「言葉じゃないつながりを」、『ビリー・エリオット』大貫勇輔・永野亮比己対談(上) | アイデアニュース

新着 予定 プレゼント 教室 ペット

会員登録バナー

「言葉じゃないつながりを」、『ビリー・エリオット』大貫勇輔・永野亮比己対談(上)

筆者: 岩村美佳 更新日: 2020年9月9日

ミュージカル『ビリー・エリオット〜リトル・ダンサー〜』が、2020年9月11日(金)から9月14日(月)のオープニング公演を経て、9月16日(水)から10月17日(水)までTBS赤坂ACTシアターで、10月30日(金)から11月14日(土)まで梅田芸術劇場メインホールで上演されます。不況に喘ぐ英国北部の炭鉱の町を舞台に、ひとりの少年と彼を取り巻く大人たちの姿を描いた映画『BILLY ELLIOT』(邦題『リトル・ダンサー』)を、2005年にミュージカル化した作品で、エルトン・ジョンが音楽を手掛けています。日本では2017年に初演。客席の涙や熱い拍手は今でも強く記憶に残っています。アイデアニュースでは、オールダー・ビリーをダブルキャストで演じる、大貫勇輔さんと永野亮比己さんにインタビューしました。大貫さんは初演に続いて、永野さんは初めての出演です。上、下に分けてお届けします。

大貫勇輔さん(左)と永野亮比己さん(右)=撮影・岩村美佳
大貫勇輔さん(左)と永野亮比己さん(右)=撮影・岩村美佳

――今、稽古はどんな段階ですか?

大貫:僕らのシーンはもう完成していて、何度も通しているんですが、作品全体で言うと、セクションごとに分かれていて、アクティングチーム、ダンスチーム、歌チームと、5つから6つの部屋で同時進行でやっているような感じですね。もう少ししたら、全体ができ上って、通し稽古をするんじゃないかなと思います。

永野:セクションごとに分かれて稽古しているので、全体で一緒にやる時は、皆さんがそれぞれに稽古してきたところを見られますね。

――永野さんは、初めて『ビリー・エリオット〜リトル・ダンサー〜』の世界に飛び込んでみて、現時点でどんな印象を持っていますか?

永野:僕はミュージカルライブ版の映像でしか観たことがなかったんですが、元々作品の内容は知っていましたし、以前僕が劇団四季にいた時に、初演を観劇した人たちから聞いた声が、とにかく「すごく面白かった」と。「泣けた」「めっちゃ笑った」「ビリー役の子供たちが本当にすごくて」「オールダー・ビリーのバレエのシーンが面白かった」など、とにかく期待が強かったんです。まさか自分がやるとは思ってもいなかったですし、元々僕はバレエ畑の人間ではないので、生粋のクラシックバレエダンサーの方が主にやるのかなと思っていたら、オーディションの話をいただいて、選んでいただけました。本当に、夢のような気持ちと言いますか、すごく嬉しかったですね。稽古場に行った時にも、気持ちとは裏腹にものすごく課題が多く、そしてやらなければならないことが、特にオールダー・ビリーがメインで踊る「ドリーム・バレエ」というシーンでは多かったですね。観ている分には、すごく楽しそうで、きれいだなと思っていましたが、実際やってみて苦労が初めて分かり、すごく刺激的な日々ですね。

――大貫さんは、永野さんが新しく入ってこられて、何か変化はありますか?

大貫:もちろん違いますね。「初演ではこうやってたよ」と言うのはすごく簡単ですが、僕は初演でやっていたことが全て正解だとは思わないんですね。だから、この新しいキャストで、新しい『ビリー・エリオット〜リトル・ダンサー〜』を作り上げていくという気持ちで、すべてのキャストが取り組んでいます。もちろん、初演組と再演組という囲いはあるんですが、この2回目の『ビリー・エリオット〜リトル・ダンサー〜』キャストという意識でやっていますので、また新たな作品だと思って、挑むような意識でやっています。ただ、その中で、オールダー・ビリーの「ドリーム・バレエ」のシーンは、特殊技能じゃありませんが、かなり難しいというか。僕も初演の時はめちゃくちゃ苦労したシーンでした。なので、「これをこうすると、もっとやりやすくなるよ」とか、そういうことは伝えながらやっています。すべてのシーンで細かく色々なことが全部決まってるんですよね。決まっていることはちゃんと伝えるけど、「こうやらなきゃいけない」という風には伝えないというか。だから、皆さん、お互いに協力しあってやっている現状ですね。

※アイデアニュース有料会員限定部分には、幻想的な「ドリーム・バレエ」のシーンがどのように作られていっているのか、オールダー・ビリーをどのように演じようと考えているかなどについて伺ったインタビュー前半の全文と写真を掲載しています。9月10日(木)掲載予定のインタビュー「下」では、今回のビリー4人についてのほか、大貫さんと永野さんの出会いやお互いの印象、コロナの影響でお客様が50パーセントに限られている状況をどのようにとらえているかなどについて伺ったインタビューの後半の全文と写真を掲載します。

<有料会員限定部分の小見出し>

■永野:阿吽の呼吸が大切。思っている以上に苦労があります

■大貫:ビリー、オールダー・ビリー、スタッフさん、3人の息が合わないとできないシーン

■永野:ロイヤルバレエのプリンシパルというより、ビリーの将来像でありたい

■大貫:肉体から発せられるエネルギーの中で、夢の時間をお客様に届けて共有する

<Daiwa House presents ミュージカル『ビリー・エリオット~リトル・ダンサー~』>
【オープニング公演】2020年9月11日(金)~9月14日(月) TBS赤坂ACTシアター
【東京公演】2020年9月16日(水)~10月17日(土) TBS赤坂ACTシアター
【大阪公演】2020年10月30日(金)~11月14日(土) 梅田芸術劇場メインホール
公式サイト
https://www.billyjapan.com

<関連リンク>
大貫勇輔 ホリプロオフィシャルサイト
https://www.horipro.co.jp/onukiyusuke/
大貫勇輔 オフィシャルファンクラブ
https://fc.horipro.jp/yusukeonuki/
大貫勇輔 YusukeOnuki official Twitter
https://twitter.com/FCyusuke_onuki
大貫勇輔 instagram
https://www.instagram.com/yusukeonuki_official/
永野亮比己 twitter
https://twitter.com/akihikonagano33
永野亮比己 instagram
https://www.instagram.com/akihikonagano_official/

『ビリー・エリオット~リトル・ダンサー~』 関連記事:

⇒すべて見る

大貫勇輔 関連記事:

⇒すべて見る

永野亮比己 関連記事:

⇒すべて見る


※大貫勇輔さんと永野亮比己さんのサイン色紙と写真1カットを、有料会員3名さまに抽選でプレゼントします。有料会員の方がログインするとこの記事の末尾に応募フォームが出てきますので、そちらからご応募ください。応募締め切りは10月9日(金)です。有料会員の方はコメントを書くこともできますので、どうかよろしくお願いいたします。

大貫勇輔さん=撮影・岩村美佳
大貫勇輔さん=撮影・岩村美佳

全文が読める有料会員登録にご協力を

アイデアニュースは、有料会員のみなさんの支援に支えられ、さまざまな現場で頑張っておられる方々の「思いや理想」(ギリシャ語のイデア、英語のアイデア)を伝える独自インタビューを実施して掲載しています。ほとんどの記事には有料会員向け部分があり、有料会員(月額450円、税込)になると、過去の記事を含めて、すべてのコンテンツの全文を読めるようになるほか、有料会員限定プレゼントに応募したり、コメントを書き込めるようになります。有料会費は取材をしてくださっているフリーランスの記者のみなさんの原稿料と編集経費になります。良質な取材活動を続けるため、どうか有料会員登録にご協力をお願いいたします。

    
<筆者プロフィール>岩村美佳(いわむら・みか)  フォトグラファー/ライター ウェディング小物のディレクターをしていたときに、多くのデザイナーや職人たちの仕事に触れ、「自分も手に職をつけたい」と以前から好きだったカメラの勉強をはじめたことがきっかけで、フォトグラファーに。「書いてみないか」という誘いを受け、未経験からライターもはじめた。現在、演劇分野をメインに活動している。世界で一番好きなのは「猫」。猫歴約25年。 ⇒岩村美佳さんの記事一覧はこちら

コメント欄

有料会員登録してログインすると、コメントを書き込めます(コメントを送信すると、すべての人が読める形で公開されます)。

最近のコメント

  1. あき より:

    素敵なインタビューをありがとうございます。
    お二人の考え方の違いや、違うけれど共通してるところなど感じられて、次の観劇がますます楽しみになりました。

  2. ごま より:

    永野亮比己さんの大ファンです。オールダービリー役を楽しみにしています。インタビュー楽しく拝見させていただきました。また取材していただけることを心待ちにしております!


最近の記事

■ 2020年9月掲載分
■ 2020年8月掲載分
■ 2020年7月掲載分
 過去記事一覧は⇒こちら 有料会員登録は⇒こちら
お勧め商品
新着商品
Sorry, no posts matched your criteria.