「死と同時に避けられないこと…それは生きること」、石丸幹二&実咲凜音対談(下) | アイデアニュース

新着 予定 プレゼント 教室 規約など

会員登録バナー

「死と同時に避けられないこと…それは生きること」、石丸幹二&実咲凜音対談(下)

筆者: 岩村美佳 更新日: 2019年4月5日

 

2019年4月9日(火)に開幕する音楽劇『ライムライト』に出演する、石丸幹二さんと実咲凜音さん対談後半です。心に刺さるセリフや、お互いを役者としてどう見ているかなどについて伺いました。

 

石丸幹二さんと実咲凜音さん=撮影・岩村美佳

石丸幹二さんと実咲凜音さん=撮影・岩村美佳

 

 

――実は、今朝映画を観たんです。

 

石丸:そうでしたか! いかがでしたか?

 

――今、その熱を持ったままここに来ています(笑)。もちろん舞台とは台詞や色々なことが違いますが、出てくる言葉が刺さり過ぎました。

 

石丸:そうなんですよ。名言がいっぱいですよね。深い意味があって、それは多分、チャップリンがずっと思っていることなんでしょうね。人生についてたくさんの角度から、さまざまな言葉を当てはめて、台詞として残している。今回、大野(裕之)さんが脚本を吟味して言葉を当ててくれていますが、見事な翻訳になっていますよね。

 

――ご自分のなかで刺さるような言葉はありますか?

 

石丸:たくさんあるのですが……。

 

実咲:カルヴェロが言っているセリフ。

 

――映画でもカルヴェロのセリフが刺さりまくりますよね。

 

石丸:「過ちは人の常」という言葉があるんです。それって、言った人も許されるし、言われた人もほどけていくというか。人ってそういうものなんだよと。

 

実咲:そうですよね。

 

石丸:そんなセリフを語りながら、この言葉によって彼女はほどけるだろうと考える。でも、チャップリンの言葉が偉大過ぎて、ほどけるように言うにはどう表現したらいいか、なかなか辿り着かないんです。

 

――おそらくチャップリンが、年を重ねたからこそ見えてきたんでしょうね。人生の凝縮された言葉みたいなものというか。

 

石丸:そうなんです。「人生は欲望のままに生きればいい」という、すごくドキリとするようなセリフもありますが、そういう言葉一つ一つが、どういうことなんだろうと考えてしまいますね。名言的なものは、後半のほうにもあるんですよ。「時は偉大な作家だ、必ず完璧な結末を描く」。

 

実咲:ああ!

 

石丸:何か考えちゃうよね。

 

実咲:本当ですね……(溜息)。私は、カルヴェロがテリーに、「死ぬことばかり考えている……」というところが。

 

石丸:1幕の最後のほうだね。「君は闘わずに諦めてる。いつも死ぬことばかり考えている。でも、死と同時に避けられないことが一つある……それは生きることだ」。

 

実咲:ベッドに座りながら、言い聞かせられるところで、ハッとなる台詞でしたね。

 

 

<取材協力>
スタイリング(石丸幹二さん):Shinichi Mikawa
メイク(石丸幹二さん):中島康平(UNVICIOUS)

 

 

※アイデアニュース有料会員(月額300円)限定部分には、「自分は何か出来るんじゃないか」と着火してくれる話だと思うという『ライムライト』の意味について、登場人物と自分の関係、映画と舞台などについて話してくださったインタビューの後半の全文と写真を掲載します。

 

<有料会員限定部分の小見出し>

 

■石丸:(ライムライトのなかで)「自分に向き合って自分を探れ」と

 

■実咲:石丸さんはカルヴェロそのもの、すごく努力されている方

 

■石丸:観劇前に映画を観てくると、違いがよくわかる。観劇の楽しみのひとつに加えて

 

■実咲:新しい自分を観て頂けるように頑張りたい。つま先で立っています

 

 

<音楽劇『ライムライト』>
【東京公演】2019年4月9日(火)~4月24日(水) シアタークリエ
【大阪公演】2019年4月27日(土)~4月29日(月) 梅田芸術劇場 シアター・ドラマシティ
【福岡公演】2019年5月2日(木)~5月3日(金) 久留米シティプラザ ザ・グランドホール
【愛知公演】2019年5月5日(日)~5月6日(月・休) 日本特殊陶業市民会館 ビレッジホール

音楽劇『ライムライト』公式サイト
https://www.tohostage.com/limelight/

 

<関連リンク>
石丸幹二 オフィシャルサイト
http://ishimaru-kanji.com
石丸幹二 Twitter
https://twitter.com/team_kanji
実咲凜音 ホリプロオフィシャルサイト
http://www.horipro.co.jp/misakirion/
実咲凜音 オフィシャルブログ
https://ameblo.jp/mirion-misaki/
実咲凜音 Instagram
https://www.instagram.com/misaki_rion/

 

ライムライト 関連記事:

⇒すべて見る

 

石丸幹二 関連記事:

⇒すべて見る

 

実咲凜音 関連記事:

⇒すべて見る

 

 

※石丸幹二&実咲凜音さんのサイン色紙と写真1カットを、有料会員3名さまに抽選でプレゼントします。有料会員の方がログインするとこの記事の末尾に応募フォームが出てきますので、そちらからご応募ください。応募締め切りは5月4日(土)です。(このプレゼントの募集は終了しました)有料会員の方はコメントを書くこともできますので、どうかよろしくお願いいたします。

 

実咲凜音さん=撮影・岩村美佳

実咲凜音さん=撮影・岩村美佳

 

全文が読める有料会員登録にご協力を 月額300円

アイデアニュースの、ほとんどの記事には有料会員向け部分があり、有料会員(月額300円、税込)になると、過去の記事を含めて、すべてのコンテンツの全文が読めるようになるほか、プレゼント応募やコメント記入などができるようになります。会費は取材をしてくださっているフリーランスの記者のみなさんの原稿料となります。良質な取材活動を続けるため、どうか有料会員登録にご協力をお願いいたします。

    
<筆者プロフィール>岩村美佳(いわむら・みか)  フォトグラファー/ライター ウェディング小物のディレクターをしていたときに、多くのデザイナーや職人たちの仕事に触れ、「自分も手に職をつけたい」と以前から好きだったカメラの勉強をはじめたことがきっかけで、フォトグラファーに。「書いてみないか」という誘いを受け、未経験からライターもはじめた。現在、演劇分野をメインに活動している。世界で一番好きなのは「猫」。猫歴約25年。 ⇒岩村美佳さんの記事一覧はこちら

投稿・コメント欄(現在、ログインしていないので記入できません。有料会員がログインすると記入枠が表示されます)

有料会員(月額300円)登録してログインすると、投稿・コメントを書き込めます

最近の投稿・コメント

  1. まるっこ より:

    下(後半)も期待以上の濃い内容でした。先日、観劇する事が出来ましたので、観劇後にもう一度上下と読ませて頂きました。お二人のお稽古の様子や意気込みを観劇前に読んでおいて良かったです。そして今、観劇後に再び、チャップリンの名言散りばめられた台詞の数々を思い出して噛み締めています。次の観劇の前に四年前に購入した映画のDVDも、もう一度観たいと思います。四年前に観た時も大好きな作品でしたが、また新しく創り上げられた作品に出逢うことが出来て嬉しいです。こちらのインタビューを読んで、より一層「ライムライト」を深く感じることが出来ました。次の観劇も楽しみです。前日にもう一度読んでから観に行きます。ありがとうございました。

  2. スピカ より:

    とても読み応えのある記事でした。石丸さんのファンなので、初演も拝見していますが、細かな言葉の捉え方や作品を作り上げるプロセス、その時の考え方や試行錯誤の様子が具体的に理解できました。また共演者の方へのまなざしや接し方、共演者の方が感じる石丸さんの存在感など多面的にうかがい知ることができました。たくさんのメディアでコメントされていますが、尺や紙面が限られるからかほぼ同じ内容のサマリー的な事しか伝わってこないのですが、このインタビューで作品の奥深さ、多くの観るべきポイントがわかり、受け止め方が深まる助けになりそうです。同じ演目でも演出や表現が変わっているということも楽しみです。

最近の記事

■ 2019年6月掲載分
■ 2019年5月掲載分
■ 2019年4月掲載分
 過去記事一覧は⇒こちら 有料会員登録は⇒こちら
お勧め商品
新着商品
Sorry, no posts matched your criteria.