「君はミュージカルをやっていきなさい、と前田清実先生が」、ウエンツ瑛士(下) | アイデアニュース

新着 予定 プレゼント 動画

「君はミュージカルをやっていきなさい、と前田清実先生が」、ウエンツ瑛士(下)

筆者: 岩村美佳 更新日: 2022年3月28日

2022年3月21日(月)に開幕し、4月3日(日)まで東京・国際フォーラムホールCで、その後、愛知・刈谷市総合文化センター アイリス大ホール、福岡・久留米シティプラザ ザ・グランドホール、大阪・梅田芸術劇場シアター・ドラマシティで上演されるミュージカル『ブラッド・ブラザーズ』に、双子の一人であるエドワード役で出演しているウエンツ瑛士さんのインタビュー、後編です。

「下」では、ウエンツさんがミュージカルに初めて出演されたときのこと、『天才執事ジーヴス』で振付を担当されていた前田清実先生との出会いが、ミュージカルへ取り組むなかでのキャリアの転機となったこと、はじめて2幕後半からラストまで通したときに柿澤勇人さんの手から伝わってきた気持ちや、『ブラッド・ブラザーズ』への思いについて力強く話してくださった内容などを紹介します。

エドワード役 ウエンツ瑛士さん=撮影・岩田えり
エドワード役 ウエンツ瑛士さん=撮影・岩田えり

(※このインタビューは3月初旬に行いました)

ーーウエンツさんは9歳のときに、劇団四季のミュージカル『美女と野獣』チップ役で、初めてミュージカルにご出演されていますが、当時からミュージカルはお好きだったのですか?

ミュージカルは、それまで観たこともなかったです。その頃は毎日オーディションでした。日々、何のオーディションなのかもわかっていない中で受けていました。CMなどのオーディションでも、「歌ってみて」「踊ってみて」と言われることもありましたし、何も知らずにという感じでした。

ーー実際にチップ役で出演されているときは、いかがでしたか?

小学校3〜4年生でしたから、出演しているときは、さすがにこれはミュージカルだとはわかっていましたね。それからは、「ただで観れるらしいよ」と言われて『キャッツ』を観に行ったりしていました。

ーーでは、自然にミュージカルが生活に入ってきたのですか?

でも一瞬でしたね。この頃に、劇団四季の作品を何本か観ただけで、その後は、一切観ていませんでしたから。

ーー「ミュージカルが好きだ」と自覚されたのは、いつ頃ですか?

ミュージカル『天才執事ジーヴス』に出たときですね。出演のお話をいただいて、いろんな紆余曲折があり、「もうやらないといけない」という状況で作品に入りました。『美女と野獣』のときは、ミュージカルというよりお芝居をしているくらいの感じでしたし、正直、『天才執事ジーヴス』も、あまりミュージカルをやるという気持ちではなかったのですが、振付で入られていた前田清実先生との出会いが大きかったです。

ミュージカルをそれまでにほぼ観ていない僕でしたから、稽古中もミュージカルと思わずに、その時に思った気持ちで歌っていました。だから、歌えないことも多くて、例えば譜割りが気持ち悪いとか、こうセリフを言っているのに何でこうしなきゃいけないんだろうとか、この歌のこの部分への繋がりがわからないとか、稽古場で色々な壁にぶち当たりましたね。

※アイデアニュース有料会員限定部分には、『天才執事ジーヴス』で振付を担当されていた前田清実先生との出会いが、ミュージカルへ取り組むなかでのキャリアの転機となったこと、はじめて2幕後半からラストまで通したときに柿澤勇人さんの手から伝わってきた気持ちや、『ブラッド・ブラザーズ』への思いについて力強く話してくださった内容など、インタビューの後半の全文を掲載します。

<有料会員限定部分の小見出し>(有料会員限定部分はこのページの下に出てきます)

■前田清実先生が「私のレッスンに来なさい」と。何もできないところから3年間通った

■最初は「ミュージカルが好き」というよりも、人の想いに救われ引っ張っていただいて

■「このゴールに向かってここからやっていくんだぞ」と柿澤くんの手から伝わってきた

■僕らでしかやれない『ブラッド・ブラザーズ』が絶対できる。それを観に行く気持ちで

<ミュージカル『ブラッド・ブラザーズ』>
【東京公演】2022年3月21日(月)~4月3日(日) 東京国際フォーラム ホールC
【愛知公演】2022年4月9日(土)・10日(日)刈谷市総合文化センター アイリス大ホール
【久留米公演】2022年4月15日(金)~17日(日)久留米シティプラザ ザ・グランドホール
【大阪公演】2022年4月21日(木)〜24日(日)梅田芸術劇場シアター・ドラマシティ
公式サイト
https://horipro-stage.jp/stage/bb2022/
https://www.cubeinc.co.jp/archives/theater/bb2022

『ブラッド・ブラザーズ』 関連記事:

⇒すべて見る

ウエンツ瑛士 関連記事:

⇒すべて見る

※ウエンツ瑛士さんのサイン色紙を、有料会員4名さまに抽選でプレゼントします。有料会員の方がログインするとこの記事の末尾に応募フォームが出てきますので、そちらからご応募ください。応募締め切りは4月27日(水)です(このプレゼントの募集は終了しました)。有料会員の方はコメントを書くこともできますので、よろしくお願いいたします。

ミッキー役 柿澤勇人さん(中央)、エドワード役 ウエンツ瑛士さん(右)、リンダ役 木南晴夏さん=撮影・岩田えり
ミッキー役 柿澤勇人さん(中央)、エドワード役 ウエンツ瑛士さん(右)、リンダ役 木南晴夏さん=撮影・岩田えり

全文が読める有料会員登録にご協力を

アイデアニュースは、有料会員のみなさんの支援に支えられ、さまざまな現場で頑張っておられる方々の「思いや理想」(ギリシャ語のイデア、英語のアイデア)を伝える独自インタビューを実施して掲載しています。ほとんどの記事には有料会員向け部分があり、有料会員(月額450円、税込)になると、過去の記事を含めて、すべてのコンテンツの全文を読めるようになるほか、有料会員限定プレゼントに応募したり、コメントを書き込めるようになります。有料会費は取材をしてくださっているフリーランスの記者のみなさんの原稿料と編集経費になります。良質な取材活動を続けるため、どうか有料会員登録にご協力をお願いいたします。

    
<筆者プロフィール>岩村美佳(いわむら・みか)  フォトグラファー/ライター ウェディング小物のディレクターをしていたときに、多くのデザイナーや職人たちの仕事に触れ、「自分も手に職をつけたい」と以前から好きだったカメラの勉強をはじめたことがきっかけで、フォトグラファーに。「書いてみないか」という誘いを受け、未経験からライターもはじめた。現在、演劇分野をメインに活動している。世界で一番好きなのは「猫」。猫歴約25年。 ⇒岩村美佳さんの記事一覧はこちら

コメント欄

有料会員登録してログインすると、コメントを書き込めます(コメントを送信すると、すべての人が読める形で公開されます)。

最近のコメント

  1. ガム より:

    ウエンツ君のインタビュー記事、とても嬉しいです。ありがとうございます。
    元々WaTが好きでウエンツ君の活躍を追いかけてきましたが、『天才執事ジーヴス』で見せたウエンツ君の前向きな変化に、客席のこちらまで身が引き締まる想いになったことをこのインタビューで思い出しました。
    今回の『ブラッド・ブラザーズ』でのエディへの想いを読んで、舞台で観るのが楽しみになりました。
    インタビュー中でも出てきた「ミュージカルへの想い」も機会があったら是非聞きたいです。

最近の記事

■ 2022年10月掲載分
■ 2022年9月掲載分
■ 2022年8月掲載分
■ 2022年7月掲載分
■ 2022年6月掲載分
 過去記事一覧は⇒こちら 有料会員登録は⇒こちら
お勧め商品
新着商品
Sorry, no posts matched your criteria.