「チャラいけどそこにちょっと寂しさが」、『東京ラブストーリー』、廣瀬友祐(上) | アイデアニュース ;

新着 予定 プレゼント 動画

「チャラいけどそこにちょっと寂しさが」、『東京ラブストーリー』、廣瀬友祐(上)

筆者: 岩村美佳 更新日: 2022年11月26日

ミュージカル『東京ラブストーリー』が、2022年11月27日(日)から12月18日(日)まで東京建物Brillia HALLで、12月23日(金)から12月25日(日)まで大阪・梅田芸術劇場シアター・ドラマシティで、2023年1月14日(土)に愛知・刈谷市総合文化センターアイリス 大ホールで、1月21日(土)と1月22日(日)に広島・JMSアステールプラザ大ホールで上演されます。

『東京ラブストーリー』の原作は、1988年に柴門ふみさんが発表した漫画で、1991年にはフジテレビがテレビドラマ化し、「月曜の9時には渋谷から人がいなくなる」と言われるほどの社会現象を巻き起こしました。ミュージカル版では、作品設定を2018年に置き換え、空キャスト(柿澤勇人、笹本玲奈、廣瀬友祐、夢咲ねねのみなさん)と、海キャスト(濱田龍臣、唯月ふうか、増子敦貴、熊谷彩春のみなさん)のチーム別ダブルキャストで上演されます。アイデアニュースでは、三上健一役を演じる廣瀬友祐さんにインタビューしました。

「上」では、稽古や役のこと、作品の世界観について思うこと、音楽と芝居のバランスのことなどについて伺いました。「下」では、柿澤さん、笹本さん、夢咲さんが「みんなハマり役だと思った」とインタビューでおっしゃっていたことに対して廣瀬さんはどう思われるかというお話や、最近コメディ要素の大きい役を演じる中で感じたことなどについて伺った内容と、お客さまへのメッセージを紹介します。

廣瀬友祐さん=撮影・岩村美佳
廣瀬友祐さん=撮影・岩村美佳

(※このインタビューは10月末に行いました)

ーー稽古が進んでいる中、いかがですか?

苦しんでいます。ざっくり1幕まで到達して、流れを作ったものの、細かい部分は、台本や曲自体も調整する作業を毎日やっているので、深いところでの、納得した上での表現が乗っているかというと、まだまだこれからです。日本オリジナル初演の難しさや大変さを一番感じるタイミングじゃないかなと思います。

ーーこれまでにも、今回同様に苦労したと感じた舞台はありましたか?

結局どの現場でも苦労はしていますが、日本オリジナルミュージカルの初演は初めてで、やっぱりミュージカルはさらに大変だなと思いますね。ストレートプレイならば、初日に台本が完成したという現場の経験もあります。もちろん、本来はちゃんと稽古しなければいけないですが、役者がセリフさえ覚えてしまえば、ミュージカルよりはギリギリでも何とかなっちゃうことが多いというか。

そういうギリギリで変な緊張感のある現場は何度か経験しています。でも今は、「ミュージカルで曲ありきで、物語をどう構築していくか」「歌とセリフのバランス、物語のうねりや登場人物の心情を伝えていくためにどの選択をするか」など、演出家と共演者と相談しながら、もっと繊細に細かく作っていかなければと話をしている段階です。

ーー三上健一役を演じていて、面白いと思うことは何ですか?

まだ面白いというところまでは、行けていないです。すごく繊細な違いだとは思いますが、チャラ男でもいろんなチャラ男がいると思うんです。例えば、三上は「女性にすぐに手を出してしまうような、どうしようもないヤツ」とカンチ(柿澤さんが演じる永尾完治)に言われる。

最終的にどうアウトプットするかは置いておいても、その役を演じるにあたって、その役の正義や悪を一旦は考えるんです。遊び人になってしまうような三上の背景を自分自身が感じた上で、どう女性に接するのか。同じようなセリフでも、チャラいけれどそこにちょっと寂しさがあったり、それを感じられるようなキャラクター作りをし、ただの遊び人にはならない要素を出すためにどうするかを考えるのは、すごく繊細な作業だけれど楽しめたらいいなと。

簡単に女の子に愛情表現をしているけれど、その軽さや重さをお客さんや周りの役者に、どう伝えるのか。軽いノリだけれど軽くないというような、三上の奥行きみたいなものをどう表現できるかは、本来楽しみたいところではありますね。苦しい悩む作業だけれど、そこを楽しめるように演じたいと思います。

※アイデアニュース有料会員限定部分には、作品の世界観について思うこと、音楽と芝居のバランスのことなどについて伺ったことなどインタビュー前半の全文と写真を掲載しています。27日掲載予定のインタビュー「下」では、柿澤さん、笹本さん、夢咲さんが「みんなハマり役だと思った」とインタビューでおっしゃっていたことに対して廣瀬さんはどう思われるかというお話や、最近コメディ要素の大きい役を演じる中で感じたことなどについて伺った内容やお客さまへのメッセージなどインタビューの後半の全文と写真を掲載します。

<有料会員限定部分の小見出し>(有料会員限定部分はこのページの下に出てきます)

■「愛されたい」から、「誰かを自分も本気で愛したい」と変わっていく三上の成長

■稽古場で、ねねちゃんと話していた。三上もさとみも、僕らの感覚にはない人物像

■現代的でリアルな日常を描いているようで、結構えげつない世界観だったりするかも

■曲がキャッチーだからこそ、重石になるような芝居の構築ができるかが勝負に

<ミュージカル『東京ラブストーリー』>
【東京公演】2022年11月27日(日)〜12月18日(日) 東京建物Brillia HALL
【大阪公演】2022年12月23日(金)~25日(日) 梅田芸術劇場シアター・ドラマシティ
【愛知公演】2023年1月14日(土) 刈谷市総合文化センターアイリス 大ホール
【広島公演】2023年1月21日(土)~22日(日) JMSアステールプラザ大ホール
公式サイト
https://horipro-stage.jp/stage/love2022/

『東京ラブストーリー』 関連記事:

⇒すべて見る

廣瀬友祐 関連記事:

⇒すべて見る

※廣瀬友祐さんの写真1カットとサイン色紙を、有料会員3名さまに抽選でプレゼントします。有料会員の方がログインするとこの記事の末尾に応募フォームが出てきますので、そちらからご応募ください。応募締め切りは12月26日(月)です(このプレゼントの募集は終了しました)。有料会員の方はコメントを書くこともできますので、どうかよろしくお願いいたします。

廣瀬友祐さん=撮影・岩村美佳
廣瀬友祐さん=撮影・岩村美佳

全文が読める有料会員登録にご協力を

アイデアニュースは、有料会員のみなさんの支援に支えられ、さまざまな現場で頑張っておられる方々の「思いや理想」(ギリシャ語のイデア、英語のアイデア)を伝える独自インタビューを実施して掲載しています。ほとんどの記事には有料会員向け部分があり、有料会員(月額450円、税込)になると、過去の記事を含めて、すべてのコンテンツの全文を読めるようになるほか、有料会員限定プレゼントに応募したり、コメントを書き込めるようになります。有料会費は取材をしてくださっているフリーランスの記者のみなさんの原稿料と編集経費になります。良質な取材活動を続けるため、どうか有料会員登録にご協力をお願いいたします。

    
<筆者プロフィール>岩村美佳(いわむら・みか)  フォトグラファー/ライター ウェディング小物のディレクターをしていたときに、多くのデザイナーや職人たちの仕事に触れ、「自分も手に職をつけたい」と以前から好きだったカメラの勉強をはじめたことがきっかけで、フォトグラファーに。「書いてみないか」という誘いを受け、未経験からライターもはじめた。現在、演劇分野をメインに活動している。世界で一番好きなのは「猫」。猫歴約25年。 ⇒岩村美佳さんの記事一覧はこちら

コメント欄

有料会員登録してログインすると、コメントを書き込めます(コメントを送信すると、すべての人が読める形で公開されます)。

最近のコメント

  1. ぽん より:

    すごく楽しみです

  2. クロちゃん より:

    素敵な記事ありがとうございます!
    いよいよ明日開幕ですね。
    無事に公演完走することを祈っております。
    私は原作マンガやトレンディドラマは世代ではありませんが、「東京ラブストーリー」のタイトルや名台詞は有名なので知っています。
    令和にまさかミュージカルでリバイバルするなんて、とっても楽しみです!
    明日の開幕と後半記事の公開、楽しみにしております!

  3. ひろろん より:

    誠実で真っ直ぐな印象のある廣瀬さんが遊び人三上をどんな風につくっていくのか、すごく興味がありました。オリジナルミュージカルの初演ということもあり、つくっていく作業が大変そうだと何となく考えていました。
    そんなところを深堀して聞いてくださっていて、本当に有難いインタビューでした!
    廣瀬さんだからこそできる、人間らしい三上像がとても気になります。
    明日の初日が楽しみで楽しみでたまりません!
    毎回素敵なお写真もありがとうございます。
    後編も楽しみです!

最近の記事

■ 2023年1月掲載分
■ 2022年12月掲載分
■ 2022年11月掲載分
■ 2022年10月掲載分
■ 2022年9月掲載分
 過去記事一覧は⇒こちら 有料会員登録は⇒こちら
お勧め商品
新着商品
Sorry, no posts matched your criteria.