「1本線をつくるときの軸を見つけるようにしている」、松下洸平インタビュー(下) | アイデアニュース

新着 予定 プレゼント 教室 規約など

会員登録バナー

「1本線をつくるときの軸を見つけるようにしている」、松下洸平インタビュー(下)

筆者: 達花和月 更新日: 2019年5月10日

 

こまつ座「戦後 “命” の三部作」のひとつ『木の上の軍隊』が、2019年5月11日(土)~5月19日(日)に紀伊國屋サザンシアター TAKASHIMAYAで、2019年6月26日(水)には沖縄市民会館で上演されます。2016年に続いて、新兵役を演じる松下洸平さんに、作品の新たな挑戦と、役作りについてお話を伺ったインタビューの後半です。

 

松下洸平さん=撮影・伊藤華織

松下洸平さん=撮影・伊藤華織

 

 

――人の死や争い事が現代より身近だった時代を生きる新兵を演じる上で、時代による感覚の違いをどのように埋められているのでしょう?

 

新兵が具体的に志願した理由を、突き詰めて考えて行くと、ここが上官と新兵の大きな差であり、あの2人が決して交わることがなかった大きな理由でもあると思うんですけど、何のために戦っているのか? という差ですよね。日本国を護ろうとする、ある種当時の日本人らしい、国のために戦うんだという思いの上官と、一方で新兵というのは、彼は一貫して島を守りたかった。自分の故郷(ふるさと)がとても好きだった。家族や恋人が居て、友達もたくさん居て、だから彼のことを思うと、とても真っ直ぐで。ただ僕と何か共通点があるとするならば、守りたいものがあるという思い、そこはもちろん、僕にも家族や友人が居て、守りたいと思う人がたくさん居ます。新兵にもそれはあって。どちらかというと、僕は新兵よりも上官の気持ちの方が、ちょっとピンと来ないですね。世代的にも「国のために戦うって、どういうことなんだろう?」って…。その難しさはあると思います。

 

――守りたいもののために、自分の命を張る状況ですよね。

 

そうなんですよね。

 

――自分の身を挺して守るというのは、イメージはできるのですが、現実に実弾が飛んでくる状況で、実際そういう行動を現代人がとれるかというと…。

 

そういった意味では、「死」というものが今よりも、もう少し身近だったと思うし、けれども、自分の命をかけてでも守りたいっていう思いと、実際自分の命をかけて危険に飛び込むのとで、まぁ一緒なのかもしれないけど、何か…。自分の命を、新兵はとても大切にしてますし。

 

――そうですね。新兵からは、「死」のにおいはしないですね。

 

しないんですよ。

 

 

※アイデアニュース有料会員(月額300円)限定部分には、昨年末に『母と暮せば』での演技で平成30年度(第73回)文化庁芸術祭 演劇部門 新人賞を受賞、今年2月に『母と暮せば』と『スリル・ミー』の演技で、第26回読売演劇大賞 優秀男優賞・杉村春子賞を受賞され、トリプル受賞となったことなどインタビュー後半の全文と写真を掲載しています。

 

<有料会員限定部分の小見出し>

 

■(新兵は)故郷を仲間や家族を守るために戦う。それしか方法がなかった、きっと

 

■(トリプル受賞は)「前半は普通の出来であったが~」って(笑)。ソコ言う?(笑)

 

■『スリル・ミー』は、改めて冷静に考えると、とても「一途な恋愛」だったと思う

 

■また新しくなる『木の上の軍隊』。まだこの作品が必要な以上は、演り続けていきたい

 

 

<木の上の軍隊>
【東京公演】2019年5月11日(土)~5月19日(日) 新宿南口・紀伊國屋サザンシアター TAKASHIMAYA
【沖縄公演】2019年6月26日(水) 沖縄市民会館
公式サイト
http://www.komatsuza.co.jp/program/

 

<関連リンク>
こまつ座
http://www.komatsuza.co.jp
こまつ座 Twitter
https://twitter.com/komatsuza
こまつ座 FaceBook
https://www.facebook.com/komatsuza
松下洸平 OFFICIAL WEB
https://www.kouheiweb.com/
株式会社キューブ 松下洸平
http://www.cubeinc.co.jp/members/prf/020.html

 

『木の上の軍隊』 関連記事:

⇒すべて見る

 

松下洸平 関連記事:

⇒すべて見る

 

 

※松下洸平さんのサイン色紙と写真1カットを、有料会員3名さまに抽選でプレゼントします。有料会員の方がログインするとこの記事の末尾に応募フォームが出てきますので、そちらからご応募ください。応募締め切りは6月9日(日)です。(このプレゼントの募集は終了しました。)有料会員の方はコメントを書くこともできますので、どうかよろしくお願いいたします。

 

松下洸平さん=撮影・伊藤華織

松下洸平さん=撮影・伊藤華織

 

全文が読める有料会員登録にご協力を 月額450円

アイデアニュースは、有料会員のみなさんの支援に支えられ、さまざまな現場で頑張っておられる方々の「思いや理想」(ギリシャ語のイデア、英語のアイデア)を伝える独自インタビューを実施して掲載しています。ほとんどの記事には有料会員向け部分があり、有料会員(月額450円、税込)になると、過去の記事を含めて、すべてのコンテンツの全文を読めるようになるほか、有料会員限定プレゼントに応募したり、コメントを書き込めるようになります。有料会費は取材をしてくださっているフリーランスの記者のみなさんの原稿料と編集経費になります。良質な取材活動を続けるため、どうか有料会員登録にご協力をお願いいたします。

    
<筆者プロフィール>達花和月(たちばな・かずき) ひとりの俳優さんとの出会いがきっかけで、二次元二次創作界の住人から演劇沼の住人に。ミュージカルからストレートプレイ、狂言ほか、さまざまな作品を観劇するうち、不思議なご縁でライターに。熱っぽく自らの仕事を語る舞台関係者の“熱”に、ワクワクドキドキを感じる日々。 ⇒達花和月さんの記事一覧はこちら

コメント欄

有料会員登録してログインすると、コメントを書き込めます(コメントを送信すると、すべての人が読める形で公開されます)。

最近のコメント

  1. みしば より:

    松下さんのスリル・ミーでの演技に魅了されて、木の上軍隊も観させていただきました。
    新兵の純粋さは松下さんと同調しているようで新兵そのものを写していたように思います。その時代のその人にしか分からない、感じ得ないことを観る人に届けることの難しさ、受け取ることの難しさを感じましたが、戦争の辛さ悲しさ様々な想いが入り乱れる人の心にリアリティがありました。
    観てよかったです。

  2. あーさ より:

    今、丁度舞台の真っ最中。
    沖縄の地で観てみたいと、チケットとりました。
    本当に新しい深化した、木の上の軍隊。
    新兵はさらに無垢で、ただただ沖縄を、沖縄のすべてを失われたくない。上官は、よりずるくて人間臭い。軍人としてではない上官になってく様子が透けて見えて、戦争は人を変えてしまうと改めて思いました。
    語る女はより精霊として、ここにきたすべての人を包み込むような感じが出てました。

  3. ぽちょみー より:

    木の上の軍隊初日を観劇した後にこの記事を読みました。役者さんがどのような思いで演じられたか知ることで物語の解釈も深まりました。この記事を読んだ上でもう一度観劇したいと思いました。

  4. 貴子 より:

    2016年公演からの変化がとても多そうで、今回の公演への期待が高まりました。
    初日を迎える前に読めて良かったです!

  5. はる より:

    スリルミーで松下さんのファンになり、私も今回初めて観劇します。舞台は幅広く見ている方ですが、松下さんのファンでなければ見る機会のなかった作品かもしれません。大切に観劇させていただきたいと思います。


最近の記事

■ 2019年11月掲載分
■ 2019年10月掲載分
■ 2019年9月掲載分
 過去記事一覧は⇒こちら 有料会員登録は⇒こちら
お勧め商品
新着商品
Sorry, no posts matched your criteria.