朗読ミュージカル『不徳の伴侶 infelicity』、藤岡正明インタビュー(上) | アイデアニュース

新着 予定 プレゼント 連載 教室

会員登録バナー

朗読ミュージカル『不徳の伴侶 infelicity』、藤岡正明インタビュー(上)

筆者: 達花和月 更新日: 2018年5月25日

 

演出家荻田浩一さんが、10年以上の構想を経て、満を持して送り出す朗読(クローゼット)ミュージカル『不徳の伴侶 infelicity』が2018年5月29日(火)~6月3日(日)まで、東京・赤坂REDシアターで上演されます。女王メアリー・スチュアートの三番目の夫となる、ボスウェル伯ジェームズ・ヘップバーンを演じられる、藤岡正明さんにお話をお伺いしました。

 

藤岡正明さん=撮影・達花和月

藤岡正明さん=撮影・達花和月

 

 

――『不徳の伴侶』は演出の荻田浩一さんが、構想に10年以上をかけたオリジナル作品なのだそうですね。お話は結構早くから?

 

そうなんです。細かいストーリーは聞いていなくて、ざっくりした「こういう時代でこういう人を取り上げてやるお話です」ってことでお話があって。もともと以前にも荻田さんの現場でオファーをいただいたことがあって、そのときはタイミングが合わなくて出演出来なかったんですけど、荻田さんと「いつかガッツリ芝居したいね」ってことを話していて、その中でのことだったので「是非是非やらしてもらいます」ってことで。

 

――作品の情報が解禁されて、タイトルと荻田さんの演出、そしてキャストのお名前を拝見したとき「すんごいミュージカルー!」と思って、劇場を見たらREDシアターで、さらによくよく見ると朗読劇で「クローゼット・ミュージカル」。

 

そうなんですよね(笑)。変わった名前だなと思って。

 

――音楽劇とも違うんですね。

 

多分、ミュージカルなんでしょうね。音楽劇とミュージカルって、結構ちょっと違うところがあって。音楽劇って基本的には、たとえば「歌い手」の役がいたりして、その役としてその場で歌を歌うシーンがあるっていうことなんですよね。ミュージカルっていうのは、本来台詞で話すものが音楽になっているっていう。ちょっとそういった違いがあるんだと思うんです。

 

――最初に「朗読劇」とお聞きになられたときのお気持ちはいかがでしたか?

 

最初からその相談を含めて話していたので。普通にやるか、朗読でやるか、みたいなことで。逆に言ったら朗読になることで、いつでも変更可能であるっていう。

 

――いつでも変更可能。

 

今回オリジナルの作品であるっていうことで言うと、たとえば、直前になって曲が変わるとか、曲の場合はメロディを覚えないといけないですけど、台詞がぐっと変わるにしても、もしその日に「これ、やっぱりこういう台詞にしないか?」って話したとして、さすがにそれは難しいんですよね。覚えられないから、覚える時間がやっぱり必要なので。で、またそれを、自分の中で熟成させる時間も必要だと思うんです。朗読っていうところで言うと、その心理、その感情自体がちゃんと腑に落ちていれば、その日に「やっぱりこっちの方がいいんじゃないか」って、そんな話をしても、そういうことも可能といえば可能ということで。

 

 

※アイデアニュース有料会員(月額300円)限定部分には、決まりきった「何か」は存在しないという朗読劇について語ってくださったインタビュー前半の全文と写真を掲載しています。5月26日掲載予定のインタビュー「下」では、『宝塚BOYS』(2010年)出演時のエピソードなどを伺ったインタビューの後半の全文と写真を掲載します。

 

<有料会員限定部分の小見出し>

 

■覚える必要が無いってことは、いつでも、どういう風になっても、まだまだ可能性を模索し続けられる

 

■(朗読劇には)本当に様々な形があるし、決まりきった「何か」は存在しないと思うんです

 

■文翁さんの人柄はとっても温厚ですけど、すごい奇才。演出家としてのアイディアがすごく面白い人

 

■(自主公演は)勇気も要るし、覚悟も必要。それを分かっている荻田さんが、そこに踏み切っている

 

 

<朗読ミュージカル『不徳の伴侶 infelicity』>
【東京公演】2018年5月29日(火)~6月3日(日)赤坂RED/THEATER
https://www.team-infelicity.com

 

<関連リンク>
『不徳の伴侶 infelicity』公式サイト
https://www.team-infelicity.com/
『不徳の伴侶 infelicity』公式 Twitter
https://twitter.com/teamInfelicity
藤岡正明公式サイト
https://fujiokamasaaki.officialsite.co/
藤岡正明公式ブログ
https://ameblo.jp/fujioka-masaaki/
藤岡正明 Twitter
https://twitter.com/Tsukune_Toro

 

不徳の伴侶 infelicity 関連記事:

⇒すべて見る

 

藤岡正明 関連記事:

⇒すべて見る

 

朗読 関連記事:

⇒すべて見る

 

ミュージカル 関連記事:

⇒すべて見る

 

※藤岡正明さんのサイン色紙と写真1カットを、有料会員3名さまに抽選でプレゼントします。有料会員の方がログインするとこの記事の末尾に応募フォームが出てきますので、そちらからご応募ください。応募締め切りは6月8日(金)です。(このプレゼントの応募は終了しました)有料会員の方はコメントを書くこともできますので、どうかよろしくお願いいたします。

 

藤岡正明さん=撮影・達花和月

藤岡正明さん=撮影・達花和月

 

全文が読める有料会員登録にご協力を 月額300円

アイデアニュースは、自由な編集方針を貫き、読者のみなさまに本当に役に立つ情報を提供するため、広告を掲載せず、企業や団体からの金銭を一切受け取らず、有料会員のみなさんの支援のみで運営しています。ほとんどの記事には有料会員向け部分があり、有料会員(月額300円、税込)になると、過去の記事を含めて、すべてのコンテンツの全文が読めるようになるほか、プレゼント応募やコメント記入などができるようになります。会費は取材をしてくださっているフリーランスの記者のみなさんの原稿料となります。良質な取材活動を続けるため、どうか有料会員登録にご協力をお願いいたします。

    
<筆者プロフィール>達花和月(たちばな・かずき) 二次元二次創作界の住人から、ひとりの俳優さんとの出会いをきっかけに演劇沼の住人に。ミュージカルからストレートプレイ、狂言ほか、いろんな作品を観劇するうち、不思議なご縁でライターに。熱っぽく自らの仕事を語る舞台関係者の“熱”に、ワクワクドキドキを感じる日々。 ⇒達花和月さんの記事一覧はこちら

投稿・コメント欄(現在、ログインしていないので記入できません。有料会員がログインすると記入枠が表示されます)

有料会員(月額300円)登録してログインすると、投稿・コメントを書き込めます

更新情報

アイデアニュースの更新情報は、TwitterとFacebookとYouTubeで、日々発信しています。ご登録くだされば幸いです。⇒Twitter ⇒Facebook ⇒YouTube

最近の記事

■ 2018年8月掲載分
■ 2018年7月掲載分
■ 2018年6月掲載分
 過去記事一覧は⇒こちら 有料会員登録は⇒こちら
お勧め商品
新着商品
Sorry, no posts matched your criteria.