ミュージカル『マリー・キュリー』、3月13日開幕。ゲネプロ写真とコメントを紹介 | アイデアニュース

新着 予定 プレゼント 動画

ミュージカル『マリー・キュリー』、3月13日開幕。ゲネプロ写真とコメントを紹介

筆者: アイデアニュース編集部 更新日: 2023年3月15日

2023年3月13日(月)にミュージカル『マリー・キュリー』が東京・天王洲銀河劇場で開幕しました。同劇場で、3月26日(日)まで、4月20日(木)から23日(日)まで梅田芸術劇場シアター・ドラマシティで上演されます。本作は、2018年に韓国で初演、2021年の韓国ミュージカルアワードで大賞をはじめ5冠を総なめにしました。男性科学者しかいない時代に、ノーベル賞を二度受賞した科学者マリー・キュリーの物語を、Fact(事実)とFiction(虚構)を織り交ぜたファクション・ミュージカルの日本初演です。3月13日に開催された公開ゲネプロと取材会の写真、マリー・キュリー役の愛希れいかさん、ルーベン役の屋良朝幸さん、ピエール・キュリー役の上山竜治さん、アンヌ役の清水くるみさん、演出の鈴木裕美さんのコメントを紹介します。

ミュージカル『マリー・キュリー』=撮影・田中亜紀
ミュージカル『マリー・キュリー』=撮影・田中亜紀


【ストーリー】
9世紀末、マリー(愛希れいか)は、大学進学のため、パリ行きの列車に乗っていた。そこで出会ったアンヌ(清水くるみ)と希望に胸を躍らせ、当時、少なかった女性科学者として、研究者のピエール・キュリー(上山竜治)と共に新しい元素ラジウムを発見し、ノーベル賞を受賞する。ところが、ミステリアスな男・ルーベン(屋良朝幸)が経営するラジウム工場では、体調を崩す工員が出てきて……。

【取材会 登壇者コメント】
■マリー・キュリー役愛希れいかさん
本日はお集まりいただきありがとうございます。今日まで無我夢中で稽古をしてまいりましたので、稽古期間があっという間だったなと感じます。今日のゲネで何かを掴めたらなと思います。マリーという役はとにかく科学に対する愛がすごいので、演じていて自分自身も力が入ります。お気に入りのシーンは選びきれないんですが、ルーベンさん(屋良朝幸)のダンスパートが特に見どころかなと︕(笑)ポスターからは想像出来ないようなポップなシーンになっているのでそこが見どころかなと思います。この作品は韓国では女性解放運動がきっかけで出来たものだと伺っています。今から道を切り開こうとしている現代女性に送るというメッセージが込められていますが、女性だけではなく性別や年齢や国を問わず全ての人に響く作品となっていると思います。皆を信じて、鈴木裕美さんを信じて、皆様にメッセージを届けられるように精一杯やっていけたらなと思うのでどうぞよろしくお願いいたします︕

ミュージカル『マリー・キュリー』=撮影・田中亜紀
ミュージカル『マリー・キュリー』=撮影・田中亜紀


■ルーベン役:屋良朝幸さん
今までヒール役を演じることはあまり無かったので新鮮な役を楽しみながら、皆さんをめちゃくちゃにしようという気持ちです(笑) 今回、アニメーションという聖司朗君と一緒にやっているダンスナンバーがあり、恐らく日本初という感じのダンスナンバーを躍らせてもらっていて、そこを自分がやらせてもらっているのはすごく楽しいです。力を入れたところとしては自分の武器でもあるダンスの部分なので、そこがこの作品の面白さにハマってたらいいなと思います。お稽古をやる度色々な発見があるので、本番中でも新たな発見ができるかもしれないので本番を楽しみにしていますし、 舞台と言えど“ライブ“なのでその瞬間に起こることも楽しんで、チームワークを発揮していきたいなと思います。今回の作品は観に来てくれる人が共感できる部分がたくさんあるような作品です。その中でも何か一つを突き進む強さというのは、生きていく上ですごく大事なことだと思うのでそこはすごく感じ取ってほしいし、マリー・キュリーという作品の世界観が難しそうと思う人も今回ミュージカル作品ということで、歌とダンスで楽しんでいただけたらなと思います。


■ピエール・キュリー役:上山竜治さん
愛希さん演じるマリーと一緒に共同研究をしながら、献身的に支えるピエール役を演じさせていただきます上山竜治です。 韓国で本当に愛された作品なので、日本のお客様にどうやって受け入れられるのか、反応がすごく楽しみです。この作品は、すごく役割分担がとてもはっきりしていて、個性がすごく立っています。女性が輝いている作品に、助演として出演させていただきすごく嬉しいですし、屋良さんにも、もう絶大なるスパイスを作品に入れていただいています。僕は癒し担当と言いますか、献身的にマリーを支える癒しの夫という役どころで、私史上、1 番優しい役どころとなりますので、とても挑戦となります。(愛希さんとの)デュエット曲もずっと聴いていたいと思うような素敵な曲なので、皆様に早く届けたいです。マリーの生命力だったり、反骨精神、その輝いている姿に、自分もすごく勇気をもらいます。お客様にも元気や勇気、希望を、すごいシンプルな言葉になりますが、お客様に届けられたらいいなと思っています。ぜひ、劇場に足をお運びください。よろしくお願いします。

ミュージカル『マリー・キュリー』=撮影・田中亜紀
ミュージカル『マリー・キュリー』=撮影・田中亜紀



■アンヌ役:清水くるみさん
アンヌ役を演じさせていただく清水くるみです。2 ヶ月みっちり稽古してきて、たくさん通し稽古をやってきましたが、やっぱり初日は緊張するものだなと思っています。私が思うみどころとしては、愛希さんと上山さんのデュエット曲が大好きで、お稽古場でも泣いちゃうぐらい、本当に大好きです。愛のデュエットでもありながら、2 人が好きな科学に対しての愛のデュエットでもあり、とても素敵な歌詞とメロディです。2 人が歌われているのが、お稽古場の時から「ありがとうございます」と思いながら観てきましたので、ぜひ、そのシーンを観てほしいです。また、個人的には、ある動物になるシーンがあるのですが、見た目はキュートだけど残酷というか、観ていただければわかると思いますので、観て感じてほしいな、と思います。
この作品は(鈴木)裕美さんの演出により、ミュージカルでありながらもとても演劇的な作品になっていると思います。ミュージカルが好きな方も、ミュージカルを初めて観るという方も、演劇としても楽しめると思うので、本当にいろいろな方に観ていただきたいなと思っています。よろしくお願いします。

ミュージカル『マリー・キュリー』=撮影・田中亜紀
ミュージカル『マリー・キュリー』=撮影・田中亜紀


■演出:鈴木裕美さん
本日はお集まりくださりありがとうございます。みんなで意見を出し合い、話し合って有機的な稽古が出来たなと思っています。キャスト全員がものすごく役に合っていて、みんな生き生きとしています。このミュージカルは、韓国版と違って非常にシンプルですが、人間関係が見えやすいように俳優たちと話し合って作り上げましたので、ひとりひとりの人間が浮き上がってくるように見えていることを祈っています。今作は楽曲がすごく良いですし、ダンスナンバーもあり、俳優たちも魅力的なのでお楽しみいただけるんじゃないかなと思っております。マリー・キュリーは科学の話なのでハードルが高いと思われるかもしれませんが、全く難しくはなく、でも深い内容になっていますので是非会場に足を運んでいただきたいです。お待ちしております。

ミュージカル『マリー・キュリー』=撮影・田中亜紀
ミュージカル『マリー・キュリー』=撮影・田中亜紀
ミュージカル『マリー・キュリー』=撮影・田中亜紀
ミュージカル『マリー・キュリー』=撮影・田中亜紀
ミュージカル『マリー・キュリー』=撮影・田中亜紀
ミュージカル『マリー・キュリー』=撮影・田中亜紀
ミュージカル『マリー・キュリー』=撮影・田中亜紀
ミュージカル『マリー・キュリー』=撮影・田中亜紀
ミュージカル『マリー・キュリー』=撮影・田中亜紀
ミュージカル『マリー・キュリー』=撮影・田中亜紀

<ミュージカル『マリー・キュリー』>
【東京公演】2023年3月13日(月)~3月26日(日) 天王洲 銀河劇場
【大阪公演】2023年4月20日(木)~4月23日(日) 梅田芸術劇場 シアター・ドラマシティ
公式サイト
https://mariecurie-musical.jp

脚本:チョン・セウン
作曲:チェ・ジョンユン
演出:鈴木裕美
翻訳・訳詞:高橋亜子

出演:愛希れいか 上山竜治 清水くるみ
能條愛未 宇月 颯 清水彩花 石川新太
坂元宏旬 聖司朗 高原紳輔 石井 咲 大泰司桃子 / 屋良朝幸

ミュージカル『マリー・キュリー』 関連記事:

⇒すべて見る

愛希れいか 関連記事:

⇒すべて見る

上山竜治 関連記事:

⇒すべて見る

<アイデアニュース編集部>アイデアニュース編集部として作成した記事の一覧は ⇒こちら

コメント欄

有料会員登録してログインすると、コメントを書き込めます(コメントを送信すると、すべての人が読める形で公開されます)。

最近の記事

■ 2024年6月掲載分
■ 2024年5月掲載分
■ 2024年4月掲載分
■ 2024年3月掲載分
■ 2024年2月掲載分
■ 2024年1月掲載分
 過去記事一覧は⇒こちら 有料会員登録は⇒こちら
お勧め商品
新着商品
Sorry, no posts matched your criteria.