「どうすれば上演できるか。人に頼るだけでなく、演者も考えないと」加藤和樹(下) | アイデアニュース

新着 予定 プレゼント 教室 ペット

「どうすれば上演できるか。人に頼るだけでなく、演者も考えないと」加藤和樹(下)

筆者: 岩村美佳 更新日: 2022年2月24日

2022年2月26日(土)から3月15日(火)まで東京芸術劇場 プレイハウスで上演される舞台『冬のライオン』で、ヘンリー二世の長男・リチャード役を演じる加藤和樹さんのインタビュー後編です。

「下」では、久しぶりのストレートプレイ出演にあたって感じていること、ミュージカルとライブを同時並行でこなしていた昨年末のこと、20代の頃に比べて無駄を削ぎ落とすことができるようになったこと、一人で準備するときにはみんなで合わせた時に現場で出せるストックを貯めるようにしていること、2022年の活動として発表されている『るろうに剣心 京都編』やご自身のアーティスト活動15周年の集大成となる「野音」のこと、コロナ禍が続いている今思うこと・読者の皆さまに伝えたいことなどについて話してくださった内容や、『冬のライオン』で楽しみにしていただきたいことやお客さまへのメッセージを紹介します。

稽古場の加藤和樹さん(左)と高畑淳子さん
稽古場の加藤和樹さん(左)と高畑淳子さん

(※このインタビューは1月末にリモートで実施したものです)

ーー3年ぶりの、ストレートプレイご出演ですが、稽古をされて新鮮ですか?それとも、ミュージカルとあまり変わらないような感覚ですか?

お芝居をやるという意味では、あまりミュージカルと差はないのですが、今回、本当に出演者も少ないですし、歌もないので、より言葉の意味やキャラクターを深めていかなければいけないと思っています。その台詞の意味合いや、なぜこの場でこういうことを言うのかなどを、もっと深く追求していかなくてはいけません。ミュージカルの歌の中の歌詞というのは、言葉であり、台詞ですから、両者にあまり違いはなく、「歌があるか、ないか」くらいでしかないですね。

ーー歌を音符として、自分に叩きこむ時間が必要ないですよね。

それはだいぶ助かっています。

ーー助かっているのですか?

だって、難しいじゃないですか。芝居だけをやっている今、改めて考えると、歌を歌いながら芝居をするのは大変だなと思うんです。でも、だからこそストレートプレイは、音楽がない分、ごまかしが効かない。ミュージカルでは、歌で心情を伝えられますが、ストレートプレイにはそれがありません。キャラクターをお客さまに理解していただくにあたっては、自分の居方や、そのほかの人たちとの関係性でしか表現できないですね。3兄弟のあり方もそうですが、そこの輪郭を、もう少しはっきりさせていくことが必要かなと思います。

ーー昨年末は、2種類のライブを回しながらミュージカルにもご出演と、忙しいスケジュールをこなされていました。加藤さんは、表現のバリエーションをさまざまお持ちかと思いますが、ご自身の表現活動において、それぞれのバランス感覚のようなものは、意識されていますか?

バランスというよりは、全部自分がやりたいことですし、それぞれで違う表情が見せられればいいなというくらいです。その中で、表現することが違うというだけで、どれも加藤和樹なので。それぞれの表情を楽しんでいただけたらと思います。自分の精神バランスとしては、昔ほど大変なことをやっているという感覚は、あまりないです。

ーー「昔」とは、いつ頃ですか?

20代のときですね。30歳を超えてからは、そんなに大変だとは感じていません。

ーー処理する力が上がったということでしょうか?

それもあると思います。現場を経験していく中で、無駄な時間を自分で削ぎ落としていけるようになりました。最初は経験がなかったので、どう切り替えていいかも分かりませんでしたが、だんだんスムーズにできるようになりました。昔は、アーティスト活動とミュージカルだけでも、スイッチが切り替えられなかったりしましたが、そういう部分ではラグがなくなった気がします。

※アイデアニュース有料会員限定部分には、一人で準備するときにはみんなで合わせた時に現場で出せるストックを貯めるようにしていること、2022年の活動として発表されている『るろうに剣心 京都編』やご自身のアーティスト活動15周年の集大成となる「野音」のこと、コロナ禍が続いている今思うこと・読者の皆さまに伝えたいことなどについて話してくださった内容や、『冬のライオン』で楽しみにしていただきたいことやお客さまへのメッセージなど、インタビュー後半の全文を掲載しています。

<有料会員限定部分の小見出し>(有料会員限定部分はこのページの下に出てきます)

■自分一人でもできる作業は、現場で何を出されてもいいようにストックを貯めること

■今年も新たな挑戦。小池先生との『るろうに剣心 京都編』も、15周年の「野音」も

■我々の仕事はなくても成立する。でも楽しみにしている人のために行動を起こすべき

■自分の愛する人や友達、家族にもう少し素直になってもいいのかなと感じられる作品

<舞台『冬のライオン』>
【東京公演】2022年2月26日(土)~3月15日(火) 東京芸術劇場 プレイハウス
公式サイト
https://www.thelioninwinter.jp/

『冬のライオン』 関連記事:

⇒すべて見る

加藤和樹 関連記事:

⇒すべて見る

※有料会員の方はコメントを書くこともできますので、よろしくお願いいたします。

稽古場の加藤和樹さん(左)と高畑淳子さん
稽古場の加藤和樹さん(左)と高畑淳子さん

全文が読める有料会員登録にご協力を

アイデアニュースは、有料会員のみなさんの支援に支えられ、さまざまな現場で頑張っておられる方々の「思いや理想」(ギリシャ語のイデア、英語のアイデア)を伝える独自インタビューを実施して掲載しています。ほとんどの記事には有料会員向け部分があり、有料会員(月額450円、税込)になると、過去の記事を含めて、すべてのコンテンツの全文を読めるようになるほか、有料会員限定プレゼントに応募したり、コメントを書き込めるようになります。有料会費は取材をしてくださっているフリーランスの記者のみなさんの原稿料と編集経費になります。良質な取材活動を続けるため、どうか有料会員登録にご協力をお願いいたします。

    
<筆者プロフィール>岩村美佳(いわむら・みか)  フォトグラファー/ライター ウェディング小物のディレクターをしていたときに、多くのデザイナーや職人たちの仕事に触れ、「自分も手に職をつけたい」と以前から好きだったカメラの勉強をはじめたことがきっかけで、フォトグラファーに。「書いてみないか」という誘いを受け、未経験からライターもはじめた。現在、演劇分野をメインに活動している。世界で一番好きなのは「猫」。猫歴約25年。 ⇒岩村美佳さんの記事一覧はこちら

コメント欄

有料会員登録してログインすると、コメントを書き込めます(コメントを送信すると、すべての人が読める形で公開されます)。

最近のコメント

  1. Pink より:

    以前とは全く違う環境になり、世の中が真っ暗になってしまったように感じた2年前。「何もできなくなってしまった」→「できることを見つけよう」に発想転換ができたのは和樹さんのおかげです。
    エンタメに力をもらい、歌に励まされながらエッセンシャルワーカーとしてこの状況に一緒に立ち向かうことができ、感謝しかありません。
    心に栄養をもらうために、観劇に行きますね!
    楽しみにしています。

  2. non より:

    水面下で音楽制作が進んでる…なんと嬉しい言葉でしょうか?
    必要ない人もいるのでしょうが、私にとって舞台観劇は生きる術です。もちろん和樹さんのライブも!
    関係者だけではなく、私達観客もどうやってこの場所を守れるか?を常に考えていなくてはいけないと思います。
    全面中止になったあの日々から、やっとここまでこぎつけたんです。後退させたくないですもんね。

  3. taro より:

    2年前、帝劇で「ローマの休日」を拝見した時に、コロナに負けず上演された事に感謝し、涙が溢れました。
    ライヴに参加した時も、楽しくて感謝しかありませんでした。
    エンタメの灯を消さず挑戦し続けている姿に元気をいただいています。
    インタビューを通して、改めて強い思いを感じました。
    ありがとうございました。

最近の記事

■ 2022年5月掲載分
■ 2022年4月掲載分
■ 2022年3月掲載分
■ 2022年2月掲載分
 過去記事一覧は⇒こちら 有料会員登録は⇒こちら
お勧め商品
新着商品
Sorry, no posts matched your criteria.