カッキーと「ありのままの自分以外は何も出せない」と、浦井健治インタビュー(下) | アイデアニュース

新着 予定 プレゼント カルチャー

会員登録バナー

カッキーと「ありのままの自分以外は何も出せない」と、浦井健治インタビュー(下)

筆者: 岩村美佳 更新日: 2017年8月11日

 

浦井健治さんのインタビュー後半です。有料部分では、この一年での変化などについても伺いました。

 

浦井健治さん=撮影・岩村美佳

浦井健治さん=撮影・岩村美佳

 

 

――特に夜神月と深く関わる役が新キャストですが、新死神リューク役の石井一孝さん、新父親役(夜神総一郎)の別所哲也さん、新妹役(夜神粧裕)の髙橋果鈴さんはいかがですか?

 

栗山さんから僕への最初のダメ出しで、カズ(石井一孝)さんと仲が良すぎると言われたんです。登場からふたりの仲が良すぎる、友達に見えると(笑)。

 

――(笑)。

 

そう見えるくらい、これまで色々と一緒にやらせて頂いたんですよね。カズさんは大先輩ですが、すごく信頼関係が築けているので安心すると言ってくださるくらい、僕も親しくさせていただいています。カズさんは原作のリュークに顔がそっくりなんですよ。稽古場でもメイクをし続けていたんです。

 

――あのメイク結構驚きました。出てくる写真が全部メイクされていたので。

 

栗山さんがダメ出しをしているときに、カズさんがいなくて、「あ! メイク中です!」って(笑)。

 

――ご自身で率先してメイクされていたんですか?

 

そうなんです。それがみんなに熱として伝わっていましたね。でも、本当にタイトなスケジュールだったので、そうすることで気持ちを上げていかれたんだろうと思います。初演組の我々の存在というのが、カズさんにとって強かったのかもしれません。自分はそこに絶対に食らいつくんだと、役を演じる時間という経験値を、メイクすることでも作られていたのかもしれないと。あくまで僕の憶測ですが。

 

――なるほど。

 

別所さんも、初演で演じた鹿賀(丈史)さんの絶対的な支配力とオーラに対して、少なからずプレッシャーはあったのかもしれません。でも、こう思う、こう疑問を感じるというのを、栗山さんとちゃんと対決していた稽古が印象的でした。僕も残って、一緒にやろうと思いましたし、そういうところからも信頼感がどんどん生まれて、父親がより身近になりました。お芝居では、どこかで息子がキラだと気づいている父親像なので、最初の曲「デスノート」でも、父親に対しての自分の正義をリンクさせようと歌っています。目指しているところは実は一緒で、平和な世界なんだという歌にしようと、今回別所さんを見て改めて思いました。別所さんへのリスペクトがそうさせているんだと思います。

 

 

※アイデアニュース有料会員(月額300円)限定部分には、舞台作品は『ヘンリー四世』『ビッグ・フィッシュ』『王家の紋章』、映像作品や他のお仕事も色々あったこの一年を思い出して頂いて、意識の変化などについて伺ったインタビュー後半の全文と写真を掲載しています。

 

<有料会員限定部分の小見出し>

 

■「初演をなぞらない」「富山をなぞらない」「台湾をなぞらない」

 

■大きかった『ヘンリー四世』『王家の紋章』『ビッグ・フィッシュ』

 

■山口祐一郎さんからの言葉と、僕にかけてくれた愛情が、自分を変えた

 

■現代を映す演劇の役割を見いだして頂ける『デスノート THE MUSICAL』に

 

 

<デスノート THE MUSICAL>
【富山公演】2017年6月24日(土)~25日(日) オーバード・ホール(公演終了)
【台湾公演】2017年7月21日(金)~23日(日) 臺中國家歌劇院 大劇院(公演終了)
【大阪公演】2017年8月19日(土)~8月21日(月) 梅田芸術劇場メインホール
【東京公演】2017年9月2日(土)~9月24日(日) 新国立劇場 中劇場

 

<関連サイト>
梅田芸術劇場 http://www.umegei.com/schedule/641/
ホリプロ http://hpot.jp/stage/death-note

 

浦井健治 関連記事:
⇒すべて見る

 

柿澤勇人 関連記事:
⇒すべて見る

 

小池徹平 関連記事:
⇒すべて見る

 

デスノート 関連記事:

⇒すべて見る

 

 

※浦井健治さんのサイン色紙と写真1カットを、有料会員3名さまに抽選でプレゼントします。有料会員の方がログインするとこの記事の末尾に応募フォームが出てきますので、そちらからご応募ください。応募締め切りは8月24日(木)です。(このプレゼントの応募は終了しました)有料会員の方はコメントを書くこともできますので、どうかよろしくお願いいたします。

 

浦井健治さん=撮影・岩村美佳

浦井健治さん=撮影・岩村美佳

 

全文が読める有料会員登録にご協力を 月額300円

アイデアニュースは、自由な編集方針を貫き、読者のみなさまに本当に役に立つ情報を提供するため、広告を掲載せず、企業や団体からの金銭を一切受け取らず、有料会員のみなさんの支援のみで運営しています。ほとんどの記事には有料会員向け部分があり、有料会員(月額300円、税込)になると、過去の記事を含めて、すべてのコンテンツの全文が読めるようになるほか、プレゼント応募やコメント記入などができるようになります。会費は取材をしてくださっているフリーランスの記者のみなさんの原稿料となります。良質な取材活動を続けるため、どうか有料会員登録にご協力をお願いいたします。

    
<筆者プロフィール>岩村美佳(いわむら・みか)  フォトグラファー/ライター ウェディング小物のディレクターをしていたときに、多くのデザイナーや職人たちの仕事に触れ、「自分も手に職をつけたい」と以前から好きだったカメラの勉強をはじめたことがきっかけで、フォトグラファーに。「書いてみないか」という誘いを受け、未経験からライターもはじめた。現在、演劇分野をメインに活動している。世界で一番好きなのは「猫」。猫歴約25年。 ⇒岩村美佳さんの記事一覧はこちら

投稿・コメント欄(現在、ログインしていないので記入できません。有料会員がログインすると記入枠が表示されます)

有料会員(月額300円)登録してログインすると、投稿・コメントを書き込めます

最近の投稿・コメント

  1. ららら より:

    デスノートTHE MUSICAL大阪で再演を観てきました。
    初演をみているせいか、歌詞の内容がひしひし伝わってきて
    どんどん引き寄せられあっというまの3時間でした。
    夜神月の浦井さんは後方から観て横顔口元しか見えない時でも
    狂気が感じられて、怖くてすごくて涙が出てきました。
    デスノートTHE MUSICALは日本初のミュージカルの代表作になると思いました。
    ドーバー海峡も渡れると思います。浦井さんのリューク期待していいですよね?

  2. miyabi より:

    浦井健治さんへのインタビューありがとうございました。
    作品にたいしての真摯に取り組む 浦井さんの演技に一目惚れしてから 数年たちますが 自分の言葉にブレない演技と 役によって変わる表情(特に目力) 声色。観るたびに新しい浦井さんを確認できます。

    王家でも感じましたが、初演を、なぞらないという力強い言葉。その舞台に出会えた幸せ。 富山台湾大阪を経ての「デスノート」東京では どんなライトに会えるのか 楽しみで仕方ありません。

  3. Mist より:

    いつもながら、真摯な姿勢でお話しされる様子が手に取るように伺えました。
    インタビュア様の感想コメントも添えられたら、嬉しいです。

  4. はぐ。 より:

    インタビュー後半も読み応え沢山で楽しませて頂きました。

    カンパニーの皆さんの絆の深さ、信頼の厚さが舞台を観ていても感じていたのですが、記事を読んで更に納得出来た気がします。

    大阪公演を観に行ける事がより一層楽しみです。

  5. memi より:

    浦井くんのインタビュー(下)も読ませて頂きました。1年を振り返ると様々な違った役をこなされていらっしゃるし、「2017年第67回芸術選奨文部科学大臣新人賞受賞」というミュージカルもストプレも超越した上での受賞もあったりで、今後出演される作品がとっても楽しみです。再演の”夜神月”像がより楽しみです。

  6. Kei より:

    一年間の役柄としての経験、人としての経験、感じたことが今回の夜神月にすべて投影され、内包されているのが分かる再演の月でした。
    それは今後のヘンリー五世にも繋がっていくことと思いますので、その際のインタビューも楽しみにしています。
    今回のお写真も素敵でした。ありがとうございます。

  7. アヒル より:

    上下通して読ませて頂いてきました。
    私が感じていた浦井さんの雰囲気の変化にも触れいてとても興味深いインタビュー記事でした。
    “なぞらない”という言葉がとても印象深かったです。初演から再演の富山公演で本当に違うものを見せてもらったと思ったので、次に観る東京公演がとても待ち遠しいです。

    浦井さんの今の思いを伺える濃いインタビュー記事をありがとうございます。これからもインタビュー記事がアップされるのを期待しています。

  8. クリーム より:

    これから観るデスノートミュージカルの感じ方が変わると思います
    初演との違い変化を楽しみたいとおもいます
    写真も素敵でした
    ありがとうございました

  9. はじめ より:

    インタビュー上下ともに読ませていただきました。
    初演から再演の間のお話も交えて、デスノートにかける思い、そして役者としての気迫をより感じることができました。
    岩村さんの一年ぶりのインタビューも、一年前との変化を感じさせてもらえて、浦井さんの内面に触れられたような…。
    数々の写真も男っぽさが前面に出ていて、どれも素敵です。
    ヘンリー五世のインタビューも楽しみにしています。

  10. ゆんひ より:

    役と作品と その振り幅の大きさが浦井くんの魅力です。
    次は 何を魅せてくれるのか 楽しみな役者さんです。
    インタビューを通して 役との向きあい方が判って 楽しく拝読しました。
    写真も自然で素敵です♪
    デスノート大阪公演 仲良しのカズさんとの共演が見られなくて残念。
    東京では見られること~石井さんの回復を待っています。
    これからも 浦井くんの記事期待しています。

  11. はぴー より:

    インタビュー内容が いつも興味深くていつも楽しみにしてます♪
    ファンになって一年ですが、私も浦井さんはこの一年でずいぶん変化されたと感じていたので、その部分のお話が聞けて嬉しかったです。
    素敵なお写真もありがとうございます。

  12. さくらそう より:

    富山公演、台湾公演を観て、初演を上回る説得力がある、とても魅力的な夜神月だったと思います。なぞらないという、今後の東京公演も楽しみです。
    ヘンリー四世以降、役者さんとしてまた一回り大きくなったような、言葉にはできない変化があったように感じていたので、インタビューはとても興味深かったです。ヘンリー五世も期待しています。

  13. ポチ より:

    浦井君のインタビュー下も興味深く読みました。記者さんと同じ浦井君の変化を感じていたので、自分も記者になったかのような感じになれました。
    浦井君の今を濃く知れたインタビューをありがとうございます。
    浦井君がこれからも浦井君らしく輝いていけるよう心からますます応援していきたいとこの久しぶりの素敵な上下に渡るインタビューを読んで思いました。これからも沢山浦井君の取材お願いします。

 アイデアニュース無料メルマガ

アイデアニュースに新着記事を掲載した時に、お知らせします。だいたい週に1回程度発行しています。登録解除は、届いたメルマガの末尾のURLをクリックすれば完了します。⇒見本


登録するメールアドレスはパソコンからのメールを受信できるアドレスにしてください。パソコンメールを受信拒否設定している場合は、ドメイン「ideanews.jp」からのメールを受け取れるように、受信設定してください。(auの場合は⇒こちら)(docomoの場合は⇒こちら) メールアドレスを登録すると、そのアドレスに受信承認のメールが届きますので、承認してください。


お名前(ニックネーム可、任意)


メールアドレス(必須)


スパム対策の回答(必須)
雪の色は白? それとも黒?


最近の記事

■ 2017年10月掲載分
■ 2017年9月掲載分
■ 2017年8月掲載分
 過去記事一覧は⇒こちら 有料会員登録は⇒こちら
お勧め商品
新着商品
Sorry, no posts matched your criteria.