YouTubeで学ぶ英語:(1)フィリピンのNPO製作「A Farmer’s Son」より | アイデアニュース

新着 予定 プレゼント 教室 規約など

会員登録バナー

YouTubeで学ぶ英語:(1)フィリピンのNPO製作「A Farmer’s Son」より

筆者: 松中みどり 更新日: 2015年6月22日

 

筆者は現在、複数の語学学校で英語講師をしています。学生時代のアルバイトも予備校で英語を教えることだったので、講師としてのキャリアはとても長いのですが、アメリカやイギリスに留学したこともなければ、オーストラリアでワーキングホリデーを過ごしたこともありません。中学校では英語が苦手だったこともあり、いわゆる帰国子女型のナチュラルに身に着いた英語ではなく、様々な国の人々とコミュニケーションをとるための「道具としての英語」を使っています。行くつもりがなかった英文科に、事情があって入ってしまったからには、言葉が使えるようにならなければもったいないという思いだけで、一生懸命勉強しました。CDや二か国語放送くらいしか生の英語に触れられなかった私の学生時代に比べて、今は本当に便利になりました。ウエブやニュースや動画など、教材用に加工されていない生きた英語がたくさんあります。それらを使って、こんな風に英語を勉強したら楽しいのでは?というお誘いのエッセイをこれから連載していきたいと思います。

 

まずは、英語を教える傍ら、NGO活動をしている筆者の大好きな国、フィリピンの非営利団体PhilDev Foundationが製作した動画  “A Farmer’s Son “をご覧ください。

 

 

シンプルで分かりやすい英語が使われています。スピードもゆっくりなので、初めて生の英語に触れるにはぴったりだと思います。しかも内容が豊かで感動的です。フィリピンの片田舎で農民の息子として育った Dado Banataoさんが、自らの半生を語り、次世代のフィリピンの人々にeducationとinnovationとentrepreneurshipを通してチャンスを与えたい。 “My story could be your story. As Filipinos, it must be our story.” だと締めくくります。

 

——————————————

 

動画を見始めると19秒までは音声ではなく、英語の字幕が出ています。20秒から、PhilDev創設者のDadoさんが語り始めます。ここから1分01秒までの部分、情報や意味のかたまりごとに動画を一時停止させて、英語を繰り返してみましょう。意味の分からない単語があっても大丈夫、音だけ真似て発音してみてください。

 

※再生した後に、もう一度指定位置から再生する場合は、ページを更新して下さい。

 

My name is Dado Banatao. /  I come from the North. / My father was a farmer. / I am an engineer.  / I grew up / in a typical barrio / in Cagayan Valley. / Back then / there was no electricity, / no telephones./  I was taught Math / by moving bamboo sticks./ There were no luxuries. / Almost all of my classmates /  stopped going to school / after sixth grade  / to help in the fields. /

 

1分間で66words ですから、非常にゆっくりしたスピードです。Dado Banatao(人の名前)、  Cagayan Valley (フィリピンの地名)といった固有名詞と、barrio(村)というタガログ語が難しいだけで、あとは知らない単語はないのではないかと思います。すらすら言えるまで練習してください。まずは音に慣れます。

 

次に内容の理解です。平易な英語なので、リピートしただけで意味もはっきり分かった人はもうOKです。でも、どんなに易しい英語でも、日本語に訳さないとはっきりわかったような気がしない方は、英語の語順のまま、意味をかたまりで納得していくことが、早く英語を理解するコツです。

 

PhilDev の動画 A farmer's Son より

PhilDev の動画 A farmer’s Son より

 

My father was a farmer. とか、I am an engineer.なら、そのまま理解できるでしょうが、 I was taught Math / by moving bamboo sticks. は、「竹の棒を使って、計算の仕方を教えてもらいました」という自然な日本語にならないと納得しないようでは、時間がかかりすぎです。映像もついているわけですから、「数の数え方を教えてもらった / 竹棒を動かして」くらいの感じで理解していってください。

 

PhilDev の動画 A farmer's Son より

PhilDev の動画 A farmer’s Son より

 

Almost all of my classmates /  stopped going to school / after sixth grade  / to help in the fields.  「クラスメイトのほとんどは/ 学校に行くのを止めた / 6年生を終えたら /  畑仕事を手伝うために」 いつもこんな感じで英語の聞き取りをしてくださいね。

 

———————————————-

 

この動画には、あとで自分でも使える表現がいくつがあります。せっかくなので覚えてしまいましょう。たとえば1分11秒から始まる『私の仕事は家族を食べさせること、お前の仕事は勉強することだ』と父はいつも明言していた、というセリフ。 「家族を食べさせる」「明言していた」英語でどう表現しましょうか? まず自分ならどう言うか考えてから、動画を動かして聞き取ってください。Dadoさんはどう言いましたか?

 

※再生した後に、もう一度指定位置から再生する場合は、ページを更新して下さい。

 

He made it clear.  / His job was to keep food on the table. / My job was to study. /

 

PhilDev の動画 A farmer's Son より

PhilDev の動画 A farmer’s Son より

 

———————————————-

 

Dadoさんは学校を卒業し、アメリカにわたり、人一倍勉強して大学を出てエンジニアになります。会社を起こして失敗。でも再び立ち上がり、挑戦します。その次の会社は成功します。今も、かつての自分が育ったような場所で貧しい暮らしをしているフィリピンの人たちに、チャンスを与えたい。だから非営利団体のPhilDevを作ったと語るDadoさん。動画の最後の方は、将来への夢を語っています。3分17秒からの文章を聞いてみてください。

 

※再生した後に、もう一度指定位置から再生する場合は、ページを更新して下さい。

 

We imagine the Philippines/ where every school has Internet, /where deserving student are given scholarships /so they never have to stop learning,/ where thousands of young Filipinos start companies /that hire millions more… 「私たちはこんなフィリピンを想像する。/ 全ての学校にインターネットがあって/ 援助を受けるべき学生には奨学金が与えられていて/ だから誰も学ぶことをあきらめないでいいフィリピンを。/何千人という若いフィリピン人が会社を起こし/何百万人ものフィリピン人を雇っているフィリピンを想像している。」

 

PhilDev の動画 A farmer's Son より

PhilDev の動画 A farmer’s Son より

 

————————————-

 

この動画を使った勉強のしめくくりに、Dadoさんの最後の言葉を聞き取ってみましょう。( )の中に言葉を入れて、訳してください。

 

※再生した後に、もう一度指定位置から再生する場合は、ページを更新して下さい。

 

We know (     ). It’s time we (      ) success. I am not so special.  But I am (      ). My story could be your story. (   ) Filipinos, it must be our story.

 

PhilDev の動画 A farmer's Son より

PhilDev の動画 A farmer’s Son より

 

PhilDev の動画 A farmer's Son より

PhilDev の動画 A farmer’s Son より

 

英文聞き取り解答

We know hardship. It’s time we learned success. I am not so special. But I am determined. My story could be your story. As Filipinos, it must be our story.

 

解説と日本語訳は、この下からログインして、ご覧ください。有料会員様向けのおまけとなります。

 

—————————————

 

アイデアニュース有料会員向け【おまけ的小文】     Could はいつも過去を表わすわけではありません (松中みどり)

全文が読める有料会員登録にご協力を 月額300円

アイデアニュースは、自由な編集方針を貫き、読者のみなさまに本当に役に立つ情報を提供するため、広告を掲載せず、企業や団体からの金銭を一切受け取らず、有料会員のみなさんの支援のみで運営しています。ほとんどの記事には有料会員向け部分があり、有料会員(月額300円、税込)になると、過去の記事を含めて、すべてのコンテンツの全文が読めるようになるほか、プレゼント応募やコメント記入などができるようになります。会費は取材をしてくださっているフリーランスの記者のみなさんの原稿料となります。良質な取材活動を続けるため、どうか有料会員登録にご協力をお願いいたします。

    
<筆者プロフィール>松中みどり(まつなか・みどり) フィリピン支援ボランティア/英語講師/ライター 初めて行った外国がフィリピンで、以来かの国の人々の明るさ温かさに魅せられ、様々なNGOや支援活動に関わる。1994年からは山岳先住民アエタの教育支援主宰。コミュニケーションツールとしての英語を各地で教えている。動物好きの自称「ケモノバカ」。飼い猫は黒猫で親バカ度も加速中。 ⇒松中みどりさんの記事一覧はこちら

投稿・コメント欄(現在、ログインしていないので記入できません。有料会員がログインすると記入枠が表示されます)

有料会員(月額300円)登録してログインすると、投稿・コメントを書き込めます

更新情報

アイデアニュースの更新情報は、TwitterとFacebookとYouTubeとInstagramで、日々発信しています。いずれも登録は無料ですので、フォローしてくだされば幸いです。⇒Twitter ⇒Facebook ⇒YouTube ⇒Instagram

最近の記事

■ 2019年3月掲載分
■ 2019年2月掲載分
■ 2019年1月掲載分
 過去記事一覧は⇒こちら 有料会員登録は⇒こちら
お勧め商品
新着商品
Sorry, no posts matched your criteria.