「すごくドラマチック」、ミュージカル『SMOKE』木暮真一郎インタビュー(上) | アイデアニュース

新着 予定 プレゼント 教室 Q&A

会員登録バナー

「すごくドラマチック」、ミュージカル『SMOKE』木暮真一郎インタビュー(上)

筆者: 達花和月 更新日: 2018年10月8日

 

27歳で夭逝した天才詩人の作品にインスパイアされた韓国発のミュージカル『SMOKE』が、2018年10月4日(木)に浅草九劇で開幕し、10月28日(日) まで上演中です。この作品に、詩を書く「超(チョ)」役で出演している木暮真一郎さん(日野真一郎さんとWキャスト)にインタビューさせていただきましたので、上下に分けて掲載します。(このインタビューは『SMOKE』公演の開幕前に実施したものです)

 

木暮真一郎さん=撮影・伊藤華織

木暮真一郎さん=撮影・伊藤華織

 

 

――韓国発のミュージカル『SMOKE』は、今回の上演が日本版初演ですね。出演が決まって、最初にされたことはなんでしょう?

 

出演が決まって初めて知った作品だったので、まず情報を調べました。韓国の観劇レポみたいなものがいっぱい出てきたのですが、あんまり具体的な情報が出てこなくて…。

 

――日本語で検索すると、観劇された方の熱心なレポートがたくさんありましたね。現在お稽古はいかがですか?

 

今日は、日野真一郎さんと高垣彩陽さんで、粗通しまではいかないのですが、確認をしつつの通しをしました。演出の菅野こうめいさんに流れをつけていただいて、そこから細かいところを広崎うらんさんがステージングしてくださって。

 

――広崎うらんさんがいらっしゃるということは、作中でダンスもあるのか気になります。

 

ダンスもありますね。

 

――演出の菅野こうめいさんがお書きになった台本を初めてお読みになった時と、皆さんで本読みをされた時の印象はいかがでしたか?

 

みんな口をそろえて言うんです、「全然違う」って(笑)。最初、台本をいただいて読んだときは「難しいな」というか、読んではいるのですが、あまり内容が入ってこないというか。作品の元になった詩人の李箱(イ・サン)の詩の抜粋なども結構入ってきて、それがまた難しくて(笑)。自分で黙読した段階では、詩の響きや意味合いも、正直あんまりわからなかったんです。それで、これは大変だなぁと思っていたんですけど(笑)。

 

それで、はじめてキャストの皆さんとお会いして「じゃ、1回読んでみようか?」となったときに、やっぱり、李箱の書いた詩も、朗読すると全然印象が違って。こうめいさんが読み合わせの前に、お勉強会まではいかないんですが、李箱の歴史というか、どういう人だったのか、どういう作品を残しているのかというレクチャーをしてくださって。で、それからみんなで彼の詩を読んでみて、「おお!」みたいな、ちょっと感動というか、「あ、こういう人だったんだ!」っていうのがあって、それから台本を読んだんです。

 

今日、通しを見て思ったんですが、なんて言うか、すごくわかりやすいというか。全然そういう「難解」と言われる詩人を扱った作品とは思えないぐらいドラマチックで、わかりやすくって。作品を通して、空気的には重いんですけど、最後、「あぁ、観に来て良かったな」と思ってもらえるんじゃないかなっていう解放感があります。

 

 

※アイデアニュース有料会員(月額300円)限定部分には、上演台本・作詞・演出を担当する菅野こうめいさんの印象や、学生時代に劇団に曲を提供していた縁で今もよく観にいくという小劇場などについて語ってくださったインタビュー前半の全文と写真を掲載しています。10月9日に掲載するインタビュー「下」では、Wキャストで超役を演じる日野真一郎さんや、海役の大山真志さんら共演者について伺った内容、少人数のミュージカルを日本で上演することの意味などについて伺ったインタビュー後半の全文と写真を掲載します。

 

<有料会員限定部分の小見出し>

 

■感覚で観ても多分面白い。ほかの角度からの解釈もあり得るところがいっぱいあったり

 

■(菅野こうめいさんは)すごくスマートな方で憧れます。ああいう大人になりたいな

 

■Wキャストは『アイランド』以来2回目。日野さんの演技を見て「自分はこうしよう」と

 

■学生時代に小劇場の劇団に曲を提供。ちょうど3人芝居を観て「演りたいな」と思っていた

 

<ミュージカル『SMOKE』>
【東京公演】2018年10月4日(木)~10月28日(日)
【出演】日野真一郎・木暮真一郎(Wキャスト)/大山真志/高垣彩陽・池田有希子(Wキャスト)
【スタッフ】上演台本・作詞・演出:菅野こうめい /音楽・演奏:伊藤靖浩

 

<公式サイト>
ミュージカル『SMOKE』
http://musical-smoke.com/
ミュージカル『SMOKE』 浅草九劇のページ
https://asakusa-kokono.com/list/2018/09/id-5688

 

<関連リンク>
木暮真一郎 Twitter
https://twitter.com/kogushin
木暮真一郎 ORCHARD
http://orchard-net.com/wordpress/?page_id=3307

 

 

『SMOKE』 関連記事:

⇒すべて見る

 

木暮真一郎 関連記事:

⇒すべて見る

 

大山真志 関連記事:

⇒すべて見る

 

※木暮真一郎さんのサイン色紙と写真1カットを、有料会員3名さまに抽選でプレゼントします。有料会員の方がログインするとこの記事の末尾に応募フォームが出てきますので、そちらからご応募ください。応募締め切りは11月8日(木)です。(このプレゼントの募集は終了しました)有料会員の方はコメントを書くこともできますので、どうかよろしくお願いいたします。

 

木暮真一郎さん=撮影・伊藤華織

木暮真一郎さん=撮影・伊藤華織

 

全文が読める有料会員登録にご協力を 月額300円

アイデアニュースは、自由な編集方針を貫き、読者のみなさまに本当に役に立つ情報を提供するため、広告を掲載せず、企業や団体からの金銭を一切受け取らず、有料会員のみなさんの支援のみで運営しています。ほとんどの記事には有料会員向け部分があり、有料会員(月額300円、税込)になると、過去の記事を含めて、すべてのコンテンツの全文が読めるようになるほか、プレゼント応募やコメント記入などができるようになります。会費は取材をしてくださっているフリーランスの記者のみなさんの原稿料となります。良質な取材活動を続けるため、どうか有料会員登録にご協力をお願いいたします。

    
<筆者プロフィール>達花和月(たちばな・かずき) ひとりの俳優さんとの出会いがきっかけで、二次元二次創作界の住人から演劇沼の住人に。ミュージカルからストレートプレイ、狂言ほか、いろんな作品を観劇するうち、不思議なご縁でライターに。熱っぽく自らの仕事を語る舞台関係者の“熱”に、ワクワクドキドキを感じる日々。 ⇒達花和月さんの記事一覧はこちら

投稿・コメント欄(現在、ログインしていないので記入できません。有料会員がログインすると記入枠が表示されます)

有料会員(月額300円)登録してログインすると、投稿・コメントを書き込めます

更新情報

アイデアニュースの更新情報は、TwitterとFacebookとYouTubeで、日々発信しています。ご登録くだされば幸いです。⇒Twitter ⇒Facebook ⇒YouTube

最近の記事

■ 2018年12月掲載分
■ 2018年11月掲載分
■ 2018年10月掲載分
 過去記事一覧は⇒こちら 有料会員登録は⇒こちら
お勧め商品
新着商品
Sorry, no posts matched your criteria.