「文字通り、命を懸けて」、ミュージカル『ハムレット』矢田悠祐インタビュー(下) | アイデアニュース

新着 予定 プレゼント 教室 規約など

会員登録バナー

「文字通り、命を懸けて」、ミュージカル『ハムレット』矢田悠祐インタビュー(下)

筆者: 達花和月 更新日: 2019年10月29日

 

シェイクスピア作の悲劇『ハムレット』が、荻田浩一さんの脚本・演出によるミュージカル『ハムレット』としてとして、2019年11月8日(金)~18日(月)まで、東京・博品館劇場で上演されます。ハムレットを演じる、矢田悠祐さんのインタビュー後半です。ハムレットの心のうちについてお話いただきました。

 

矢田悠祐さん=撮影・NORI

矢田悠祐さん=撮影・NORI

 

 

――今回のミュージカル『ハムレット』では、公表されているストーリーでは、ハムレットの心の友としてフォーティンブラスの存在が強調されています。ハムレットの魂が映し出されているとのことですが…。フォーティンブラスは、どういう存在なんでしょうか。

 

自分の写し鏡というか、自分が一番信頼しているというか。そういう立ち位置で描かれています。原作とは、ちょっと違う印象を受けるかもしれません。

 

――シェイクスピアの『ハムレット』を土台としながら、その元となった北欧伝説「アムレート」のイメージを織り込んで、様々な解釈の要素も織り交ぜて、話に新たな光を当てているということなんですね。

 

『ハムレット』は、いろんな風に解釈できるじゃないですか。いろいろ研究されてる方がたくさんいらっしゃって、いろんな説があるらしいです。今回の物語の解釈は、荻田さんが一番、100パーセント120パーセント分かってるから、それについて行こうと。

 

――ハムレットとフォーティンブラスの関係性は、作品を見ていくと分かりますか?

 

分かります。

 

――ハムレットの心の友、フォーティンブラス役の米原さんとも初共演ですね。

 

1回、米原さんが出ている舞台のゲストで出たことがあるだけで、ほぼほぼ初めましてです。加藤さん(ギルデンスターン役の加藤良輔さん)も同じです。いろんな舞台の人が集まったイベントでちょっと一緒だっただけなので。

 

――オフィーリアの皆本麻帆さんとは『アルジャーノンに花束を』でもご一緒されたということでしたが、今回は恋人役ですね。

 

そうですね。

 

――原作では、有名な「尼寺へ行け」という台詞などもありますが、今回の作品では、オフィーリアとの関係性はどうなるのでしょう?

 

僕はこの台本を読んでですけど、ハムレットって『自分、自分』っていうか。自分との戦いの人だなって思ったんです。それはいい意味でも悪い意味でも。自分がやりたい復讐であるとか、そういう強い軸があって、そこに向かいたいがために手段は問わない。人を傷付けたくて傷付ける人って、サイコパスみたいな人以外あんまりいないと思うし、ハムレットってサイコパスみたいな人間じゃないと思うんです。関係性は…、すごく大切な人だけど、そういうのを取っ払って。自分に負荷がかかった分、その分だけ自分の力になるというか…。

 

 

 

※アイデアニュース有料会員限定部分には、ハムレットと父親の関係についてや、ミュージカルで主演で本を書いてもらうのは今回が初めてということなどについて話してくださったインタビュー前半の全文と写真を掲載しています。

 

<有料会員限定部分の小見出し>

 

■現代でも、我慢するから頑張ろうみたいな。自分で縮めた分、パワーになる

 

■父に自分を本当に認めて欲しかった気持ちがあるから、亡霊を信じてしまう

 

■ハムレットも自分との戦いですが、僕も多い曲や多い台詞と戦っています

 

■エンターテイメント性がある『ハムレット』。僕の集大成を超えるものに

 

 

 

 

<ミュージカル『ハムレット』>
【東京公演】2019年11月8日(金)~11月18日(月) 博品館劇場
公式サイト
http://theater.hakuhinkan.co.jp/pr_2019_11_00.html

 

<関連リンク>
矢田悠祐 Twitter
https://twitter.com/yusukeyata
矢田悠祐 オフィシャルサイト
https://www.sui-inc.net/yata-yusuke

 

『ハムレット』 関連記事:

⇒すべて見る

 

矢田悠祐 関連記事:

⇒すべて見る

 

 

 

 

※矢田悠祐さんのサイン色紙と写真1カットを、有料会員3名さまに抽選でプレゼントします。有料会員の方がログインするとこの記事の末尾に応募フォームが出てきますので、そちらからご応募ください。応募締め切りは11月28日(木)です。有料会員の方はコメントを書くこともできますので、どうかよろしくお願いいたします。

 

矢田悠祐さん=撮影・NORI

矢田悠祐さん=撮影・NORI

 

 

全文が読める有料会員登録にご協力を 月額450円

アイデアニュースは、有料会員のみなさんの支援に支えられ、さまざまな現場で頑張っておられる方々の「思いや理想」(ギリシャ語のイデア、英語のアイデア)を伝える独自インタビューを実施して掲載しています。ほとんどの記事には有料会員向け部分があり、有料会員(月額450円、税込)になると、過去の記事を含めて、すべてのコンテンツの全文を読めるようになるほか、有料会員限定プレゼントに応募したり、コメントを書き込めるようになります。有料会費は取材をしてくださっているフリーランスの記者のみなさんの原稿料と編集経費になります。良質な取材活動を続けるため、どうか有料会員登録にご協力をお願いいたします。

    
<筆者プロフィール>達花和月(たちばな・かずき) ひとりの俳優さんとの出会いがきっかけで、二次元二次創作界の住人から演劇沼の住人に。ミュージカルからストレートプレイ、狂言ほか、さまざまな作品を観劇するうち、不思議なご縁でライターに。熱っぽく自らの仕事を語る舞台関係者の“熱”に、ワクワクドキドキを感じる日々。 ⇒達花和月さんの記事一覧はこちら

コメント欄

有料会員登録してログインすると、コメントを書き込めます(コメントを送信すると、すべての人が読める形で公開されます)。

最近のコメント

  1. N より:

    今作ハムレットに懸ける矢田さんの想いがよく伝わる良記事でした。
    インタビューを通しますます舞台が楽しみになりました。

  2. pt より:

    (下)もアップして頂きありがとうございます。
    明日いよいよ初日があけますが、このインタビューで知った矢田さんなりのハムレット への解釈も頭に入れて観劇したいも思います。
    本当に楽しみにしていた舞台ですが、記事を読んで更に楽しみが増しました。
    お写真も綺麗で見応えがありました。
    また矢田さんを取り上げて頂けると嬉しいです。

  3. Plz より:

    (上)(下)共に、素敵なインタビューをありがとうございます。
    矢田さんの作品に対する力強い姿勢がハムレット全体の雰囲気にプラスになって行くのではないかと感じられる内容で、読んでいて観劇が更に楽しみになりました(*´ `)


最近の記事

■ 2019年11月掲載分
■ 2019年10月掲載分
 過去記事一覧は⇒こちら 有料会員登録は⇒こちら
お勧め商品
新着商品
Sorry, no posts matched your criteria.