「やりたいことをやるのが演出家、と思ったら楽に」、原田優一インタビュー(下) | アイデアニュース

新着 予定 プレゼント 教室 ペット

会員登録バナー

「やりたいことをやるのが演出家、と思ったら楽に」、原田優一インタビュー(下)

筆者: 岩村美佳 更新日: 2019年12月20日

 

2019年12月28日(土)から12月31日(火)まで上演される、る・ひまわり×明治座年末“祭”シリーズ『明治座の変 麒麟にの・る』の演出を担当する原田優一さんのインタビュー、後半です。原田さんが普段どんな演出をされるのか、これまでの出演と演出の経験を通して考える「稽古と本番についての役者と演出家の思いの違い」や、両座長(主演の平野良さんと安西慎太郎さん)以外の『明治座の変 麒麟にの・る』出演キャストについて語ってくださった内容を紹介します。

 

原田優一さん=撮影・岩村美佳

原田優一さん=撮影・岩村美佳

 

 

――これまでいろいろな作品を演出しているなかで、例えば、演出をしたキャストの皆さんから、原田さんの演出について言われたことってありますか?

 

時々言われるのが、芝居している最中、ミュージカルなんかは歌っている最中に、近寄っていって、耳元でコソコソッと言うのをやると言われる。

 

――それはなぜやっているんですか?

 

芝居している、歌っている時に言うほうが、効率が良いんです。

 

――後から言ってもどこのことなのかピンと来なかったり?

 

そうなんです。あと「今ここでこれを思ったよね。それを思ったんだったら、こっちをやってみたら」とか言いながら歌わせてしまう。

 

――やっている側は結構大変ですね。「今、入ってきた!?」みたいな感じですよね。

 

僕は歌っている時に、外国人の演出家にされたんですが、それが良かったんですよね。だから、それは使えるなと思って。例えば「まだ泣かないで」とか。

 

――へぇ!

 

「今、相手の話を聞いて」、「今、あの人の顔を見ながら歌ってみて」、「まだまだ」、「近づけ」とか。

 

――歌でいうと、音楽の流れと歌っている気持ちを……。

 

その場で一緒に作って、隣りで併走しているみたいな感じです。

 

――今回のように、台詞が多い場合はどうなるんでしょうか?

 

どうなるのかなと思いますが、相手に聞かせないチェックはするかもしれません。個人個人で会って。全体に言うのでなく、ひとりひとりに対してが多いのかもしれません。

 

――全員の前だと、ある種“公開処刑”みたいになりかねませんが、そうではなくて。

 

この人に対するチェックはこの人への処方箋だから、他の人にはもしかしたらその薬は要らないかもしれないし。やはり、稽古中の役者って、とても繊細な生き物だと思うんですよ。本番はまた繊細な生き物になるのですが、稽古中の役者の繊細さは結構独特で。それは多分役者をやったからこそわかるのかなと思います。

 

――ちなみに演じる側の稽古中の繊細さって、ご自身では何か自覚されていることはありますか?

 

役者の時は稽古はあまり好きじゃありませんが、演出家は稽古中が仕事なので、演出家になるといきなり稽古場が好きになります。稽古場の隣で寝たいぐらい。

 

――24時間ずっと一緒!

 

演出をやっている時は、寝袋を持ってきたくなるくらいに稽古が好きになるんです。

 

 

※アイデアニュース有料会員限定部分には、これまでの出演と演出の経験を通して考える「稽古と本番についての役者と演出家の思いの違い」や、両座長以外の出演キャストについてのお話など、インタビューの後半の内容の全文と写真を掲載します。

 

<有料会員限定部分の小見出し>

 

■もしかすると、ひとりでニマニマするのが楽しいのかもしれないですね

 

■粟根まことさん椿鬼奴さん凰稀かなめさんたちが、男の子たちに与える影響が楽しみ

 

■最終的には、明智と信長がどうなるか。1個のメッセージをそこで込めたい

 

■第1部は馬鹿馬鹿しさは残しつつちゃんとした芝居、第2部は年末のお祭り感で

 

 

<る・ひまわり×明治座年末“祭”シリーズ『明治座の変 麒麟にの・る』>
【東京公演】2019年12月28日(土)~12月31日(火) 明治座
公式サイト
https://le-hen.jp/

 

<関連リンク>
原田優一 Twitter
https://twitter.com/yuchan_yuchan_
原田優一プロフィール(ショウビズ)
http://www.show-biz.jp/profile/yuichi-harada/

 

 

 

 

『麒麟にの・る』 関連記事:

⇒すべて見る

 

原田優一 関連記事:

⇒すべて見る

 

凰稀かなめ 関連記事:

⇒すべて見る

 

 

 

 

※原田優一さんのサイン色紙と写真1カットを、有料会員3名さまに抽選でプレゼントします。有料会員の方がログインするとこの記事の末尾に応募フォームが出てきますので、そちらからご応募ください。応募締め切りは2020年1月19日(日)です。(このプレゼントの募集は終了しました)有料会員の方はコメントを書くこともできますので、どうかよろしくお願いいたします。

 

原田優一さん=撮影・岩村美佳

原田優一さん=撮影・岩村美佳

 

全文が読める有料会員登録にご協力を

アイデアニュースは、有料会員のみなさんの支援に支えられ、さまざまな現場で頑張っておられる方々の「思いや理想」(ギリシャ語のイデア、英語のアイデア)を伝える独自インタビューを実施して掲載しています。ほとんどの記事には有料会員向け部分があり、有料会員(月額450円、税込)になると、過去の記事を含めて、すべてのコンテンツの全文を読めるようになるほか、有料会員限定プレゼントに応募したり、コメントを書き込めるようになります。有料会費は取材をしてくださっているフリーランスの記者のみなさんの原稿料と編集経費になります。良質な取材活動を続けるため、どうか有料会員登録にご協力をお願いいたします。

    
<筆者プロフィール>岩村美佳(いわむら・みか)  フォトグラファー/ライター ウェディング小物のディレクターをしていたときに、多くのデザイナーや職人たちの仕事に触れ、「自分も手に職をつけたい」と以前から好きだったカメラの勉強をはじめたことがきっかけで、フォトグラファーに。「書いてみないか」という誘いを受け、未経験からライターもはじめた。現在、演劇分野をメインに活動している。世界で一番好きなのは「猫」。猫歴約25年。 ⇒岩村美佳さんの記事一覧はこちら

コメント欄

有料会員登録してログインすると、コメントを書き込めます(コメントを送信すると、すべての人が読める形で公開されます)。

最近のコメント

  1. Dream より:

    原田優一さんの記事が読みたくて、この度、有料会員登録しました。
    俳優・原田優一さんが演出をする時、俳優さんならではの経験を活かした目線で演出をされてるんだという深いお話が聞けて、とても興味深かったです。
    このお話を踏まえて見る『麒麟にの・る』が非常に楽しみになりました。
    1部のお芝居はもちろん、2部の祭りも楽しみです。


最近の記事

■ 2020年7月掲載分
■ 2020年6月掲載分
■ 2020年5月掲載分
■ 2020年4月掲載分
 過去記事一覧は⇒こちら 有料会員登録は⇒こちら
お勧め商品
新着商品
Sorry, no posts matched your criteria.