「容赦無く、もう一回と」、『メアリ・スチュアート』三浦涼介インタビュー(上) | アイデアニュース

新着 予定 プレゼント 教室 規約など

会員登録バナー

「容赦無く、もう一回と」、『メアリ・スチュアート』三浦涼介インタビュー(上)

筆者: 岩村美佳 更新日: 2020年1月23日

 

世田谷パブリックシアターと演出家・森新太郎さんがタッグを組む舞台、『メアリ・スチュアート』が、1月27日(月)から2月16日(日)まで世田谷パブリックシアターで上演されます。16世紀末のスコットランド女王メアリとイングランド女王エリザベスの歴史的な対立を、18世紀の大劇作家 フリードリヒ・シラーが人間ドラマとして描き出した『メアリ・スチュアート』。最近ではメアリとエリザベスの二人の女王だけが登場する『メアリ・スチュアート』が上演の機会も多く有名ですが、 本作は登場人物が20数名に及ぶ群像劇です。長谷川京子さんがメアリ・スチュアートを、シルビア・グラブさんがエリザベス女王を、吉田栄作さんがレスター伯ロバート・ダドリーを、三浦涼介さんが、シラーによって創作された青年、サー・エドワード・モーティマーを演じます。

 

アイデアニュースでは、昨年12月に行われた制作発表のあとに、三浦さんにインタビューしました。約一年半ミュージカルに取り組んできた三浦さんが、ひさしぶりのストレートプレイの現場でどんなことを感じているか、作品への思いや、未来へ向けて2020年をどう過ごしていきたいかなど伺いました。昨年、大切なお母様を亡くされて、気づいた思いも明かしてくださいました。

 

三浦涼介さん=撮影・岩村美佳

三浦涼介さん=撮影・岩村美佳

 

 

ーー三浦さんは二日間読み合わせをされたそうですが、最初に台本を読んでいたイメージからの変化など、何かありますか?

 

まだ、台本の内容や世界観などの、役まわりの部分がきちんと自分のなかに入っていない、安定はしていない段階での本読みという、いつもの感覚で稽古に行きました。森さんの稽古が長いという噂は聞いていたんですが、13~18時というその5時間をフルに使うお稽古で、読んで戻って読んで戻って…を繰り返していたんです。そのなかで生まれてくるものだったり、こういう意味だったのか、ここで息継ぎをしたらこう解釈できるとか、文字だけを追っていたら、文字数が本当に多いですし、正直わからなかったことがたくさんあったんですが、読み合わせで理解できることがたくさんあったので、その二日間はすごく有意義な貴重な時間でした。

 

ーー台本を読ませていただいたのですが、文字の多さに驚きながらも、面白過ぎてあっという間に読んでしまいました。

 

おお! すごく面白いと思いますが、それはこれからの自分の課題だと思うんです。今は本当に圧倒されっぱなしというか。こういう役なのか、この人とこういう関係性があるのかなどを、追っていく作業なんですよね。

 

ーーいろいろな情報をまだ整理しきれていない状況ですね。

 

だから、お稽古初日は本当に衝撃でした。

 

ーーこれまでに例えばシェイクスピア劇など、たくさんの文字が並ぶ戯曲をやってこられていますが、それでも衝撃でしたか?

 

もちろんそうなんですが、この一年半よっぽど芝居というものに触れなかったんだなと、そういう衝撃もあったんです。

 

ーーミュージカルを続けてやってきたら、芝居と違いましたか?

 

やっぱり違うのかな…。やり方が違うんですよね。僕は小池(修一郎)先生と一年半ずっと過ごした感覚なので、小池先生のやり方というところに入っていたんですよね。先日の『ラヴズ・レイバーズ・ロスト』では、(上田)一豪さんとご一緒しました。久しぶりに違う演出家の方と出会って、突き詰め方はその人のやり方があって、それをはじめて知るという作業もあるじゃないですか。こう来るんだ、こういう感じんだと、そこに一歩入っていくという作業も、今回久しぶりという部分では、歌もダンスもないから本当に真正面からなんです。蜷川(幸雄)さんとはじめて出会って、シェイクスピアをやらせていただいたときの感覚というか、本当に文字に追われて、その自分の何もできなさみたいなものを思い出しました。

 

 

<取材協力>
ヘアメイク:鎌田直樹
スタイリスト:伊島れいか
ジャケット¥60000、ノースリーブロングジャケット¥78000、パンツ¥39000(以上全てnude:masahiko maruyama)
info@nudemm.com
Tシャツ¥14000(DIET BUTCHER SLIM SKIN)
03-5728-4765
(金額は全て税抜き価格です)

 

 

※アイデアニュース有料会員限定部分には、約一年半ミュージカルに取り組んできた三浦さんが、ひさしぶりのストレートプレイの現場でどんなことを感じているか、作品への思いとあわせて、昨年、大切なお母様を亡くされて気づいたことなど、インタビュー前半で伺ったお話を掲載しています。1月24日(金)掲載予定のインタビュー「下」では、作品に描かれている、男と女について三浦さんご自身がどう感じているか、2019年を振り返って2020年をどう過ごしていきたいかなどについて伺ったインタビューの後半の全文と写真を掲載します。

 

<有料会員限定部分の小見出し>

 

■森さんに付いていきたい。芝居にどっぷり入れるんだなという期待があります

 

■芝居がしたいとずっと思っていた、純粋にセリフで伝えること、セリフ遊び

 

■守るものもできたし、失うものもあった、自分の芯があるからブレない

 

■母が亡くなったことが大きい。その怖さが知れたことで、大切なものが見つかった

 

 

<舞台『メアリ・スチュアート』>
2020年1月27日(月)~2月16日(日) 世田谷パブリックシアター
公式サイト
https://setagaya-pt.jp/performances/marystuart20200102.html

 

<スタッフ/キャスト>
【作】フリードリヒ・シラー
【上演台本】スティーブン・スペンダー
【翻訳】安西徹雄
【演出】森新太郎
 
【美術】堀尾幸男
【照明】佐藤 啓
【音響】藤田赤目
【衣裳】西原梨恵
【ヘアメイク】鎌田直樹
【演出助手】平井由紀
【舞台監督】瀬﨑将孝
 
【出演】
長谷川京子 シルビア・グラブ 三浦涼介 吉田栄作/
山本亨 青山達三 青山伊津美 黒田大輔 星智也
池下重大 冨永竜 玲央バルトナー 鈴木崇乃 金松彩夏/
鷲尾真知子 山崎一 藤木孝

 

 

 

 

『メアリ・スチュアート』 関連記事:

⇒すべて見る

 

三浦涼介 関連記事:

⇒すべて見る

 

 

 

 

※三浦涼介さんのサイン色紙と写真1カットを、有料会員3名さまに抽選でプレゼントします。有料会員の方がログインするとこの記事の末尾に応募フォームが出てきますので、そちらからご応募ください。応募締め切りは2月23日(日)です。(このプレゼントの募集は終了しました)有料会員の方はコメントを書くこともできますので、どうかよろしくお願いいたします。

 

三浦涼介さん=撮影・岩村美佳

三浦涼介さん=撮影・岩村美佳

 

 

全文が読める有料会員登録にご協力を

アイデアニュースは、有料会員のみなさんの支援に支えられ、さまざまな現場で頑張っておられる方々の「思いや理想」(ギリシャ語のイデア、英語のアイデア)を伝える独自インタビューを実施して掲載しています。ほとんどの記事には有料会員向け部分があり、有料会員(月額450円、税込)になると、過去の記事を含めて、すべてのコンテンツの全文を読めるようになるほか、有料会員限定プレゼントに応募したり、コメントを書き込めるようになります。有料会費は取材をしてくださっているフリーランスの記者のみなさんの原稿料と編集経費になります。良質な取材活動を続けるため、どうか有料会員登録にご協力をお願いいたします。

    
<筆者プロフィール>岩村美佳(いわむら・みか)  フォトグラファー/ライター ウェディング小物のディレクターをしていたときに、多くのデザイナーや職人たちの仕事に触れ、「自分も手に職をつけたい」と以前から好きだったカメラの勉強をはじめたことがきっかけで、フォトグラファーに。「書いてみないか」という誘いを受け、未経験からライターもはじめた。現在、演劇分野をメインに活動している。世界で一番好きなのは「猫」。猫歴約25年。 ⇒岩村美佳さんの記事一覧はこちら

コメント欄

有料会員登録してログインすると、コメントを書き込めます(コメントを送信すると、すべての人が読める形で公開されます)。

最近のコメント

  1. 昨日の水たまり より:

    素敵なインタビューありがとうございます。森さんが、三浦さんのことを知っていてモーティマーに選んだということが知れて良かったです。「変なヤツ」とはきっと、役者さんには凄い褒め言葉ですね!
    4回観劇しましたが、モーティマーは情熱のままに勢いよく駆け抜ける姿が鮮やかで目を奪われました。また三浦涼介さんの出演されるストプレを見たいです。

  2. @スケスケ より:

    素敵なインタビューですね。
    りょんりょんのナイーブな心を優しく包み、普段絶対に話してくれないような、
    深い話を引き出していただき、魔法のようなインタビューでした。
    岩村さんには心開いてくれているようでとても貴重なお話を伺う事ができました。
    お母様にそっくりな笑顔の写真も奇跡の一枚ですね。綺麗なりょんりょんを魅せていただきありがとうございます。

  3. パンダうさぎ より:

    2月16日メアリースチュアート、本日大千穐楽です。あの独特な世界観の舞台を観劇させて頂き、また三浦涼介さんの迫真のある演技力に魅了され、息をする時間を忘れてしまいました。これからますます三浦涼介さんが楽しみになります。

  4. ひよ より:

    いつも素敵な写真と貴重なお話を引き出してくださるので、岩村さんには感謝しております。舞台での三浦さんの瞳が大好きです。(ほんとキラキラしてるんですもの)またあの瞳を見れるのが楽しみです。

  5. りい より:

    とても丁寧なインタビュー、読み応えがあってとても楽しかったです。最近ファンになった私にとって、三浦さんと言えば「ミュージカルの人」でした。今回の舞台は、突然のストプレ出演のように思われて見る側として少し不安もあったのですが、ご本人の熱い思いや努力がひしひしと伝わってきて、読んでよかったな、ぜひ観劇したいなと感じられる記事でした。ありがとうごさいました。

  6. もも より:

    三浦さんはミュージカルでしか拝見した事ないのですが、この記事を読んでストプレ観たいと思いました。時間が合えばメアリースチュワート行きたいです。

  7. たか より:

    15歳くらいの三浦くんを初めてみた舞台。そこから○年(笑)
    いろんなことを積み重ねて今があるんだなぁととても思います。そんな中の久々ストレートプレイ、とても楽しみです!

  8. とら より:

    三浦さんがストプレで大切に思っていらっしゃる、台詞で伝える芝居が、私の観たいと思っていたことと重なっていて、舞台への期待が更に高まりました。そして、台詞が繊細な身体表現とひとつになった、あの「わたしを離さないで」やショーシャンクのトミーが登場した瞬間のようなものを見られるのかと思い、ドキドキしています。また、三浦さんの話された森さんの粘り強い演出のお話で、森さんの作品にも興味が湧いてしまいました。ギュッと詰まった記事をありがとうございました。

  9. しゅうや より:

    今の三浦涼介さんが演じるストレートプレイでの姿をしっかり見届けに伺いたいと思うようなインタビューをありがとうございました。
    後半のインタビュー記事も楽しみにしています。
    そして美麗なお写真の数々もありがとうございます❤️

  10. フレンチアールグレイ より:

    いつも、楽しみに読ませていただいています。
    今回の三浦さんのお話も、興味深く読ませていただきました。1789で、初めて舞台の三浦さんを拝見した後に、手に入るだけのDVDを、観ましたが、劇場で体感できなかったことが、残念で。今回の『メアリ・スチュアート』は、時代にも、興味があり、とても楽しみにしています。

  11. butterfly* より:

    いつも素敵なインタビューとお写真をありがとうござます。ファン目線で三浦さんの言葉を引き出すテクニックは毎回素晴らしいと思います。「わたしを離さないで」や「ショーシャンクの空に」「どうか闇を、きみに」などの三浦さんに魅力された私は、久し振りのストレートプレイが楽しみでしょうがありません。後半も期待しています。

  12. ちゅーた より:

    舞台の発表があってから、ずっと気になっていたのですが、今回の三浦涼介さんの貴重な数々のお話を伺ってますます楽しみになって参りました!
    ありがとうございます。
    後編の記事も楽しみにしています。

  13. ぽん より:

    観に行くのがさらに楽しみになりました。貴重なお話を伺えてさらに楽しみになりました。後半も楽しみに待っています。岩村さんありがとうございます

  14. みきてぃ より:

    「メアリ・スチュアート」とても楽しみにしています。お芝居を観る前に、三浦さんのお稽古の様子や心境の変化など、貴重なお話を伺って舞台をより楽しめそうです。モーティマーとして、また、役者三浦涼介さんとして、心から楽しみたいと思います(^^)

  15. やまと より:

    三浦涼介さんの芝居に対する真摯な考えや挑み方、素直な気持ちや想いを引き出して下さって本当にありがとうございます。
    どのお写真も良い表情ですね♪

  16. はな より:

    三浦さんの
    今回の舞台に対する熱量と
    心情の繊細な部分がわかる
    ステキなインタビューで、
    嬉しかったです。
    観劇に行く日が益々楽しみに
    なりました。ありがとうございます。

  17. ゆうひ より:

    毎回素敵なインタビューありがとうございます。
    これからも楽しみにしています。

  18. まちゃみ より:

    さすが岩村さん!といった感じの三浦さんが気心を許した柔らかい雰囲気が伝わってくる素敵なインタビューだなと思いました。もちろん内容も今の三浦さんのお芝居にかける想いや今メアリのお稽古にとても楽しんで取り組んでいる様子、30代になって…お母様を亡くして色々気づけた事など今の三浦さんの心情を知ることができファンとしてとても聞きたかったことが散りばめられていて大変嬉しく思いました。
    インタビューのお二人の会話の雰囲気も素敵でもっともっと読んでいきたい気持ちになりました。
    後半のインタビューもとても楽しみにしております。

  19. さろぺっと より:

    久々のストプレでがっつりとお芝居が見れるのが楽しみでした。
    なので、御本人もお芝居をしたいと思ってくれていたのだと知れたことでさらに楽しみになりました。
    いつも繊細なインタビューで読者が聞きたいことを本当に聞き出してくださるなと驚きます。
    作品の内容が難しいかなと少し不安でしたが、岩村さんがおもしろくて一気に台本を読んでしまったってところですごく惹き込まれてあっという間の3時間なんだなと今からすごくたのしみです。
    いつも素敵なインタビューありがとうございます。写真も毎回毎回素敵です

  20. れん より:

    ストレートに心に響きました
    岩村さんがインタビューしてくださるからこその柔らかさがあるんでしょうね
    ありがとうございました


最近の記事

■ 2020年2月掲載分
■ 2020年1月掲載分
■ 2019年12月掲載分
 過去記事一覧は⇒こちら 有料会員登録は⇒こちら
お勧め商品
新着商品
Sorry, no posts matched your criteria.