「大阪の歌をおしゃれに」マグノリアで10月19日にライブ、姿月あさとインタビュー(上) | アイデアニュース

新着 予定 プレゼント 連載 教室

会員登録バナー

「大阪の歌をおしゃれに」マグノリアで10月19日にライブ、姿月あさとインタビュー(上)

筆者: 橋本正人 更新日: 2016年10月7日

 

歌手・姿月あさとさんが、2016年10月19日に大阪府池田市のマグノリアホールで「姿月あさと LIVE in Magnolia 2016」を開きます。アイデアニュースでは姿月さんにインタビューし「LIVE in Magnolia」についての話や、12月のライブ、30周年となる来年のこと、今夏の「シカゴ」ニューヨーク公演などについてお話をうかがいました。抽選でアイデアニュース有料会員3名さまに姿月さんのサイン入り「チェキ」写真をプレゼントします。

 

姿月あさとさん=撮影・橋本正人

姿月あさとさん=撮影・橋本正人

 

 

 

■10月19日のライブは大阪だけなので、大阪の歌を歌おうかなって

 

――マグノリア(大阪・逸翁美術館マグノリアホール)でのコンサート、10月19日ですね。姿月さんはこれまで「THE PRAYER」というライブもされてきましたが、このライブは?

 

「THE PRAYER」とは別で、これは普通のピアノコンサートです。

 

――では何をやるんですか?

 

いつも、マグノリアの時は、その時、歌いたい曲を歌わせていただいています。

 

――マグノリアでの3月のバースデーライブは拝見しましたが、10月というと、どうなんでしょう?

 

バースデーライブは、自分のお誕生日にちなんだ歌だとか、3月の季節的な歌を自由に選曲して、そのひとときを楽しむというライブです。今回は10月ですが、なにか「大阪の歌」を歌おうかなって。

 

――大阪の歌?

 

今回のライブは大阪だけですし、私は大阪人なので。

 

――大阪の歌と言うと。

 

たとえばですけど、「悲しい色やね」とか「大阪で生まれた女」とか。「大阪ラプソティー」や「浪花節だよ人生は」。そういうのを、おしゃれにピアノでアレンジしたら楽しいんじゃないかなって。マグノリアだからできるような。

 

 

■「大阪の歌って、何を思いつきますか?」

 

――関西には、大阪、神戸、京都とかもありますけど。私は、大阪の歌って、あんまりパッと浮かばないですねぇ。

 

大阪の歌って、何を思いつきますか?

 

――「六甲おろし」とか。

 

「六甲おろし」いいですねぇ(笑)。

 

――そういえば、おしゃれな大阪の曲って、聞きたいですよね。ベタな感じじゃなくて。

 

「悲しい色やね」は、いい歌ですよね。今はあんまり聞くことは少ないかもしれないけど、あらためて聞くといい歌だなぁって。

 

――(編集部員)大阪のアーティストといえば、aikoさんとか、UA (ウーア)とか?

 

円(広志)さんとか。谷村(新司)さんも大阪ですよね。マグノリアでは、私ならではの大阪の歌を、おしゃれに歌おうかなって思ってます。

 

 

■大阪の国歌?(笑)を、歌えるようになったらいいですね

 

――姿月さんの大阪の歌って、ないんですか?

 

「私の大阪の歌」ですか? どんなん?(笑)

 

――大阪の人やし、大阪を代表する歌を。

 

そういう歌を歌えるようになったらいいですねぇ。大阪の国歌?(笑)

 

――(笑)。そうそう。大阪の、ちょっとカッコ良くって、おしゃれな感じで。

 

「六甲おろし女バージョン」とかね(笑)。

 

 

■大阪の人じゃないみたいとかって言われる。黙ってたら(笑)

 

――大阪の歌、姿月さんのオリジナルで聞けるといいですねぇ。

 

自分は低い声が出るっていうのと同じように、きっすいの大阪人だからこその大阪弁をいかせるような仕事があればいいですよね。「大阪の人じゃないみたい」とかって言われるけど、めっちゃ大阪人なんですよ。

 

――大阪人じゃないみたいって言われるんですか?(笑)

 

黙ってたら(笑)。

 

――しゃべらんかったら(笑)。

 

相手が大阪弁じゃなかったら、あんまり大阪弁を話さないんで。

 

――(編集部員)姿月さんは、シュッとしてはるから、大阪のイメージと違うかもって。

 

――「シュッとしてる」って、それが大阪やがな。東京では通じへん。

 

私、むっちゃ、このへんの人ですよ。

 

姿月あさとさん=撮影・橋本正人

姿月あさとさん=撮影・橋本正人

 

 

<姿月あさと LIVE in Magnolia 2016>
【大阪公演】2016年10月19日(水) 14:00 17:00 逸翁美術館マグノリアホール
チケット料金:¥6,000(全席指定・税込)
http://www.shizukiasato.net/news/4049

 

<THE PRAYER X’mas Special Live>
【東京公演】2016年12月21日(水) 18:00 20:30 コットンクラブ東京
【大阪公演】2016年12月23日(金) 13:00 16:00 逸翁美術館マグノリアホール
http://www.shizukiasato.net/news/4080

 

<アイデアニュース、姿月あさとさん関連記事>

 

 

※ここからアイデアニュース有料会員限定部分です。有料会員限定部分にはマグノリアホールでのライブの特徴、12月の「THE PRAYER」、来年の30周年についてのお話を掲載しています。また10月9日に掲載するインタビューの「下」では、「ブロードウェイミュージカル『シカゴ』~宝塚歌劇OGバージョン~」のニューヨーク公演の様子について詳しく話していただいた部分を掲載します。

 

※取材の際に撮影した、姿月さんのサイン入りチェキ写真(名刺サイズのインスタント写真)を、抽選でアイデアニュース有料会員3名の方にプレゼントします。有料会員の方が「ログイン」すると、記事の末尾にプレゼント応募フォームが表示されますので、そこからご応募ください。ログインすると記事下のコメント欄にメッセージを書き込むこともできますので、ぜひ記入をお願いいたします。プレゼントの応募締め切りは10月23日です。

 

■マグノリアは、自分とピアニストと、そこにいらっしゃる人だけの、ほんとに楽しい時間

 

■「生の自分」が、いい意味で見えるし、見えてしまうし、ごまかしがきかない

 

■12月の「THE PRAYER」は、ちょっとクリスマスの自分も味わってみたいなと

 

■来年の3月26日で30周年。オーケストラで歌いたいってのがあって、できたらいいなって

 

★姿月あさとさんサイン入りチェキ写真プレゼント応募フォーム(このプレゼント応募は終了しました)

 

全文が読める有料会員登録にご協力を 月額300円

アイデアニュースは、自由な編集方針を貫き、読者のみなさまに本当に役に立つ情報を提供するため、広告を掲載せず、企業や団体からの金銭を一切受け取らず、有料会員のみなさんの支援のみで運営しています。ほとんどの記事には有料会員向け部分があり、有料会員(月額300円、税込)になると、過去の記事を含めて、すべてのコンテンツの全文が読めるようになるほか、プレゼント応募やコメント記入などができるようになります。会費は取材をしてくださっているフリーランスの記者のみなさんの原稿料となります。良質な取材活動を続けるため、どうか有料会員登録にご協力をお願いいたします。

    
<筆者プロフィール>橋本正人(はしもと・まさと) 1986年、産経新聞社入社。写真部員をへて記者となり、兵庫県警捜査一課などを取材。1990年、朝日新聞社に移り、宝塚歌劇を扱う「朝日新聞デジタル・スターファイル」などを担当。2015年、アイデアニュース株式会社を設立し、編集長に。趣味は声楽(テノール)。 ⇒橋本正人さんの記事一覧はこちら

投稿・コメント欄(現在、ログインしていないので記入できません。有料会員がログインすると記入枠が表示されます)

有料会員(月額300円)登録してログインすると、投稿・コメントを書き込めます

最近の投稿・コメント

  1. レッドロ-ズ より:

    以前にも、アイデアニュ-スで、姿月さんのインタビューを、楽しく読まさせて頂きました。
    記事を読んで、マグノリアホ-ルのライブが、益々楽しみになりました。特に、大阪関連の歌、どんなでしょう(・・?20年以上の、ずんこさんのファンですが、これからも進化されるずんこさんを、みさせて頂きます。次回の「シカゴ」の記事、とても楽しみです

  2. つぼ より:

    その時だけでなく続けてLIVEに足を運んで聴いてる方ならではの記事!
    マグノリアもPRAYERも楽しみです!

更新情報

アイデアニュースの更新情報は、TwitterとFacebookとYouTubeで、日々発信しています。ご登録くだされば幸いです。⇒Twitter ⇒Facebook ⇒YouTube

最近の記事

■ 2018年7月掲載分
■ 2018年6月掲載分
■ 2018年5月掲載分
 過去記事一覧は⇒こちら 有料会員登録は⇒こちら
お勧め商品
新着商品
Sorry, no posts matched your criteria.