永野「勇輔は爆弾」・大貫「亮比己は刀」、大貫勇輔・永野亮比己対談(下) | アイデアニュース

新着 予定 プレゼント 教室 ペット

会員登録バナー

永野「勇輔は爆弾」・大貫「亮比己は刀」、大貫勇輔・永野亮比己対談(下)

筆者: 岩村美佳 更新日: 2020年9月10日

2020年9月11日(金)からのオープニング公演を経て、9月16日(水)にTBS赤坂ACTシアターで開幕、10月30日(金)からは梅田芸術劇場メインホールで上演されるミュージカル『ビリー・エリオット〜リトル・ダンサー〜』で、オールダー・ビリーをダブルキャストで演じる、大貫勇輔さんと永野亮比己さんのインタビュー、後半です。今回のビリー4人についてのほか、大貫さんと永野さんの出会いやお互いの印象、コロナの影響でお客様が50パーセントに限られている状況をどのようにとらえているかなどについてお話を伺いました。

大貫勇輔さん(左)と永野亮比己さん(右)=撮影・岩村美佳
大貫勇輔さん(左)と永野亮比己さん(右)=撮影・岩村美佳

――今回のビリー4人は、それぞれいかがですか?

大貫:今回は全然違う個性です。すごく努力家で丁寧な調(川口調)、本当に柔軟性のある太一(利田太一)、どこか哀しみを内包しているけれどあっけらかんとしていて、一番ビリーっぽい海琉(中村海琉)、そして、ものすごくバレエができる出日寿(渡部出日寿)。そういう印象です。

――永野さんはいかがですか?

永野:本当にその通りです。みんな、キャラクターが分かりやすい。それぞれのポテンシャルの高さもありますし、特性も特技もありますし。本当に4人それぞれ、面白いビリーになるんじゃないかなと思います。あとは、最初のシーンから最後のシーンまである程度作品ができ上がってきて、最初から最後まで通してみたその後に、それぞれがどういったものを残すのかも、今、ものすごく楽しみです。物怖じせず、隠そうとせず、120パーセントで全部を出し切って欲しいです。

大貫:『ビリー・エリオット〜リトル・ダンサー〜』の難しいところは、芝居ができないといけないんですが、“芝居”をしちゃいけないんですよね。「今、芝居してる」というのが見えた瞬間、観ているほうは冷めるじゃないですか。完璧を求めてしまうと、守りに入るけれど、失敗してもいいから、必死なビリー像を追い続けて欲しい。でもそれは、すごく難しいことだと思うんです。だから、それを彼らがどこまで掴んでやれるのか……。ビリーを演じるって、結構色んなものを削る作業のような気がするんですよ。すごくしんどいと思うんです。それをもし本当の意味で手に入れたら、彼らはすごい俳優になるんだろうなと思っています。彼らはひとりひとり特殊技能がありますので、

――ビリーはその時にしか演じられないと言いますものね。

永野:まさに成長期の時ですね。

――今回のビリーたちと、どのように向き合っていますか?

大貫:ビリー少年たちと、どうやったらこの「ドリーム・バレエ」で人を感動させられるかを考えて作っています。「今の目の合わせ方でいいと思う」とか、「ここの体勢をこうしてから一緒に開く」とか、本当に細かなことなんです。

――技術的なことですね。

大貫:そうですね。本当にこれをちょっとするだけで、お客さんは「わっ!」と思う。その積み重ねを、もうひたすらにやっています。だから、子供じゃなくてひとりのプロの表現者として向かい合っている意識ですね。

――永野さんは、この年頃の子たちと、がっつり組んだことはありますか?

永野:スタジオで教えをしたりする時には、だいたいこれくらいの年代の子たちはいますので、関わりはあります。でも、これだけ情報量の多いことを1度にこなそうとしている4人だからか、元々なのか、4人とも、ものすごく自分というものや自分の意見をはっきり持っていて、個がはっきりしています。勇輔が言ったように、子供としては見ていないですね。コミュニケーションを取る時も会話をする時も、接する時も、子供なんだけれど、同じ舞台に立つ大人として接してあげたほうが、正しい接し方じゃないのかなと。僕も彼らから学ぶことがありますし、彼らも僕から学べることがあれば、学んでもらったらいいなと思います。本当に必要なことがあれば、人生の経験値の上で分かることがあれば、伝えることは伝えますが、それ以外は「先生と生徒」みたいにはしないようにしています。

※アイデアニュース有料会員限定部分には、大貫さんと永野さんの出会いやお互いの印象、コロナの影響でお客様が50パーセントに限られている状況をどのようにとらえているかなどについて伺ったインタビューの後半の全文と写真を掲載します。

<有料会員限定部分の小見出し>

■永野:母から「人間らしく」と。大貫:僕も「ダンサーである前に、いい人間であれ」と

■永野:ダンサーとしての勇輔は、爆弾みたい。大貫:亮比己は、刀みたい

■永野:コロナでみんなが悩んでいる状況、新たなものが生まれる可能性もあるのかなと

■大貫:「つらいけどちゃんと向き合う」時代。それとリンクする作品を観に来て欲しい

<Daiwa House presents ミュージカル『ビリー・エリオット~リトル・ダンサー~』>
【オープニング公演】2020年9月11日(金)~9月14日(月) TBS赤坂ACTシアター
【東京公演】2020年9月16日(水)~10月17日(土) TBS赤坂ACTシアター
【大阪公演】2020年10月30日(金)~11月14日(土) 梅田芸術劇場メインホール
公式サイト
https://www.billyjapan.com

<関連リンク>
大貫勇輔 ホリプロオフィシャルサイト
https://www.horipro.co.jp/onukiyusuke/
大貫勇輔 オフィシャルファンクラブ
https://fc.horipro.jp/yusukeonuki/
大貫勇輔 YusukeOnuki official Twitter
https://twitter.com/FCyusuke_onuki
大貫勇輔 instagram
https://www.instagram.com/yusukeonuki_official/
永野亮比己 twitter
https://twitter.com/akihikonagano33
永野亮比己 instagram
https://www.instagram.com/akihikonagano_official/

『ビリー・エリオット~リトル・ダンサー~』 関連記事:

⇒すべて見る

大貫勇輔 関連記事:

⇒すべて見る

永野亮比己 関連記事:

⇒すべて見る

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

リトル・ダンサー [DVD]
価格:1100円(税込、送料別) (2020/8/31時点)


※大貫勇輔さんと永野亮比己さんのサイン色紙と写真1カットを、有料会員3名さまに抽選でプレゼントします。有料会員の方がログインするとこの記事の末尾に応募フォームが出てきますので、そちらからご応募ください。応募締め切りは10月9日(金)です。(このプレゼントの募集は終了しました)有料会員の方はコメントを書くこともできますので、どうかよろしくお願いいたします。

永野亮比己さん=撮影・岩村美佳
永野亮比己さん=撮影・岩村美佳

全文が読める有料会員登録にご協力を

アイデアニュースは、有料会員のみなさんの支援に支えられ、さまざまな現場で頑張っておられる方々の「思いや理想」(ギリシャ語のイデア、英語のアイデア)を伝える独自インタビューを実施して掲載しています。ほとんどの記事には有料会員向け部分があり、有料会員(月額450円、税込)になると、過去の記事を含めて、すべてのコンテンツの全文を読めるようになるほか、有料会員限定プレゼントに応募したり、コメントを書き込めるようになります。有料会費は取材をしてくださっているフリーランスの記者のみなさんの原稿料と編集経費になります。良質な取材活動を続けるため、どうか有料会員登録にご協力をお願いいたします。

    
<筆者プロフィール>岩村美佳(いわむら・みか)  フォトグラファー/ライター ウェディング小物のディレクターをしていたときに、多くのデザイナーや職人たちの仕事に触れ、「自分も手に職をつけたい」と以前から好きだったカメラの勉強をはじめたことがきっかけで、フォトグラファーに。「書いてみないか」という誘いを受け、未経験からライターもはじめた。現在、演劇分野をメインに活動している。世界で一番好きなのは「猫」。猫歴約25年。 ⇒岩村美佳さんの記事一覧はこちら

コメント欄

有料会員登録してログインすると、コメントを書き込めます(コメントを送信すると、すべての人が読める形で公開されます)。


最近の記事

■ 2020年11月掲載分
■ 2020年10月掲載分
■ 2020年9月掲載分
 過去記事一覧は⇒こちら 有料会員登録は⇒こちら
お勧め商品
新着商品
Sorry, no posts matched your criteria.