「鉄のように熱して叩いて」、『ジャック・ザ・リッパー』加藤和樹・白井晃対談(上) | アイデアニュース

新着 予定 プレゼント 教室 ペット

「鉄のように熱して叩いて」、『ジャック・ザ・リッパー』加藤和樹・白井晃対談(上)

筆者: 岩村美佳 更新日: 2021年9月1日

ミュージカル『ジャック・ザ・リッパー』が、2021年9月9日(木)から9月29日(水)まで日生劇場で、10月8日(金)から10月10日(日)までフェニーチェ堺 大ホールで上演されます。チェコ共和国で創作されたミュージカルを原作に、韓国独自のアレンジを施したミステリーミュージカルの日本初演です。アイデアニュースでは、アンダーソン役とジャック役を日替わりで演じる加藤和樹さんと、演出の白井晃さんの対談を、上下に分けてお届けします(アンダーソン役ダブルキャスト:松下優也さん、ジャック役ダブルキャスト:堂珍嘉邦さん)。インタビュー「上」では、これまで何度もご一緒して信頼関係を築いたおふたりならではをお話を伺いました。二役を演じる加藤さんに対して白井さんが思うことや、加藤さんの打たれ強さなどについて伺ったインタビュー前半の全文と写真を掲載しています。9月2日(木)午前11時0分掲載予定のインタビュー「下」では、加藤さんから見た白井さんの演出ならではの見どころや、白井さんが感じる作品の特徴、白井さんが加藤さんに変わらないでほしいと思っていることなどについて伺ったインタビューの後半の全文と写真を掲載します。

加藤和樹さん=撮影・NORI
加藤和樹さん=撮影・NORI
白井晃さん=撮影・二石友希
白井晃さん=撮影・二石友希

ーー発売中の加藤さんのアーティストデビュー15周年メモリアルフォトブックに、白井さんとの出会いについてのページがありましたね。

白井:稽古場から帰りたいと思っていたなんて知らなかったです。

加藤:白井さんには、絶対言わないですよ。それは僕の問題なので。

白井:演出やめようかと思いました(笑)。

加藤:勘弁してください(笑)。

ーー白井さんも加藤さんへ「何か前世であったんじゃないか」と思うくらいに不思議な縁がある、とメッセージを寄せていましたね。

白井:何かあったんでしょうね。僕が僧侶で、弟子入りした小僧坊主が、大きくなっても気がつけば側にいるみたいな。

ーーそんなご縁の深いおふたりですが、加藤さんはアンダーソンとジャッックの二役をスイッチするということですが、白井さんはどう思っていますか?

白井:まったくキャラクターが違う役柄を演じなければいけないので大変だけど、加藤君ならばうまくやってくれるんだろうなと信じています。

加藤:白井さんからそんな言葉を聴けるなんて! 嬉しいです。期待に応えたいと思います。

白井:いまやミュージカル界のスターなので、こんな言い方は失礼かもしれませんが、僕からすれば打たれ強い人だなという思いはあります。身体も胸板が厚くて「(胸元に)いま、何かちょっと入れてる?」と思うんですが、とにかく打たれ強い方なので。俳優はやはり自己表現をしたいわけですし、自意識が過剰で、自分を強くアピールしたいものなんですが、彼の場合は自己主張の強さを内に秘めているタイプなので、その辺りが信じられるところなのかなと思います。誰しもそういう部分はあるんですが、そこをわかった上でやっているところが、みんなからの信頼を得ているところなのではないかと思います。すごく真面目に言っていますが、真摯だなと、本当にそう思っているんですよ。特に、最初に一緒にやった作品(2013年の『オセロ』)は、役者の中でも一番若かったんですよね。

※アイデアニュース有料会員限定部分には、2013年の『オセロ』の時の話から、加藤さんの「打たれ強さ」の意味についてのお話の続きなどインタビュー前半の全文と写真を掲載しています。9月2日(木)午前11時0分掲載予定のインタビュー「下」では、加藤さんから見た白井さんの演出ならではの見どころや、白井さんが感じる作品の特徴、白井さんが加藤さんに変わらないでほしいと思っていることなどについて伺ったインタビューの後半の全文と写真を掲載します。

<有料会員限定部分の小見出し>(有料会員限定部分はこのページの下に出てきます)

■加藤:最初に白井さんとお仕事をさせていただいたときは、無力さに打ちひしがれ

■白井:役者は自分の体だけが勝負。苦しい負荷で、違う自分を発見できる

■白井:加藤君は叩く意味をわかっている。こっちの方向で叩かなければと求める

■加藤:自分でも硬いという自覚はあります。マネージャーからも言われるので

<ミュージカル『ジャック・ザ・リッパー』>
【東京公演】2021年9月9日(木)~9月29日(水) 日生劇場
【大阪公演】2021年10月8日(金)~10月10日(日) フェニーチェ堺 大ホール
公式サイト
https://horipro-stage.jp/stage/jacktheripper2021/

<関連リンク>
ミュージカル「ジャック・ザ・リッパー」twitter
https://twitter.com/musicaljack
ASSIST|加藤和樹Official Web Site
http://www.katokazuki.com/
加藤和樹オフィシャルブログ
https://ameblo.jp/katokazuki-blog/
加藤和樹Twitter
https://twitter.com/kazuki_kato1007
RECON OFFICE
http://www.recon-office.co.jp/index1.html

『ジャック・ザ・リッパー』 関連記事:

⇒すべて見る

加藤和樹 関連記事:

⇒すべて見る

白井晃 関連記事:

⇒すべて見る

※加藤和樹さんのサイン入り写真を、有料会員3名さまに抽選でプレゼントします。有料会員の方がログインするとこの記事の末尾に応募フォームが出てきますので、そちらからご応募ください。応募締め切りは10月1日(金)です。(このプレゼントの募集は終了しました)有料会員の方はコメントを書くこともできますので、どうかよろしくお願いいたします。

加藤和樹さん=撮影・NORI
加藤和樹さん=撮影・NORI

全文が読める有料会員登録にご協力を

アイデアニュースは、有料会員のみなさんの支援に支えられ、さまざまな現場で頑張っておられる方々の「思いや理想」(ギリシャ語のイデア、英語のアイデア)を伝える独自インタビューを実施して掲載しています。ほとんどの記事には有料会員向け部分があり、有料会員(月額450円、税込)になると、過去の記事を含めて、すべてのコンテンツの全文を読めるようになるほか、有料会員限定プレゼントに応募したり、コメントを書き込めるようになります。有料会費は取材をしてくださっているフリーランスの記者のみなさんの原稿料と編集経費になります。良質な取材活動を続けるため、どうか有料会員登録にご協力をお願いいたします。

    
<筆者プロフィール>岩村美佳(いわむら・みか)  フォトグラファー/ライター ウェディング小物のディレクターをしていたときに、多くのデザイナーや職人たちの仕事に触れ、「自分も手に職をつけたい」と以前から好きだったカメラの勉強をはじめたことがきっかけで、フォトグラファーに。「書いてみないか」という誘いを受け、未経験からライターもはじめた。現在、演劇分野をメインに活動している。世界で一番好きなのは「猫」。猫歴約25年。 ⇒岩村美佳さんの記事一覧はこちら

コメント欄

有料会員登録してログインすると、コメントを書き込めます(コメントを送信すると、すべての人が読める形で公開されます)。

最近のコメント

  1. neco より:

    ジャック・ザ・リッパー開幕してからまた改めて読ませていただいています。
    白井さんを師と仰ぐ加藤さんの眼差しが見て取れるようです。
    おふたりの関係性、距離感に歴史みたいなものを感じます。
    定期か不定期か、今後もずっとおふたりのタッグで素敵な作品を世に送り出してくださいますように。
    素敵な対談記事をありがとうございます。

  2. りこ より:

    JTR観劇前に読ませていただきました。
    とても厚みのある記事ありがとうございます!
    加藤さんと白井さんの関係性がとても伝わってきて、最高のコンビネーションだと観じました。
    どのようなステージに出来上がってるのか楽しみでしかたないです。

  3. セッキー より:

    長年の間に培われてきた信頼感が伝わってきた素晴らしい記事でした!

    和樹さんの謙虚なところが役所としては災いになることもあるなど鋭い指摘が流石でしたし、こういうところを伝えてくださるから和樹さんも自ら叩かれにいくのだろうなと思いました。(←M)

    普段聞くことの出来ない深い深い対談を実現してくださってありがとうございます!

  4. より:

    初めて投稿させて頂きます
    共演者同士の対談はよく見かけます
    演出家と共演者の対談は珍しく
    2013年からの付き合いありきの今だからこその信頼関係を上手く引き出して下さり
    読み応えのある記事でした

  5. よーこ より:

    常に探求心を忘れない加藤君の真摯な姿に、応援をしています。JTRも硬いものがどのように変化していったのか、初日がとても楽しみになりました。コロナ禍での上演ですが、無事に開演できますように。後半の記事も楽しみにしています。

  6. ゆう より:

    いつも独自の切り口から深掘りされたインタビューを楽しく読ませていただいています。
    楽しみで仕方がないジャックザリッパー。ますます開幕が楽しみになるお話でした。
    加藤和樹さんの作品を沢山観劇しましたが、白井さんの演出作品に出演された後の作品で大きな成長を感じることが多々ありました。
    きっと和樹さんの伸ばし方を白井さんがよく理解してらっしゃり、そして和樹さんもそのことを理解し信頼してらっしゃるからこそなんだろうなと感じました。
    興味深い対談をありがとうございました。

  7. とうふ より:

    白井さんとのご関係が色濃く見える記事、読み応えがありました。これからも応援したい、観続けたいと心の底から思う俳優さんです。

  8. いくせ より:

    いつも和樹の記事をありがとうございます。
    長年のファンとしては、白井さんの舞台を経て和樹の役者スキルがどんどん上がっていくのが目に見えてわかるので、いつも楽しみにしています。この対談からも、信頼感が読み取れて、ワクワクします。大変な時期ですが、上演を楽しみにしています。頑張ってください!

  9. taro より:

    久し振りに白井さんと加藤さんの対談を拝読して、繋がりの深さと厚みを感じました。
    いつも加藤さんの記事を掲載していただき、ありがとうございます。

  10. kyoko より:

    おふたりの絆、信頼関係は昨日今日で作られたものではないんだな…と対談を読ませていただいて改めて強く感じました。これから初日を迎える舞台、無事に幕が上がり、作り上げ演じられる皆さんの想いをしっかり受け取りに行きたい!と心から願っています。
    いつも素敵な記事をありがとうございます。
    後編も楽しみにしております。

  11. mirurun より:

    ミュージカル開幕を直前にこのような対談を見られるのはとても嬉しく、期待値が非常に高まります。
    鉄は叩いて熱くなり、和樹さんも叩かれて磨かれる。
    演出家と互いの信頼があってこそ、の深い関係性を伺うことができて嬉しかったです。
    素敵な記事をありがとうございます!

  12. りかりん より:

    素敵な対談です。演出する者、受けとる者、互いの熱意や想い、考え方などをこんなふうに聞けるなんて。白井さんと加藤さんの間に存在する確かな信頼関係だからこそのお話は貴重で、何度も読み返しています。
    後編も今からとても楽しみです。

  13. より:

    白井さんが和樹さんのことをどう見てどう感じて日々向き合っているのかがたくさん感じられる記事でとても興味深かったです。
    素敵な対談をでした!
    明日の後編も楽しみにしてます。

  14. まめゆき より:

    また、新しい和樹さんが観られることを楽しみにしています!

  15. りい より:

    お二人がこれまで作ってきた信頼関係と絆がそこかしこに感じられる貴重な対談。楽しくしっかり読ませていただきました。いつも素敵な記事をありがとうございます。無事に幕が上がることを祈りつつ、明日の後編も楽しみにしています!

  16. non より:

    Kを読んで和樹さんの白井さんに対する思いは知っていましたが、白井さんの和樹さんに対する思いを知ることができて、とっても嬉しいです。
    素敵なインタビューをありがとうございます!

  17. きゃら より:

    厳しくも愛のある白井さんと、和樹さんの真摯で飽くなき探究心、向上心がピタリとハマるんだなと今回のインタビューを拝読し改めて感じました。
    役者と演出家という関係を超えて、信頼関係を築けているのも素敵でそれを垣間見ることができて嬉しいです。
    後編も楽しみにしています。

  18. ぴーちりーふ より:

    いつも素敵な記事&インタビューをありがとうございます。次はいつ掲載されるか毎回楽しみにしております。これからも、和樹さんへのインタビューや記事をよろしくお願いします。次回の後半も楽しみに…なかなか難しい日常ではありますが、無事に幕が開き、観劇出来ることを祈っております。

最近の記事

■ 2021年11月掲載分
■ 2021年10月掲載分
 過去記事一覧は⇒こちら 有料会員登録は⇒こちら
お勧め商品
新着商品
Sorry, no posts matched your criteria.