「ファッションに命をかけている感覚を大事に」、東山義久&海宝直人対談(下) | アイデアニュース

新着 予定 プレゼント 教室 規約など

会員登録バナー

「ファッションに命をかけている感覚を大事に」、東山義久&海宝直人対談(下)

筆者: 岩村美佳 更新日: 2019年2月13日

 

2019年2月15日(金)より、よみうり大手町ホールで上演されるミュージカル『イヴ・サンローラン』に、ダブルキャストで主演する東山義久さんと海宝直人さんのインタビュー、後半です。イヴ・サンローランへの思い、お互いのイヴ・サンローランの印象などについて伺いました。

 

海宝直人さん=撮影・岩村美佳

海宝直人さん=撮影・岩村美佳

 

 

ーーイヴ・サンローランという人物について、稽古していて感じていることをお聞かせください。

 

海宝:稽古しながらすごく難しいなとは感じています。実在の人物であるけれども、この舞台においては、もちろんそのリアリティも必要ではありますが、それを跳躍したところにも行かなければいけない感じがあって。実在の人物であることと、舞台におけるサンローランというところの両立が、すごく難しいと思いながら取り組んでいます。

 

東山:一番リアルでいるのが、ピエールだと思いますし、彼がサンローランという人物を浮き彫りにしてくれるというか。今回の作品のなかで、サンローランは天使のような印象があって。

 

海宝:確かに。

 

東山:同性愛者で、ふたりが愛し合っているというよりも、ピエールはサンローランにとって、お父さんやお兄ちゃんみたいな感じ。今、稽古でよく組んでいるのが大山真志で、大きいんですよ。

 

海宝:そうね……。

 

東山:安心するんですよね。

 

海宝:安定感がね。バフっていう感じ。

 

東山:彼が立っていて、僕が下に座っている絵が、すごくサンローランだなという感じがしています。父性に寄り添うというか。ピエールが、サンローランをどうにか捕まえようとして、メゾンを作ったりする。ピエールはサンローラン自身にも、彼の才能にも惚れていた。サンローランは才能に生き抜いたけれど、ピエールのことをどこまで好きだったのかというのは、今の構成上、“捕まえたいけれど捕まえられないサンローラン”となっているんです。その全体を見たときに、ルルの天使の部分が、この作品を通してずっとあればいいのかなと思っています。サンローランはずっと明日を見ている感じですね。

 

ーーふたりの生きている次元が少し違うような感じでしょうか。

 

東山・海宝:そうですね。

 

東山:抱かれているけれど空を見ているような。そんな人物像なのかなと思っています。台本にリアルに書かれていないところが多いですから。ずっと歌っているので、リアルな感情を吐きだすようなところがセリフ上はなかったりするんです。だから、そういうサンローランの方向に持っていこうかなと思っていますね。

 

ーー上原さんのピエールはいかがですか?

 

東山:逆に理生はピエールの紳士の部分が出ているというか。彼は天然だけれど、見た目が紳士でスッとした感じ。そのいい部分が出ていると思うんです。

 

ーーそうすると、ピエールも全然違いますね。

 

東山・海宝:全然違う!

 

 

※アイデアニュース有料会員(月額300円)限定部分には、舞台の後半、イヴ・サンローランが精神状態を崩していくところなどについてや、東山さんから見た海宝さんの可愛らしさ、海宝さんから見た東山さんの可愛らしさなどについて語ってくださったインタビューの後半の全文と写真を掲載しています。

 

<有料会員限定部分の小見出し>

 

■海宝:彼が精神状態を崩していくところ、今はまだ掴めていないところがあります

 

■東山:“コンサート”のような印象が、どんどん本当のサンローランになっていく

 

■東山:直人の人間個体の可愛らしさが、サンローランのピュアな部分とリンクする

 

■海宝:今までに見たことがない東山さんです。チャーミングで、爽やか可愛い

 

 

<ミュージカル『イヴ・サンローラン』>
【東京公演】2019年2月15日(金)~2019年3月3日(日) よみうり大手町ホール
【兵庫公演】2019年3月26日(火) 兵庫県立芸術文化センター 阪急 中ホール
公式サイト
https://www.yume-monsho.com/

 

『イヴ・サンローラン』 関連記事:

⇒すべて見る

 

東山義久 関連記事:

⇒すべて見る

 

海宝直人 関連記事:

⇒すべて見る

 

 

※東山義久さんと海宝直人さんのサイン色紙と写真1カットを、有料会員3名さまに抽選でプレゼントします。有料会員の方がログインするとこの記事の末尾に応募フォームが出てきますので、そちらからご応募ください。応募締め切りは3月12日(火)です。(このプレゼントの募集は終了しました)有料会員の方はコメントを書くこともできますので、どうかよろしくお願いいたします。

 

東山義久さん=撮影・岩村美佳

東山義久さん=撮影・岩村美佳

 

全文が読める有料会員登録にご協力を

アイデアニュースは、有料会員のみなさんの支援に支えられ、さまざまな現場で頑張っておられる方々の「思いや理想」(ギリシャ語のイデア、英語のアイデア)を伝える独自インタビューを実施して掲載しています。ほとんどの記事には有料会員向け部分があり、有料会員(月額450円、税込)になると、過去の記事を含めて、すべてのコンテンツの全文を読めるようになるほか、有料会員限定プレゼントに応募したり、コメントを書き込めるようになります。有料会費は取材をしてくださっているフリーランスの記者のみなさんの原稿料と編集経費になります。良質な取材活動を続けるため、どうか有料会員登録にご協力をお願いいたします。

    
<筆者プロフィール>岩村美佳(いわむら・みか)  フォトグラファー/ライター ウェディング小物のディレクターをしていたときに、多くのデザイナーや職人たちの仕事に触れ、「自分も手に職をつけたい」と以前から好きだったカメラの勉強をはじめたことがきっかけで、フォトグラファーに。「書いてみないか」という誘いを受け、未経験からライターもはじめた。現在、演劇分野をメインに活動している。世界で一番好きなのは「猫」。猫歴約25年。 ⇒岩村美佳さんの記事一覧はこちら

コメント欄

有料会員登録してログインすると、コメントを書き込めます(コメントを送信すると、すべての人が読める形で公開されます)。

最近のコメント

  1. める より:

    いつもアイデアニュースさんの記事を楽しみにしています!
    東京公演は昨日千秋楽を迎え、観劇が終わったあとに読ませて頂くと、より深い部分が見えてくるような気がします。
    こちらのインタビューを読ませて頂き、立ち姿やダンスの足先指先まで注目して観劇させていただきました。
    イヴ・サンローランの半生を色々調べ、自分なりに感じたのイヴそのものでした。
    終わってしまったのが寂しいです。

  2. モンブラン より:

    このインタビューを拝見してから、実際の舞台を観て、いつもとは違う繊細でナイーブな東山サンローランに大感動しました。
    海宝サンローランは何となくイメージが掴めていたのですが、東山さんがあんなにも守ってあげたくなるような可愛いサンローランになるとは、正直嬉しい誤算でした。
    楽曲や照明もきれいだし、衣装も楽しめるので、また観に行きたいと思っています。

  3. ぽん より:

    初日おめでとうございます。
    サンローランの世界観、サンローランのつくるコスメが大好きでとても気になっている作品でした。

    大好きなサンローランの世界観、そこに大好きなキャストの皆様が加わるとのことで楽しみでなりません!

    あまり事前情報を入れないで観劇したいと思っていましたが、稽古の様子が知れてとても読み応えのあるインタビューで、読めてよかったです!
    ステキな記事をありがとうございました。

  4. あき より:

    お二人が作品をどう捉え、どのように役作りをされようとしているのか、お稽古中でまだまだ模索中の点含め率直に話されて下さっているのが、とても興味深く面白かったです。

    この初演を拝見出来る日が、ますます楽しみになりました。

    一度観劇してから、改めてこの記事を読み返してみたいとも思っています。

  5. ともこ より:

    海宝直人さんをたくさんとりあげてくださって嬉しいです。
    これからの活躍がますます楽しみな俳優さんで、ずっと応援していきたいと思います。


最近の記事

■ 2019年12月掲載分
■ 2019年11月掲載分
■ 2019年10月掲載分
 過去記事一覧は⇒こちら 有料会員登録は⇒こちら
お勧め商品
新着商品
Sorry, no posts matched your criteria.