エッセイ:「私と猫たち」(5) 箱入り3兄弟の10年 | アイデアニュース

新着 予定 プレゼント カルチャー

会員登録バナー

エッセイ:「私と猫たち」(5) 箱入り3兄弟の10年

筆者: 岩村美佳 更新日: 2015年10月26日

 

今回は、肝っ玉母さん・しゃらと、我が家に残った3匹のしゃらの息子たち、そしてそこに加わった1匹の白黒猫・じゅうべいについて綴りたい。大きな猫団子を作る仲のいい家族だった。

 

しゃら。誰でも受け入れてくれるとても性格のいいお母さん=撮影・岩村美佳

しゃら。誰でも受け入れてくれるとても性格のいいお母さん=撮影・岩村美佳

 

生後6カ月。ぶち太郎・しゃら次郎・てんてん三郎。去勢前に可愛いタマタマを撮影=撮影・岩村美佳

生後6カ月。ぶち太郎・しゃら次郎・てんてん三郎。去勢前に可愛いタマタマを撮影=撮影・岩村美佳

 

箱入り息子のぶち太郎、しゃら次郎、てんてん三郎

 

我が家に残ることになった、ぶち太郎、しゃら次郎、てんてん三郎。生まれたときから我が家で育ち、何の危険も知らない箱入り息子たちは、いつまでもお母さんが大好きのマザコントリオだった。もう出ないおっぱいをいつまでも吸い続け、小さなしゃらのお腹を突き破りそうなくらい大きな手でふみふみしていた。しゃらが乳離れさせようとせず、いつまでも吸わせておくものだから、息子たちは甘えて出ないおっぱいを吸い続けていた。

 

しゃらファミリーに加わるじゅうべい(右端)=撮影・岩村美佳

しゃらファミリーに加わるじゅうべい(右端)=撮影・岩村美佳

 

公園から「じゅうべい」がやってきた

 

彼らが生まれて1年1カ月程たった5月半ば、弟が猫を連れて帰りたいと母に電話をしてきた。公園にひとりでいた白黒猫は、片目が開けられない状態で、弟はこのままほっておいたら死んでしまうと思ったようだった。生後4カ月程の子猫は、野良猫のように汚れてもおらず、捨てられていたのではないかと思われた。弟は、その片目が開けられない様子から、江戸時代の剣豪・柳生十兵衛にちなんで「じゅうべい」と名付けた。推定4カ月ということで、誕生日はせりと同じ1月7日とした。病気が治るまでの1カ月は玄関に隔離され、1カ月後、しゃらたちの元へやってきた。

 

3兄弟がしゃらのおっぱいを吸っているのをみたじゅうべいは、「僕も♪」と、一緒にしゃらのおっぱいを吸った。「なんだ! 出ないじゃん(しょんぼり)」と思ったのだろうか、じゅうべいはそれ以来、吸いにはいかなかった。ちなみにこの3兄弟、おじいちゃん猫になるまで吸い続けた……。

 

生後5カ月ぐらい。じゅうべい=撮影・岩村美佳

生後5カ月ぐらい。じゅうべい=撮影・岩村美佳

 

こうして、6匹の猫を飼うことになった我が家。初代猫のめーちゃんから雌猫が3匹続いていたが、3兄弟から雄猫が続き、雄猫の可愛さにハマっていった。まず、大きい猫って可愛い。抱きごこちもいいし、動くぬいぐるみ感がとにかく可愛かった。特に3兄弟は、しゃらの妊娠中に、母が栄養を存分につけさせた効果だろうか。雄猫の中でも大きかった。そして雄は基本的に甘えただ。大きい動くぬいぐるみが甘えてくる……可愛いに決まっている!

 

しゃら・ぶち太郎・しゃら次郎・てんてん三郎・じゅうべいの猫団子=撮影・岩村美佳

しゃら・ぶち太郎・しゃら次郎・てんてん三郎・じゅうべいの猫団子=撮影・岩村美佳

 

好奇心旺盛なぶち太郎

 

ぶち太郎はとても綺麗な猫だった。兄弟たちの中でも容姿は一番の美形。小さい頃から好奇心旺盛で、お風呂場のふたに乗って溺れかけたり、遊んでいて足を切ったり。人間の胸の上で眠るのが好きで、一緒に眠る母はよくうなされていた。

 

ぶち太郎=撮影・岩村美佳

ぶち太郎=撮影・岩村美佳

 

とても繊細なしゃら次郎

 

しゃら次郎はとても繊細な猫だった。小さい頃はライオンの赤ちゃんのような顔で、なんとも愛らしかった。最初から我が家に残すことを決めていたので、母乳を飲んでいても母が他の子に譲らせていたことも原因だったのか、臆病で情緒不安定なところがあった。一時期、隣の家の扉を閉める音が大きく鳴り響き続けたことがあったのだが、情緒不安定になった次郎は、自分のしっぽを噛み切る自虐行為をしていた。猫もこんなことをするのかと驚いた事件だった。

 

しゃら次郎。猫タワーの足下に隠れる。大きいカメラも怖がっていた=撮影・岩村美佳

しゃら次郎。猫タワーの足下に隠れる。大きいカメラも怖がっていた=撮影・岩村美佳

 

鍵を器用に開けてしまうてんてん三郎

 

てんてん三郎はとても賢い猫だった。人間が開け閉めするのを見て、ゲージの籠の鍵を器用に開けてしまう。あるとき、母が庭に出て草むしりをしていると、振り返ったらゲージにいるはずの猫たちが庭にいて焦ったそう。てんてんが鍵を開けてしまったのだ。そして、小さい頃から一匹だけひとまわり大きかった。私が作ったせりの首輪が、せりには小さくなってきたとき、他の子たちには大きかったが、てんてんにはちょうどよかった。コアラ鼻の模様が個性的で、ユニークな顔立ちだった。

 

生後1カ月半ぐらい。てんてん三郎。せりのお下がりの首輪=撮影・岩村美佳

生後1カ月半ぐらい。てんてん三郎。せりのお下がりの首輪=撮影・岩村美佳

 

てんてんは、一番大きくて抱きごこちもよく、疲れて帰って「てんちゃーん……」と抱きしめると、翌日具合が何度か悪くなることがあった。「私の疲れがてんちゃんにうつっちゃった!」と思い、悪い気をうつしたらだめだなと、自制したものだ。

 

てんてん三郎。鼻の模様がユニークでコアラのよう。目の水色は綺麗だった=撮影・岩村美佳

てんてん三郎。鼻の模様がユニークでコアラのよう。目の水色は綺麗だった=撮影・岩村美佳

 

3兄弟が生まれて10年目、悲しい日が突然

 

じゅうべいは、三角顔の猫たちの中で、ひとり丸顔の猫だった。キャラクターのノラクロのような八割れ顔。うちの家族は三角顔派だったので、アウェイだったかもしれない。ガラス窓から見える猫たちを見た近所の人の中には、じゅうべいが一番可愛いという方もいたので、丸顔派には人気があった。3兄弟にまじって、一番下の弟のように仲良く暮らしていた。

 

じゅうべいがやってきてから、大きな変化はなく、平和にのんびりした時間が続いていたが、3兄弟が生まれて10年目。悲しい日が突然やってきた。ぶちの急死だ。調子がおかしいと気づいてから1日程で、あっという間に旅立ってしまった。血糖値が異常に高くなっていて、おそらく糖尿病ではないかということだった。私は、このとき命が消えていく瞬間をはじめて目の当たりにした。詳細はおまけで書かせて頂くが、鮮明な記憶は今も薄れることはない。

 

ぶち太郎・じゅうべい。同じ白黒柄同士、仲良しでした=撮影・岩村美佳

ぶち太郎・じゅうべい。同じ白黒柄同士、仲良しでした=撮影・岩村美佳

 

ぶちが旅立って後、他の猫たちは長く生きてくれた。てんてんとじゅうべいは17歳まで、しゃら次郎は19歳まで、そして、しゃらは20歳まで生きた。十分に生きて、私たちに幸せな時間を与えてくれた。しゃら、せり、 ぶち太郎、しゃら次郎、てんてん三郎、じゅうべいの6匹は、1歳3カ月しか年齢が離れていなかったため、ぶちをのぞく5匹は4年の間に次々と旅立っていった。その4年の時間は、やはりしんどかったなと思い返す。愛情を注いだ命がなくなっていく、何度看取っても慣れることはない苦しい時間だ。それでも、生きている間に十分に愛情を注いだ。我が家に来てくれて、私たちを幸せにしてくれてありがとうと伝えたい。

 

てんてん三郎・しゃら次郎。ぶち太郎がいなくなってより仲よく過ごしていた=撮影・岩村美佳

てんてん三郎・しゃら次郎。ぶち太郎がいなくなってより仲よく過ごしていた=撮影・岩村美佳

 

じゅうべい。緑色の目がとても綺麗だった=撮影・岩村美佳

じゅうべい。緑色の目がとても綺麗だった=撮影・岩村美佳

 

しゃら。母の畳まれたちゃんちゃんこの上でくつろぐ=撮影・岩村美佳

しゃら。母の畳まれたちゃんちゃんこの上でくつろぐ=撮影・岩村美佳

 

———————————————————

 

<アイデアニュース有料会員向け【おまけ的小文】>

 

おかしいと気づいたのは夜中のことだった

 

遺影とともに部屋のメモリアルコーナーに

 

全文が読める有料会員登録にご協力を 月額300円

アイデアニュースは、自由な編集方針を貫き、読者のみなさまに本当に役に立つ情報を提供するため、広告を掲載せず、企業や団体からの金銭を一切受け取らず、有料会員のみなさんの支援のみで運営しています。ほとんどの記事には有料会員向け部分があり、有料会員(月額300円、税込)になると、過去の記事を含めて、すべてのコンテンツの全文が読めるようになるほか、プレゼント応募やコメント記入などができるようになります。会費は取材をしてくださっているフリーランスの記者のみなさんの原稿料となります。良質な取材活動を続けるため、どうか有料会員登録にご協力をお願いいたします。

    
<筆者プロフィール>岩村美佳(いわむら・みか)  フォトグラファー/ライター ウェディング小物のディレクターをしていたときに、多くのデザイナーや職人たちの仕事に触れ、「自分も手に職をつけたい」と以前から好きだったカメラの勉強をはじめたことがきっかけで、フォトグラファーに。「書いてみないか」という誘いを受け、未経験からライターもはじめた。現在、演劇分野をメインに活動している。世界で一番好きなのは「猫」。猫歴約25年。 ⇒岩村美佳さんの記事一覧はこちら

投稿・コメント欄(現在、ログインしていないので記入できません。有料会員がログインすると記入枠が表示されます)

有料会員(月額300円)登録してログインすると、投稿・コメントを書き込めます

 アイデアニュース無料メルマガ

アイデアニュースに新着記事を掲載した時に、お知らせします。だいたい週に1回程度発行しています。登録解除は、届いたメルマガの末尾のURLをクリックすれば完了します。⇒見本


登録するメールアドレスはパソコンからのメールを受信できるアドレスにしてください。パソコンメールを受信拒否設定している場合は、ドメイン「ideanews.jp」からのメールを受け取れるように、受信設定してください。(auの場合は⇒こちら)(docomoの場合は⇒こちら) メールアドレスを登録すると、そのアドレスに受信承認のメールが届きますので、承認してください。


お名前(ニックネーム可、任意)


メールアドレス(必須)


スパム対策の回答(必須)
雪の色は白? それとも黒?


最近の記事

■ 2017年10月掲載分
■ 2017年9月掲載分
■ 2017年8月掲載分
 過去記事一覧は⇒こちら 有料会員登録は⇒こちら
お勧め商品
新着商品
Sorry, no posts matched your criteria.