沖縄の生命を撮影した映画「いのちの森 高江」 上映権つきDVD、1500円で発売 | アイデアニュース

新着 予定 プレゼント カルチャー

会員登録バナー

沖縄の生命を撮影した映画「いのちの森 高江」 上映権つきDVD、1500円で発売

筆者: 松中みどり 更新日: 2016年12月5日

 

人間国宝の平良敏子さんをおった映画「芭蕉布―平良敏子のわざ」で、2015年映文連アワード(映像文化製作者連盟主催)グランプリをとった、謝名元慶福(じゃなもとけいふく)さんが監督したドキュメンタリー映画「いのちの森 高江」が完成しました。2016年11月5日に、沖縄県国頭郡東村の高江区公民館で試写会が行われ、DVDの販売が始まりました。このDVDは、人を集めて映画会を開くことができる「上映権」つきで、1枚1500円です。たくさんの人に見ていただきたいということで、上映権つきとしては破格の値段になっており、全国各地で上映会が次々と開かれています。アイデアニュースでは、このDVD「いのちの森 高江」を、抽選でアイデアニュース有料会員(月額300円)2名さまに、プレゼントします。有料会員がログインすると、記事の末尾に応募フォームが出てきますので、ご応募ください。応募締め切りは12月19日(月)です。(このプレゼントの応募は終了しました)

 

 

 

 

ドキュメンタリー映画「いのちの森 高江」のナレーションはこんな言葉で始まります。

 

「国と機動隊に占拠された集落がある。沖縄、東村高江である」

 

「“やんばる”と呼ばれる東村を含む沖縄本島北部は、低い山々を照葉樹林が覆っている。その森には、国の天然記念物やこの地域だけにしか生息していない固有種など、多様ないのちがあふれている。そこは沖縄の人々のいのちをつなぐ酸素供給の森であり、水源地でもある」

 

「いのちの森 高江」DVDジャケット=撮影・松中みどり

「いのちの森 高江」DVDジャケット=撮影・松中みどり

 

東村高江は、那覇から北へおよそ100キロ、人口150人ほどの小さな集落です。そこに、全国から集められた機動隊員数百名が、ヘリパッド建設に反対する人々と対峙している。それは、現代の日本で起きていることとは思えない光景です。機動隊員によって市民が排除されていく様子は、工事が急ピッチで進められるようになった今年2016年7月以降、ようやく大手メディアにも取り上げられるようになりました。70代、80代の戦争体験者や、元アメリカ軍人、県外からの支援者、子どもたち、様々な人たちが高江に出かけています。戦争につながる基地に反対し、いのちと自然を守る闘いに参加しているのです。

 

映画「いのちの森 高江」より

映画「いのちの森 高江」より

 

今回発表されたドキュメンタリー映画「いのちの森 高江」は、次のような特色があります。

 

映画「いのちの森 高江」より

映画「いのちの森 高江」より

 

まず、絶滅危惧種、天然記念物、やんばる固有種などのいのちを育む豊かな森について、ドローン撮影を含む美しい映像で記録しています。

 

映画「いのちの森 高江」より

映画「いのちの森 高江」より

 

何よりも、この映画ではやんばるのチョウのことを誰よりも知っているチョウ類研究者アキノ隊員の言葉を、たっぷりと聞くことが出来ます。

 

映画「いのちの森 高江」より

映画「いのちの森 高江」より

 

「木っていうのは、芽生えてから死ぬまでにすごいたくさんの役割があって、数えきれないほどの生き物たちに棲み処とエサを与えてるんですね。木の種類によって寄ってくる虫が違うんですよ。だから木の種類が多いっていうことは、森の多様性を豊かにすることにつながるんですね。」 アキノ隊員は一本の木の大切さと、それを切り倒すことの恐ろしさを語ります。

 

ヘリパッド建設では、そういう木を何本、何種類切り倒すのか、木を切ることは、その木を頼って生きるはずだった昆虫たちや未来に生存するはずだった生き物たちのいのちを奪うことになるのだとアキノ隊員は言葉を続けました。

 

映画「いのちの森 高江」より

映画「いのちの森 高江」より

 

また、「いのちの森 高江」には、自然といのちを守るために闘った人々の歴史が紹介されています。1970年、米軍が北部訓練場の国頭村伊部岳で強行しようとした実弾射撃訓練を、国頭村民が命をかけて阻止した闘争。東村・福地ダム上空での軍事演習中止を求める闘い。国頭村安波でのハリアーパッド建設阻止集会。やんばるの人たちの闘いは歴史あるもので、これまでも住民の方たちは力を合わせ、いのちと自然を守ってきたのだということがわかります。

 

映画「いのちの森 高江」より

映画「いのちの森 高江」より

 

そして、この豊かな自然の中で子どもを育てたい、家族の仕事を継ぎたい、高江で仲良く暮らしていきたいという高江の住民のみなさんに焦点があたっていることも、大きな特色です。

 

映画「いのちの森 高江」より

映画「いのちの森 高江」より

 

20年前、日米両政府が合意した北部訓練場一部返還の条件は、新たなヘリパッド建設です。「負担軽減」といいながら、土地を返す代わりに新しい設備を使いやすいところに作ってくれ、という話で、むしろ「基地の強化」になるというのが、建設に反対する人たちの一致した意見です。

 

映画「いのちの森 高江」より

映画「いのちの森 高江」より

 

工事が完成すれば、人口150名の集落を6つのヘリパッドが囲むことになります。昼となく夜となく訓練に飛び立つオスプレイは、騒音はもちろん、低周波の影響も懸念されています。

 

映画「いのちの森 高江」より

映画「いのちの森 高江」より

 

「いのちの森 高江」では、現在提訴中の裁判についても、当事者の声を含めて知ることが出来ます。

 

日本政府は2016年の間にヘリパッド建設を完成させようとしています。東村高江の住民は、国を相手に工事の差し止めを求めて提訴しました。いわゆる「第三者行為論」によって、米軍の飛行を直接止めるような裁判は出来ないけれど、日本政府の工事なら止められるという趣旨です。2016年中に終わらせようと工事が急ピッチですすめられているために、仮処分と本裁判を同時におこなっているということも語られました。

 

映画「いのちの森 高江」より

映画「いのちの森 高江」より

 

 

<ドキュメンタリー映画 「いのちの森 高江」>
(65分 1500円 上映権つき)
DVD申し込み先:新基地建設反対名護共同センター
電話 0980-54-8555  FAX 0980-54-8556
Eメール nago.kyodoc☆bird.ocn.ne.jp ☆を@に変えて下さい

 

監督は、人間国宝の平良敏子さんをおった映画「芭蕉布―平良敏子のわざ」で、2015年映文連アワード(映像文化製作者連盟主催)グランプリをとった謝名元慶福(じゃなもとけいふく)さん。

 

DVDは上映権つき1枚1500円です。どんどん上映してたくさんの人に見てもらいたいということで、破格のお値段になっているのです。高江に行くことは出来なくても、この映画を仲間や家族と一緒に見て理解と共感を深めていくことが、まずははじめの一歩になると思います。そこで、アイデアニュース有料会員2名様に、このDVDをプレゼント。プロジェクターがあれば、いえ、DVDが映せるテレビがあれば、ひとりでも人を集めて映画会をしてみてはいかがでしょうか。

 

 

こちらは、プロモーションビデオです。

 

 

<関連サイト>
新基地建設反対名護共同センター facebook
https://www.facebook.com/groups/nago.kyodo/
謝名元慶福さん関係の記事
http://ryukyushimpo.jp/news/entry-178226.html
http://www.zakzak.co.jp/gei/200907/g2009070616_all.html
アキノ隊員の鱗翅体験
http://akinotaiinnorinshitaiken.ti-da.net/

 

 

沖縄 関連記事:

⇒すべて見る

 

 

※アイデアニュース有料会員(月額300円)限定部分には、ヘリパッドを上から映したときの森の無残な姿と、映画の最後にアキノ隊員が森の生き物のいのちについて訴える言葉を書き起こしで紹介しています。涙がでます。

 

※有料会員2名さまに、抽選で、ドキュメンタリー映画「いのちの森 高江」DVDをプレゼントします。有料会員がログインすると、記事の末尾に応募フォームが出てきますので、ご応募ください。応募締め切りは12月19日(月)です。有料会員の方はコメントの投稿もできますので、ぜひよろしくお願いいたします。(このプレゼントの応募は終了しました)

 

全文が読める有料会員登録にご協力を 月額300円

アイデアニュースは、自由な編集方針を貫き、読者のみなさまに本当に役に立つ情報を提供するため、広告を掲載せず、企業や団体からの金銭を一切受け取らず、有料会員のみなさんの支援のみで運営しています。ほとんどの記事には有料会員向け部分があり、有料会員(月額300円、税込)になると、過去の記事を含めて、すべてのコンテンツの全文が読めるようになるほか、プレゼント応募やコメント記入などができるようになります。会費は取材をしてくださっているフリーランスの記者のみなさんの原稿料となります。良質な取材活動を続けるため、どうか有料会員登録にご協力をお願いいたします。

    
<筆者プロフィール>松中みどり(まつなか・みどり) フィリピン支援ボランティア/英語講師/ライター 初めて行った外国がフィリピンで、以来かの国の人々の明るさ温かさに魅せられ、様々なNGOや支援活動に関わる。1994年からは山岳先住民アエタの教育支援主催。コミュニケーションツールとしての英語を各地で教えている。動物好きの自称「ケモノバカ」。飼い猫は黒猫で親バカ度も加速中。 ⇒松中みどりさんの記事一覧はこちら

投稿・コメント欄(現在、ログインしていないので記入できません。有料会員がログインすると記入枠が表示されます)

有料会員(月額300円)登録してログインすると、投稿・コメントを書き込めます

最近の投稿・コメント

  1. おおちゃん より:

     アキノ隊員のことばで言うと「お巡りさんの仕事がいのちを殺すことになっている」高江の矛盾。
     ハッとさせられました。暴力で、人の尊厳を踏みにじる毎日…
     あの差別発言が出ても、おかしくないと思いました。

  2. fumipon06 より:

    ヤンバルの森の痛々しい写真が衝撃です。
    高江のヘリパッドを何としても止めなければと思います。

 アイデアニュース無料メルマガ

アイデアニュースに新着記事を掲載した時に、お知らせします。だいたい週に1回程度発行しています。登録解除は、届いたメルマガの末尾のURLをクリックすれば完了します。⇒見本


登録するメールアドレスはパソコンからのメールを受信できるアドレスにしてください。パソコンメールを受信拒否設定している場合は、ドメイン「ideanews.jp」からのメールを受け取れるように、受信設定してください。(auの場合は⇒こちら)(docomoの場合は⇒こちら) メールアドレスを登録すると、そのアドレスに受信承認のメールが届きますので、承認してください。


お名前(ニックネーム可、任意)


メールアドレス(必須)


スパム対策の回答(必須)
雪の色は白? それとも黒?


最近の記事

■ 2017年11月掲載分
■ 2017年10月掲載分
■ 2017年9月掲載分
 過去記事一覧は⇒こちら 有料会員登録は⇒こちら
お勧め商品
新着商品
Sorry, no posts matched your criteria.