「もっとアーティスティックに歌ってもいいと」、海宝直人&平野綾対談(下) | アイデアニュース

新着 予定 プレゼント 教室 ペット

会員登録バナー

「もっとアーティスティックに歌ってもいいと」、海宝直人&平野綾対談(下)

筆者: 岩村美佳 更新日: 2019年12月5日

オリジナルミュージカル『ロカビリー☆ジャック』が、2019年12月5日(木)から30日(月)まで日比谷・シアタークリエで上演されます(福岡、愛知公演あり)。森雪之丞さんが書き下ろす新作ミュージカルで、1950年代のアメリカで光り輝いたロカビリー音楽をテーマに、スターになるために悪魔と契約をかわすシンガーを中心に描かれる楽しくも切ない若者たちの青春エンターテインメントです。演出を手掛けるのは『SONG WRITERS』以来2度目のタッグとなる岸谷五朗さん。テーマ音楽はミュージカル初参加の斉藤和義さん。さらに、さかいゆうさん、福田裕彦さんが作曲に加わります。海宝直人さんと平野綾さんのインタビュー、後半をお届けします。有料部分では、おふたりの最初の共演作品である、2015年『レ・ミゼラブル』当時の印象なども語っていただきました。

海宝直人さん(右)と平野綾さん(左)=撮影・岩村美佳

海宝直人さん(右)と平野綾さん(左)=撮影・岩村美佳

――いろいろと、コメディー要素について伺いましたが、物語全体を通しての印象をどう感じていますか?

平野:いわゆる映画『クロスロード』で悪魔と契約してという有名な伝説が、雪之丞さんによって、こうも面白くというか、お洒落に書きかえられるんだなと思いました。その意外性だったり、チラシにも書いてあるどんでん返しみたいのが、割と大きくひとつあるのではなくて、立て続けにがんがんがんがん、と来るんです。それが、多分あっという間だなと感じさせるのではないかなと。早く、観てくださった方の意見が聞きたいです。

――二転三転で終わるかと思いきや、四転五転していくような?

海宝:そうですね。最後の最後まで展開します。でも、本当にハートフルな物語なんですよね。この作品のテーマにもなっていますが、みんなが“愛しい嘘”をついている。それぞれのキャラクターに愛すべきポイントがあって、それもすごく魅力だなと思います。キャラクターたちのとがり方と、チャーミングさがあるんです。それぞれが何かを獲得しようとしたり、何かを成し遂げようとして、奮闘して頑張っている。それが最後に、大円団につながるような、カタルシスというか。観劇後に「楽しかったなぁ」「ハッピーだなぁ」と思って帰ってもらえる作品に仕上がればと思います。

――悪人がいないですよね。

海宝&平野:いないですね。

平野:みんな、何となく生きているんです。何となく生きて、何となく夢があって、何となく追いかけてみたいなことが、本当にひょんなことから、がらっと運命が変わる。突き進まざるを得なくなるというのは、割と誰にでもあることだなと思います。あと、この年代のいい意味でのロック感とか、ちょっとけだるく生きてる感じが、音楽と合います。

――その音楽は、斉藤和義さん、さかいゆうさん、福田裕彦さんによる楽曲ですね。

平野:音楽が難しいです。

海宝:そうですね。自分の中でもずっと思ってるんですが、ミュージカルでありながら、このアーティストの方々が書いてくださっていることが課題でもあるんです。普通のミュージカルならば、詞として語っていくことが、演劇なので大切になってきますが、やっぱりそれぞれのアーティスト性が立っている曲でもあるので、歌うことも結構大事になってくるというか。(音楽監督補・ヴォーカルデザインの福井)小百合さんとも話していて、「ここはちょっと芝居に寄りすぎているから、もっとアーティスティックに歌ってもいいんじゃない?」とか、「ちょっとここはアーティスティックになりすぎるから、もっと言葉をシンプルに歌ってみよう」とか、狙いどころやバランスの取り方が難しいですね。

平野:ちょっとミュージカルっぽいからやめてと言われたりね(笑)。

(一同笑)

<取材協力>
海宝直人 ヘアメイク:AKI
海宝直人 スタイリング:鈴木拓人
平野綾 ヘアメイク:清水恵美子

※アイデアニュース有料会員限定部分には、海宝さんと平野さんが最初に共演した2015年の『レ・ミゼラブル』当時のことや、この作品で共演する昆夏美さんや吉野圭吾さんらについても語ってくださったインタビュー後半の全文と写真を掲載します。

<有料会員限定部分の小見出し>

■平野:ミュージカルをやるに当たって、封印してきた歌い方を、今出してます

■海宝:(2015年に『レ・ミゼラブル』で共演した時は?)イケメンゴリラの話を

■平野:久し振りの共演で、投げ飛ばすとは思ってなかったです。いいのかな、と

■海宝:(平野さんは)幅がすごい。コメディーからシリアスな作品まで

平野:『ロカビリー☆ジャック』、ゾゾッとなってもらえるような作品に

■海宝:個性に合わせて要素を足していくのは、オリジナルじゃないとできない

<ミュージカル『ロカビリー☆ジャック』>
【東京公演】2019年12月5日(木)~12月30日(月) 日比谷シアタークリエ
【福岡公演】2020年1月11日(土)~1月12日(日) 福岡市民会館
【愛知公演】2020年1月16日(木) 日本特殊陶業市民会館ビレッジホール
公式サイト
https://www.tohostage.com/rockabilly_jack/

<関連リンク>
海宝直人オフィシャルウェブサイト
https://kaihonaoto.com
海宝直人Twitter
https://twitter.com/naotosea
平野綾オフィシャルブログ
https://ameblo.jp/hirano–aya/
平野綾オフィシャルインフォTwitter
https://twitter.com/Hysteric_Barbie

『ロカビリー☆ジャック』 関連記事:

⇒すべて見る

海宝直人 関連記事:

⇒すべて見る

平野綾 関連記事:

⇒すべて見る

※海宝直人さん&平野綾さんのサイン色紙と写真1カットを、有料会員3名さまに抽選でプレゼントします。有料会員の方がログインするとこの記事の末尾に応募フォームが出てきますので、そちらからご応募ください。応募締め切りは2020年1月4日(土)です。(このプレゼントの募集は終了しました)有料会員の方はコメントを書くこともできますので、どうかよろしくお願いいたします。

平野綾さん=撮影・岩村美佳

平野綾さん=撮影・岩村美佳

全文が読める有料会員登録にご協力を

アイデアニュースは、有料会員のみなさんの支援に支えられ、さまざまな現場で頑張っておられる方々の「思いや理想」(ギリシャ語のイデア、英語のアイデア)を伝える独自インタビューを実施して掲載しています。ほとんどの記事には有料会員向け部分があり、有料会員(月額450円、税込)になると、過去の記事を含めて、すべてのコンテンツの全文を読めるようになるほか、有料会員限定プレゼントに応募したり、コメントを書き込めるようになります。有料会費は取材をしてくださっているフリーランスの記者のみなさんの原稿料と編集経費になります。良質な取材活動を続けるため、どうか有料会員登録にご協力をお願いいたします。

    
<筆者プロフィール>岩村美佳(いわむら・みか)  フォトグラファー/ライター ウェディング小物のディレクターをしていたときに、多くのデザイナーや職人たちの仕事に触れ、「自分も手に職をつけたい」と以前から好きだったカメラの勉強をはじめたことがきっかけで、フォトグラファーに。「書いてみないか」という誘いを受け、未経験からライターもはじめた。現在、演劇分野をメインに活動している。世界で一番好きなのは「猫」。猫歴約25年。 ⇒岩村美佳さんの記事一覧はこちら

コメント欄

有料会員登録してログインすると、コメントを書き込めます(コメントを送信すると、すべての人が読める形で公開されます)。

最近のコメント

  1. ちょびん より:

    ロカビリージャック拝見した後にこの記事を読みました。
    言ってること凄く分かるし、またもう一度観たくなってきました。
    本当にCD出して欲しい!むしろ映像残して欲しい!

  2. ロカビリーっこ より:

    日本のオリジナルミュージカル、笑ってほっこり温かなるコメディ&ヒューマンミュージカル、綾さん、海宝くんはじめみなさんの演技の歌の技に魅了されてました!!

    アイデアニュースさんの記事は、いつも素敵で楽しみにしています♪

  3. なつまる より:

    お二人のコメントを読んで、期待が益々高まってとっても楽しみになりました。
    海宝さんが平野さんに投げ飛ばされる?!シーン注目したいと思います‼️

  4. パルやん より:

    ロカビリージャックの初日、とても楽しく観劇させていただきました。
    綾ちゃんと海宝さんの歌声に、ほんとうに鳥肌がたちました!
    何度か観れるので次も楽しみにしております。ありがとうございました。

  5. はな より:

    ロカビリーますます楽しみになりました!レミゼの秘話も貴重ですね!!エポニーヌ軍団に笑ってしまいました!
    いつも素敵な記事をありがとうございます。

  6. yc より:

    日本発信のミュージカルは、どんな作品でも見るのがとてもわくわくしますが、何が起こるんだろう!?とわくわくがより増す記事でした!
    平野さんの締めの「音楽を聴いて鳥肌が立つ」を体感できるのが楽しみです。

  7. ももんが より:

    お二人のお話から、舞台への期待が高まりました。
    日本発信のオリジナルミュージカルの良さがたくさん詰まった舞台になるのかな、
    と本当に楽しみです!!

  8. チロル より:

    後半も楽しく読ませていただきました。レミゼでのエピソードは貴重です!岩村さんのお写真も素敵✨
    いよいよ開幕、観劇日が待ち遠しいです♪


最近の記事

■ 2020年9月掲載分
■ 2020年8月掲載分
 過去記事一覧は⇒こちら 有料会員登録は⇒こちら
お勧め商品
新着商品
Sorry, no posts matched your criteria.