「アメリカン・ドリーム。僕というジャンルを提案」、東山義久&中塚皓平対談(下) | アイデアニュース

新着 予定 プレゼント 教室 ペット

会員登録バナー

「アメリカン・ドリーム。僕というジャンルを提案」、東山義久&中塚皓平対談(下)

筆者: 達花和月 更新日: 2020年2月4日

 

2020年2月5日(水)から2月14日(金)まで銀座博品館劇場で上演されるDramatic Super Dance Theater『モーツァルト‥‥―オレは誰だ!!―』に出演する、東山義久さんと中塚皓平さんのインタビュー、後半です。中塚さんが宝塚歌劇団の振付をされるようになって感じていることや、おふたりの出会いの時の印象、「DIAMOND☆DOGS」についてのほか、東山さんが『ミス・サイゴン』のエンジニア役で帝国劇場のセンターに立たれることについても少し伺いました。

 

東山義久さん(左)と中塚皓平さん(右)=撮影・NORI

東山義久さん(左)と中塚皓平さん(右)=撮影・NORI

 

 

――中塚さんは、近年、宝塚歌劇団の振付をされていますね。

 

中塚:まだ3本だけなんですけど。

 

――もともと宝塚がお好きだったんですか?

 

中塚:好きですね。宝塚をシッカリ観たのは18の時。2005年に『RED SHOES, BLACK STOCKINGS』で大浦みずきさんと共演して、「なんだ、この人は!?」というところから始まったんです。大浦さんが宝塚を卒業されて何年も経ったあとでしたが、赤いピンヒール履いて、ダービー帽で、椅子に座って、指をパチンパチンと鳴らしながら、こう…。

 

――情景が浮かびます。

 

中塚:「なに、この人!?」って。宝塚にいらっしゃったというので「じゃあ宝塚ってどういうところだろう?」って、観に行ったり、映像を観たりして、「こんな華やかな世界があるんだ!」って驚いて。踊りとかスタイルとか格好良さに「いいな、いいな」と思ってたら、あれよあれよという間に、今度は自分が創らせてもらうことになって…。

 

――振付のお話がきたきっかけは?

 

東山:コネです(笑)。

 

中塚:ちゃうこと言わないで!(笑)。2017年に藤井大介先生演出のディナーショー(龍真咲ディナーショー『MUSE』)に出させてもらったときに、「振付とか興味ある?」って聞かれて「あります!」と答えたら「今度やってみようか、やらない?」ってところから始まったんです。

 

――宝塚で振付をして、いかがですか?

 

中塚:僕は、振数(振りの手数)が多いんですが、本当にタイトな時間の中でタタタッと振りをつけちゃうんです。それを3日間とか2日間で渡して、すると次の日には、ほぼほぼ完璧に覚えてくるんですよ。僕だったら、家に帰ったらゲームしたり、すぐ寝たり、お酒飲んじゃうとかして「まぁ、ある程度でいんじゃない?」とか思ってしまう部分もあるんですが、そういうことは一切なく。トップさんも深夜までやって…。勤勉というか、努力家っていう言葉だけじゃ収まらない。執念というか、「本当に舞台が好き」という気持ちがないと、次は舞台立てないだろうし。四列目から三列目、三列目から二列目、先に先にっていう気迫をビシビシ感じるので。ホント血が出るような、本当に努力している姿勢は、やっぱり…。

 

東山:「血のにじむ」な。

 

中塚:「血のにじむ」ですね、ありがとうございます。

 

東山:血が出たら病院や(笑)。

 

中塚:病院行かなきゃ!(笑)。そういうところはすごく感じますし、そして本当に「勉強させていただいています」という感じです。

 

 

※アイデアニュース有料会員限定部分には、中塚さんが宝塚歌劇団の振付をされるようになってのお話の続きや、おふたりの出会いの時の印象、「DIAMOND☆DOGS」についてのほか、東山さんが『ミス・サイゴン』のエンジニア役で帝国劇場のセンターに立たれることについても少し伺ったインタビューの後半の全文と写真を掲載しています。

 

<有料会員限定部分の小見出し>

 

中塚:「宝塚の振付をした人は、男役の格好のつけ方が無意識に出ちゃうんだよ」って

 

■中塚:(東山さんと初顔合わせの時)すっごい覚えてます。吠えてました

 

■東山:今井雅之さんが「やるか、やらないかだ。“Let’s go for it” だよ」って

 

■東山:上田ワールド全開の見たことがないモーツァルト。「百花繚乱」華やかなステージ

 

 

<『モーツァルト‥‥ ―オレは誰だ!!―』>
【東京公演】2020年2月5日(水)~14日(金) 博品館劇場
公式サイト
http://theater.hakuhinkan.co.jp/pr_2020_02_05.html

 

 

<STAFF>
作・演出・振付:上田遙
音楽:TAKA

 

 

<出演>
東山義久
 
D☆D
中塚皓平 咲山類 和田泰右
新開理雄 Homer
 
今井瑞 中西彩加 長澤風海 Jeity
 
木村咲哉
植木豪

 

 

<関連リンク>
東山義久 Instagram
https://www.instagram.com/yoshihisa_higashiyama/
中塚皓平 Instagram
https://www.instagram.com/kohhei_nakatsuka/
DIAMOND☆DOGS オフィシャルサイト
http://diamonddog-s.com/
DIAMOND☆DOGS Twitter
https://twitter.com/dd_official_jp

 

 

 

 

『モーツァルト‥‥ ―オレは誰だ!!―』 関連記事:

⇒すべて見る

 

東山義久 関連記事:

⇒すべて見る

 

中塚皓平 関連記事:

⇒すべて見る

 

 

 

 

※東山義久さんと中塚皓平さんのサイン色紙と写真1カットを、有料会員3名さまに抽選でプレゼントします。有料会員の方がログインするとこの記事の末尾に応募フォームが出てきますので、そちらからご応募ください。応募締め切りは3月3日(火)です。(このプレゼントの募集は終了しました)有料会員の方はコメントを書くこともできますので、どうかよろしくお願いいたします。

 

中塚皓平さん=撮影・NORI

中塚皓平さん=撮影・NORI

 

全文が読める有料会員登録にご協力を

アイデアニュースは、有料会員のみなさんの支援に支えられ、さまざまな現場で頑張っておられる方々の「思いや理想」(ギリシャ語のイデア、英語のアイデア)を伝える独自インタビューを実施して掲載しています。ほとんどの記事には有料会員向け部分があり、有料会員(月額450円、税込)になると、過去の記事を含めて、すべてのコンテンツの全文を読めるようになるほか、有料会員限定プレゼントに応募したり、コメントを書き込めるようになります。有料会費は取材をしてくださっているフリーランスの記者のみなさんの原稿料と編集経費になります。良質な取材活動を続けるため、どうか有料会員登録にご協力をお願いいたします。

    
<筆者プロフィール>達花和月(たちばな・かずき) ひとりの俳優さんとの出会いがきっかけで、二次元二次創作界の住人から演劇沼の住人に。ミュージカルからストレートプレイ、狂言ほか、さまざまな作品を観劇するうち、不思議なご縁でライターに。熱っぽく自らの仕事を語る舞台関係者の“熱”に、ワクワクドキドキを感じる日々。 ⇒達花和月さんの記事一覧はこちら

コメント欄

有料会員登録してログインすると、コメントを書き込めます(コメントを送信すると、すべての人が読める形で公開されます)。

最近のコメント

  1. まっちゃま より:

    普段聞けないような話がここで聞けて嬉しいです。
    そしてこのお二人のお写真がとても素敵です。


最近の記事

■ 2020年3月掲載分
■ 2020年2月掲載分
■ 2020年1月掲載分
 過去記事一覧は⇒こちら 有料会員登録は⇒こちら
お勧め商品
新着商品
Sorry, no posts matched your criteria.