「こういうミュージカルを観てほしい」『ブラッド・ブラザーズ』ウエンツ瑛士(上) | アイデアニュース

新着 予定 プレゼント 動画

「こういうミュージカルを観てほしい」『ブラッド・ブラザーズ』ウエンツ瑛士(上)

筆者: 岩村美佳 更新日: 2022年3月27日

正反対の環境で育った双子の数奇な運命を描いたミュージカル『ブラッド・ブラザーズ』が2022年3月21日(月)に開幕し、4月3日(日)まで東京・国際フォーラムホールCで上演されます。本作はその後、愛知・刈谷市総合文化センター アイリス大ホール、福岡・久留米シティプラザ ザ・グランドホール、大阪・梅田芸術劇場シアター・ドラマシティで上演されます。

アイデアニュースでは、双子を演じる柿澤勇人さん(ミッキー)につづき、ウエンツ瑛士さん(エドワード)にインタビューしました。ウエンツ瑛士さんのインタビューを、上、下に分けてお届けします。「上」では、稽古の中で感じるエディ役を演じる上での難しさについて、物語の舞台であるイギリスに留学されていたときに感じたことを踏まえて話してくださった内容や、柿澤勇人さんの魅力について、「ミュージカル」のイメージについてご自身が感じていること、今回の『ブラッド・ブラザーズ』でも、そのイメージを少し変えていきたいと思っていることなどを紹介します。

「下」では、ウエンツさんがミュージカルに初めて出演されたときのこと、『天才執事ジーヴス』で振付を担当されていた前田清実先生との出会いが、ミュージカルへ取り組むなかでの転機となったこと、はじめて2幕後半からラストまで通したときに柿澤勇人さんの手から伝わってきた気持ちや、『ブラッド・ブラザーズ』への思いについて力強く話してくださった内容などを紹介します。

エドワード役 ウエンツ瑛士さん=撮影・岩田えり
エドワード役 ウエンツ瑛士さん=撮影・岩田えり

(※このインタビューは3月初旬に行いました)

ーー稽古をされていて、どのような手応えや難しさを感じていらっしゃいますか?

身体的な難しさは課題だなと思っています。まず、エディの子供の頃を、7〜8歳、14歳、18歳と演じますが、年代ごとの「子供らしさ」の表現です。そして「裕福に育った」という、日本にはなかなかない、イギリスならではの階級、身分の違いという部分を、自分の体に入れつつお客様にもわかりやすい見せ方をするとなると、これもまた難しいと思っています。

ーー子供らしさや階級の違いの表現について、演出をされる吉田さんから、具体的に言われていることはありますか?

やりながらいろんな形を試しています。「リアルではそういう動きだよね」という部分と、東京でいえば「東京・国際フォーラムホールC」という劇場でやるにあたって、登場した瞬間にわかるバランスがあるので、その塩梅に、鋼太郎さんらしさが一番出るんじゃないかと思います。「リアルにやること」だけでは伝わらないこともたくさんありますから。ドラマ性があるかどうかというところを探っています。

ーー本作では、エドワードとミッキーの子供時代が多いのも見どころのひとつだと思いますが、子供を演じるということについては、いかがですか?

自然と街にいる子供を見るようになりましたね。いつも稽古場終わりに、1時間ぐらい歩いて、熱を冷ましながら帰ったりするのですが、保育園や幼稚園から出されて、「まだ帰りたくない」とわめいている子供や、喧嘩してパパにすごく怒っている子供とか、いろんな子供たちに出会います。感情をそのまま、何の隔たりもなく、すっと出せる力がすごいなと思いますし、泣いた後は、5秒後ぐらい経てばもう寝ていたりするんですよね。もしかすると、泣き方よりも、その使い切った感などに、子供っぽさが出るのかなと思いながら、日々見ています。

ーー子供は、行動する上で後先考えていないですよね。

人生というものをまだわかっていないですからね(笑)。

ーー階級の違いの表現も難しいとのことでしたが、イギリスに留学されていたときに、実際に階級のことなどを感じる体験はありましたか?

留学の際には、上流階級の方とお食事をさせていただくこともありました。そういう方々は、そもそもパブなどにも行かないですし、その他の人々とは生活圏もまったく別なんです。

そしてまず、イギリスでは階級によって言葉の発声や喋り方が違うんです。挨拶しただけで、その人がどのくらいの身分にいるのかがわかりますが、日本語で訳したときにはそれができないので、どう見せようかと。

僕は、日本で『ブラッド・ブラザーズ』を拝見したことはなかったのですが、英語のサントラを聴いたとき、エディが歌う歌の最初の一小節目の「How can I」の発音の仕方で、「この人はすごく上の階級なんだ」とわかるなと思いました。日本語では同じ箇所を、「君は例えば」と歌うのですが、そのひと言だけでは、「上の階級の人なんだ」ということはどうしても伝えられないです。

また、イギリスでは育ちが上流階級だというだけで、上の者が下を差別することもありませんでしたが、身分の高さを伝えようとしすぎると、日本語では、鼻につく感じになってしまうかもしれません。イギリスでの経験をふまえて、個人として想うことはあれど、解決の糸口にはまだ結びついていないかなという感じです。

ーー稽古の中で、柿澤さんと具体的に話し合っているところはありますか?

今のところ、役柄についての話はあまりしていないのですが、マスクで稽古をしていることもあり、お互いの目を見て、もらえるものをもらって、しっかり渡していくことを丁寧にやりましょうと話しています。

まだ、お互いのセリフが馴染んでいないところがたくさんあるんです。エディはミッキーに、ミッキーはエディに、お互いにすごく憧れを持っているのだと思っています。ただ、育ちに差があるので、エディは素直に「すげぇ」と言えるけれど、ミッキーは「すげぇ、嬉しい」と思っていてもあまり表現せずに、「お前が好きならばやれば」という感じなんです。

表現の仕方は違っていますが、根っこは双子で、元々持っているものは一緒ですし、思うことはすごく近いんです。「このふたりはお腹の中で一緒だったんだ」というふうに、ふたりが繋がっていくと面白いかなと思っています。

※アイデアニュース有料会員限定部分には、柿澤勇人さんの魅力について、「ミュージカル」のイメージについてご自身が感じていること、今回の『ブラッド・ブラザーズ』でも、そのイメージを少し変えていきたいと思っていることなどインタビュー前半の全文を掲載しています。3月28日掲載予定のインタビュー「下」では、ウエンツさんがミュージカルに初めて出演されたときのこと、『天才執事ジーヴス』で振付を担当されていた前田清実先生との出会いが、ミュージカルへ取り組むなかでの転機となったこと、はじめて2幕後半からラストまで通したときに柿澤勇人さんの手から伝わってきた気持ちや、『ブラッド・ブラザーズ』への思いについて力強く話してくださった内容など、インタビューの後半の全文を掲載します。

<有料会員限定部分の小見出し>(有料会員限定部分はこのページの下に出てきます)

■口数は少ない柿澤くん。でも「この人に付いていこう」とみんな思う。そこが彼の魅力

■「ミュージカルは気持ちが高まった時に歌に入るんでしょ」みたいなイメージを変えたい

■もう少しリアルに近く、エンタメ性もあるものをミュージカルで作れたらいいなと思う

■「観てくださーい!!!」という感じではなく、少しトーンを下げて喋っている番宣

<ミュージカル『ブラッド・ブラザーズ』>
【東京公演】2022年3月21日(月)~4月3日(日) 東京国際フォーラム ホールC
【愛知公演】2022年4月9日(土)・10日(日)刈谷市総合文化センター アイリス大ホール
【久留米公演】2022年4月15日(金)~17日(日)久留米シティプラザ ザ・グランドホール
【大阪公演】2022年4月21日(木)〜24日(日)梅田芸術劇場シアター・ドラマシティ
公式サイト
https://horipro-stage.jp/stage/bb2022/
https://www.cubeinc.co.jp/archives/theater/bb2022

『ブラッド・ブラザーズ』 関連記事:

⇒すべて見る

ウエンツ瑛士 関連記事:

⇒すべて見る

※ウエンツ瑛士さんのサイン色紙を、有料会員4名さまに抽選でプレゼントします。有料会員の方がログインするとこの記事の末尾に応募フォームが出てきますので、そちらからご応募ください。応募締め切りは4月27日(水)です(このプレゼントの募集は終了しました)。有料会員の方はコメントを書くこともできますので、よろしくお願いいたします。

ミッキー役 柿澤勇人さん(右)、エドワード役 ウエンツ瑛士さん(左)、リンダ役 木南晴夏さん=撮影・岩田えり
ミッキー役 柿澤勇人さん(右)、エドワード役 ウエンツ瑛士さん(左)、リンダ役 木南晴夏さん=撮影・岩田えり

全文が読める有料会員登録にご協力を

アイデアニュースは、有料会員のみなさんの支援に支えられ、さまざまな現場で頑張っておられる方々の「思いや理想」(ギリシャ語のイデア、英語のアイデア)を伝える独自インタビューを実施して掲載しています。ほとんどの記事には有料会員向け部分があり、有料会員(月額450円、税込)になると、過去の記事を含めて、すべてのコンテンツの全文を読めるようになるほか、有料会員限定プレゼントに応募したり、コメントを書き込めるようになります。有料会費は取材をしてくださっているフリーランスの記者のみなさんの原稿料と編集経費になります。良質な取材活動を続けるため、どうか有料会員登録にご協力をお願いいたします。

    
<筆者プロフィール>岩村美佳(いわむら・みか)  フォトグラファー/ライター ウェディング小物のディレクターをしていたときに、多くのデザイナーや職人たちの仕事に触れ、「自分も手に職をつけたい」と以前から好きだったカメラの勉強をはじめたことがきっかけで、フォトグラファーに。「書いてみないか」という誘いを受け、未経験からライターもはじめた。現在、演劇分野をメインに活動している。世界で一番好きなのは「猫」。猫歴約25年。 ⇒岩村美佳さんの記事一覧はこちら

コメント欄

有料会員登録してログインすると、コメントを書き込めます(コメントを送信すると、すべての人が読める形で公開されます)。

最近のコメント

  1. にゃーちゃん より:

    ウエンツ君のミュージカル対する思いが知れ、とても読み応えのある記事をありがとうございます。
    ウエンツ君からいつも素敵な世界を観せてもらってます。
    ブラッドブラザーズも何度も観ましたがとても心打たれました。素晴らしかった。
    もっともっとウエンツ君の魅力を
    たくさんの人に知ってもらいたいです。

最近の記事

■ 2022年9月掲載分
■ 2022年8月掲載分
■ 2022年7月掲載分
■ 2022年6月掲載分
 過去記事一覧は⇒こちら 有料会員登録は⇒こちら
お勧め商品
新着商品
Sorry, no posts matched your criteria.