ミュージカル『太平洋序曲』2023年上演、山本耕史・松下優也・海宝直人・廣瀬友祐・ウエンツ瑛士・立石俊樹ら | アイデアニュース

新着 予定 プレゼント 動画

ミュージカル『太平洋序曲』2023年上演、山本耕史・松下優也・海宝直人・廣瀬友祐・ウエンツ瑛士・立石俊樹ら

筆者: アイデアニュース編集部 更新日: 2022年7月15日

2023年3月に東京・日生劇場で、4月に大阪・梅田芸術劇場メインホールで、ミュージカル『太平洋序曲』が上演されることが、2022年7月15日(金)に発表されました。江戸時代末期、日本が鎖国を解き、開国し、西洋化へ向かう激動の過程が描かれた作品です。

出演は、物語全体を俯瞰しながら進行する狂言回しとして山本耕史さん・松下優也さんが、浦賀奉行としてペリーとの交渉に臨み、次第に西洋文化に傾倒していく香山弥左衛門に海宝直人さん・廣瀬友祐さんが、流れ着いた米国から帰国し、日本が開国に向かう中で武士道に目覚めるジョン万次郎にウエンツ瑛士さん・立石俊樹さんがそれぞれダブルキャストで挑みます。

本企画は、英国メニエールチョコレートファクトリー劇場と、梅田芸術劇場が初めて手掛ける共同制作ミュージカルです。ロンドンでの活躍目覚ましいメニエール劇場は、エッジの立った芸術性の高い作品のプロデュースに定評があり、近年では『屋根の上のバイオリン弾き』(2019年トレバー・ナン演出)、『カラーパープル』(2016年度トニー賞受賞)、『メリリー・ウィー・ロール・アロング 』(2014年ローレンス・オリヴィエ賞受賞)等をウエストエンドやブロードウェイに輩出しています。初のコラボレーションに選んだのは、ミュージカルの巨匠ソンドハイムの意欲作『太平洋序曲』。“西洋のクリエイターによって描かれた「日本」”という点で唯一無二の作品が、西洋と日本の融合したアプローチで新たに創り上げられます。

また今回、あのミュージカル『TOP HAT』をオリヴィエ賞に導いた才能あふれる演出家マシュー・ホワイトと、選び抜いたクリエイティブスタッフによる新演出での上演となります。数々のソンドハイム作品をメニエール劇場で手掛けたウエストエンドを代表する音楽監督キャサリン・ジェイズ、美術家ポール・ファーンズワース、日本からは『The Karate Kid– The Musical』他数々の作品で世界のクリエーターとコラボレーションを続ける日本を代表する衣裳家前田文子らと共に、新しい『太平洋序曲』の世界が届けられます。

(上段左より)山本耕史さん、海宝直人さん、ウエンツ瑛士さん(下段左より)松下優也さん、廣瀬友祐さん、立石俊樹さん
(上段左より)山本耕史さん、海宝直人さん、ウエンツ瑛士さん(下段左より)松下優也さん、廣瀬友祐さん、立石俊樹さん


<STORY>
時は江戸時代末期。海に浮かぶ島国ニッポン。黒船に乗ったペリーがアメリカから来航。鎖国政策を敷く幕府は慌て、浦賀奉行所の下級武士、香山弥左衛門(海宝直人・廣瀬友祐)と、鎖国破りの罪で捕らえられたジョン万次郎(ウエンツ瑛士・立石俊樹)を派遣し、上陸を阻止すべく交渉を始める。一度は危機を切り抜けるものの、続いて諸外国の提督が列を成して開国を迫りくる。目まぐるしく動く時代。狂言回し(山本耕史・松下優也)が見つめる中、日本は開国へと否応なく舵を切るのだった。

演出:マシュー・ホワイト
ケンブリッジ大学出身、俳優を経て演出家・脚本家に転身。ウエストエンドで上演された演出作『リトルショップ・オブ・ホラーズ』『スイート・チャリティ』『TOP HAT』は、全てオリヴィエ賞候補に挙がっている。その他、メニエール劇場で『ラスト・ファイヴ・イヤーズ』『キャンディード』を演出、2018年『TOP HAT』日本版も演出。

メニエール劇場プロデューサー:デヴィッド・ババーニ
2004年、チョコレート工場があった建物を改造し、レストラン併設のメニエールチョコレートファクトリー劇場を立ち上げた。『リトルショップ・オブ・ホラーズ』『メリリー・ウィー・ロール・アロング』『カラーパープル』『屋根の上のバイオリン弾き』等のヒット作品をプロデュース。

<マシュー・ホワイトさんのコメント>
ソンドハイム氏の『太平洋序曲』は、私にとっては希少な宝石のような作品です。イギリス人からすると、馴染みがうすい時代の日本史を扱った作品だからでしょうか…時として、この作品はイギリスで過小評価されているように感じます。しかしながら、この卓越した作品の上演が発表される度に、いつも胸が高まるのです。

スティーヴン・ソンドハイム氏の訃報を受け、彼の類まれなる豊かな遺産は再評価されました。彼の作品の一つ一つ全てが、それぞれに大変な個性を持っています。とりわけ『太平洋序曲』について言えば、1976年ブロードウェイ初演の夜に居合わせた幸運な観客が受けた衝撃たるや、驚きに溢れていたに違いありません。そこには、アメリカの観客が観たことのない世界が広がっていました。歌舞伎や能などの伝統技能が取り入れられ、最後のシーンを除き、出演者は男性のみでした。この作品で、ソンドハイム氏と脚本のワイドマン氏は、東洋と西洋の伝統をスリリングに並べて見せ、ミュージカル界に地割れのような衝撃を与えたのでした。

この度、ロンドンのメニエール劇場と日本の梅田芸術劇場の新たなコラボレーションである『太平洋序曲』に関われることを、とても誇らしく嬉しく思います。奇しくも、私の母国イギリスは「ブレグジット」を通じて西洋の近隣諸国からの「孤立」を選びました。そんな時代に、日本がイギリスとは正反対の道を選んだ歴史を見ていくことに、魅力と意義を感じています。あの時、日本にとって分別のある選択肢はそれしかなかったのです。世界の国々を受け入れ、新しい技術を取り込み、西洋に出来ることは何だって、日本にもできる…日本の方が上手く出来ると立証したのです。

『太平洋序曲』
『太平洋序曲』

<ミュージカル『太平洋序曲』>
【東京公演】2023年3月 日生劇場
【大阪公演】2023年4月 梅田芸術劇場メインホール

チケット 一般発売:2022年冬(予定)

作詞・作曲:スティーヴン・ソンドハイム
脚本:ジョン・ワイドマン
演出:マシュー・ホワイト

出演:
狂言回し 山本耕史・松下優也(Wキャスト)
香山弥左衛門 海宝直人・廣瀬友祐(Wキャスト)
ジョン万次郎 ウエンツ瑛士・立石俊樹(Wキャスト)
将軍/女将 朝海ひかる

[老中] 可知寛子/ [たまて] 綿引さやか/ [漁師] 染谷洸太/ [泥棒] 村井成仁/ [少年] 谷口あかり/ [提督] 杉浦奎介/ [提督] 武藤寛/ [提督] 田村雄一/ [提督] 中西勝之/ [提督] 照井裕隆/ [水兵] 藤田宏樹/ [少女] 井上花菜(登場順)

企画・制作・主催:梅田芸術劇場

公式サイト
https://www.umegei.com/pacific-overtures/
Twitter:@P_Overtures

『太平洋序曲 関連記事:

⇒すべて見る

松下優也 関連記事:

⇒すべて見る

海宝直人 関連記事:

⇒すべて見る

廣瀬友祐 関連記事:

⇒すべて見る

ウエンツ瑛士 関連記事:

⇒すべて見る

<アイデアニュース編集部>アイデアニュース編集部として作成した記事の一覧は ⇒こちら

コメント欄

有料会員登録してログインすると、コメントを書き込めます(コメントを送信すると、すべての人が読める形で公開されます)。

最近の記事

■ 2022年12月掲載分
■ 2022年11月掲載分
■ 2022年10月掲載分
■ 2022年9月掲載分
■ 2022年8月掲載分
 過去記事一覧は⇒こちら 有料会員登録は⇒こちら
お勧め商品
新着商品
Sorry, no posts matched your criteria.