「華やかでハッピーな舞台」、『Dramatic Musical Collection』東山義久・東山光明(上) | アイデアニュース

新着 予定 プレゼント 動画

「華やかでハッピーな舞台」、『Dramatic Musical Collection』東山義久・東山光明(上)

筆者: 達花和月 更新日: 2022年10月28日

ゴージャスヴォイスが紡ぐ、珠玉の「ミュージカル・ショー」である『Dramatic Musical Collection 2022』が、2022年11月16日(水)から22 日(火)まで「Cinema Connection」と「French Connection」の2バージョンで、東京・博品館劇場で上演されます。出演は、東山義久さん、北翔海莉さん、木村花代さん、東山光明さん、常川藍里さん。そして演出・振付も担当するDIAMOND☆DOGS(中塚皓平さん、和田泰右さん、咲山類さん、廣瀬真平さん、新開理雄さん、Homerさん)の皆さんです。久しぶりの共演となる、東山義久さんと、東山光明さんご兄弟にインタビューしました。上下に分けてお届けします。

「上」では、『Dramatic Musical Collection 2022』に出演される皆さんのこと、見どころ、候補に上がっている楽曲のことや、義久さんがミュージカル『ミス・サイゴン』のエンジニア役のオーディションを受けようと思ったきっかけが以前の『Dramatic Musical Collection』(DMC)だったということなどについて伺った内容と、お客さまへのメッセージを紹介します。

「下」では、義久さんには、エンジニア役についてのお話を、光明さんには、『SMOKE』『BLUE RAIN』に続いて出演された音楽劇『刻』のこと、この3作品の作曲を手がけたホ・スヒョンさんとお話しされたことなどについて伺いました。また、ご兄弟ならではの、子どもの頃のエピソードや、お互いを舞台人としてどのようにご覧になっているかということなどについて伺った内容を紹介します。

東山義久さん(右)と東山光明さん=撮影・NORI
東山義久さん(右)と東山光明さん=撮影・NORI

(※このインタビューは9月末に実施しました)

――『Dramatic Musical Collection』は、2年ぶりの上演ですね。

義久:2014年から始めて、今回は6回目になります。銀河劇場さんで3回、博品館さんでは3回目です。

――毎回出演者が豪華ですが、今回もゴージャスですね。

義久:この作品には初出演の北翔海莉さんと、2016年から出演している木村花代さんと前回(2020年)からの常川藍里くん。光明は初めてだよね。

光明:出演は初めてですね。観には何回も行っています。

――「ミュージカル・ショー」と「ミュージカルコンサート」の違いはなんでしょう?

義久:今回は、ミュージカル映画をモチーフとした「Cinema Connection」と、フランスミュージカルを中心とした「French Connection」という40分ぐらいのコーナーを日替わりでやります。例えば「French Connection」の中では、誰かを主点に置いたストーリーで、いろんな歌を繋いでいきます。そういうところが、みんなで歌うところ、個々で歌うところを持ち合わせる「ミュージカルコンサート」ではなく、「ミュージカル・ショー」なんです。

――この歌の次はこの歌、というだけではなくて、ストーリーがあるのですね。

義久:そうです。あとは「さあ、これから○○さんに○○を歌っていただきましょう」みたいなMCがゼロなので、結構疾走感があると思います。「目指せ、ノンストップの90分」で構成していて、ほとんど9割ステージに上がっています。DIAMOND☆DOGSのメンバーが、ソング&ダンスで、あるときはバックダンサーにもなるし、コーラスにもなりますが、彼らがメインのシーンもあります。

光明:おー!

義久:あとは光明くんがやってくれるかどうか。

光明:まぁ、ちょっとそれは内容によるかもしれない。

義久:おいおい(笑)。

――それでは、各出演者さんに期待されているところを教えてください。まずは、北翔海莉さん。

義久:みっちゃん(北翔海莉さん)とは、『CLUB SEVEN ZERO Ⅱ』(2019年)という舞台でご一緒させていただきました。本当にもう、歌も踊りも芝居も全部できる方で、「ミセス」なんですが、「ミス・パーフェクト」って呼んでいます。

光明:(笑)。

義久:「ミュージカル・ショー」ということで、結構作り込んでいるので、いろんなことができる方と一緒に、いいものをたくさん作りたい。その意味で、北翔のみっちゃんは本当に何でもできるし、何でもやってくれる。率先して「それ、私も出る」という雰囲気の方なので、この『Dramatic Musical Collection』の「長」として引っ張って欲しいですね。

――木村花代さんについて、お願いします。

義久:花代ちゃんも本当に何でもできる方で、天真爛漫で歌声も確かです。前回(『Dramatic Musical Collection 2020』)は、紅一点でしたが、彼女が「星から降る金」(『モーツァルト!』)を歌った後に、僕のソロという順番だったんですけど、あまりの拍手に、すごく出辛くて(笑)。同じ『モーツァルト!』の「影を逃れて」を歌った後で、花代ちゃんに「出づらっ! もっと控えてもらっていい?」って言ったら、「リーダー頑張れっ!」って言われて(笑)。

光明:ははは!(笑)。

義久:D☆Dの6人にとってはお姉ちゃんみたいな感じ。今回の「Cinema Connection」では、彼女が出演している作品の中に素敵なナンバーがあったので、それを花代ちゃんとDIAMOND☆DOGSでやるんですが、多分お客さまも、すごく盛り上がると思います。北翔のみっちゃんとは全然違うタイプの女性なので、男役と女役じゃないけど、今回の『DMC』の中では、そういうところの「花」を担ってもらえたらと思っています。

――常川藍里さんについてはいかがですか?

義久:常川くんは『ALTAR BOYZ』のシリーズで、3回ご一緒しました(2017年・2019年・2021年合同スペシャル)。今回、楽曲の候補は、それぞれの出演者から出してもらったのですが、普通はちょっと守りに入って、何回か歌っていて、既に歌詞が頭に入っている曲を選ぶと思うんです。ところが彼はやったことがない曲を出してきて。この舞台を使って何かもうひとつ、いろいろ挑戦しようという姿勢がすごく若さに溢れていていいなと。メインとされるメンバーの中で、僕らがちょっと年が上で、彼が一番年下になりますが、若手としてエネルギッシュにやって欲しいと期待しています。

――光明さんは、ご出演のお話がきていかがでしたか?

光明:お世話になっているプロデューサーさんから久々にお電話があり、「機会をいただけるなら、是非出たいです」とお話しました。僕もD☆Dで5年やってきたので、DIAMOND☆DOGSの色も出しつつ、一からショーを作り上げることには免疫があります。「踊り」については本当に練習しないと、なかなかついていけない部分もありますが、D☆Dを離れて今までの何年間かで培ったものを、ここでいろいろと全部出せたらと。だからすごく楽しみです。

――義久さんは、光明さんのご出演が決まっていかがでしたか?

義久:これまでにいろんな活躍をしているので、もう僕が知っているD☆Dに5年間いた時の光明ではないんです。だから僕ができないことは、多分全部できると思っている。今回、僕ら東山兄弟の共演は目玉のひとつで、ファンの皆さまが大いに期待されるところだと思います。僕のちょっといびつなところを、カシャっと全部パズルのように光明に埋めてもらって、二人でひとつのものに見せられるんじゃないかと期待しています。やっぱりDIAMOND☆DOGSのメンバー6人にとっては、本当に光明は先輩で。だからすごく尊敬しているんですよ。2、3年前に一度ゲスト出演してもらったことがあって……。

光明:サマーバレンタインの?

義久:そうそう。今までのDIAMOND☆DOGSのメンバーを全員、ゲストで呼んだんです(Super “D-☆” Summer Valentine Show 2019『ヴァレンタインに逢いましょう』)。光明がうちのメンバーと舞台で会うのはそれ以来なので、先輩「舞台人」として、うちのメンバーを引っ張って欲しい。…引っ張るタイプじゃないですけどね。

光明:そうなんですよ。

義久:だから、そういうパフォーマンスを「背中で見せて欲しい」ですね。

※アイデアニュース有料会員限定部分には、見どころ、候補に上がっている楽曲のことや、義久さんがミュージカル『ミス・サイゴン』のエンジニア役のオーディションを受けようと思ったきっかけが以前の『Dramatic Musical Collection』(DMC)だったということやお客さまへのメッセージなどインタビュー前半の全文と写真を掲載しています。29日掲載予定のインタビュー「下」では、インタビューの後半の全文と写真を掲載します。義久さんには、エンジニア役についてのお話を、光明さんには、『SMOKE』『BLUE RAIN』に続いて出演された音楽劇『刻』のこと、この3作品の作曲を手がけたホ・スヒョンさんとお話しされたことなどについて伺いました。また、ご兄弟ならではの、子どもの頃のエピソードや、お互いを舞台人としてどのようにご覧になっているかということなどについて伺った内容を紹介します。

<有料会員限定部分の小見出し>(有料会員限定部分はこのページの下に出てきます)

■光明:俺、そんなに踊るんですか?! 義久:踊らされると思うよ(笑)

■義久:それぞれのバージョンで2曲ずつ、兄弟2人のデュエットを予定している

■光明:やる側にとっても、価値のある作品が『DMC』。楽しみにしていただきたい

■義久:エンジニア役のオーディションを受けようと思ったのは、『DMC』がきっかけ

<Dramatic Musical Collection 2022>
【東京公演】2022年11月16日(水)~22日(火) 博品館劇場
公式サイト
https://www.hakuhinkan.co.jp/theater/archives/event/pr_2022_11_16

<アフタートーク開催決定>
・2022年11月17日(木)18:30公演終演後 
 DIAMOND☆DOGS、MC:和田泰右
・2022年11月21日(月)14:00公演終演後
 東山義久 北翔海莉 木村花代 東山光明 常川藍里/音楽監督 宮﨑誠、MC:中塚皓平
※各出演者や作品の見どころ、お稽古中のエピソードなどを紹介。当日の公演チケットをお持ちのお客様は、終演後そのままお席でご覧いただけます。

Dramatic Musical Collection 2022 関連記事:

⇒すべて見る

東山義久 関連記事:

⇒すべて見る

東山光明 関連記事:

⇒すべて見る

※東山義久さんと東山光明さんの写真1カットとサイン色紙を、有料会員3名さまに抽選でプレゼントします。有料会員の方がログインするとこの記事の末尾に応募フォームが出てきますので、そちらからご応募ください。応募締め切りは11月28日(月)です。有料会員の方はコメントを書くこともできますので、どうかよろしくお願いいたします。

東山義久さん(右)と東山光明さん=撮影・NORI
東山義久さん(右)と東山光明さん=撮影・NORI

全文が読める有料会員登録にご協力を

アイデアニュースは、有料会員のみなさんの支援に支えられ、さまざまな現場で頑張っておられる方々の「思いや理想」(ギリシャ語のイデア、英語のアイデア)を伝える独自インタビューを実施して掲載しています。ほとんどの記事には有料会員向け部分があり、有料会員(月額450円、税込)になると、過去の記事を含めて、すべてのコンテンツの全文を読めるようになるほか、有料会員限定プレゼントに応募したり、コメントを書き込めるようになります。有料会費は取材をしてくださっているフリーランスの記者のみなさんの原稿料と編集経費になります。良質な取材活動を続けるため、どうか有料会員登録にご協力をお願いいたします。

    
<筆者プロフィール>達花和月(たちばな・かずき) 遠方の友人を誘って観たお芝居との出会いがきっかけで、演劇沼の住人に。ミュージカルからストレートプレイ、狂言ほか、さまざまな作品を観劇するうち、不思議なご縁でライターに。熱っぽく自らの仕事を語る舞台関係者の“熱”に、ワクワクドキドキを感じる日々。 ⇒達花和月さんの記事一覧はこちら

コメント欄

有料会員登録してログインすると、コメントを書き込めます(コメントを送信すると、すべての人が読める形で公開されます)。

最近のコメント

  1. りん より:

    ご兄弟の意外と貴重なインタビュー
    ニコニコしながら読ませていただきました
    DMC本当に楽しみです!

  2. koko より:

    東山家の仲の良さは有名ですがお二人のインタビューでご家族のエピソードやお互いについてなど興味深く拝見しました。
    DMC楽しみです。
    インタビューありがとうございました。

  3. いづみん♪ より:

    有料会員になっちゃいました(笑)
    ふたりのインタビュー
    楽しく読まさせていただきました。
    舞台観に行くのが
    とても楽しみです♪
    博品館…私にとっても思い出の場所ですから♡

  4. より:

    ご兄弟の仲睦まじいインタビューにほっこりさせて頂きました。
    DMC楽しみにしています。

  5. ゆか より:

    兄弟ならではの息の合ったトーク(インタビュー)で、お互いを信頼し尊敬しあっていることが伝わってきました。
    DMC観に行けないのが本当に残念でなりませんが、素晴らしい時間となりますよう願っています。

最近の記事

■ 2022年11月掲載分
■ 2022年10月掲載分
■ 2022年9月掲載分
■ 2022年8月掲載分
 過去記事一覧は⇒こちら 有料会員登録は⇒こちら
お勧め商品
新着商品
Sorry, no posts matched your criteria.