「(中嶋)しゅうさんは、流血を僕に気付かせなかった」、谷田歩インタビュー(下) | アイデアニュース

新着 予定 プレゼント カルチャー

会員登録バナー

「(中嶋)しゅうさんは、流血を僕に気付かせなかった」、谷田歩インタビュー(下)

筆者: 達花和月 更新日: 2017年8月25日

 

2017年10月5日(木)から新国立劇場中劇場で、10月26日(木)からは兵庫県立芸術文化センター 阪急 中ホールで上演される舞台『トロイ戦争は起こらない』に、ギリシャ外交使節の知将、オデュッセウス役で出演される谷田歩さんのインタビュー「下」です。

 

谷田歩さん=撮影・達花和月

谷田歩さん=撮影・達花和月

 

 

――制作発表でもお話が出ましたが、今日親しくしていても、明日には戦争が始まっている。互いの意志は戦争はしたくないという方向なのに、何故か物理的にはそっちに走ってる、というお話しが心底ゾッとしました。自分の意に反して望まない方向に引っ張られてしまう、という構図の小さな齟齬は割と日常に転がっていて、珍しいものではないと思うんです。その大変大きな規模のものが、ここでは「戦争」なんだろうなと考えると、決して遠い感覚のものではないなと。

 

結局個人同士ですもんね。独裁者が居たら、絶対そいつの意志だし。日本だってね、過去になんで開戦したのか?までの理由がいろいろありますけど。

 

――一概には言えませんけれど、それでも、不可抗力な「自然災害」ではなく、「人間同士」が起こしたことなので、他に選択肢はなかったのか?とは考えてしまいますね。ところで制作発表で、「この作品は女性が強い」とおっしゃっていましたが、どんなところで「この女性強いな!」と思われたのでしょう?

 

もう、エレーヌがあれですよね、会話に出てますよね。なんでそういう返しをするのかなって。結局パリスのことも、メネラスのことも見てない、とかさ(笑)。

 

――エレーヌという女性は、オデュッセウスにはどう見えていたんでしょう?

 

最後の方でちょっとしゃべってましたね、エレーヌのこと。「手を出しちゃいけない女だった。それだけだ」って。他のことは全部良いけど、それだけだ、って。

 

――エレーヌはシャーマン的な不思議な要素も持つ女性に描かれていますね。明らかに周りの人たちと目線というか次元が違う。普通の人にとっては大事でも、彼女の目を通すと些細なことにしか映らないから「見えていないわ」って。

 

そうなんですよね。でもどの時代でもね、女の人は強いですよ(笑)。日本って言い方はなんかあれですけど、遅れてるのか分かんないけど、男が強い時代がちょっと長すぎましたね。だからこういう本を読むと、どうしても僕なんかは、あ、(女性が)強ぇなっていう感じなんですね。亮平さんは(強い女性が好きなので)そういうのは感じなかったって言ってたけどね(笑)。

 

 

※アイデアニュース有料会員(月額300円)限定部分には、谷田さんがこれまで出演された『フェードル』や『今は亡きヘンリー・モス』について、そして7月に亡くなられた中嶋しゅうさんとの最期の会話などについて語ってくださったインタビューの後半の全文を掲載します。

 

<有料会員限定部分の小見出し>

 

■『フェードル』の(大竹)しのぶさんの…「好きなの…ッ!」って強烈じゃなかった?

 

■しゅうさんが「ごめんね。俺、本気だからさ。何でも本気でやっちゃうんだよ」って

 

■『下町ロケット』に引きずられて『バグダッド動物園のベンガルタイガー』で叫んで

 

■『トロイ戦争は起こらない』は現代世界で起こっていることを劇にしていて、面白い

 

 

<舞台『トロイ戦争は起こらない』>
【東京公演】2017年10月5日(木)~10月22日(日) 新国立劇場
【兵庫公演】2017年10月26日(木)~10月27日(金) 兵庫県立芸術文化センター 阪急 中ホール
公式サイト
http://www.nntt.jac.go.jp/play/performance/16_009658.html

 

<関連リンク>
谷田歩 Official Twitter https://twitter.com/tani3rd
谷田歩劇団 AUN http://aun.la.coocan.jp/menber/sho-tanida.htm
谷田歩(J.CLIP) http://www.j-clip.co.jp/JCLIP14AW/member_jclip/TanidaAyumi.html

 

トロイ戦争は起こらない 関連記事:

⇒すべて見る

 

谷田歩 関連記事:

⇒すべて見る

 

※谷田歩さんのサイン色紙と写真1カットを、有料会員3名さまに抽選でプレゼントします。有料会員の方がログインするとこの記事の末尾に応募フォームが出てきますので、そちらからご応募ください。応募締め切りは9月7日(木)です。(このプレゼントの応募は終了しました)有料会員の方はコメントを書くこともできますので、どうかよろしくお願いいたします。

 

谷田歩さん=撮影・達花和月

谷田歩さん=撮影・達花和月

 

全文が読める有料会員登録にご協力を 月額300円

アイデアニュースは、自由な編集方針を貫き、読者のみなさまに本当に役に立つ情報を提供するため、広告を掲載せず、企業や団体からの金銭を一切受け取らず、有料会員のみなさんの支援のみで運営しています。ほとんどの記事には有料会員向け部分があり、有料会員(月額300円、税込)になると、過去の記事を含めて、すべてのコンテンツの全文が読めるようになるほか、プレゼント応募やコメント記入などができるようになります。会費は取材をしてくださっているフリーランスの記者のみなさんの原稿料となります。良質な取材活動を続けるため、どうか有料会員登録にご協力をお願いいたします。

    
<筆者プロフィール>達花和月(たちばな・かずき) 不朽の名作少女漫画の金字塔「ベルサイユのばら」がきっかけで、2次元沼にハマり、二次創作界をほんのり揺蕩っていたが、某俳優さんとの出会いによって、3次元復帰なるも、今度は演劇沼にドップリ浸かる。ミュージカルからストレートプレイ、能楽堂と小劇場、日比谷・新宿・池袋・下北界隈に滞留多し。慢性金欠病の為、歌舞伎に手を出したくても出せないのがジレンマ~(>_<)な、今日この頃。 ⇒達花和月さんの記事一覧はこちら

投稿・コメント欄(現在、ログインしていないので記入できません。有料会員がログインすると記入枠が表示されます)

有料会員(月額300円)登録してログインすると、投稿・コメントを書き込めます

 アイデアニュース無料メルマガ

アイデアニュースに新着記事を掲載した時に、お知らせします。だいたい週に1回程度発行しています。登録解除は、届いたメルマガの末尾のURLをクリックすれば完了します。⇒見本


登録するメールアドレスはパソコンからのメールを受信できるアドレスにしてください。パソコンメールを受信拒否設定している場合は、ドメイン「ideanews.jp」からのメールを受け取れるように、受信設定してください。(auの場合は⇒こちら)(docomoの場合は⇒こちら) メールアドレスを登録すると、そのアドレスに受信承認のメールが届きますので、承認してください。


お名前(ニックネーム可、任意)


メールアドレス(必須)


スパム対策の回答(必須)
雪の色は白? それとも黒?


最近の記事

■ 2017年11月掲載分
■ 2017年10月掲載分
■ 2017年9月掲載分
 過去記事一覧は⇒こちら 有料会員登録は⇒こちら
お勧め商品
新着商品
Sorry, no posts matched your criteria.