「僕の涙と睡眠時間と…」、『ダブル・トラブル』日野真一郎(上) | アイデアニュース

新着 予定 プレゼント 教室 ペット

「僕の涙と睡眠時間と…」、『ダブル・トラブル』日野真一郎(上)

筆者: 村岡侑紀 更新日: 2022年7月22日

2人のキャストで10人あまりの登場人物を演じるミュージカルコメディ『ダブル・トラブル』~2022 夏 Season A~が、2022年7月28日(木)から8月14日(日)まで、東京・オルタナティブシアターで、Season Bが、8月16日(火)から8月30日(火)まで東京・有楽町よみうりホールで、Season Cが、9月5日(月)から9月13日(火)まで東京・自由劇場で上演されます。Season Aには、浜中文一さん、相葉裕樹さん、日野真一郎(LE VELVETS)さん、横山賀三さんが、Season Bには、林翔太さんと寺西拓人さんが出演します。Season Cに出演するのは、Season Bの林さんと寺西さんペアと、2021年の公演にも出演した原田優一さんと太田基裕さんペアです。

アイデアニュースでは、Season Aにジミー・マーティンなどの役で出演する日野真一郎さんにインタビューしました。インタビューは、上、下に分けてお届けします。「上」では、この作品に出演したいと思ったポイント、稽古をしながら感じていること、演じる中でチャレンジになりそうな役のこと、タップダンスのことや、コメディだからこそ心掛けていること、日常生活でも常に『ダブル・トラブル』のことを考えているということなどについて伺った内容を紹介します。

「下」では、Season Aのみなさんとの稽古のこと、稽古場でSeason Bの2人と話したということや、稽古初日に、原田さんにLINEと電話で相談したということ、作品の楽曲のこと、ウォーリー木下さんの演出や高橋亜子さんの訳詞のこと、これまでに出演された『SMOKE』、『Glory Days』、『ジョセフ・アンド・アメージング・テクニカラー・ドリームコート』のことについて伺った内容と、お客さまへのメッセージなどを紹介します。

日野真一郎さん=撮影・NORI
日野真一郎さん=撮影・NORI

ーー昨年、『ダブル・トラブル』を観劇された時に「出演したい」と思われたとのことですが、その理由を教えてください。

拝見した時に、「これを2人でやっているの? 」と思ったんです。これを本当に2人でやっている」と考えると、「どうなっているんだろうな」と気になりました。仕掛けなども想像できなくて…。登場する2人は、セリフも膨大なのに、コントも、ダンスもやっているし、そしてピアノも弾いていて。「すごいミュージカルだなあ」と、いろいろな要素が含まれていることにも惹かれました。そういうところから、これは出てみたいな、挑戦したいなと思ったのがきっかけです。

ーー今、お稽古中だと伺っていますが、実際にこの作品に挑戦されて、いかがですか?

すごく大変なことをやっていると感じています。でも、「大変そうだな」ではなく、「すごく面白い! 」と、ご覧になっている方々に思っていただけるところまでいけてこその作品だと思います。

演じている側は大変ですし、これから稽古が進んでいくと、更に大変になってくるとは思いますが、そこを感じさせなかったら役者の勝ちだなと。「大変そうな作品ね」ではなく、「すごく面白くて楽しかった! 一体、どう演じているの? 」というふうに言っていただけることを目指しています。

ーージミーを中心に、10役あまりを演じられますよね。そして、先ほどおっしゃっていたように、コントやダンスなどの、さまざまな要素も含まれる作品です。今回、ご自身にとって、一番の挑戦になりそうなのは、どのあたりでしょうか?

「間」がないことですね。これまでに経験したことがあるミュージカルでは、複数の役を演じていたとしても、出番に「間」がありました。でもこの作品では、早着替えが5秒などのところもあります。その時間の中で声色や、人物の癖など、次の役の特徴にぱっと切り替えなければならないので、そこがまずは大変だなと思っています。

ーー昨年拝見したのですが、確かに、ノンストップで進んでいく作品ですよね。

はい。休む暇がないです。

ーー舞台に出ているか、奥に入って何かをしているか、という感じでしょうか。

舞台に出て、その後奥にはけて、そこで着替えながらセリフを言ったりするシーンもあります。はけて、水飲んで、よし行こう! と舞台に出ていくスタイルが一般的だとすると、この作品には、そういう時間がないシーンもいっぱいあります。

ーーそうなると、考える前に、身体がぱっと動くくらいの状態を目指しているのでしょうか?

今はまだ、段取りの稽古をしているので、頭の中をいったん整理する時間をとりたいと思っています。例えば、「このシーンでは、扉を開けておかないと」とか逆に「閉めておかないと」というようなことです。まずは、そこをおさえるのが結構大変です。

ーーノンストップの流れの中で、役ごとのスイッチはどのように切り替えていくのでしょう?

本番中に考えていたら、多分間に合わないと思うので、稽古中にしっかりと考えて、慣らして…とはいっても、慣らす時間は、あまり取れないかもしれませんが(笑)。

ーージミー役がメインになってくるかと思われますが、10役あまりの中で、特にチャレンジになりそうなのは、どのキャラクターですか?

最初は、レベッカかなと思っていました。もちろん、レベッカは女性役なので、挑戦でもあり、面白く取り組めるとは思うのですが、今は、プレストンというプロデューサーの役にちょっと苦戦しています。今日初めて稽古したということもありますが、どういうキャラクターにしようかなと。

この作品で面白いのは、出てくるキャラクターみんなが主人公だなと考えられるところです。もちろん、ジミーとボビーが主役にはなっているのですが、他の役を脇役だと思わずに、キャラクターそれぞれの人生を考えるんです。

レベッカやプレストンが出てくるシーンでは、それぞれを主人公として作品を観ると、観ている側も楽しいと思いますし、演じる側にとってもそうなんです。それぞれが主人公だと思いながら演じると、作品には描かれていない物語を想像することになるんです。例えば、この場面に来る前、プレストンは何をしていたんだろうなとか、この後は、どういう予定なのかなとか、いろいろと考えるんです。そういうふうに考えると、またすごく面白いなと思っています。観ていただく場合にも、シーンごとに、キャラクターに合わせて視点を変えてみると、いろいろな楽しみ方ができるかもしれません。

ーー面白いですね。一方で、10以上のパターンで、役の物語を考えるとなると、そこもまた時間が必要そうですね。

そこまで、あと3週間!? ほどでいけるのかどうかです。自分の時間も睡眠時間も削りながら頑張っています。

※アイデアニュース有料会員限定部分には、タップダンスのことや、コメディだからこそ心掛けていること、日常生活でも常に『ダブル・トラブル』のことを考えているということなどについて伺った、インタビュー前半の全文と写真を掲載しています。23日掲載予定のインタビュー「下」では、Season Aのみなさんとの稽古のこと、稽古場でSeason Bの2人と話したということや、稽古初日に、原田さんにLINEと電話で相談したということ、作品の楽曲のこと、ウォーリー木下さんの演出や高橋亜子さんの訳詞のことや、これまでに出演された『SMOKE』、『Glory Days』、『ジョセフ』について伺った内容とお客さまへのメッセージなどインタビューの後半の全文と写真を掲載します。

<有料会員限定部分の小見出し>(有料会員限定部分はこのページの下に出てきます)

■習いたくて、レッスンにも行ったことがあるタップ。忙しくて通えず、今回は初心者

■「これ以上、大変なミュージカルはないだろうな」と思っていた『SMOKE』だけど…

■「ウケてもらいたい」という期待をせずに、自分が作ってきたものをやり通したい

■お風呂に入るときも、スマホで映像を確認。家でも台本を常に手元に置いて考える日々

<ミュージカル『ダブル・トラブル』2022夏 SeasonA>
【東京公演】2022年7月28日(木)~8月14日(日) オルタナティブシアター
公式サイト
https://www.musical-wtrouble.jp

『ダブル・トラブル』 関連記事:

⇒すべて見る

日野真一郎 関連記事:

⇒すべて見る

相葉裕樹 関連記事:

⇒すべて見る

※日野真一郎さんの写真1カットとサイン色紙を、有料会員3名さまに抽選でプレゼントします。有料会員の方がログインするとこの記事の末尾に応募フォームが出てきますので、そちらからご応募ください。応募締め切りは8月22日(月)です。有料会員の方はコメントを書くこともできますので、どうかよろしくお願いいたします。

日野真一郎さん=撮影・NORI
日野真一郎さん=撮影・NORI

全文が読める有料会員登録にご協力を

アイデアニュースは、有料会員のみなさんの支援に支えられ、さまざまな現場で頑張っておられる方々の「思いや理想」(ギリシャ語のイデア、英語のアイデア)を伝える独自インタビューを実施して掲載しています。ほとんどの記事には有料会員向け部分があり、有料会員(月額450円、税込)になると、過去の記事を含めて、すべてのコンテンツの全文を読めるようになるほか、有料会員限定プレゼントに応募したり、コメントを書き込めるようになります。有料会費は取材をしてくださっているフリーランスの記者のみなさんの原稿料と編集経費になります。良質な取材活動を続けるため、どうか有料会員登録にご協力をお願いいたします。

    
<筆者プロフィール>村岡侑紀(むらおか・ゆき) 広告制作会社に入社し、企業ブランディングやコピーライティングを経験。その後、化粧品メーカーのマーケティング担当として多くのブランドを育成し、ベンチャー企業で広報も。ミュージカルや舞台作品そのものの魅力はもちろん、そこに携わる方々のことを伝えたい。 ⇒村岡侑紀さんの記事一覧はこちら

コメント欄

有料会員登録してログインすると、コメントを書き込めます(コメントを送信すると、すべての人が読める形で公開されます)。

最近のコメント

  1. kinkonkan より:

    今回も興味深い内容のインタビューをありがとうございます。
    原田さんとのやり取りには、ほっこりした気持ちになりました。
    日野さんが、全てを賭けて挑んでいらっしゃる舞台を楽しみにしています。

  2. えりん より:

    日野さんがこの舞台に全力で向き合っていることがいくつもの答えから伝わってきました。一瞬も目が離せない舞台になりそうです。

  3. かこ より:

    来週末観に行きます
    どんな舞台になるのか想像もつきませんが楽しみです

最近の記事

■ 2022年8月掲載分
■ 2022年7月掲載分
■ 2022年6月掲載分
■ 2022年5月掲載分
■ 2022年4月掲載分
 過去記事一覧は⇒こちら 有料会員登録は⇒こちら
お勧め商品
新着商品
Sorry, no posts matched your criteria.