「都心部から離れた所に、演劇として健全な環境がある」、成河インタビュー(下) | アイデアニュース

新着 予定 プレゼント 教室 規約など

会員登録バナー

「都心部から離れた所に、演劇として健全な環境がある」、成河インタビュー(下)

筆者: 岩村美佳 更新日: 2019年9月27日

 

2020年2月11日(火・祝)から東京芸術劇場プレイハウスで上演される、舞台『ねじまき鳥クロニクル』に出演する成河さんのインタビュー後半です。共演者の印象などについて伺いました。『ねじまき鳥クロニクル』は、村上春樹さんの代表的長編小説で、初の舞台化となります。演出・振付・美術を担当するのは、ミュージカル『100万回生きたねこ』や百鬼オペラ『羅生門』を手がけたイスラエルのインバル・ピントさん。共同演出と脚本は、演劇団体「マームとジプシー」を主宰する藤田貴大さん。そして音楽は、NHK『あまちゃん』『いだてん』など映像作品の音楽でも広く活躍する大友良英さんが担当します。有料会員限定部分では、演劇と繋がった“マーケティング”などについて話してくださった内容を紹介します。

 

成河さん=撮影・岩村美佳

成河さん=撮影・岩村美佳

 

 

――共演者の皆さんもバラエティに富んでいますね。

 

(渡辺)大知君は初めてご一緒しますが、以前ご一緒した方も何人もいらっしゃいますし、たくさん面白い方が出てきます。このキャスティング思いつきもしないですよね。

 

――今日は撮影をご一緒されていたんですか?

 

しましたよ。大知君は、4月の『BLUE/ ORANGE』も観に来てくれました。ものすごく好奇心が強そうで、真面目に接してくれようとするので、これから楽しみです。さすがにまだ人となりまではわかりませんが、僕が『100万回生きたねこ』の時にいろいろ仕込んでもらったような、コンテンポラリーダンスの基礎のようなものを、彼も始めているそうなので、もう少ししたら本番に向けて、一緒にやりたいと思っています。

 

――おふたりの組み合わせが面白そうですね。

 

音楽の素養のある人ですよね。いわゆる日本の商業のミュージカルではなくて、彼の持つ音楽の素養にはすごく興味があります。7月にライブに行ってみようかなって。これから知り合っていく過程で、何かいろいろなもので出会えたらと思います。

 

――門脇(麦)さんとは、『わたしは真悟』で共演されていましたね。

 

麦ちゃんは本当に物を考えるのが好きな人で、それこそ安心安全みたいな選択肢を取らないところが、僕はすごく良いなと思っていました。とにかく一緒に稽古していて楽しい人が僕は好きなので。麦ちゃんもそんな人です。あとは、僕が楽しみな人は吹越(満)さんです。作品は初めてご一緒しますが、サイモン・マクバーニー組としていろいろお話する機会は多かったんです。吹越さんとの稽古は、もう楽しいに決まっているから(笑)。

 

――稽古への思いだけでワクワクが止まらない感じですね。

 

お客さんがこういう事を聞いたらどう思うのかわかりませんが、演劇って、本番よりも稽古のほうが大事ですから。

 

――皆さんそうおっしゃいますね。

 

実は稽古のほうが面白い、作る過程のほうが面白い。そこを飛ばしちゃうと何にもなりませんし。そういう意味では、本当にワクワクしていますよ。

 

――松岡(広大)さんにお話をお伺いしましたら、成河さんをものすごくリスペクトされていました。

 

先ほど初めてご挨拶したんです。21歳でしょう? 話してみたいな。

 

 

※アイデアニュース有料会員限定部分には、演劇やショー・ビジネスに関わるマーケティングが電子チケットがメジャーになってくる時代にどうなっていくか、都心部から離れた所にこそ演劇として健全な環境があるということと、それでも都市のなか多様な物があってほしいと思うことなどについて話してくださったインタビュー後半の全文と写真を掲載しています。

 

<有料会員限定部分の小見出し>

 

■インバルはとにかく身体表現の方、僕たちはそこに日本語を提供する

 

■(今、演劇以外に興味がある事はありますか?)マーケティングに興味あります

 

■誰に観てもらうか、誰と一緒に作るか、考えるのをやめるか、考え続けるか

 

■自分のなかにある身体表現の可能性みたいな物と出会いたいなと思っています

 

 

<『ねじまき鳥クロニクル』>
【東京公演】2020年2月11日(火・祝)~3月1日(日) 東京芸術劇場プレイハウス
公式サイト
https://horipro-stage.jp/stage/nejimaki2020/

 

<関連リンク>
成河-Jugem
http://web-dorama.jugem.jp
成河スタッフオフィシャルTwitter
https://twitter.com/tw_de_songha_sc

 

 

ねじまき鳥クロニクル 関連記事:

⇒すべて見る

 

成河 関連記事:

⇒すべて見る

 

※成河さんのサイン色紙と写真1カットを、有料会員3名さまに抽選でプレゼントします。有料会員の方がログインするとこの記事の末尾に応募フォームが出てきますので、そちらからご応募ください。応募締め切りは10月26日(土)です。(このプレゼントの募集は終了しました)有料会員の方はコメントを書くこともできますので、どうかよろしくお願いいたします。

 

成河さん=撮影・岩村美佳

成河さん=撮影・岩村美佳

 

全文が読める有料会員登録にご協力を

アイデアニュースは、有料会員のみなさんの支援に支えられ、さまざまな現場で頑張っておられる方々の「思いや理想」(ギリシャ語のイデア、英語のアイデア)を伝える独自インタビューを実施して掲載しています。ほとんどの記事には有料会員向け部分があり、有料会員(月額450円、税込)になると、過去の記事を含めて、すべてのコンテンツの全文を読めるようになるほか、有料会員限定プレゼントに応募したり、コメントを書き込めるようになります。有料会費は取材をしてくださっているフリーランスの記者のみなさんの原稿料と編集経費になります。良質な取材活動を続けるため、どうか有料会員登録にご協力をお願いいたします。

    
<筆者プロフィール>岩村美佳(いわむら・みか)  フォトグラファー/ライター ウェディング小物のディレクターをしていたときに、多くのデザイナーや職人たちの仕事に触れ、「自分も手に職をつけたい」と以前から好きだったカメラの勉強をはじめたことがきっかけで、フォトグラファーに。「書いてみないか」という誘いを受け、未経験からライターもはじめた。現在、演劇分野をメインに活動している。世界で一番好きなのは「猫」。猫歴約25年。 ⇒岩村美佳さんの記事一覧はこちら

コメント欄

有料会員登録してログインすると、コメントを書き込めます(コメントを送信すると、すべての人が読める形で公開されます)。

最近のコメント

  1. このみ より:

    成河さんの記事が読みたくて有料会員になりました。お写真も素敵で嬉しいです。
    カレーは譲ってあげてます。食べれない人はカレーのもらい方を知らないのです。

  2. のこ より:

    成河さんのインタビュー記事、本当に読み応えがあります。
    成河さんの演劇への考え方がじっくりと伺える、素敵な記事をありがとうございます。

  3. きゃさりん より:

    渡辺大地さん、黒猫チェルシーの人ですよねっ
    成河さんマーケティングに興味あるとか面白いです。
    色んな人に演劇を見て欲しいという気持ち、確かに私の周りに舞台を見に行く人あまりいません。
    誰か誘って見に行こうかな。

  4. たま より:

    成河さんはもちろんなのですが、大貫勇輔さんもとっても気になります。今回のお話の中にはお名前がなかったので(ちよっと残念)
    どのような作品になるのでしょうか?お稽古始まったらその様子も知りたいかなぁ。

  5. anju より:

    お写真がとても素敵です。ありがとうございます。
    成河さんの考え、凄いです。
    私もカレー満腹で食べられるときと、全然食べれなかった時があります。
    「ジャージー・ボーイズ」「モーツアルト!」が観れなかったので、リベンジしたいです!


最近の記事

■ 2019年12月掲載分
■ 2019年11月掲載分
■ 2019年10月掲載分
 過去記事一覧は⇒こちら 有料会員登録は⇒こちら
お勧め商品
新着商品
Sorry, no posts matched your criteria.