「みんな通ってきた『若さゆえ』を引き出せたら」、浦井健治&柿澤勇人対談(下) | アイデアニュース

新着 予定 プレゼント 教室 ペット

会員登録バナー

「みんな通ってきた『若さゆえ』を引き出せたら」、浦井健治&柿澤勇人対談(下)

筆者: 岩村美佳 更新日: 2020年3月24日

【編集部追記】2020年5月4日(月)に政府より発表された緊急事態宣言の延長を受け、ブロードウェイ・ミュージカル「ウエスト・サイド・ストーリー」Season3公演は、全公演を中止とすることが5月13日に発表されました。
https://www.tbs.co.jp/stagearound/wss360_3/

ブロードウェイ・ミュージカル『ウエスト・サイド・ストーリー』Season3が、IHIステージアラウンド東京にて上演されます。トニー役を演じる浦井健治さんと柿澤勇人さんの合同取材の最後の部分と、アイデアニュース独自のインタビュー部分を紹介します。ミュージカルでも芝居の印象が強いおふたりが、この作品をどう作ろうとしているのか伺いました。

浦井健治さん(左)と柿澤勇人さん(右)=撮影・岩村美佳

浦井健治さん(左)と柿澤勇人さん(右)=撮影・岩村美佳

--おふたりは『ウエスト・サイド・ストーリー』には、どういう風に出会われましたか?

浦井:僕は映画ですね。

柿澤:僕は劇団四季の研究生から入りましたが、浅利(慶太)先生がご存命でしたので、当時は何曲かレパートリーを持っていなければいけなかったんですよ。「今すぐ、あの曲を歌え」となったときに、歌えなかったら首が飛ぶんですが、その中のひとつが「Maria(マリア)」だったので、映画も観ていました。ただ、僕が在団中にはウエストサイドが上演作品には入っていなかったので、作品としては観てはいないんですが、鹿賀丈史さんがトニーを演じていたCDを聴いたりしました。でも、僕も映画が最初ですね。

--作品全体のメッセージについて感じていることを教えてください。

柿澤:たくさんあるんですが…単純に、争っていてもなにも生まれないということだと思います。来日版を観ましたが、最後の演出は、争いや闘うことに対して「どうなんだよ」と突きつける。

浦井:マリアが争いに対して、そのメッセージを背負っている気がします。

--お話が尽きないですが、最後にメッセージをお願いします。

浦井:IHIステージアラウンド東京で、Season1、2と繋いできたバトンが3で完結します。我々がしっかりと責任を持ってゴールができるように、「これが今の、日本の『ウエスト・サイド・ストーリー』です」と伝えるメッセージを含めて、責任を持ってまっとうできたらと思いますので、ぜひとも劇場に、アトラクション感覚で来ていただけたらと思います。

柿澤:Season1、2をご覧になった方は、また全然毛色というか、感じ方も全然違って楽しめると思います。ミュージカルが好きな方でも、IHIステージアラウンド東京という舞台を観る機会も、そんなに多くはないと思いますが、『ウエスト・サイド・ストーリー』という昔から不朽の名作で、その舞台を楽しんでいただきたいです。普遍的な、いろいろなメッセージがある作品です。名曲に乗せて、皆が一生懸命に汗をかきながらがんばっている姿を、ミュージカル好きな方も、まったく舞台を観たことがない方も、「え? 客席が回るの? 行ってみようぜ」という感覚で観てもらっても、絶対になにかを感じて帰ってもらう自信はあるので、とにかく来ていただきたいなと思います。

<取材協力>
・浦井さんヘアメイク 山下由花
・浦井さんスタイリング 壽村太一
・柿澤さんヘアメイク 松田蓉子
・柿澤さんスタイリング 椎名宣光
ブルゾン¥84,000、シャツ¥31,000/ともにCINOH(MOULD 03-6805-1449)
パンツ¥18,000/NUMBER (N)INE(NUMBER (N)INE 03-6416-3503)
ブーツ¥65,000/FACTOTUM×EARLE(FACTOTUM LAB STORE 03-5428-3434)

※アイデアニュース有料会員限定部分には、おふたりがたくさんの作品でカンパニーを作るときにどういうところを意識しているのか、『ウエスト・サイド・ストーリー』で芝居の表現をどう作ろうとしているかなどについて伺ったアイデアニュース独自インタビューの全文と写真を掲載しています。

<有料会員限定部分の小見出し>

浦井:どこの現場でも嘘のない信じ合える絆が稽古場で生まれる

■柿澤:雰囲気は絶対いい方がいい。ジェッツとシャークスだけど、みんな大人だから

■浦井:トニーは俯瞰しているポジション。人として核がしっかりしている

■柿澤:トニーは真っ直ぐに生きてきた人間。ただ、「若さゆえ」がキーになる

<ブロードウェイ・ミュージカル『ウエスト・サイド・ストーリー』Season3>
【東京公演】2020年4月1日(水)~2020年5月31日(日) IHIステージアラウンド東京 (中止)
公式サイト
https://www.tbs.co.jp/stagearound/wss360_3/

<関連リンク>
浦井健治オフィシャルファンクラブ”Kopi-Luwak”
https://www.fanclub.co.jp/k_urai/?id=8
ARTIST PROFILE|浦井健治-CANDID
http://www.candid-net.jp/artist_infomation/talentDetail.php?id=6
浦井健治&STAFFTwitter
https://twitter.com/Kenji_Staff
柿澤勇人ホリプロオフィシャルサイト
https://www.horipro.co.jp/kakizawahayato/
柿澤勇人オフィシャルファンクラブ8810&co.
http://fc.horipro.jp/hayatokakizawa/
柿澤勇人&STAFF
https://twitter.com/kakizawa_hayato

<ナビ番組情報>
『ウエスト・サイド・ストーリーSeason3 開幕直前SP』(仮)
2020年3月28日(土)午後4:00~4:30
TBS系にて放送 ※一部地域を除く

『ウエスト・サイド・ストーリー』 関連記事:

⇒すべて見る

浦井健治 関連記事:

⇒すべて見る

柿澤勇人 関連記事:

⇒すべて見る

※この記事には有料会員限定のプレゼントはありません。

浦井健治さん(左)と柿澤勇人さん(右)=撮影・岩村美佳

浦井健治さん(左)と柿澤勇人さん(右)=撮影・岩村美佳

全文が読める有料会員登録にご協力を

アイデアニュースは、有料会員のみなさんの支援に支えられ、さまざまな現場で頑張っておられる方々の「思いや理想」(ギリシャ語のイデア、英語のアイデア)を伝える独自インタビューを実施して掲載しています。ほとんどの記事には有料会員向け部分があり、有料会員(月額450円、税込)になると、過去の記事を含めて、すべてのコンテンツの全文を読めるようになるほか、有料会員限定プレゼントに応募したり、コメントを書き込めるようになります。有料会費は取材をしてくださっているフリーランスの記者のみなさんの原稿料と編集経費になります。良質な取材活動を続けるため、どうか有料会員登録にご協力をお願いいたします。

    
<筆者プロフィール>岩村美佳(いわむら・みか)  フォトグラファー/ライター ウェディング小物のディレクターをしていたときに、多くのデザイナーや職人たちの仕事に触れ、「自分も手に職をつけたい」と以前から好きだったカメラの勉強をはじめたことがきっかけで、フォトグラファーに。「書いてみないか」という誘いを受け、未経験からライターもはじめた。現在、演劇分野をメインに活動している。世界で一番好きなのは「猫」。猫歴約25年。 ⇒岩村美佳さんの記事一覧はこちら

コメント欄

有料会員登録してログインすると、コメントを書き込めます(コメントを送信すると、すべての人が読める形で公開されます)。

最近のコメント

  1. ちゅん より:

    Season1、Season2ほぼ全キャストを観てきて、ミュージカル経験十分なお二人ならではのトニーをとても楽しみにしています。
    アイデアニュース様のインタビューはやっぱり読み応えありますね。
    いつも本当にありがとうございます。

    祈願!開幕…。


最近の記事

■ 2020年8月掲載分
■ 2020年7月掲載分
■ 2020年6月掲載分
 過去記事一覧は⇒こちら 有料会員登録は⇒こちら
お勧め商品
新着商品
Sorry, no posts matched your criteria.