父子愛と自然への畏敬を描く、「ミュージカル バイオハザード ~ヴォイス・オブ・ガイア~」 | アイデアニュース

新着 予定 プレゼント 連載 教室

会員登録バナー

父子愛と自然への畏敬を描く、「ミュージカル バイオハザード ~ヴォイス・オブ・ガイア~」

筆者: 達花和月 更新日: 2016年11月1日

 

2016年9月30日~10月12日、東京・赤坂ACTシアターで上演された「ミュージカル バイオハザード ~ヴォイス・オブ・ガイア~」の様子を紹介します(大阪では11月11日から11月16日まで、梅田芸術劇場で上演されます)。この作品は、ゲーム「バイオハザード」がベースで、原作権を持つカプコン社から、「自由に」とのお話の下、G2さんが脚本と演出を担当したオリジナルミュージカルです。

 

「ミュージカル バイオハザード ~ヴォイス・オブ・ガイア~」より=(C)GEKKO

「ミュージカル バイオハザード ~ヴォイス・オブ・ガイア~」より=(C)GEKKO

 

 

 

<公式ページに掲載されたストーリーより>

 

アドリア海沿岸のとある城塞都市。過去の記憶を失くしたリサ・マーチン(柚希礼音)は、食料調達に出かけた仲間たちの帰りを待っていた。周りを囲む“奴ら”から逃れ、命からがら戻れたのはたった2人、その片割れのマルコ(KYOHEI)が“奴ら”に噛まれていた。絶望が広がる中、唯一の生き残りロブロ(平間壮一)が、噛まれても生きている少女が地中海の小島にいるらしいと告げる。医師ダン・ギブソン(渡辺大輔)はその少女の抗体から血清を作ることを提案。ダンとロブロ、空軍オタクのゼルグ(有川マコト)が小島へ向かうことに。

 

出発の時、“奴ら”の目を逸らすため、音楽家ロベルト(海宝直人/村井成仁)を中心に演奏を行う。3人を上手く出発させたと思いきや、奴らは暴れ出して住民を襲う。リサと武闘派のチャベス(横田栄司)がどうにか退治するが、チャベスの愛息ジルマが噛まれてしまった。2日以内に血清を打たなければ!リサとチャベスはジルマをつれて小島を目指す。その途中、空軍基地でリサはモーリス・グリーン大佐(吉野圭吾)と軍医ジョー・ナッグス(壤晴彦)から意外な自分の過去を知る…。果たしてリサたちは血清を手に入れ、世界を救うことができるのか?

 

 

※アイデアニュース有料会員(月額300円)限定部分では、登場人物別に舞台の様子を詳しく紹介します。(公演写真は無料部分のフォトギャラリーですべて見られます。有料部分にも写真を掲載していますが、有料部分だけの追加写真はありません)

 

<有料会員向け部分の小見出し>

 

■物語を通して描かれるチャベス父子の親子愛が印象的

 

■柚希礼音のリサは、スーパーウーマン。シャープな動きは流石

 

■渡辺大輔の奥深い歌声から感じられるリサへの思いと固い意志

 

■リサへの想いが空回り。純朴なロブロを小気味よく演じる平間壮一

 

■ロベルトの強く柔軟な精神を感じさせる海宝直人のやわらかな歌声

 

■大人の男性、父親としての存在感が胸に迫る横田栄司のチャベス

 

■丁々発止に2幕全体を支えた吉野圭吾の大佐と壤晴彦の軍医

 

■中井智彦ら超歌ウマな海の男たちの力強いアンサンブルは新鮮

 

■ウィルスの存在そのものを表現しているようなYOSHIEのダンス

 

■幻想的で印象に残った「あの時の二人とくじらの歌」のシーン

 

■サバイバルのコンセプトに、自然への畏敬の念を盛り込んで

 

 

<ミュージカル バイオハザード ~ヴォイス・オブ・ガイア~>
【東京公演】 赤坂ACTシアター 9月30日(金)~10月12日(水)(この公演は終了しました)
【大阪公演】 梅田芸術劇場メインホール 11月11日(金)~11月16日(水)
公式ホームページ⇒http://musical-biohazard.com/index.html

 

 

全文が読める有料会員登録にご協力を 月額300円

アイデアニュースは、自由な編集方針を貫き、読者のみなさまに本当に役に立つ情報を提供するため、広告を掲載せず、企業や団体からの金銭を一切受け取らず、有料会員のみなさんの支援のみで運営しています。ほとんどの記事には有料会員向け部分があり、有料会員(月額300円、税込)になると、過去の記事を含めて、すべてのコンテンツの全文が読めるようになるほか、プレゼント応募やコメント記入などができるようになります。会費は取材をしてくださっているフリーランスの記者のみなさんの原稿料となります。良質な取材活動を続けるため、どうか有料会員登録にご協力をお願いいたします。

    
<筆者プロフィール>達花和月(たちばな・かずき) 不朽の名作少女漫画の金字塔「ベルサイユのばら」がきっかけで、2次元沼にハマり、二次創作界をほんのり揺蕩っていたが、某俳優さんとの出会いによって、3次元復帰なるも、今度は演劇沼にドップリ浸かる。ミュージカルからストレートプレイ、能楽堂と小劇場、日比谷・新宿・池袋・下北界隈に滞留多し。慢性金欠病の為、歌舞伎に手を出したくても出せないのがジレンマ~(>_<)な、今日この頃。 ⇒達花和月さんの記事一覧はこちら

投稿・コメント欄(現在、ログインしていないので記入できません。有料会員がログインすると記入枠が表示されます)

有料会員(月額300円)登録してログインすると、投稿・コメントを書き込めます

 アイデアニュース無料メルマガ

アイデアニュースに新着記事を掲載した時に、お知らせします。だいたい週に1回程度発行しています。登録解除は、届いたメルマガの末尾のURLをクリックすれば完了します。⇒見本


登録するメールアドレスはパソコンからのメールを受信できるアドレスにしてください。パソコンメールを受信拒否設定している場合は、ドメイン「ideanews.jp」からのメールを受け取れるように、受信設定してください。(auの場合は⇒こちら)(docomoの場合は⇒こちら) メールアドレスを登録すると、そのアドレスに受信承認のメールが届きますので、承認してください。


お名前(ニックネーム可、任意)


メールアドレス(必須)


スパム対策の回答(必須)
雪の色は白? それとも黒?


最近の記事

■ 2018年2月掲載分
■ 2018年1月掲載分
■ 2017年12月掲載分
 過去記事一覧は⇒こちら 有料会員登録は⇒こちら
お勧め商品
新着商品
Sorry, no posts matched your criteria.