「オデュッセウスは面白い」、『トロイ戦争は起こらない』谷田歩インタビュー(上) | アイデアニュース

新着 予定 プレゼント カルチャー

会員登録バナー

「オデュッセウスは面白い」、『トロイ戦争は起こらない』谷田歩インタビュー(上)

筆者: 達花和月 更新日: 2017年8月24日

 

新国立劇場開場20周年シーズン記念公演として、フランス近代演劇の巨星ジャン・ジロドゥの不朽の名作と称される『トロイ戦争は起こらない』が、2017年10月5日(木)から新国立劇場中劇場で、10月26日(木)からは兵庫県立芸術文化センター 阪急 中ホールで上演されます。鈴木亮平さん演じる、平和を求める主人公、トロイの王子エクトールに相対するギリシャ外交使節の知将、オデュッセウスを演じられる谷田歩さんにお話を伺いました。

 

谷田歩さん=撮影・達花和月

谷田歩さん=撮影・達花和月

 

 

――今回の作品は「ギリシャ劇」になりますね。

 

「ギリシャ劇」ではあるけれど、作者がフランス人だから「フランス劇」なのかな? でも、例えばこの間の『フェードル』(2017年4月シアター・コクーン)は、作者がフランス人なのに「ギリシャ悲劇」ですもんね。

 

――先日ご出演された『フェードル』と、作品的にも、カンパニーとしても共通部分が多いですね。演出は栗山民也さん、翻訳は岩切正一郎さん、スタッフの方も…。

 

そうですね、おかげでやりやすいというか、入りこみやすいですね。

 

――谷田さん演じられるオデュッセウスは、2幕での登場ということで、ラスボス感がハンパない感じです。

 

(笑)。いや、でもオデュッセウスってね、調べれば調べるほど面白い奴で。「知将」なんだけど、その後の話とかみると、ラッキーで乗り越えて行った部分もいっぱいあって。とにかく女の人に好かれるんですよ。だからポセイドンには叱られてるんだけど、アテネには好かれてるから、それで救われちゃう。

 

――この作品の時代、トロイ戦争前のオデュッセウスは、何歳くらいなんでしょう?

 

本当は若いんじゃないかと思うんです。だって、トロイ戦争前ですもんね。トロイ戦争が10年間で、その後オデュッセウスが8年~9年間くらい漂流してたんですから、正味20年ぐらいトロイ戦争に出ていて自分の国に居ない。この作品はその前の話ですから。

 

――オデュッセウスとエクトールの会談の場面で、エクトールは若者らしい真っ直ぐで理想に満ちた発言をしますが、対するオデュッセウスの発言は、エクトールに比べると「老獪」に感じられます。エクトールは若者で、オデュッセウスはそれなりに歳を重ねているのではと思ったのですが。

 

そうですね。僕もそう思いました。

 

 

※アイデアニュース有料会員(月額300円)限定部分には、『トロイ戦争は起こらない』について、オデュッセウスについて、さらに掘り下げて伺ったインタビュー前半の全文と写真を掲載しています。8月25日掲載予定のインタビュー「下」では、これまで出演された『フェードル』や『今は亡きヘンリー・モス』について、そして7月に亡くなられた中嶋しゅうさんとの最期の会話などについて語ってくださったインタビューの後半の全文を掲載します。

 

<有料会員限定部分の小見出し>

 

■「戦争は必ずしも憎み合う同士がするわけではない。ライバルが居るからこそ起きる」と

 

■「王は戦争をしたがっている。戦争を起こさざるをえないぞ」って通知しに来た

 

■「オデュッセウスって武将ですか?」って栗山さんに聞いたら「ドイツ軍だよ」って

 

■「戦争」を体験して知ってる人が、少なくなっているから、伝えなきゃいけないと

 

 

<舞台『トロイ戦争は起こらない』>
【東京公演】2017年10月5日(木)~10月22日(日) 新国立劇場
【兵庫公演】2017年10月26日(木)~10月27日(金) 兵庫県立芸術文化センター 阪急 中ホール
公式サイト
http://www.nntt.jac.go.jp/play/performance/16_009658.html

 

<関連リンク>
谷田歩 Official Twitter https://twitter.com/tani3rd
谷田歩劇団 AUN http://aun.la.coocan.jp/menber/sho-tanida.htm
谷田歩(J.CLIP) http://www.j-clip.co.jp/JCLIP14AW/member_jclip/TanidaAyumi.html

 

トロイ戦争は起こらない 関連記事:

⇒すべて見る

 

谷田歩 関連記事:

⇒すべて見る

 

※谷田歩さんのサイン色紙と写真1カットを、有料会員3名さまに抽選でプレゼントします。有料会員の方がログインするとこの記事の末尾に応募フォームが出てきますので、そちらからご応募ください。応募締め切りは9月7日(木)です。(このプレゼントの応募は終了しました)有料会員の方はコメントを書くこともできますので、どうかよろしくお願いいたします。

 

谷田歩さん=撮影・達花和月

谷田歩さん=撮影・達花和月

 

全文が読める有料会員登録にご協力を 月額300円

アイデアニュースは、自由な編集方針を貫き、読者のみなさまに本当に役に立つ情報を提供するため、広告を掲載せず、企業や団体からの金銭を一切受け取らず、有料会員のみなさんの支援のみで運営しています。ほとんどの記事には有料会員向け部分があり、有料会員(月額300円、税込)になると、過去の記事を含めて、すべてのコンテンツの全文が読めるようになるほか、プレゼント応募やコメント記入などができるようになります。会費は取材をしてくださっているフリーランスの記者のみなさんの原稿料となります。良質な取材活動を続けるため、どうか有料会員登録にご協力をお願いいたします。

    
<筆者プロフィール>達花和月(たちばな・かずき) 不朽の名作少女漫画の金字塔「ベルサイユのばら」がきっかけで、2次元沼にハマり、二次創作界をほんのり揺蕩っていたが、某俳優さんとの出会いによって、3次元復帰なるも、今度は演劇沼にドップリ浸かる。ミュージカルからストレートプレイ、能楽堂と小劇場、日比谷・新宿・池袋・下北界隈に滞留多し。慢性金欠病の為、歌舞伎に手を出したくても出せないのがジレンマ~(>_<)な、今日この頃。 ⇒達花和月さんの記事一覧はこちら

投稿・コメント欄(現在、ログインしていないので記入できません。有料会員がログインすると記入枠が表示されます)

有料会員(月額300円)登録してログインすると、投稿・コメントを書き込めます

 アイデアニュース無料メルマガ

アイデアニュースに新着記事を掲載した時に、お知らせします。だいたい週に1回程度発行しています。登録解除は、届いたメルマガの末尾のURLをクリックすれば完了します。⇒見本


登録するメールアドレスはパソコンからのメールを受信できるアドレスにしてください。パソコンメールを受信拒否設定している場合は、ドメイン「ideanews.jp」からのメールを受け取れるように、受信設定してください。(auの場合は⇒こちら)(docomoの場合は⇒こちら) メールアドレスを登録すると、そのアドレスに受信承認のメールが届きますので、承認してください。


お名前(ニックネーム可、任意)


メールアドレス(必須)


スパム対策の回答(必須)
雪の色は白? それとも黒?


最近の記事

■ 2017年11月掲載分
■ 2017年10月掲載分
■ 2017年9月掲載分
 過去記事一覧は⇒こちら 有料会員登録は⇒こちら
お勧め商品
新着商品
Sorry, no posts matched your criteria.