「感情が、うねっていればうねっているほど良い」、藤岡正明インタビュー(下) | アイデアニュース

新着 予定 プレゼント 連載 教室

会員登録バナー

「感情が、うねっていればうねっているほど良い」、藤岡正明インタビュー(下)

筆者: 達花和月 更新日: 2018年5月26日

 

荻田浩一さんが演出する朗読(クローゼット)ミュージカル『不徳の伴侶 infelicity』が2018年5月29日(火)~6月3日(日)まで、東京・赤坂REDシアターで上演されます。ボスウェル伯ジェームズ・ヘップバーンを演じられる、藤岡正明さんに物語についてお話いただいたインタビュー後半です。有料会員限定部分では、『宝塚BOYS』(2010年)出演時のエピソードなども話してくださいました。

 

藤岡正明さん=撮影・達花和月

藤岡正明さん=撮影・達花和月

 

 

――作品はイギリスの1500年代ですね。藤岡さんの役所は、悲劇の女王メアリー・スチュワートの「愛人」と言われていますが。

 

結果的には結婚してますね、3人目の夫ということになります。

――しかし、タイトルには「不徳」と「infelicity」の文字が…。

 

そうそう、infelicityね、どういう意味なんだろうって(笑)。

 

――「不適切」になるんでしょうか? こちらも「不徳」に近いニュアンスで使われているのかな? と(笑)。結果として結婚しているのに、何故そこまで言われてしまうのか? というところが、大変興味をそそる訳なんですが。

 

これね、まず大事になるのはプロテスタントとカトリックの対立なんですよ。そして、この宗教観というもの、キリスト教徒である、もっと言うと、カトリック教徒の人にとっての、結婚や離婚、再婚というものは、いかほどなものか? っていうことは、まず大きくあると思うんですよね。例えば貞操を守るであるとか、そういったこともそうですし、でも基本的に宗教ってそういうものであったりもすると思うので、やっぱりそういった、その倫理というか、規律というか、自分自身を律し続けるものだとは思うんですけど。難しいのは、この「不徳の伴侶」っていう言葉が、どうして「不徳の伴侶」なのか? っていうところ。じゃあ、つまり誰にとっての「不徳」なのか? 「不徳の伴侶」って、メアリーのことだと思うんですけど。じゃあ、誰にとっての不徳になっているのか? っていうことだと思うんですけど。それはもう、もちろん観ていただく中で分かることではあると思うんですけど。ただ、やっぱり大きくはプロテスタントとカトリックの対立がそこに根強くあって、なおかつ、メアリーはカトリックであるということですね。で、また面白いのが、歴史を見ていくと、結果としてメアリー・スチュワートという人は、エリザベスⅠ世に処刑されていますね。でも、処刑された後で、実際にグレート・ブリテンの王家の血筋は、メアリーの子孫から出ているっていうのが面白くて。エリザベスⅠ世は子供が居ないので。

 

 

※アイデアニュース有料会員(月額300円)限定部分には、『宝塚BOYS』(2010年)出演時のエピソードなどについても話してくださったインタビュー後半の全文と写真を掲載しています。

 

<有料会員限定部分の小見出し>

 

■メアリーの側だけじゃなく、エリザベスの側から観たときにも、また面白い話

 

■『宝塚BOYS』で、「知ろうと必死で努力する事はやんなきゃいけないし、礼儀だよね」って

 

■ボスウェルは、僕自身が今まで演じたことのない方向性のキャラクター

 

■荻田浩一船長を信じて、もう、船を思いっきり漕ぐだけなんです

 

 

<朗読ミュージカル『不徳の伴侶 infelicity』>
【東京公演】2018年5月29日(火)~6月3日(日)赤坂RED/THEATER
https://www.team-infelicity.com

 

<関連リンク>
『不徳の伴侶 infelicity』公式サイト
https://www.team-infelicity.com/
『不徳の伴侶 infelicity』公式 Twitter
https://twitter.com/teamInfelicity
藤岡正明公式サイト
https://fujiokamasaaki.officialsite.co/
藤岡正明公式ブログ
https://ameblo.jp/fujioka-masaaki/
藤岡正明 Twitter
https://twitter.com/Tsukune_Toro

 

不徳の伴侶 infelicity 関連記事:

⇒すべて見る

 

藤岡正明 関連記事:

⇒すべて見る

 

朗読 関連記事:

⇒すべて見る

 

ミュージカル 関連記事:

⇒すべて見る

 

※藤岡正明さんのサイン色紙と写真1カットを、有料会員3名さまに抽選でプレゼントします。有料会員の方がログインするとこの記事の末尾に応募フォームが出てきますので、そちらからご応募ください。応募締め切りは6月8日(金)です。(このプレゼントの応募は終了しました)有料会員の方はコメントを書くこともできますので、どうかよろしくお願いいたします。

 

藤岡正明さん=撮影・達花和月

藤岡正明さん=撮影・達花和月

 

全文が読める有料会員登録にご協力を 月額300円

アイデアニュースは、自由な編集方針を貫き、読者のみなさまに本当に役に立つ情報を提供するため、広告を掲載せず、企業や団体からの金銭を一切受け取らず、有料会員のみなさんの支援のみで運営しています。ほとんどの記事には有料会員向け部分があり、有料会員(月額300円、税込)になると、過去の記事を含めて、すべてのコンテンツの全文が読めるようになるほか、プレゼント応募やコメント記入などができるようになります。会費は取材をしてくださっているフリーランスの記者のみなさんの原稿料となります。良質な取材活動を続けるため、どうか有料会員登録にご協力をお願いいたします。

    
<筆者プロフィール>達花和月(たちばな・かずき) 二次元二次創作界の住人から、ひとりの俳優さんとの出会いをきっかけに演劇沼の住人に。ミュージカルからストレートプレイ、狂言ほか、いろんな作品を観劇するうち、不思議なご縁でライターに。熱っぽく自らの仕事を語る舞台関係者の“熱”に、ワクワクドキドキを感じる日々。 ⇒達花和月さんの記事一覧はこちら

投稿・コメント欄(現在、ログインしていないので記入できません。有料会員がログインすると記入枠が表示されます)

有料会員(月額300円)登録してログインすると、投稿・コメントを書き込めます

更新情報

アイデアニュースの更新情報は、TwitterとFacebookとYouTubeで、日々発信しています。ご登録くだされば幸いです。⇒Twitter ⇒Facebook ⇒YouTube

最近の記事

■ 2018年6月掲載分
■ 2018年5月掲載分
 過去記事一覧は⇒こちら 有料会員登録は⇒こちら
お勧め商品
新着商品
Sorry, no posts matched your criteria.