「ずっと舞台に立てるのは、この上もない喜び」、朝夏まなとインタビュー(下) | アイデアニュース

新着 予定 プレゼント 教室 ペット

「ずっと舞台に立てるのは、この上もない喜び」、朝夏まなとインタビュー(下)

筆者: 岩村美佳 更新日: 2021年3月5日

2021年3月6日(土)から3月23日(火)まで東京芸術劇場プレイハウスで上演されるミュージカル『バーナム』(兵庫公演、神奈川公演あり)に興行師、P.T.バーナムの妻チャイリー役で出演する朝夏まなとさんのインタビュー後半です。稽古が進む2月下旬にインタビューしました。上、下に分けてお届けします。作品についてのお話のほか、『ローマの休日』公演を大千穐楽まで無事に終えられたことや、4月に上演される『エリザベート TAKARAZUKA25周年 スペシャル・ガラ・コンサート』など、2021年の今後に向けた想いも伺いました。(写真は2020年12月末に撮影、インタビューは2021年2月下旬に実施したものです)

朝夏まなとさん=撮影・NORI
朝夏まなとさん=撮影・NORI

――先日、加藤和樹さんとサーカスを観に行かれたそうですが、以前にもご覧になったことはありましたか?

子供の時に行きましたが、大人になってから行くと、また新鮮で、童心に帰れて、楽しかったです。普通に楽しんでしまいました。チャイリーはサーカスを作った人でもないので、役作りというより、普通に「すごい!」と楽しんでしまいました。

――二人ともいいお客さんだったと思うと、加藤さんがおっしゃっていました。

そうだと思いますよ(笑)。「嘘だろ~!?」、「いやいや、無理だろ無理!」、「うわ~っ!」みたいな感じで、今は騒いじゃいけないので、マスクの中ですごく騒いでしまいました(笑)。

――思わずそうなるくらいの世界観が、『バーナム』でも見られる期待があります。

ジャグリングがすごいですよ。

――皆さん、ジャグリングをするんですか?

8人の方たちがジャグリングもされるんですが、皆さん、この稽古に入るまでやったことなかったなんて、信じられないくらいのレベルです。本当にすごいです。もうサーカスに出られるくらい。

――そういうエンターテイメント性も楽しめる、ということですね。

本当に、ハラハラドキドキが見られると思います。

――2021年が始まって2か月ほど経ちましたが、2020年を経て今年はどんなことを感じていますか?

もう2月なんて、早いですね。今年の年明けに、博多座で『ローマの休日』の公演を大千穐楽まで無事にできたことは、舞台に関わる人たちにとって希望だと言っていただけたので、本当に嬉しかったですね。何とか最後の公演まで終えることが責任だと思っていました。今思うと、皆さん明るかったですね。そんなに話せない中でも、お互いがお互いを思いやって、笑うことがすごくよかったのかなと、今となっては思いますね。免疫を上げる上でも。今のこの稽古場も皆さんすごく明るいんです。荻田さんがそういう空気を作ってくださっているんです。和樹君はすごく大変なお役で、ひとりでずっと出ずっぱりだから、すごく大変だなと私は思うんですが。『LITTLE WOMEN-若草物語-』のジョーくらい出ていますので(笑)。

――それは本当に大変ですね(笑)。分かりやすいです。

ジョーよりも出ているかもしれないくらい。だから、大変だなと思っていますが、和樹君はすごく元気です。座長がそういう感じで空気を作ってくれていますので、すごく明るい現場です。

――1月、2月、明るく元気に過ごしてきているんですね。

はい、とても楽しく元気にやらせていただいています。

※アイデアニュース有料会員限定部分には、朝夏さんが出演した『ローマの休日』公演が大千穐楽まで無事に終えられたことや、2021年4月から5月にかけて上演される『エリザベート TAKARAZUKA25周年 スペシャル・ガラ・コンサート』出演など、2021年の今後に向けた想いも伺ったインタビュー後半の全文と写真を掲載します。

<有料会員限定部分の小見出し>

■『エリザベート TAKARAZUKA25周年 スペシャル・ガラ・コンサート』嬉しい

■上の音域が広がった分、下の音域もすごく出るようになって、楽に歌える

■2021年上半期はスケジュールが詰まっていて、舞台に立てるのはこの上もない喜び

■『バーナム』、何があってもへこたれないパワーは伝わるんじゃないかな

<ミュージカル『BARNUM』>
【東京公演】2021年3月6日(土)〜3月 23日(火) 東京芸術劇場 プレイハウス
【兵庫公演】2021年3月26日(金)〜3月28日(日) 兵庫県立芸術文化センター 阪急中ホール
【神奈川公演】2021年4月2日(金) 相模女子大学グリーンホール
公式サイト
https://musical-barnum.jp/

<関連リンク>
朝夏まなと オフィシャルウェブサイト
https://asakamanato.com/
朝夏まなと 東宝芸能プロフィール
https://www.toho-ent.co.jp/actor/1040
朝夏まなと オフィシャルinstagram
https://www.instagram.com/asaka_manato_official/
朝夏まなと マネージャーTwitter
https://twitter.com/asakamanatomg

『BARNUM』 関連記事:

⇒すべて見る

朝夏まなと 関連記事:

⇒すべて見る

加藤和樹 関連記事:

⇒すべて見る

『LITTLE WOMEN-若草物語-』 関連記事:

⇒すべて見る

『エリザベート TAKARAZUKA25周年 スペシャル・ガラ・コンサート』 関連記事:

⇒すべて見る


※朝夏まなとさんのサイン色紙と写真1カットを、有料会員3名さまに抽選でプレゼントします。有料会員の方がログインするとこの記事の末尾に応募フォームが出てきますので、そちらからご応募ください。応募締め切りは4月4日(日)です。(このプレゼントの募集は終了しました)有料会員の方はコメントを書くこともできますので、どうかよろしくお願いいたします。

朝夏まなとさん=撮影・NORI
朝夏まなとさん=撮影・NORI

全文が読める有料会員登録にご協力を

アイデアニュースは、有料会員のみなさんの支援に支えられ、さまざまな現場で頑張っておられる方々の「思いや理想」(ギリシャ語のイデア、英語のアイデア)を伝える独自インタビューを実施して掲載しています。ほとんどの記事には有料会員向け部分があり、有料会員(月額450円、税込)になると、過去の記事を含めて、すべてのコンテンツの全文を読めるようになるほか、有料会員限定プレゼントに応募したり、コメントを書き込めるようになります。有料会費は取材をしてくださっているフリーランスの記者のみなさんの原稿料と編集経費になります。良質な取材活動を続けるため、どうか有料会員登録にご協力をお願いいたします。

    
<筆者プロフィール>岩村美佳(いわむら・みか)  フォトグラファー/ライター ウェディング小物のディレクターをしていたときに、多くのデザイナーや職人たちの仕事に触れ、「自分も手に職をつけたい」と以前から好きだったカメラの勉強をはじめたことがきっかけで、フォトグラファーに。「書いてみないか」という誘いを受け、未経験からライターもはじめた。現在、演劇分野をメインに活動している。世界で一番好きなのは「猫」。猫歴約25年。 ⇒岩村美佳さんの記事一覧はこちら

コメント欄

有料会員登録してログインすると、コメントを書き込めます(コメントを送信すると、すべての人が読める形で公開されます)。

最近のコメント

  1. ぽぽたん より:

    朝夏さんの舞台、大好きです❤️
    毎回とても楽しみにしております。
    バーナムも楽しみですが、なんといってもまたまぁ様トートが観れると思うと本当に嬉しくて今からドキドキしています。

  2. sun&moon より:

    朝夏さんへのインタビュー後編をとても嬉しく拝見しました。
    サーカスを見に行った和樹さんと朝夏さんの興奮や、バーナムのお稽古場の皆さんの熱気が伝わり公演がますます楽しみになっています。いよいよ始まりますね。
    エリザガラコンのお話も様々伺えて、思い入れある作品だけに喜びもひとしおです。
    嬉しい記事と素敵なお写真を本当にありがとうございました。

  3. ぐれーす より:

    いよいよ開幕!お稽古が進んだタイミングでのお話しで、お稽古場の様子や作品の雰囲気も感じられてワクワク感が増しました!加藤さんの記事でもそうでしたがお写真がとてもステキ!撮影は12月とのことでローマの休日の公演中ですが、お二人ともガラッと世界観が違う憂いを帯びた表情のショットで「俳優ってスゴイな」と改めて感じます。お二人とカンパニーのポジティブパワーを早く劇場で感じたいです。


最近の記事

■ 2021年4月掲載分
■ 2021年3月掲載分
■ 2021年2月掲載分
 過去記事一覧は⇒こちら 有料会員登録は⇒こちら
お勧め商品
新着商品
Sorry, no posts matched your criteria.