので、そちらからご応募ください。応募締め切りは11月20日(日)です(このプレゼントの募集は終了しました)。有料会員の方はコメントを書くこともできますので、どうかよろしくお願いいたします。

柿澤勇人さん=撮影・岩村美佳
柿澤勇人さん=撮影・岩村美佳

全文が読める有料会員登録にご協力を

アイデアニュースは、有料会員のみなさんの支援に支えられ、さまざまな現場で頑張っておられる方々の「思いや理想」(ギリシャ語のイデア、英語のアイデア)を伝える独自インタビューを実施して掲載しています。ほとんどの記事には有料会員向け部分があり、有料会員(月額450円、税込)になると、過去の記事を含めて、すべてのコンテンツの全文を読めるようになるほか、有料会員限定プレゼントに応募したり、コメントを書き込めるようになります。有料会費は取材をしてくださっているフリーランスの記者のみなさんの原稿料と編集経費になります。良質な取材活動を続けるため、どうか有料会員登録にご協力をお願いいたします。

    
<筆者プロフィール>岩村美佳(いわむら・みか)  フォトグラファー/ライター ウェディング小物のディレクターをしていたときに、多くのデザイナーや職人たちの仕事に触れ、「自分も手に職をつけたい」と以前から好きだったカメラの勉強をはじめたことがきっかけで、フォトグラファーに。「書いてみないか」という誘いを受け、未経験からライターもはじめた。現在、演劇分野をメインに活動している。世界で一番好きなのは「猫」。猫歴約25年。 ⇒岩村美佳さんの記事一覧はこちら

コメント欄

有料会員登録してログインすると、コメントを書き込めます(コメントを送信すると、すべての人が読める形で公開されます)。

最近のコメント

  1. シキ より:

    東京ラブストーリーの原作、テレビドラマを見返しながらミュージカルの開幕を楽しみにしています。
    原作やテレビドラマと比較するというより、キャラクターやストーリーがミュージカルではどよのうになるのだろうかと想像が膨らみます。
    永尾完治という誠実だけど優柔不断な人物を、柿澤さんが演じてきた中では今までにないようなキャラクターなので、どんな柿澤さんの完治が見られるのか、次はないと思うと見逃せません。

  2. Yun より:

    最後?
    鎌倉殿の13人、カッキーが演じる源頼朝の反響を見ていると、そんなことはないと確信してます(笑)
    カンチを経て、どう進化するのかも楽しみです。
    アイデアニュースさん、いつも役者さんの思いが伝わる記事をありがとうございます。
    ジキハイも期待してます!

最近の記事

■ 2022年11月掲載分
■ 2022年10月掲載分
■ 2022年9月掲載分
■ 2022年8月掲載分
 過去記事一覧は⇒こちら 有料会員登録は⇒こちら
お勧め商品
新着商品
Sorry, no posts matched your criteria.