「子役たちの笑みに教えられる」、『ピーターパン』小西遼生・森新太郎対談(上) | アイデアニュース

新着 予定 プレゼント 教室 ペット

「子役たちの笑みに教えられる」、『ピーターパン』小西遼生・森新太郎対談(上)

筆者: 岩村美佳 更新日: 2021年7月22日

ミュージカル『ピーターパン』が、2021年7月22日(木・祝)から8月1日(日)まで、めぐろパーシモンホール・大ホールで、8月7日(土)から8日(日)まで相模女子大学グリーンホール・大ホールで、続いて、大阪、仙台、名古屋で上演されます。日本上演40周年記念公演として、森新太郎さんの演出で新たにリニューアルされます。出演は、4回目の出演となる吉柳咲良さんがピーターパンを、初めての出演となる小西遼生さんがフック船長とダーリング氏を演じます。アイデアニュースでは、7月初めに小西さんと森さんの対談取材をしました。上、下に分けてお届けします。上では、通し稽古をしている様子や、今回描こうとしていることについて伺いました。

小西遼生さん=撮影・岩村美佳
小西遼生さん=撮影・岩村美佳

――通し稽古をしていると伺いましたが、手応えはいかがでしょうか。

小西:最高ですね。

森:今日の通し稽古がたまたまうまくいったから、最高なんですよ(笑)。今日は4回目の通し稽古でしたが、僕もいつもこんなにご機嫌じゃないです。みんな、音楽ととても仲よくなりつつあるので、それが今上向きの理由かなと思います。

小西:この段階で通し稽古ができていることが嬉しいです。流れの中でしか分からないことがありますが、4回もやって、自分のところも、他の人を見ていても、「この作品はこういう流れがうまくいくと、観ていてすごく楽しいんだろうな」というところが見えたりして、今はそれがいいですね。

――おふたりが目指す、今年の『ピーターパン』の、これまでとは絶対に違うポイントを聞かせていただけますか。

森:主役のピーターパンを始め、これは子供ばかりが登場するお芝居なんです。大人はいない。小西が演じるフック船長だって見た目は大人ですが、どう考えても大人の被り物をかぶった子供ですし、どの人物もそういう作りになっています。海賊もリリーたちもすぐに怖がるし、ちょっとしたことで子供みたいにはしゃいで喜ぶ。「ネバーランドって本当に子供しかいない国なんだな」という様は、今回かなり具体的に表現できているんじゃないかなと思います。

――そこは、森さんが今回大事にしたい部分ということですね?

森:そうですね、実際に子供の感覚でいないと、この戯曲は通らないところがたくさんあります。思うに子供の最大の武器は、すぐに忘れるところです。興味がコロコロと変わり、眼前のものにありったけのエネルギーを注ぎ込むじゃないですか。その単純さがあると、すごくダイナミックに話が進むのですが、大人の感覚を持ち込んで、理屈っぽく気持ちの整理などを始めると、急に生気のない芝居になってしまう。

小西:今、森さんが言っていることは、本読みの一番最初の頃に、まず目指しているものとして、僕らに説明してくださいました。実際にネバーランドでフック船長をやっていても、子供のつもりでやっているところが多いです。この現場は、年齢的に若い子が多く、小さい子もいるので、モデルがたくさんいるんですよね。「子供ってそうだよね」というところを見られるので、取り入れられるところは実際に取り入れたりしています。

※アイデアニュース有料会員限定部分には、「子供」がキーワードの作品にどのように取り組んでいるかや、アナログと映像の違いなどについて語ってくださったインタビュー前半の全文と写真を掲載しています。7月23日(金)掲載予定のインタビュー「下」では、下では、お互いの印象や、ミュージカルにおいて大事にしているポイントなどについて伺ったインタビューの後半の全文と写真を掲載します。

<有料会員限定部分の小見出し>

■森:ピーターパンの演技などで迷ったりすると、子役に聞いています

■森:ネバーランドの住人たちがどれだけ活き活きとしているかが肝心かなめ

■小西:固定観念は持たずに参加、現時点で参考にしているのは原作の小説

■小西:子供たちが空を飛ぶ瞬間は、アナログであればあるほど感動する

<ブロードウェイミュージカル『ピーターパン』>
【東京公演】2021年7月22日(木・祝)~8月1日(日) めぐろパーシモンホール大ホール
【神奈川公演】2021年8月7日(土)~8月8日(日) 相模女子大学グリーンホール(相模原市文化会館)
【大阪公演】2021年8月14日(土)~8月15日(日) 梅田芸術劇場メインホール
【宮城公演】2021年8月21日(土)~8月22日(日) 仙台銀行ホール イズミティ21・ 大ホール
【愛知公演】2021年8月28日(土)~8月29日(日) 御園座
公式サイト
https://horipro-stage.jp/stage/peterpan2021/

<関連リンク>
小西遼生オフィシャルサイト
https://konishiryosei.com
小西遼生|株式会社キューブオフィシャルサイト
http://www.cubeinc.co.jp/archives/artist/konishiryosei
小西遼生 twitter
https://twitter.com/ryosei_konishi
小西遼生 instagram
https://www.instagram.com/ryosei_konishi_official/
森新太郎 monaka kogyo
森新太郎/演出(モナカ興業)

『ピーターパン』 関連記事:

⇒すべて見る

小西遼生 関連記事:

⇒すべて見る

森新太郎 関連記事:

⇒すべて見る


※小西遼生さんの写真と小西遼生さんと森新太郎さんのサイン色紙を、有料会員3名さまに抽選でプレゼントします。有料会員の方がログインするとこの記事の末尾に応募フォームが出てきますので、そちらからご応募ください。応募締め切りは8月22日(日)です。(このプレゼントの募集は終了しました)有料会員の方はコメントを書くこともできますので、どうかよろしくお願いいたします。

小西遼生さん(左)と森新太郎さん(右)=撮影・岩村美佳
小西遼生さん(左)と森新太郎さん(右)=撮影・岩村美佳

全文が読める有料会員登録にご協力を

アイデアニュースは、有料会員のみなさんの支援に支えられ、さまざまな現場で頑張っておられる方々の「思いや理想」(ギリシャ語のイデア、英語のアイデア)を伝える独自インタビューを実施して掲載しています。ほとんどの記事には有料会員向け部分があり、有料会員(月額450円、税込)になると、過去の記事を含めて、すべてのコンテンツの全文を読めるようになるほか、有料会員限定プレゼントに応募したり、コメントを書き込めるようになります。有料会費は取材をしてくださっているフリーランスの記者のみなさんの原稿料と編集経費になります。良質な取材活動を続けるため、どうか有料会員登録にご協力をお願いいたします。

    
<筆者プロフィール>岩村美佳(いわむら・みか)  フォトグラファー/ライター ウェディング小物のディレクターをしていたときに、多くのデザイナーや職人たちの仕事に触れ、「自分も手に職をつけたい」と以前から好きだったカメラの勉強をはじめたことがきっかけで、フォトグラファーに。「書いてみないか」という誘いを受け、未経験からライターもはじめた。現在、演劇分野をメインに活動している。世界で一番好きなのは「猫」。猫歴約25年。 ⇒岩村美佳さんの記事一覧はこちら

コメント欄

有料会員登録してログインすると、コメントを書き込めます(コメントを送信すると、すべての人が読める形で公開されます)。

最近のコメント

  1. ぽち蔵 より:

    素敵なお写真と、読み応えのある、聞きたいと思っていることを聞ける(読める)インタビューには毎回感謝です!
    ありがとうございます!

  2. kakeru より:

    いつも素敵なお写真と記事をありがとうございます!!
    観劇後にこの記事を改めて読ませていただいて、舞台をより興味深く感じることができました!!

  3. 白狐 より:

    観劇を断念しました。公演が始まりこの決断を悔やんでます。が、開演後のアイディアニュースさんの記事や映像が様々有り感謝してます🙇‍♀️

  4. yaya より:

    いつも素敵な写真をありがとうございます
    昨日、初日を観てきましたが、童心に帰ることができ本当に楽しかったです
    小西さんのフック船長はスタイル抜群でコミカルで 面白おかしい表情が最高です
    また観に行きます

  5. あきしゃん より:

    フック船長がディズニーのまんまなのですごく楽しみでした。
    観るのは8月でまだちょっと先ですが
    待ち遠しいです
    いつも素敵な記事と写真ありがとうございます

  6. roze より:

    海賊ルックの小西さんは、すごーく変にしないと、どうしてもカッコ良く見えてしまう(ファンの贔屓目かもですが)
    飛べる、飛べるって感動は、子供の笑顔が一番正直で素敵で伝わってくると、イギリスのピーターパンを見て思いました。

    ピーターパンの悪役フック船長(ダーリング氏も子供から見れば驚異)
    でもピーターパンの悪役達って、子供っぽくて憎めない。
    どんなピーターパンになっているのか、小西さんのコミカルであろう大きな子供のフック船長、とても楽しみですを
    お写真も他にない構図ばかりでとても嬉しいです。
    下も楽しみにしています。

  7. みゆき より:

    お二人のインタビューを拝見して、初めての「ピーターパン」観劇が待ち遠しくてワクワクしてきました。小難しいことは考えずにネバーランドを楽しみたいと思います。

  8. K より:

    今回も観劇が楽しみになるインタビューと、素敵なお写真をありがとうございます。
    続きも楽しみにしています。

最近の記事

■ 2021年11月掲載分
■ 2021年10月掲載分
 過去記事一覧は⇒こちら 有料会員登録は⇒こちら
お勧め商品
新着商品
Sorry, no posts matched your criteria.