「しぃたんなら大丈夫だよと、優ちゃんが」、『ダブル・トラブル』日野真一郎(下) | アイデアニュース

新着 予定 プレゼント 動画

「しぃたんなら大丈夫だよと、優ちゃんが」、『ダブル・トラブル』日野真一郎(下)

筆者: 村岡侑紀 更新日: 2022年7月23日

2人のキャストで10人あまりの登場人物を演じるミュージカルコメディ『ダブル・トラブル』~2022 夏 Season A~に、ジミー・マーティンなどの役で出演する、日野真一郎(LE VELVETS)さんのインタビュー後編です。

「下」では、Season Aのみなさんとの稽古のこと、稽古場でSeason Bの2人と話したということや、稽古初日に、原田さんにLINEと電話で相談したということ、作品の楽曲のこと、ウォーリー木下さんの演出や高橋亜子さんの訳詞のことなどについて伺った内容と、これまでに出演された『SMOKE』や『Glory Days』、『ジョセフ・アンド・アメージング・テクニカラー・ドリームコート』のこと、お客さまへのメッセージを紹介します。

日野真一郎さん=撮影・NORI
日野真一郎さん=撮影・NORI

ーー今、みなさんと合わせながらお稽古されているかと思いますが、弟・ボビー役の浜中さんと横山さん、印象はそれぞれいかがですか?

二人とも、全然作り方が違いますし、相葉くんと僕のジミーももちろん違います。組み合わせによって、それぞれのリアクションが変わるので、それも面白いところだと思います。ボビー役が変わると、僕のリアクションも全然違いますし。

稽古場には、Season Bの林くんと寺ちゃん(寺西さん)も一緒にいることがあって、「ジミー役、どうやってる? ここのダンス、どうしたらいいかな?  」とか、翔太(林さん)と話しながら相談したりしています。チームが違うので一緒に舞台に立つことはできないのですが。

ーーSeason Aの相葉さんに、先日インタビューさせていただいた時、今、あまり相談する時間がないけれども、日野さんがとてもフランクで話しやすく、お互い頑張ろうねと言っているとおっしゃっていました。

バッチ(相葉さん)もとても人柄がよくて、いろいろと連絡をし合っています。「昨日4時までやってたよー! 」「今日は、俺5時までやってたよ! 」「だよね」「終わんないよね」って。そんな風に2人で鼓舞して、励まし合いながら頑張っています。

ーー『ジョセフ』でご一緒だった原田さんとは、ジミー役のことでお話される機会はありましたか?

はい。本稽古に入った日に、心が折れそうになったので(笑)、優ちゃん(原田さん)と電話しました。LINEで「ここがこうでさ」とか、色々と相談していたら、電話をかけてきてくれて。「このナンバーの時、優ちゃんどうやってた?」とか相談して、アドバイスをたくさんもらって、励ましてもらいました。「いつでも電話してきていいよー!」って。

優ちゃんは、子供の頃からやっていますし、本当にすごく器用でいろいろなことができるんですよね。その優ちゃんが「いやー、これは大変だよ」と言っていたので、「うわぁ、優ちゃんでも、そうだったんだな」って。「ここはこうだよ」「しぃたんなら大丈夫だよ」って言ってくれたんです。実際にこの作品に出演した人にそう言ってもらえて、すごく安心しました。稽古初日から、支えてもらいました(笑)。

ーーそれだけ大変だということですね。

2時間以上の作品を2人でやるので、セリフ量も、曲も多いです。ずっと何かをしている状態ですね。

ーーお稽古場で、ウォーリーさんの演出の中で印象に残っていることはありますか?

まだウォーリーさんとの稽古は1週目なので、全体のミザンスがどうなっているかとか、仕掛けのことや、早替えの段取りを確認している最中なので、「もうちょっと、こういう感情でやってみて」というような、内容面については、これから深める感じです。

自由にやらせてくださって、「引き出し、募集中でーす! 」とおっしゃっていて(笑)。「こうしなきゃいけない」というのがなく、自分で考えたものを持って行って挑戦できるという、やりやすい空間です。

ーー楽曲面からの『ダブル・トラブル』の特徴や面白さについては、どのように感じていらっしゃいますか?

曲は、最初に使われたメロディーが、作品のいろいろな場所に、ちょっとずつ変わりながら出てきますし、観ていると、「このメロディーは、この役のテーマソングなんだな」ということがわかる作りにもなっています。

歌でいうと、半音単位で動くところがすごく多くて、コードの音ではない音を歌うシーンも結構あるんです。普通は、ピアノの音に寄り添いながら歌いたくなるのですが、別の音で自分の声をぶつけていくという、おしゃれコードですね。

ーーそうなのですね。

ピアノで鳴っていない音に向かって歌うというのは、すごく大変ではあるのですが、できた時に、とてもおしゃれな響きになるので、そこを狙って作られているのだろうなと思います。

※アイデアニュース有料会員限定部分には、高橋亜子さんの訳詞のこと、これまでに出演された『SMOKE』、『Glory Days』、『ジョセフ』のことやお客さまへのメッセージなどインタビューの後半の全文と写真を掲載します。

<有料会員限定部分の小見出し>(有料会員限定部分はこのページの下に出てきます)

■亜子さんは、役者の立場になって考えながら、言葉を拾ってくださっていると感じる

■終演後に、動けなかったこともある『SMOKE』。役を追求し、自分と向き合う転機に

■舞台上にずっと出ていた『Glory Days』。踊りながら歌って鍛えられた『ジョセフ』

■「人生を賭けて」取り組んでいる『ダブル・トラブル』。心の底から笑ってほしい

<ミュージカル『ダブル・トラブル』2022夏 SeasonA>
【東京公演】2022年7月28日(木)~8月14日(日) オルタナティブシアター
公式サイト
https://www.musical-wtrouble.jp

『ダブル・トラブル』 関連記事:

⇒すべて見る

日野真一郎 関連記事:

⇒すべて見る

相葉裕樹 関連記事:

⇒すべて見る

※日野真一郎さんの写真1カットとサイン色紙を、有料会員3名さまに抽選でプレゼントします。有料会員の方がログインするとこの記事の末尾に応募フォームが出てきますので、そちらからご応募ください。応募締め切りは8月22日(月)です(このプレゼントの募集は終了しました)。有料会員の方はコメントを書くこともできますので、どうかよろしくお願いいたします。

日野真一郎さん=撮影・NORI
日野真一郎さん=撮影・NORI

全文が読める有料会員登録にご協力を

アイデアニュースは、有料会員のみなさんの支援に支えられ、さまざまな現場で頑張っておられる方々の「思いや理想」(ギリシャ語のイデア、英語のアイデア)を伝える独自インタビューを実施して掲載しています。ほとんどの記事には有料会員向け部分があり、有料会員(月額450円、税込)になると、過去の記事を含めて、すべてのコンテンツの全文を読めるようになるほか、有料会員限定プレゼントに応募したり、コメントを書き込めるようになります。有料会費は取材をしてくださっているフリーランスの記者のみなさんの原稿料と編集経費になります。良質な取材活動を続けるため、どうか有料会員登録にご協力をお願いいたします。

    
<筆者プロフィール>村岡侑紀(むらおか・ゆき) 広告制作会社に入社し、企業ブランディングやコピーライティングを経験。その後、化粧品メーカーのマーケティング担当として多くのブランドを育成し、ベンチャー企業で広報も。ミュージカルや舞台作品そのものの魅力はもちろん、そこに携わる方々のことを伝えたい。 ⇒村岡侑紀さんの記事一覧はこちら

コメント欄

有料会員登録してログインすると、コメントを書き込めます(コメントを送信すると、すべての人が読める形で公開されます)。

最近のコメント

  1. みさき より:

    インタビューを読んでさらに楽しみになりました。
    わくわく‼︎

  2. strawberry より:

    記事ありがとうございます。
    日野さんが人生を賭けて挑戦される舞台、ますます楽しみです!FCでチケットをお願いしましたが、一般発売日に追加しました笑。いよいよですね!無事に幕が上がりますように!

  3. かるがも母さん より:

    チケット取れてます♬
    最近一寸辛い事があったから元気をもらえたら良いなと思っています。
    楽しみにしています。

最近の記事

■ 2022年12月掲載分
■ 2022年11月掲載分
■ 2022年10月掲載分
■ 2022年9月掲載分
■ 2022年8月掲載分
 過去記事一覧は⇒こちら 有料会員登録は⇒こちら
お勧め商品
新着商品
Sorry, no posts matched your criteria.