「ウォルトン兄弟の手作り感に、可愛げが」『ダブル・トラブル』、原田優一(下) | アイデアニュース

新着 予定 プレゼント 教室 ペット

「ウォルトン兄弟の手作り感に、可愛げが」『ダブル・トラブル』、原田優一(下)

筆者: 村岡侑紀 更新日: 2022年8月24日

2人のキャストで10人あまりの登場人物を演じるミュージカルコメディ『ダブル・トラブル』~2022 夏 Season C~に、ボビー・マーティンなどの役で出演する、原田優一さんのインタビュー後編です。「下」では、俳優としてだけでなく、演出家としても「ギリギリ」を狙いがちということ、客席が引かないギリギリを狙えるようになったという話、初演時のご自身による『ダブル・トラブル』公演の動画を観ながら反省しているということや、『ダブル・トラブル』という作品の魅力や表現する上での難しさ、この作品の手作り感ならではの良さなどについて話してくださった内容を紹介します。

原田優一さん=撮影・NORI
原田優一さん=撮影・NORI

ーー演じる上で、俳優として「ギリギリを狙っている」というお話もありましたが、演出家としても「ギリギリ」を狙っていますか?

役者さんができる「この人のギリギリ」みたいなところは狙いがちです。「これ、やってみたらどう?」と選択肢を出したりもしますが、一方で、お客さまに受け入れられる「ギリギリ」の方向性という観点もあるんです。結構、日本のお客さまはそこがはっきりしていると思います。

ーーはっきりとしているのですか?

ウケるギリギリと、引くギリギリがあり、そこが難しいところではあります。演出や構成を始めた頃は、「引く」方のギリギリをやり続けたものですから、「これは、完璧に引くんだ」というラインを20代のうちに学びました。「客席が、随分と向こう側に引いたな…」と。

ーー反応で、わかるものなのですね。

お客さまが「なんでやねん!」と、ツッコめない方のギリギリをやってしまうと、引かれるんです。本当に、わかりやすいですよ。『ダブル・トラブル』でも、具体的にどこだったかは忘れてしまいましたが、「あ、これはウケないんだな」と、劇場でわかったものはやらなくなったかと思います。稽古場で、演出家さんにウケていたものとは、また違うんですよ。以前、経験がありまして。

ーーどのようなご経験ですか?

福井晶一さんと、二人ミュージカル『グーテンバーグ!』の時、演出の板垣さんに、稽古場でめちゃくちゃウケているギャグがあったんです。でもこれが、結構ブラックなギャグだったので、お客さまとしては「引く」方だったんですよ。これがわかったのが、劇場初日という…。

ーー実際に、舞台上で…。

「やっちゃった! 」というところがあって、福井さんと自分、心折れましたよ。初日の舞台上で。これだけではなく、劇場ではダメだったということもいっぱいあり、『ダブル・トラブル』でもそれは経験済みなので、再演ではそれがないようにしたいです。

ーー笑いっぱなしだったので、どこなのかわからなかったです。

前回の動画を、再演のために観ていたんですよ。「これはしくじっているな、自分! 」というところが結構ありました。いっぱい反省しながら観ていました。「めちゃくちゃ芝居を置きにいってんじゃねーかよ!丁寧にやりすぎだよ、原田!」って自分でツッコみながら。「そこはもう、サクサクいっちゃっていいんだよ!何、気取ってんだよ! 」みたいなところが。その時は思っていなかったのですが、1年後に観ると思うものなのだなと。

ーー例えば、レベッカはいかがでしたか?

レベッカについても、自分では思うところが結構ありました。「僕のレベッカって、面白いでしょ? 」みたいな芝居をしているんですよ。自信満々でやっているから、動画を観ながらすごく腹が立ってきました。「もっと飛ばしちゃって、勢いでいっちゃっていいんだよ! 」と、思ったりしていました。でも、『ダブル・トラブル』では、なぜそれが難しいかというと、裏と表の判別がつかなくなるんです。

※アイデアニュース有料会員限定部分には、俳優としてだけでなく、演出家としても「ギリギリ」を狙いがちということ、客席が引かないギリギリを狙えるようになったという話、初演時のご自身による『ダブル・トラブル』公演の動画を観ながら反省しているということや、『ダブル・トラブル』という作品の魅力や表現する上での難しさ、この作品の手作り感ならではの良さなどについて話してくださった内容など、インタビューの後半の全文と写真を掲載します。

<有料会員限定部分の小見出し>(有料会員限定部分はこのページの下に出てきます)

■「なりふり構わない」舞台裏と、「しっかりと表現をしなければいけない」舞台上

■「表も裏もドタバタでした!」というのも、何だかダサい気が。いい塩梅が難しい

■「終わったときに、とてもジーンとくる」というか、なぜかわからないけど涙が

■矛盾点にも、手作り感やアナログ感など、人の「思いつき」の形跡を感じる作品

<ミュージカル『ダブル・トラブル』2022夏 SeasonC>
【東京公演】2022年9月5日(月)〜9月13日(火) 自由劇場
公式サイト
https://www.musical-wtrouble.jp

『ダブル・トラブル』 関連記事:

⇒すべて見る

原田優一 関連記事:

⇒すべて見る

※原田優一さんの写真1カットとサイン色紙を、有料会員3名さまに抽選でプレゼントします。有料会員の方がログインするとこの記事の末尾に応募フォームが出てきますので、そちらからご応募ください。応募締め切りは9月23日(金・祝)です(このプレゼントの募集は終了しました)。有料会員の方はコメントを書くこともできますので、どうかよろしくお願いいたします。

原田優一さん=撮影・NORI
原田優一さん=撮影・NORI

全文が読める有料会員登録にご協力を

アイデアニュースは、有料会員のみなさんの支援に支えられ、さまざまな現場で頑張っておられる方々の「思いや理想」(ギリシャ語のイデア、英語のアイデア)を伝える独自インタビューを実施して掲載しています。ほとんどの記事には有料会員向け部分があり、有料会員(月額450円、税込)になると、過去の記事を含めて、すべてのコンテンツの全文を読めるようになるほか、有料会員限定プレゼントに応募したり、コメントを書き込めるようになります。有料会費は取材をしてくださっているフリーランスの記者のみなさんの原稿料と編集経費になります。良質な取材活動を続けるため、どうか有料会員登録にご協力をお願いいたします。

    
<筆者プロフィール>村岡侑紀(むらおか・ゆき) 広告制作会社に入社し、企業ブランディングやコピーライティングを経験。その後、化粧品メーカーのマーケティング担当として多くのブランドを育成し、ベンチャー企業で広報も。ミュージカルや舞台作品そのものの魅力はもちろん、そこに携わる方々のことを伝えたい。 ⇒村岡侑紀さんの記事一覧はこちら

コメント欄

有料会員登録してログインすると、コメントを書き込めます(コメントを送信すると、すべての人が読める形で公開されます)。

最近のコメント

  1. Yu-Ka より:

    ダブル・トラブル2022 が終演して、早10日。それでもまだマーティン兄弟の熱量が冷めずに私の心を満たしています!

    そしてマーティン兄弟の、「裏の必死さ」と「表のシレっと感」に励まされて、私も頑張っています!
    しばらくして、私のこのエネルギーが切れる頃には、再びマーティン兄弟に会えて、元気をいただけたらとても嬉しいです!

    いろんなキャストで、このミュージカルを続けていっていただきたいですが、その中にレジェンドチーム(原田優一さんと太田基裕さん)は必ずいていただきたいです!
    またお会いしましょう!

  2. Azusa より:

    「ダブル・トラブル」は初演を8公演観ました。そしてアイデアニュースさんのこちらの記事を拝読後、今回は11公演観劇しました!完全に中毒者です笑
    30年のキャリアがあり演出家としてもご活躍なさっている超実力派ベテラン俳優さんなのにも関わらず、記事にあった通り上限を決めることなくいつも果敢に“ギリギリ”を攻めて会場に爆笑の渦を巻き起こし、その演目の中毒者を続出させてしまう原田さん。そうなった経緯やお考えを知ることができ、目から鱗が落ちるインタビューでした。お陰さまでより「ダブル・トラブル」の見どころや楽しみ方が増え、夏の終わりに幸せな観劇時間を味わうことができました。素敵なインタビューをありがとうございました。

  3. Dream Mika より:

    興味深いお話満載でした。
    ウケるギリギリと引くギリギリの丁度いい塩梅のギリギリを攻めるダブルトラブル再演が物凄く楽しみです。
    ドタバタの裏と表の話も深いなぁ。
    原田優一さんは常に自分を客観視出来て、客席の反応も自分の味方に変えられる強みがあるから素晴らしいパフォーマンスを私達に見せてくれるのですね。
    初演とは一味も二味も違ったキャラクターで攻めてくる予感にワクワクが止まりません。

    アイデアニュースご担当者様へ
    原田さんのお名前間違いの指摘のリプをした者です。
    とても気持ちの良いご対応をして頂き、感謝です。

最近の記事

■ 2022年9月掲載分
■ 2022年8月掲載分
■ 2022年7月掲載分
■ 2022年6月掲載分
 過去記事一覧は⇒こちら 有料会員登録は⇒こちら
お勧め商品
新着商品
Sorry, no posts matched your criteria.