「毎回ちゃんと生き直す」、『お月さまへようこそ』百名ヒロキ&山野靖博対談(上) | アイデアニュース

新着 予定 プレゼント 教室 規約など

会員登録バナー

「毎回ちゃんと生き直す」、『お月さまへようこそ』百名ヒロキ&山野靖博対談(上)

筆者: 岩村美佳 更新日: 2019年8月12日

 

ジョン・パトリック・シャンリィ作『お月さまへようこそ』が、2019年7月16日から21日にblackAで上演されました。出演された百名ヒロキさん、山野靖博さんに、作品上演中に伺ったお話をお届けします。併せて撮影させて頂いたゲネ動画もお届けします。普段、大きな舞台で芝居をすることが多いおふたりが、どんな思いで50席程の空間で、この作品を上演したのか。この作品を通してどんなことを伝えたかったのか。ぜひおふたりの熱に触れてみてください。

 

『お月さまへようこそ』公演より「星降る夜に出掛けよう」=撮影・岩村美佳

『お月さまへようこそ』公演より「星降る夜に出掛けよう」=撮影・岩村美佳

 

 

『お月さまへようこそ』は全6編からなる短編集ですが、今回は「星降る夜に出掛けよう」「どん底」「喜びの孤独な衝動」「お月さまへようこそ」の4編が上演されました。出演は、百名さん、越前屋由隆さん(もんもちプロジェクト)、奥洞和哉さん、鈴木美緒さん、山野さんの5名、ピアノ演奏は森脇涼さん、演出は中原和樹さん(もんもちプロジェクト)です。

 

 

こちらは『お月さまへようこそ』公演より、プロローグと第1編「星降る夜に出掛けよう」と第2編「どん底」の一部の動画です。

 

 

 

――本番が開いてお客様の前で演じてみて、今ご自身では何を感じていますか?

 

百名:毎回違いますね。挑戦することを許してくれる演出家さんなので、挑戦しつつも毎回毎回打ちのめされる現実で、こんなに難しいのかと毎回思ってしまう……。

 

山野:難しいよね。

 

――難しいのは何が難しいですか?

 

百名:戯曲自体が難しくて、読んでいるときの気持ちをこんなにも出せないんだと。すごく大好きな作品ですが、こんなに難しいのははじめてです。

 

山野:僕も難しいなと思ってやっています。稽古を1カ月くらいみっちりやったんですが、掴んだと思ったら、次の瞬間にはするっとすり抜けていて「あれ!?」って。それが多いよね。

 

百名:そう。前にやって良かったものを追おうとしてしまうと、違うんだとわかりました。それが顕著にでる作品なのかなと。

 

――そうすると毎回違う?

 

山野:よく演出の中原が言うのは、「毎回ちゃんと生き直す」。幕があがる前に生まれて、幕が下りたらその役は死んで、次のときには生き直す。同じ瞬間はないですし、人間生きていたら同じ状態のときは一切ないじゃないですか。いろんな出来事も、細胞レベルでも。いつも同じにやろうとするのは不自然だと。

 

百名:お客様に同じように届けなければと、やりたくなってしまうんですよ。でも、それをやってしまうと、すぐに演出家にバレるので。もっと違う生き方があるなとわかるんですが、逆にそれを許してくれる現場はなかなかないので、挑戦できるというのは、いい経験値になるんじゃないかと思いますね。

 

 

※アイデアニュース有料会員(月額300円)限定部分には、この作品が他の作品と違う点や、一緒にお芝居をしてみての感想など、インタビュー前半の全文と第1編「星降る夜に出掛けよう」と第2編「どん底」の公演写真を掲載しています。8月13日(火)掲載予定のインタビュー「下」では、『お月さまへようこそ』公演より第3編「喜びの孤独な衝動」と第4編「お月さまへようこそ」の一部の動画と公演写真を掲載し、作品についての筆者の感想とそれを聞いて百名さんと山野さんがどう思ったか、4つの物語のうちどれが好きかなどについてうかがったインタビューの後半の全文を掲載します。

 

<有料会員限定部分の小見出し>

 

■山野:「その瞬間に何をしたいか」に正直にいること 百名:それはかなり挑戦

 

■百名:僕が頑張ってやると山野さんが応えてくれるのが嬉しい 山野:持ち上げて(笑)

 

■百名:僕にはできないけれど、やりたいなとすごく勇気づけられました

 

■山野:多分、百名くんなんだなと思ったんです、絶対にこれだと

 

 

<『お月さまへようこそ』>
【東京公演】2019年7月16日(火)~7月21日(日) black A
東京都墨田区千歳1-3-4 1F (この公演は終了しています)
公演情報
https://stage.corich.jp/stage/99854

 

<関連リンク>
百名ヒロキ|VOICE OF JAPAN
http://voiceofjapan.co.jp/artists/hyakuna.html
百名ヒロキオフィシャルブログ
https://ameblo.jp/hiroki-hyakuna/
百名ヒロキTwitter
https://twitter.com/100nahiroki
山野靖博|VOICE OF JAPAN
http://voiceofjapan.co.jp/artists/yamano.html
山野靖博Twitter
https://twitter.com/yasuhiroyamano 
山野靖博(ぷりっつさん)|note
https://note.mu/yamanononote

 

 

お月さまへようこそ 関連記事:

⇒すべて見る

 

百名ヒロキ 関連記事:

⇒すべて見る

 

山野靖博 関連記事:

⇒すべて見る

 

※百名ヒロキさんと山野靖博さんのサイン色紙と公演写真1カットを、有料会員3名さまに抽選でプレゼントします。有料会員の方がログインするとこの記事の末尾に応募フォームが出てきますので、そちらからご応募ください。応募締め切りは9月12日(木)です。(このプレゼントの募集は終了しました)有料会員の方はコメントを書くこともできますので、どうかよろしくお願いいたします。

 

『お月さまへようこそ』公演より「どん底」=撮影・岩村美佳

『お月さまへようこそ』公演より「どん底」=撮影・岩村美佳

 

全文が読める有料会員登録にご協力を 月額450円

アイデアニュースは、有料会員のみなさんの支援に支えられ、さまざまな現場で頑張っておられる方々の「思いや理想」(ギリシャ語のイデア、英語のアイデア)を伝える独自インタビューを実施して掲載しています。ほとんどの記事には有料会員向け部分があり、有料会員(月額450円、税込)になると、過去の記事を含めて、すべてのコンテンツの全文を読めるようになるほか、有料会員限定プレゼントに応募したり、コメントを書き込めるようになります。有料会費は取材をしてくださっているフリーランスの記者のみなさんの原稿料と編集経費になります。良質な取材活動を続けるため、どうか有料会員登録にご協力をお願いいたします。

    
<筆者プロフィール>岩村美佳(いわむら・みか)  フォトグラファー/ライター ウェディング小物のディレクターをしていたときに、多くのデザイナーや職人たちの仕事に触れ、「自分も手に職をつけたい」と以前から好きだったカメラの勉強をはじめたことがきっかけで、フォトグラファーに。「書いてみないか」という誘いを受け、未経験からライターもはじめた。現在、演劇分野をメインに活動している。世界で一番好きなのは「猫」。猫歴約25年。 ⇒岩村美佳さんの記事一覧はこちら

コメント欄

有料会員登録してログインすると、コメントを書き込めます(コメントを送信すると、すべての人が読める形で公開されます)。

最近のコメント

  1. エミ より:

    観劇にいった日々を思い出しました。
    日々こぼれ落ちていってしまう記憶ですが、おかげでこの日々を思い出せる鍵になり、読み返すまでの経過によりこの記事の印象も変わるのではないかな…と思うととても楽しい。そんな当たり前の日々のような舞台だったなと。
    毎回違うものを観ている感覚。それは観客も含めての変化のようで面白かったです。
    それはお客さんを信頼して委ねて下さってるからだったのだなとインタビューを読んで思いました。

  2. くろふく より:

    お月さまへようこそを観劇させていただきました。何度か観に行かせていただきましたが、記事にもあったように 動き・表情・間 などがその日ごとに違いました。登場人物の思いが色濃く見えて、より良いものをと日々挑戦しているのだなと。見る側としては少ない時間に多くの情報を詰め込まれているわけで、試されてる気がして役者の皆さんに置いていかれないよう必死でした。また観に行きたいです。

  3. うなぎ より:

    お月さまへようこそを観劇させて頂きました。インタビューでは、難しい戯曲だとおっしゃってましたが
    答えのない(でない)演劇は、自らの想像力、妄想力を大いに刺激されて、とっても楽しかったです。

  4. ぶぅ より:

    実際の舞台は私のスケジュールと合わなくて見に行けなかったので、ゲネ動画を上げていただき嬉しかったです。
    お芝居を作っていく過程をお話されていて、興味深く読ませていただきました。


最近の記事

■ 2019年11月掲載分
■ 2019年10月掲載分
■ 2019年9月掲載分
 過去記事一覧は⇒こちら 有料会員登録は⇒こちら
お勧め商品
新着商品
Sorry, no posts matched your criteria.