「水木しげるさんの生き様を」、舞台『ゲゲゲの先生へ』水田航生インタビュー(上) | アイデアニュース

新着 予定 プレゼント 教室 Q&A

会員登録バナー

「水木しげるさんの生き様を」、舞台『ゲゲゲの先生へ』水田航生インタビュー(上)

筆者: 達花和月 更新日: 2018年10月1日

 

脚本・演出を手掛ける前川知大さんによる、水木しげるさんの作品へのオマージュの舞台『ゲゲゲの先生へ』が、2018年10月8日(月祝)から10月21日(日)まで東京芸術劇場プレイハウス、ほか、松本、大阪、豊橋、宮崎、北九州、新潟で上演されます。日常に妖が存在する世界で、観客に近い目線で物語に携わる、忠(タダシ)役の水田航生さんにお話を伺いました。

 

水田航生さん=撮影・伊藤華織

水田航生さん=撮影・伊藤華織

 

 

――「ゲゲゲ」とくれば、『ゲゲゲの鬼太郎』と、思わず口にするほど有名な作品ですが、水木しげるさんの作品に関して何か思い出はありますか?

 

そうですね、『ゲゲゲの鬼太郎』は、小学校のとき林間学校に行くときのバスの中で、ビデオで見たのを覚えています。

 

――作者である水木しげるさんのお名前は?

 

はい、もちろん知っていました。

 

――今回の作品は水木しげる作品へのオマージュとお伺いしています。

 

水木しげるさんの伝記ではないんですけど、生き様を描くみたいな、水木しげるさんが生み出した作品を元に新作を創ろうと思っています。

 

――ご出演が決まったときのお気持ちは?

 

まず、演出の前川知大さんとご一緒出来るのをずっと夢見ていた部分もあったので、そこが嬉しかったのと、やっぱりこのお三方、佐々木蔵之介さん、松雪泰子さん、白石加代子さんをはじめとする、素晴らしい役者たちの中で演れるというのが。自分がどこまで出来るんだろうっていうすごいプレッシャーも感じながら、でも、自分が持てるものすべて発揮して、戦っていかなきゃなという、身が引き締まる思いでした。

 

――そうそうたるメンバーが集った俳優陣ですが、今まで共演されたことがある方はいらっしゃいますか? 出演作を拝見すると、佐々木蔵之介さんと白石加代子さんは、2017年に出演されたNHKの連続テレビ小説『ひよっこ』にお名前がありますね。

 

そうです!実は、『ひよっこ』で、佐々木蔵之介さんとは一瞬だけ同じシーンがあって、絡ませて貰ったんです。僕はテレビ局のアシスタントプロデューサー役で、有村架純さん演じる、みね子をスカウトするんです。それで、その店の従業員の皆さんが出てくる中で、一瞬だけ。だから、実は台詞は交わしているんですよね(笑)。

 

――そうだったんですね! その頃すでに、今作のお話はあったのでしょうか?佐々木さんと直接お話されたりとかは?

 

お話はまだなかったですね。蔵之介さんとも、そのときもう本当に一瞬だけだったので。今回も、『ひよっこ』のときの話もまだしてないです(笑)。

 

 

※アイデアニュース有料会員(月額300円)限定部分には、この作品の脚本・演出を担当する前川知大さんが主宰する劇団「イキウメ」がすごく好きだという水田航生さんがイキウメの『天の敵』公演を観た時のエピソードや、この作品で前川さんがどのように稽古を進められているかについて語ってくださったインタビュー前半の全文と写真を掲載しています。10月2日掲載予定のインタビュー「下」では、水田さんが演じられる「忠(タダシ)」役について伺ったほか、最近の出演作『ZEROTOPIA』について語ってくださった内容など、インタビューの後半の全文と写真を掲載します。

 

<有料会員限定部分の小見出し>

 

■映画『太陽』で「イキウメ」を知って。「こんな本書く人、どんな人なんだろう?」って

 

■脚本・演出の前川知大さんは、どんどんディスカッションをされる方で、稽古がすごく面白い

 

■すごいフィクションなんだけど、それがあたかもノンフィクションのように見える

 

■全く知らなかった人の人生をこの一週間で知るって、すごく結構面白いことだなぁって

 

 

<舞台『ゲゲゲの先生へ』>
【東京公演】2018年10月8日(月・祝)~10月21日(日) 東京芸術劇場 プレイハウス
http://www.geigeki.jp/performance/theater177/
【長野公演】2018年10月27日(土)~10月28日(日) まつもと市民芸術館 主ホール
https://www.mpac.jp/event/drama/25514.html
【大阪公演】2018年11月2日(金)~11月5日(月) 森ノ宮ピロティホール
http://www.piloti-hall.jp/kouen/kouen_details.php?kc=201807040002
【愛知公演】2018年11月9日(金)~11月11日(日) 穂の国とよはし芸術劇場PLAT 主ホール
https://www.toyohashi-at.jp/event/performance.php?id=522
【宮崎公演】2018年11月14日(水) メディキット県民文化センター 演劇ホール
http://www.miyazaki-ac.jp/PDFupload/files/cal201811.pdf
【福岡公演】2018年11月17日(土)~11月18日(日) 北九州芸術劇場 大ホール
http://q-geki.jp/events/2018/gegege-sensei/
【新潟公演】2018年11月22日(木)~11月23日(金・祝) りゅーとぴあ新潟市民芸術文化会館
http://q-geki.jp/events/2018/gegege-sensei/

 

<公式サイト>
『ゲゲゲの先生へ』
https://www.gegege-sensei.jp/
東京芸術劇場のページ
http://www.geigeki.jp/performance/theater177/

 

<関連リンク>
水田航生オフィシャルブログ
https://lineblog.me/mizuta_kouki/
水田航生 Twitter
https://twitter.com/mizutakoushiki
アミューズ 水田航生
http://artist.amuse.co.jp/artist/mizuta_kouki/

 

ゲゲゲの先生へ 関連記事:

⇒すべて見る

 

水田航生 関連記事:

⇒すべて見る

 

※水田航生さんのサイン色紙と写真1カットを、有料会員3名さまに抽選でプレゼントします。有料会員の方がログインするとこの記事の末尾に応募フォームが出てきますので、そちらからご応募ください。応募締め切りは11月1日(木)です。有料会員の方はコメントを書くこともできますので、どうかよろしくお願いいたします。

 

水田航生さん=撮影・伊藤華織

水田航生さん=撮影・伊藤華織

 

全文が読める有料会員登録にご協力を 月額300円

アイデアニュースは、自由な編集方針を貫き、読者のみなさまに本当に役に立つ情報を提供するため、広告を掲載せず、企業や団体からの金銭を一切受け取らず、有料会員のみなさんの支援のみで運営しています。ほとんどの記事には有料会員向け部分があり、有料会員(月額300円、税込)になると、過去の記事を含めて、すべてのコンテンツの全文が読めるようになるほか、プレゼント応募やコメント記入などができるようになります。会費は取材をしてくださっているフリーランスの記者のみなさんの原稿料となります。良質な取材活動を続けるため、どうか有料会員登録にご協力をお願いいたします。

    
<筆者プロフィール>達花和月(たちばな・かずき) ひとりの俳優さんとの出会いがきっかけで、二次元二次創作界の住人から演劇沼の住人に。ミュージカルからストレートプレイ、狂言ほか、いろんな作品を観劇するうち、不思議なご縁でライターに。熱っぽく自らの仕事を語る舞台関係者の“熱”に、ワクワクドキドキを感じる日々。 ⇒達花和月さんの記事一覧はこちら

投稿・コメント欄(現在、ログインしていないので記入できません。有料会員がログインすると記入枠が表示されます)

有料会員(月額300円)登録してログインすると、投稿・コメントを書き込めます

最近の投稿・コメント

  1. アリス より:

    水木しげる先生の作品は、恥ずかしながら「ゲゲゲの鬼太郎」しか存じませんでしたが、今回のインタビューを読んで、ぜひ水木先生について調べてみたいと思いました。分厚い『水木しげる伝 上・中・下巻』を読みきる自信はありませんが(笑)、その世界観に近づければと思います。
    いつも素敵なインタビューとお写真ありがとうございます。「ゲゲゲの先生へ」楽しみにしています。(^ ^)

  2. ゆうこりん より:

    水田航生さん。華やかな西洋ミュージカルから日本現代劇、王子様的なドラマなど幅広い演技でいつも楽しませてもらいハート撃ち抜かれています!
    これからも永く応援していきたい貴重な俳優さんです。頑張って下さい。

更新情報

アイデアニュースの更新情報は、TwitterとFacebookとYouTubeで、日々発信しています。ご登録くだされば幸いです。⇒Twitter ⇒Facebook ⇒YouTube

最近の記事

■ 2018年10月掲載分
■ 2018年9月掲載分
 過去記事一覧は⇒こちら 有料会員登録は⇒こちら
お勧め商品
新着商品
Sorry, no posts matched your criteria.