「虐待から救ってくれたら、その人が犯罪者でも恩人」、谷田歩インタビュー(下) | アイデアニュース

新着 予定 プレゼント 教室 規約など

会員登録バナー

「虐待から救ってくれたら、その人が犯罪者でも恩人」、谷田歩インタビュー(下)

筆者: 達花和月 更新日: 2019年11月8日

 

アルベール・カミュ“不条理三部作”のひとつ『カリギュラ』。菅田将暉さんの主演で、2019年11月9日(土)より開幕します。カリギュラの忠臣、エリコン役の谷田歩さんのインタビュー後半です。役の心情について、お話いただきました。

 

谷田歩さん=撮影・NORI

谷田歩さん=撮影・NORI

 

 

――お稽古は、立ち稽古に入られたところですか?

 

1週間ぐらい経ちました。

 

――立ち稽古になっていかがですか?

 

面白いです! もしかしたらつまんないかもと思ったんですよ、僕。『カリギュラ』(2007年)を、映像で観ましたけど、難しい作品だから意味が分からないんですよね。絵的にきらびやかなものを見せようとしたんだなというのは印象に残りましたけど、でも、こんな大事なテーマが、人間としてのテーマが入っている作品だとは、そのときは気が付きませんでした。だから今回、脚本を読んでも分からなかったし、みんなで本読みして、稽古して、栗山さんのアドバイスを聞いて、やっとなんか最近になって「これ面白いかも」って思えてきて俄然、燃えてきましたね。

 

――その面白さとは?

 

さっきもちょっと言いましたけど、やっぱりカリギュラの愛の形ですよね。それについて行く僕のエリコンとか、秋山さんのセゾニアとか。それに対抗している、間違ってるって言う橋本くんのケレアとか。真宙のシピオンなんかは、自分の父親を殺されているにも関わらず、カリギュラのことが好きなのか、嫌いなのか。殺せるのか、殺せないのか。なんかそういうところが、ものすごいスリリングで、見ていて危ういですよ。

 

――突然豹変してしまったカリギュラに対するエリコンの忠誠心の源は、なんなのでしょう?

 

いや、だって自分が子供の頃に、例えば実の両親からすごい虐待されてる時に、自分の担任の先生だったりが救ってくれたりしたら、その担任の先生が、もし犯罪者であっても、自分にとっては一生恩人じゃないですか。そんな感じだと思いますよ。

 

――今語っていただいたような、エリコンの心情に関しては、作品中で触れられているのでしょうか?

 

触れられてますね、ちょっと。

 

――カリギュラが彼を救い出した。

 

救い出してくれたんじゃないですか。だからもうエリコンなんて、極限に“「美徳の調べ」を鞭の下で踊った” っていうぐらいだから。美徳というものを知ったのは、自分が鞭で打たれながら「これが人生」っていう人だったから。例えばもう、救いがあった「ジョーカー」(『ジョーカー』2019年 Warner Bros.)みたいな感じですよね。かっこつけすぎですけどね(笑)。

 

 

※アイデアニュース有料会員限定部分には、「普通の状態で観ないほうがいいと思います」などのお話が出たインタビューの後半の全文と写真を掲載します。

 

<有料会員限定部分の小見出し>

 

■普通に考えて、自分の父親を殺されたとしたら、殺した奴は憎いじゃないですか。でも…

 

■普通の状態で観ないほうがいいと思います

 

■共感はできないかなあ…。「俺は違うけど、気持ちは分かる」みたいな感じです

 

■とにかく菅田君のカリギュラがすごい。役が本当に合ってるんですよ、容姿と、言葉と

 

 

 

 

<『カリギュラ』>
【東京公演】2019年11月9日(土)~11月24日(日) 新国立劇場 中劇場
【福岡公演】2019年11月29日(金)~12月1日(日) 久留米シティプラザ ザ・グランドホール
【兵庫公演】2019年12月5日(木)~12月8日(日) 神戸国際会館こくさいホール
【宮城公演】2019年12月13日(金)~12月15日(日) 仙台銀行ホール イズミティ21 大ホール

特設サイト
https://caligula.jp/

 

<関連リンク>
『カリギュラ』公式 HP
https://horipro-stage.jp/stage/caligula2019/
J.CLIP
http://www.j-clip.co.jp/actor/tanida-ayumi/
谷田歩 Twitter
https://twitter.com/tani3rd

 

 

『カリギュラ』 関連記事:

⇒すべて見る

 

谷田歩 関連記事:

⇒すべて見る

 

 

 

 

※谷田歩さんのサイン色紙と写真1カットを、有料会員3名さまに抽選でプレゼントします。有料会員の方がログインするとこの記事の末尾に応募フォームが出てきますので、そちらからご応募ください。応募締め切りは12月7日(土)です。有料会員の方はコメントを書くこともできますので、どうかよろしくお願いいたします。

 

谷田歩さん=撮影・NORI

谷田歩さん=撮影・NORI

 

全文が読める有料会員登録にご協力を 月額450円

アイデアニュースは、有料会員のみなさんの支援に支えられ、さまざまな現場で頑張っておられる方々の「思いや理想」(ギリシャ語のイデア、英語のアイデア)を伝える独自インタビューを実施して掲載しています。ほとんどの記事には有料会員向け部分があり、有料会員(月額450円、税込)になると、過去の記事を含めて、すべてのコンテンツの全文を読めるようになるほか、有料会員限定プレゼントに応募したり、コメントを書き込めるようになります。有料会費は取材をしてくださっているフリーランスの記者のみなさんの原稿料と編集経費になります。良質な取材活動を続けるため、どうか有料会員登録にご協力をお願いいたします。

    
<筆者プロフィール>達花和月(たちばな・かずき) ひとりの俳優さんとの出会いがきっかけで、二次元二次創作界の住人から演劇沼の住人に。ミュージカルからストレートプレイ、狂言ほか、さまざまな作品を観劇するうち、不思議なご縁でライターに。熱っぽく自らの仕事を語る舞台関係者の“熱”に、ワクワクドキドキを感じる日々。 ⇒達花和月さんの記事一覧はこちら

コメント欄

有料会員登録してログインすると、コメントを書き込めます(コメントを送信すると、すべての人が読める形で公開されます)。


最近の記事

■ 2019年11月掲載分
■ 2019年10月掲載分
 過去記事一覧は⇒こちら 有料会員登録は⇒こちら
お勧め商品
新着商品
Sorry, no posts matched your criteria.