「裏から登る」、『モーツァルト‥‥ ―オレは誰だ!!―』東山義久&中塚皓平対談(上) | アイデアニュース

新着 予定 プレゼント 教室 ペット

会員登録バナー

「裏から登る」、『モーツァルト‥‥ ―オレは誰だ!!―』東山義久&中塚皓平対談(上)

筆者: 達花和月 更新日: 2020年2月3日

 

ダンスの鬼才、上田遙さん作・演出・振付によるDramatic Super Dance Theater『モーツァルト‥‥―オレは誰だ!!―』が、2020年2月5日(水)から14日(金)まで、銀座博品館劇場で上演されます。ダンス・歌・セリフを駆使して、天才音楽家モーツァルトの光と影を、ゲーテをはじめとする同時代人との関わりの中で、独自の解釈で紐解く本作。この作品に出演する東山義久さんと中塚皓平さんにインタビューしました。インタビューは上下2回に分けて掲載し、「上」では作品について、役どころについて、共演者についてのお話を、インタビュー「下」では、東山さんが『ミス・サイゴン』にエンジニア役で出演することや、中塚さんが宝塚歌劇団の作品で振付をされていることについても伺いました。

 

東山義久さん(左)と中塚皓平さん(右)=撮影・NORI

東山義久さん(左)と中塚皓平さん(右)=撮影・NORI

 

 

――今回はモーツァルトを題材にした作品ですね。作・演出・振付の上田遙さんとのタッグは、これまでにも『FLAMENCO《マクベス》~眠りを殺した男~』(2018年)、『カルメン ─ ドン・ホセの告白 ─』(2016年)、『サロメ』(2014年・2017年)などの作品を思い起こすに、もう期待しかない! という感じですが、どのような作品になりそうでしょうか?

 

東山:上田先生とは『サロメ』、『マクベス』、『カルメン』、『サロメ』は再演したから、今回5回目なんですけど、いままで僕は結構踊りの方が多かったんですね。『サロメ』のときは一言もしゃべらなくて身体表現だけだったんです。今回の『モーツァルト‥‥』は、喜劇というか、コメディタッチの世界観の中にモーツァルトをぶち込んで、僕を中心に作品を創ってみよう、みたいな感じで、とても新鮮です。本当にミュージカルって感じになっていて。

 

中塚:そうですね。

 

東山:だから、本当に僕以外の登場人物全員が道化のような形で。リアルなお芝居というよりは、劇中劇のようなテンションで、それぞれの役が、誇張したような形だったりするんです。「ヴォルフガング・モーツァルト」って、「ヴォルフガング・モーツァルト」という像ができているカリスマ的なアイコンのひとつだと思うんですね。それを探求して登っていくとすれば、普通は例えて言うと狭い螺旋を下から上に描きながら登っていくところを、この作品では、狭い螺旋を囲むように、広い螺旋を下から上に描きながら裏側から登って行っている感じがある。みなさんが想像している「モーツァルト」ではない作品という感じですね。

 

――中塚さんの役名が「音符のド」というのに意表を衝かれたのですが…。

 

中塚:舞台に立つようになって15年、一番短い役名ですからね「ド」って。

 

――中塚さんは「音符のド」、和田泰右さんが「音符のミ」、新開理雄さんが「音符のソ」ですね。

 

中塚:モーツァルトが最初に弾いた音が「ド、ミ、ソ」だと。それで常にそばにいる役なんです。

 

東山:帝劇でやっている『モーツァルト!』だと、才能としてのアマデがずっと居ますが、この作品では、音符たちが、ずっと僕の周りに居るんです。だから僕が倒れていくときでも、みんながクッと支えているとか。

 

中塚:はいはいはいって、一緒に遊んだりとか。

 

――互いに会話はあるのですか?

 

中塚:話します。一緒に楽しく遊ぼうよ、というのもあるし、モーツァルトが苦悩しているときは一緒に落ち込んだりとか。喜怒哀楽を一緒に共有しているというのはありますね。

 

 

※アイデアニュース有料会員限定部分には、作品について、作・演出・振付の上田遙さんについて、共演する中西彩加さん、長澤風海さん、木村咲哉さん、植木豪さん、新開理雄さん、Homerさんらについて話してくださったインタビュー前半の全文と写真を掲載しています。2月4日(火)日掲載予定のインタビュー「下」では、中塚さんが宝塚歌劇団の振付をされるようになって感じていることや、東山さんが『ミス・サイゴン』のエンジニア役で帝国劇場のセンターに立たれることなどについて伺ったインタビューの後半の全文と写真を掲載します。

 

<有料会員限定部分の小見出し>

 

■中塚:「ドミソ」はいたるところに出ています。モーツァルトと、ほぼほぼ離れない

 

■東山:チャップリンの喜劇を、モーツァルトで、僕を通してやってみたいって

 

■東山:13歳の中学生、木村咲哉にはリーダーやってもらいたいぐらい

 

■中塚:「どうなる!」「うわっ、なんだこれ?!」っていう。良い意味で虚をつかれる

 

 

<『モーツァルト‥‥ ―オレは誰だ!!―』>
【東京公演】2020年2月5日(水)~14日(金) 博品館劇場
公式サイト
http://theater.hakuhinkan.co.jp/pr_2020_02_05.html

 

 

<STAFF>
作・演出・振付:上田遙
音楽:TAKA

 

 

<出演>
東山義久
 
D☆D
中塚皓平 咲山類 和田泰右
新開理雄 Homer
 
今井瑞 中西彩加 長澤風海 Jeity
 
木村咲哉
植木豪

 

 

<関連リンク>
東山義久 Instagram
https://www.instagram.com/yoshihisa_higashiyama/
中塚皓平 Instagram
https://www.instagram.com/kohhei_nakatsuka/
DIAMOND☆DOGS オフィシャルサイト
http://diamonddog-s.com/
DIAMOND☆DOGS Twitter
https://twitter.com/dd_official_jp

 

 

 

 

『モーツァルト‥‥ ―オレは誰だ!!―』 関連記事:

⇒すべて見る

 

東山義久 関連記事:

⇒すべて見る

 

中塚皓平 関連記事:

⇒すべて見る

 

 

 

 

※東山義久さんと中塚皓平さんのサイン色紙と写真1カットを、有料会員3名さまに抽選でプレゼントします。有料会員の方がログインするとこの記事の末尾に応募フォームが出てきますので、そちらからご応募ください。応募締め切りは3月3日(火)です。(このプレゼントの募集は終了しました)有料会員の方はコメントを書くこともできますので、どうかよろしくお願いいたします。

 

東山義久さん=撮影・NORI

東山義久さん=撮影・NORI

 

全文が読める有料会員登録にご協力を

アイデアニュースは、有料会員のみなさんの支援に支えられ、さまざまな現場で頑張っておられる方々の「思いや理想」(ギリシャ語のイデア、英語のアイデア)を伝える独自インタビューを実施して掲載しています。ほとんどの記事には有料会員向け部分があり、有料会員(月額450円、税込)になると、過去の記事を含めて、すべてのコンテンツの全文を読めるようになるほか、有料会員限定プレゼントに応募したり、コメントを書き込めるようになります。有料会費は取材をしてくださっているフリーランスの記者のみなさんの原稿料と編集経費になります。良質な取材活動を続けるため、どうか有料会員登録にご協力をお願いいたします。

    
<筆者プロフィール>達花和月(たちばな・かずき) ひとりの俳優さんとの出会いがきっかけで、二次元二次創作界の住人から演劇沼の住人に。ミュージカルからストレートプレイ、狂言ほか、さまざまな作品を観劇するうち、不思議なご縁でライターに。熱っぽく自らの仕事を語る舞台関係者の“熱”に、ワクワクドキドキを感じる日々。 ⇒達花和月さんの記事一覧はこちら

コメント欄

有料会員登録してログインすると、コメントを書き込めます(コメントを送信すると、すべての人が読める形で公開されます)。

最近のコメント

  1. ジュリエット より:

    最初観たときはビックリしました。でも記事を改めて読むと「あーそういう…」と感じるところもあり。頭を空っぽにして、ドミソと共に楽しめる、そして東山さんのダンスと歌に涙する舞台でした。素敵な記事、ありがとうございました。

  2. きーちゃん より:

    こちらの記事を読み、モーツァルトなのに喜劇やコメディー??まさか~と思いながら、初日楽しみに(ちょっと不安も抱えながら)劇場へ足を運びました。幕が開いた途端に、えっ?と意表を突かれたモーツァルトにビックリでしたが、タイトルにとらわれず、見えるまま聞こえるままを楽しんだら、私の中の大好きな作品になりました。これからも益々素敵な作品に出合わせて欲しいです。

  3. かなみかな より:

    初日には行けませんが別日に行きます。毎回違う東山さんが観れるので楽しみにしています。

  4. るびー より:

    上田さんの作品はシリアスなものが多かったので、今回はすごく明るい作品とのことで楽しみにしています。想像を超えたモーツァルトを期待しています!


最近の記事

■ 2020年7月掲載分
■ 2020年6月掲載分
■ 2020年5月掲載分
■ 2020年4月掲載分
 過去記事一覧は⇒こちら 有料会員登録は⇒こちら
お勧め商品
新着商品
Sorry, no posts matched your criteria.