「歌声に、全員の人生経験が」、『billboard classics LE VELVETS 15th ANNIVERSARY Premium Symphonic Concert 2023』、佐賀龍彦・佐藤隆紀(下) | アイデアニュース

新着 予定 プレゼント 動画

「歌声に、全員の人生経験が」、『billboard classics LE VELVETS 15th ANNIVERSARY Premium Symphonic Concert 2023』、佐賀龍彦・佐藤隆紀(下)

筆者: 村岡侑紀 更新日: 2023年2月25日

ヴォーカルグループLE VELVETS(ル・ヴェルヴェッツ)の、結成15周年のアニバーサリーコンサート『billboard classics LE VELVETS 15th ANNIVERSARY Premium Symphonic Concert 2023』が、2023年3月17日(金)に東京芸術劇場 コンサートホール で、4月1日(土)に京都コンサートホール 大ホールで開催されます。LE VELVETSのメンバー、佐賀龍彦さんと佐藤隆紀さんのインタビュー後編をお届けします。

「下」の無料部分では、LE VELVETSのハーモニーが生まれた経緯、1年間、脳梗塞で休養されていた佐賀さんに伺った今の想いと「日々快復している」という手応えがあるというお話、先日までフランツ・ヨーゼフ役で『エリザベート』に出演されていた佐藤さんに伺った、千穐楽を終えられた今の気持ちなどについてのお話を紹介します。有料部分では、佐藤さんが『レ・ミゼラブル』に出演されていた時のこと、佐賀さんが今、メンバーと一緒に歌声を再構築されている中で感じていること、そして4人の今のハーモニーの魅力や、15周年という節目にあたっての想いなどについてお二人に伺った内容を紹介します。

佐賀龍彦さん(左)と佐藤隆紀さん=撮影・山本尚侍
佐賀龍彦さん(左)と佐藤隆紀さん=撮影・山本尚侍

ーーみなさんのハーモニーについて伺いたいのですが、以前、日野さんが「違う声質を合わせることで、唯一無二のサウンド、ハーモニーを出していきたい」というお話をされていました。今のみなさんの「違う声質を合わせるハーモニー」は、どのようなプロセスで生まれたのですか?

佐藤:結成当初の1、2年くらいは、「いかにみんなの声を綺麗に揃えるか」という練習をしていました。最初の頃はやっぱり「揃えないといけない」と思っていたんです。お互い、ビブラートを抑えたりもしていたんですが、RAG FAIRさんやINSPiさんとか、アカペラを主戦場とされている方たちと出会った時に考え方が変わりました。結構衝撃を受けたんですよ。彼らは「いい声で合わせる」のではなく、自分が持っている声をぶつけ合っているんです。

ーーアカペラに衝撃を受けられて。

佐藤:そうです。声で個性をぶつけ合って、いいハーモニーになっている彼らの声をきいた時に「僕たちも、こんなに声質を合わせようとしなくてもいいんだ」と思いました。それぞれが持っているそのままの声をぶつけ合っても、いい音になるというのは、大きな発見でしたね。

佐賀:そんなこともあったなあって今、佐藤くんの話を聞きながら思い出しました。僕、病気をしたこともあって、忘れていることもあったりするので。

佐藤:佐賀さん、こうやって復帰するまでも今も、すごく頑張っているんですよ。最初、佐賀さんが戻ってきた時、僕が発声をちょっとみていて。初歩の初歩である「響かせる」みたいなことも、忘れちゃっていて全然歌えなくなっていたんです。「佐賀さん、響きがなくなっているよ」って言ったら、「そうか、そんなことやってたね」という感じで。いろいろ話をする中で、忘れていることもあったりするんですけど、佐賀さん、本当にね、よく頑張っていて…。

ーー復帰後の佐賀さんが歌っていらっしゃるところも拝見しましたが、今おっしゃったようなことを全く感じなかったので、伺って驚きました。

佐藤:お客さまはきっとそういう感じで聴いてくださっていると思うんです。でも本当に、裏ではいろいろね、頑張ってましたよね。

佐賀:はい。

佐藤:こうやって「はい」とかしか言わないんですけどね、佐賀さん、本当に頑張っていて。

ーーそのような時間を経て、昨年の秋からステージに復帰された佐賀さんが、ご自身で、「帰ってきた」と実感されたのは、どの瞬間でしたか?

佐賀:復帰して一番最初に歌わせていただいたのは、「徹子の部屋」でテレビ出演した時でしたが、お客さまの前で歌ったのは、秋ツアーが最初でした。10月半ばの、秋ツアー初日の公演で、本当にお客さまが「おかえり」と言ってくれているような拍手がありましたし、泣かずにいこうと思っていたのに泣いてしまって。そしてステージ上では、メンバーがあったかく僕を見てくれていて。あの光景と雰囲気は、忘れられないものがあります。そこからツアーを終えて、ディナーショーがいくつかあって…とやっている中で、本当に僕自身が、どんどんよくなっているのがわかるんですよ。自分の身体ながら、すごいなと思います。

佐藤:一緒にやっていて、本番のステージを一つ一つ経るごとに、勘を取り戻していっているなと感じますね。

佐賀:自分でもそう思います。ちょうどファンクラブのイベントがあって、そこでちょっとだけ歌ったんですけど、MCがいつも以上に喋れたというか…(笑)。

佐藤:そう!急に、すごい喋り出して(笑)。

佐賀:ファンクラブの皆さんの前というのもありましたけど、やっぱり徐々に治っていっているんだなあということにも気づきました。

ーー日々、ご自身もメンバーの皆さんも快復を実感されているんですね。佐賀さんは、復帰後のソロ活動で、朗読劇に出演されたり、木島櫻谷展のテーマソング「新しい季節」を歌ったりもされていましたよね。

佐賀:あの曲は、正直に言うと、自分の中でこのレンジを歌うのはまだ難しいというところは、一緒に歌っている高島(健一郎)さんにお願いするという感じの分け方をしていたんです。でも、二人の声がうまく混ざり合うように、いい感じにしてみたり、最後の音をちょっと上げてみたりとか。そういう感じで歌いました。

ーーそうだったんですね。詩もとても素敵な曲だなと思いました。個人の活動のところを伺うと、佐藤さんは、先日までミュージカル『エリザベート』にフランツ役で出演されていましたよね。「喪失感」とツイートされていましたが、今はいかがですか?

佐藤:だいぶ、気持ちが切り替わりました。

ーー喪失感は、いつも作品が終わると感じるものですか?

佐藤:作品によるんですよ。正直な話をしますと、しんどすぎると達成感はあっても喪失感はないです。でもフランツ役は、歌にはストレスがかかる音がないこともあって、本当に芝居に集中してやれたので、すごく楽しかったんです。それゆえの喪失感なんです。

ーーフランツ役、楽しんでいらっしゃったんですね。

佐藤:本当に楽しかったです。今回は、毎回掛け合いの部分で「あ、今日、こうきたんだ!」とか、相手の反応を感じる余裕も出てきて。フランツを初めて演じた時には、そういうのは全然なかったんですけれども。でも今回は、例えばちょっと手を肩にかけられたときの、そのかけかたに「今日はこう来たんか!」とか、ルドルフとの、ちょっとしたやり合いのシーンの変化などを楽しめるようになったんですよね。とにかく楽しかったので、「そういう日々が終わったのか」と思うと、喪失感がすごいんです。でも、『レ・ミゼラブル』は、また違ったんです。「終わったー!頑張ったー!駆け抜けたー!」という感じでした(笑)。

ーージャン・バルジャンは、そういう感じだったんですね。

佐藤:そうなんです。喪失感というよりは、達成感が勝っていました。でも『エリザベート』は、「まだやっていたかったな」みたいな感じです。

※アイデアニュース有料会員限定部分には、佐藤さんが『レ・ミゼラブル』に出演されていた時のこと、佐賀さんが今、メンバーと一緒に歌声を再構築されている中で感じていること、そして4人の今のハーモニーの魅力や、15周年という節目にあたっての想いなどについてお二人に伺った内容などインタビューの後半の全文と写真を掲載します。

<有料会員限定部分の小見出し>(有料会員限定部分はこのページの下に出てきます)

■佐藤:バルジャンを演じている時は、日常の中でも感情のストッパーが外れることが

■佐賀:メンバーに聴いてもらって、歌声を作り直している。歌いたい曲にも変化が

■佐賀:billboard classics コンサートは、今の自分たちを見ていただける最高の機会

■佐藤:「自分のため」から、「人のため」に歌いたいと思えるようになった15年間

<billboard classics LE VELVETS 15th ANNIVERSARY Premium Symphonic Concert 2023>
【東京公演】2023年3月17日(金) 東京芸術劇場 コンサートホール(※東京公演完売)
【京都公演】2023年4月1日(土) 京都コンサートホール 大ホール
公式サイト
https://billboard-cc.com/classics/levelvets2023/

billboard classics LE VELVETS 15th ANNIVERSARY Premium Symphonic Concert 2023 関連記事:

⇒すべて見る

佐賀龍彦 関連記事:

⇒すべて見る

佐藤隆紀 関連記事:

⇒すべて見る

LE VELVETS 関連記事:

⇒すべて見る

※佐賀龍彦さんと佐藤隆紀さんの写真1カットとサイン色紙を、有料会員3名さまに抽選でプレゼントします。有料会員の方がログインするとこの記事の末尾に応募フォームが出てきますので、そちらからご応募ください。応募締め切りは3月24日(金)です(このプレゼントの募集は終了しました)。有料会員の方はコメントを書くこともできますので、どうかよろしくお願いいたします。

佐藤隆紀さん=撮影・山本尚侍
佐藤隆紀さん=撮影・山本尚侍

全文が読める有料会員登録にご協力を

アイデアニュースは、有料会員のみなさんの支援に支えられ、さまざまな現場で頑張っておられる方々の「思いや理想」(ギリシャ語のイデア、英語のアイデア)を伝える独自インタビューを実施して掲載しています。ほとんどの記事には有料会員向け部分があり、有料会員(月額450円、税込)になると、過去の記事を含めて、すべてのコンテンツの全文を読めるようになるほか、有料会員限定プレゼントに応募したり、コメントを書き込めるようになります。有料会費は取材をしてくださっているフリーランスの記者のみなさんの原稿料と編集経費になります。良質な取材活動を続けるため、どうか有料会員登録にご協力をお願いいたします。

    
<筆者プロフィール>村岡侑紀(むらおか・ゆき) 広告制作会社に入社し、企業ブランディングやコピーライティングを経験。その後、化粧品メーカーのマーケティング担当として多くのブランドを育成し、ベンチャー企業で広報も。ミュージカルや舞台作品そのものの魅力はもちろん、そこに携わる方々のことを伝えたい。 ⇒村岡侑紀さんの記事一覧はこちら

コメント欄

有料会員登録してログインすると、コメントを書き込めます(コメントを送信すると、すべての人が読める形で公開されます)。

最近のコメント

  1. kinkonkan より:

    3/17、東京公演に行ってきました。
    こちらのインタビュー通り、今のLE VELVETSが詰まった最高のコンサートでした。マイク無しの生声のパフォーマンスも壮大なオーケストラに負ける事なく、しっかりと心に響いてきました。京都公演も楽しみにしています。

  2. ももぱんだ より:

    15周年アニバーサリーコンサート、東京芸術劇場に伺います。
    とても楽しみにしています。

  3. mika より:

    LE VELVETS って本当に素敵なグループですね。個々の活動もさることながら、常に進化を志し、15周年に向けてさらにグループとしてのパフォーマンスにも磨きがかり、目が離せません。そんな気になるインタビュー記事で、読んでいてワクワクしました!

  4. マサ より:

    読み応えのあるインタビュー内容でした。宮原さんの以前のインタビュー内容もリンクしていただいていて感激しました。
    外部の仕事だけでなく人生経験も糧として進化し続けるLEVELVETSの皆さん、これからも楽しみです。15thAnniversaryおめでとうございます!

  5. モト♡ より:

    佐賀さんの、病気を通じて新しく受け止めたこと、人への接し方の変化、日々リハビリに励む中で回復への確実な手応えを得たお話しに胸が熱くなりました。佐藤さんの、エリザベートでの喪失感、レ・ミゼラブルでの達成感など感じ方の違い等を記事にしていただきとても感慨深かったです。LE VELVETSの素晴らしいハ一モニ一が様々な経験に裏打ちされ創り出されるものだと感じながら、聴く喜びに繋げます。

  6. たみえ より:

    とても読み応えのある素敵な記事でした。
    billboard classics コンサート、楽しみにしてます。
    そしてこれからも進化し続けるLE VELVETSを、応援してます!
    15周年おめでとうございます!

  7. かこ より:

    15周年おめでとうございます
    Billboard Classicsも秋のツアーも楽しみにしています
    出来れはCDも出してください

最近の記事

■ 2024年6月掲載分
■ 2024年5月掲載分
■ 2024年4月掲載分
■ 2024年3月掲載分
■ 2024年2月掲載分
■ 2024年1月掲載分
 過去記事一覧は⇒こちら 有料会員登録は⇒こちら
お勧め商品
新着商品
Sorry, no posts matched your criteria.