「仲間が揃った」、ミュージカル『カム フロム アウェイ』石川禅、咲妃みゆ、シルビア・グラブ、橋本さとし(上) | アイデアニュース

新着 予定 プレゼント 動画

「仲間が揃った」、ミュージカル『カム フロム アウェイ』石川禅、咲妃みゆ、シルビア・グラブ、橋本さとし(上)

筆者: 岩村美佳 更新日: 2024年3月12日

ブロードウェイミュージカル『カム フロム アウェイ』が、2024年3月7日(木)に開幕しました。3月29日(金)まで東京・日生劇場で、4月4日(木)から4月14日(日)まで大阪・SkyシアターMBSで、4月19日(金)から4月21日(日)まで愛知県芸術劇場 大ホールで、4月26日(金)から4月28日(日)まで福岡・久留米シティプラザ ザ・グランドホールで、5月3日(金・祝)から5月4日(土)まで熊本城ホール メインホールで、5月11日(土)から5月12日(日)まで群馬・高崎芸術劇場 大劇場で上演されます。

トニー賞、ローレンス・オリヴィエ賞、ニューヨーク・タイムズ紙の批評家賞をはじめ、数々の演劇賞を受賞し、日本初演となる本作は、2001年9月11日の同時多発テロの裏で、カナダにある小さな町・ニューファンドランドで起きた驚くべき実話を基に生まれた作品です。12人の出演者が100人近くの役を次々に演じ、それぞれのドラマが交錯しながら、開演と同時に一気に展開されていく濃密な100分間の物語です。音楽と共にスピーディーに伝えられる5日間の物語を通して、人種、国、宗教を越えて生まれる希望の光が届けられるでしょう。

安蘭けい、石川禅、浦井健治、加藤和樹、咲妃みゆ、シルビア・グラブ、田代万里生、橋本さとし、濱田めぐみ、森公美子、柚希礼音、吉原光夫(五十音順)の12人のみなさまと、スタンバイとして上條駿、栗山絵美、湊陽奈、安福毅(五十音順)の4人のみなさまで構成されるカンパニーです。アイデアニュースでは、石川禅さん(ニック&その他)、咲妃みゆさん(ジャニス&その他)、シルビア・グラブさん(ボニー&その他、ビバリー&その他カバー)、橋本さとしさん(クロード&その他)にインタビューしました。インタビューは上下に分けてお届けします。

これまでの共演や今回の稽古の中で感じるお互いの魅力、『レ・ミゼラブル』の様々なエピソードなど、さまざまなお話を伺いました。「上」の無料部分では、本作を通して伝えたいメッセージと、シルビアさんと石川さんの魅力についてみなさんに伺った内容を紹介します。有料部分では、石川さんについてのお話の続きを紹介します。「下」の無料部分では、橋本さんと咲妃さんの魅力について伺った内容を紹介します。有料部分では、咲妃さんについてのお話の続きを紹介します。

(右から)石川禅さん、シルビア・グラブさん、咲妃みゆさん、橋本さとしさん=撮影・岩村美佳
(右から)石川禅さん、シルビア・グラブさん、咲妃みゆさん、橋本さとしさん=撮影・岩村美佳

ーーまず、この作品についての、強くお伝えしておきたいメッセージをお一人ずつお聞かせください。

咲妃:とにかくひとりでも多くの方に体感していただきたいミュージカルです。人間味あふれる100分間をお届けできるよう、一生懸命に頑張ります。ぜひぜひ見届けていただけたらなと思います。

石川:きっとね、これを観たら、皆さんびっくりすると思います。だって私達がびっくりしてるんです。本当に毎回終わるとグターッと疲れるんですよ。これはね、絶対にご覧になった方がいいと思います。一つの作品を全員が力を合わせて作り上げるっていうのは、いつも私達役者って年齢も性別も超えてやってるので、普通とは違うものを常に作っているつもりではいましたけど、この作品ほどそれを感じることはないです。それは多分お客様もこの作品を見て、作品の内容はおいといて、そこにもちょっと感動されるんじゃないかなと私は期待しております。

シルビア:自分がニューヨークでこの作品を見たときに、何て演劇的なんだろうと思ったんですよね。日本だと、小劇場でやるような演出方式なんですよ。だからグランドミュージカルを見慣れている人じゃなくても、演劇を楽しめる人たちにとっても、すごく面白いものではなかろうかと私は思うんです。この作品を通して、ミュージカルを見てくれる人口がちょっと増えるといいなと思ってるんです。

しかもこれだけのいわゆるミュージカルのスターが集まって、演劇的なフィジカルな生身の役者だけで全てのことをやる作品を観れる場も、なかなかないと思うんですよ。このメンバーでの上演は、もしかしたらこれが最初で最後かもしれないので、絶対に観るべきですと私は思っております。

橋本:絶対に見てほしいなと思います。禅さんと稽古場で、今も隣り合わせで座っているんですけど、ぽろっと隣で「えらい作品出てしまったな」という言葉が聞こえてきたときに、僕は心の中で「ですね」って思ったんですけど、本当にすごいものに挑戦してるなと日々思っていて。

僕ら12人が、100人、100通りの人を演じるので、やっぱり大きなで出来事は一つですけど、そこに付随するいろんな感情だとかいろんなテーマが本当にこの作品の中に盛り込まれていて、且つそれを特殊技術を使うとか、舞台転換していくわけじゃなくて、マンパワーだけで見せていきます。お客さんは完全に没入していただいて、いろんな視点で見れる作品だと思うので、何回も観に来ていただきたいです。

***

ーーでは改めて、皆様のことを伺っていきたいと思います。今回この取材が実現し、貴重な機会をいただきました。

橋本:毎日一緒にいるとファミリーみたいで。確かに豪華なんだけど、慣れというか。ほとんどの方と、それぞれにいろんなところで共演歴があるので、僕らの感覚としては、仲間が揃ったっていう感じですよね。

石川:共演歴があるのは、大きいよね。

シルビア:知らなかったら、すごい緊張していたかもしれない。

咲妃:私は、このメンバーでいうと、ビアさん(シルビアさん)が初めましてです。でももちろん、一方的には舞台を拝見して存じ上げていました。お兄様方は……

石川:おじ様方でしょ(笑)。

シルビア:千と千尋の「神の世界」でも長く一緒にいたよね?

咲妃:お湯を沸かしてました。

橋本:そうでした。

ーーシルビアさんと咲妃さんの撮影のときに、咲妃さんがものすごく喜んでいらっしゃいましたよね。

咲妃:ビアさんのお芝居が、とても好きなんです。ナチュラルで心にダイレクトに届いてくる。稽古の中で今間近に拝見できてとても嬉しいです。

シルビア:一個だけ、『日本の歴史』を観たって言ってくれて。

咲妃:はい! 『ラビットホール』も拝見しました。こんなに長くご一緒させていただいてますけど、ふと我に返るんですよね。私すごい方とご一緒してるって。撮影のときも、ビアさんと一緒にツーショットなんてと思ってしまって。使える写真ありますか?というくらい取り乱してしまいました。

シルビア:こんなに喜んでもらえたら、こっちも嬉しくなっちゃう。

ーー皆様それぞれの魅力を掘り下げたいと思っているのですが、この流れで、まずはシルビアさんの魅力を伺えればと思います。共演歴の長い石川さん、橋本さんは、シルビアさんの魅力をどのように感じていらっしゃいますか?

シルビア:このメンバーでは、禅さんとの共演が一番古いかな?

石川:最初は『COMPANY~結婚しない男』という作品だね。何年前だろう。四半世紀?

シルビア:それくらい経ってるよね。だって、エリザベートが23年前だから。

石川:そうだよね。あのとき金髪だったよね。

シルビア:ショートにしてたかな。

石川:あの作品の中で、一番キラキラしたショーのシーンがあるんですよ。それをシルビア・グラブって子が。

シルビア:どこの誰だかわからない子がね。

石川:歌のひと声を聞いた瞬間に、納得したよね。すごかったんです。面白かったのが、セリフが片言の日本語で。「ネイティブな日本語が喋れるようになったら、君はスターになれるから頑張れ」って言ったんだけど、こないだ聞いたところによると、当時もう小池修一郎さんが目を付けていたらしいです。

橋本・咲妃:へぇぇ!

シルビア:そのとき、自分では訛っているつもりがなかったから、「何でこんなに言われなきゃいけないの!」って、ちょっと思ってました。ネイティブな日本語がわからないから、自分の発している音が、あまりわからなかったというか。

ーーその後訓練されたんですか?

シルビア:していないんです。元々いろんな言語で育ってきてるから、そこに何となく染まってきたんだと思うんですよ。例えば家だとドイツ語だったり、英語だったり、フランス語だったりとか、いろいろ喋っていたので。

橋本:すごい、俺なんか大阪弁と標準語。

全員:(爆笑)。

シルビア:それもすごいですけど!

石川:次に『レベッカ』で一緒になって。

シルビア:『レベッカ』はそこから10年経つか経たないかくらいだね。

石川:ダンヴァース夫人役が決まって、「ほら見たことか!」って思いましたよ。すごかったから。鳥肌が立ちましたよ。

橋本:すごかったね。客席で観ててやっぱり鳥肌が立った。

シルビア:あれはまたやりたいもん。

咲妃:やって欲しい!!!

橋本:ハマり役でしたね。僕は『レ・ミゼラブル』の稽古場で彼女がファンティーヌをやったときが初めてでした。ちょっとしたところでも、日本人にはないような仕草や表情とかをしていて、かっこいいなって思ってて。でも、喋るとすごい気さくで喋りやすくて。ファンティーヌのシーンで、帝劇の9階の稽古場で歌い出した瞬間に、みんなを黙らせるくらいの説得力がありましたね。稽古の段階で、あんなに歌で鳥肌が立って。

こんなに近かった人がグーッとなんかね、一瞬にして遠い人になったという、なかなかない経験をビアにはさせてもらっていて。禅さんが当初は片言の日本語だったっておっしゃっていましたが、僕が出会ったときにはもう完璧な日本語でした。言葉がすごく綺麗なんですよ。

シルビア:わぁ、嬉しい。

橋本:もしかしたらですけど、ビアの中でいろんな言語があって、メインになるのは英語なのかなとか。僕らがやる公演はレプリカで、海外で上演されたものを日本版として上演するのですが、まず英語を解読してそれを日本語にのせるという、言葉の解読の仕方が鋭いから、ビアの台詞回しはとても美しいんですよね。ビアの芝居にそのセリフが乗っかっていて、かつ表現力が豊かなので、ものすごい芝居に説得力があるんです。実は僕も、直接あんまり言ったことないけど、ひそかにものすごいファンなんです。

シルビア:なんだか恥ずかしくなってきた……(照)。

咲妃:そういう時間です……。

石川:今だから言うけどみたいな。

橋本:そうそう。こういう機会なんでね。やっぱりかっこいいなと思う。ビアは本当に。

シルビア:有難いです。

ーー咲妃さんは、うっとりとお二人のお話を聞いていらっしゃいましたが、改めていかがですか?

咲妃:ビアさんは、唯一無二な声質だなって思います。温かくて芯があるというか。セリフもお歌もそうですけど。

ーー確かに、似た声の方って思い当たらないですよね。

シルビア:ありがとうございます。

ーーでは、次に石川さんについていかがでしょうか。

シルビア:今回、おじさんたちとは大体共演しているんですけど、一番最初の共演は禅さんでした。当時は、日本でミュージカルを観ていなかったから、共演者のこともほとんど知らなかったですが、『レ・ミゼラブル』はリトルコゼットの頃からオーディションを受けていたから、「レミゼに出てる人なんだ、マリウスやってたんだ、この作品のあの役ってことは、すごい人なんだ」って。やはり『COMPANY~結婚しない男』はソンドハイムだから、曲がめちゃめちゃ難しいんですよ。

あの作品も、今回みたいにオールスターキャストで、みんながアンサンブルもやる作品でした。そんな中で、やはりその声がすごく聞こえてきたり、演技がすごく優しいのが印象に残っていて。『レ・ミゼラブル』でも共演したんですけど、客席で観た『マリー・アントワネット』のルイ16世の曲が堪らなくて。

声に優しさがすごくあるからどうしても聞いちゃうし、今回も安蘭けいさんとデュエットがあるんですが、「そうそう、禅さんのこの優しい包み込むような、愛情たっぷりな声が私は好きなんだよな」と、稽古場でも感じていて。出ずっぱりなんですが、あの場面は一瞬前で見れるんですよ。「これが私が好きな禅さんの声だ」ってうっとりしています。

石川:ありがとうございます。でも私は今回何が嬉しいって、やっぱり夫婦……。

シルビア:そうそう!

石川:「おお! ビアと夫婦だぁ」と思って。尻に敷かれた旦那の役で。

シルビア:仲がいいんだか、悪いんだかわからない(笑)。この作品は、それぞれの関係性を深く追わないんです。だから瞬間芸というか、その中でどれだけの関係性を作れるのかというチャレンジがあって。(禅さんが)いいんですよ!その尻の敷かれ具合が超かわいくて(笑)。

石川:それだけにね、今までの共演歴が物を言うんですよ。お互い顔見知りで、何となく心情もわかるみたいな人たちがいるからいい。「初共演で、夫婦ですか?」っていうんじゃないから。

シルビア:確かに、そこはすごい信頼感ですね。私はほとんど旦那のことを見ない役なんですけど、禅さんは絶対何か受け取ってくれているだろうなっていう、そんな信頼感があります。

石川:楽しいですよ。

ーー皆さんの関係性が生かされるんですね。

橋本:禅さんとはね、不思議な出会いっていうか。共演する前に、声だけで一緒にやらせてもらったんです。

石川:はいはいはい!

橋本:「ベスト・ミュージカル2」というミュージカルのオムニバスCDを出したときに、『RENT』をデュエットしたんです。僕がロジャーで。

石川:私がマークで「What You Own」。

橋本:石川禅さんとデュエットしてくれと言われて。

石川:ただ残念なことに、録音は別々だったんです。

橋本:まず声だけで、共演させていただいて。

シルビア:私もそのCD出てるよね。

石川・橋本:そうそう!

咲妃:わぁ!

橋本:浦井健治も出てたりね。

シルビア:禅さんと一緒に歌ってるよね。

石川:『ミス・サイゴン』の「世界が終わる夜のように」だね。

橋本:僕はもう一曲『ジーザス・クライスト・スーパー・スター』から「ヘロデ王」。

石川:「ヘロデ王」めっちゃ面白かったよね。

橋本:面白いCDだと思いますね。そう、そんな感じなので、まず声で初めましてでした。

石川:さとしさんの「ヘロデ王」があまりにも魅了的だったんで、「俺も歌ってみたい!」と思っちゃって(笑)、自分のコンサートで歌ったんです。

橋本:そうなんですか!

石川:オリジナルで歌っていたんだと思ったら、なんと初挑戦って聞いて。

橋本:作品には出たことないですね。でもあのミュージカルがとても好きで。禅さんとはそういう出会いがありました。

※アイデアニュース有料会員限定部分には、石川禅さんの魅力について伺ったお話の続を紹介し、インタビュー前半の全文と写真を掲載しています。13日掲載予定のインタビュー「下」の無料部分では、橋本さとしさんと咲妃みゆさんの魅力について伺った内容を紹介します。有料部分では、咲妃さんについてのお話の続きを紹介し、インタビューの後半の全文と写真を掲載します。

<有料会員限定部分の小見出し>(有料会員限定部分はこのページの下に出てきます)

■橋本:禅さんに、「俺ら芝居屋はさぁ」という話をミュージカルの現場でしてもらった

■咲妃:禅さんの目が、キラキラしてるんですよ! ピュアな心が全て出ていて

■橋本:禅さんは声色を変えるとかではなく、自然に「その人」になって出てくる

■石川:すごい勢いで時間が通り過ぎるから、自分では全然演じ分けている感覚がない

<ブロードウェイミュージカル『カム フロム アウェイ』>
【東京公演】2024年3月7日(木)~3月29日(金) 日生劇場
【大阪公演】2024年4月4日(木)~4月14日(日) SkyシアターMBS
【愛知公演】2024年4月19日(金)~4月21日(日) 愛知県芸術劇場 大ホール
【福岡公演】2024年4月26日(金)~4月28日(日) 久留米シティプラザ ザ・グランドホール
【熊本公演】2024年5月3日(金・祝)~5月4日(土) 熊本城ホール メインホール
【群馬公演】2024年5月11日(土)~5月12日(日) 高崎芸術劇場 大劇場
公式サイト
https://horipro-stage.jp/stage/comefromaway2024/

『カム フロム アウェイ』 関連記事:

⇒すべて見る

石川禅 関連記事:

⇒すべて見る

咲妃みゆ 関連記事:

⇒すべて見る

シルビア・グラブ 関連記事:

⇒すべて見る

橋本さとし 関連記事:

⇒すべて見る

※石川禅さん、咲妃みゆさん、シルビア・グラブさん、橋本さとしさんのサイン色紙を、有料会員3名さまに抽選でプレゼントします。有料会員の方がログインするとこの記事の末尾に応募フォームが出てきますので、そちらからご応募ください。応募締め切りは4月12日(金)です。有料会員の方はコメントを書くこともできますので、どうかよろしくお願いいたします。

(右から)石川禅さん、シルビア・グラブさん、咲妃みゆさん、橋本さとしさん=撮影・岩村美佳
(右から)石川禅さん、シルビア・グラブさん、咲妃みゆさん、橋本さとしさん=撮影・岩村美佳

全文が読める有料会員登録にご協力を

アイデアニュースは、有料会員のみなさんの支援に支えられ、さまざまな現場で頑張っておられる方々の「思いや理想」(ギリシャ語のイデア、英語のアイデア)を伝える独自インタビューを実施して掲載しています。ほとんどの記事には有料会員向け部分があり、有料会員(月額450円、税込)になると、過去の記事を含めて、すべてのコンテンツの全文を読めるようになるほか、有料会員限定プレゼントに応募したり、コメントを書き込めるようになります。有料会費は取材をしてくださっているフリーランスの記者のみなさんの原稿料と編集経費になります。良質な取材活動を続けるため、どうか有料会員登録にご協力をお願いいたします。

    
<筆者プロフィール>岩村美佳(いわむら・みか)  フォトグラファー/ライター ウェディング小物のディレクターをしていたときに、多くのデザイナーや職人たちの仕事に触れ、「自分も手に職をつけたい」と以前から好きだったカメラの勉強をはじめたことがきっかけで、フォトグラファーに。「書いてみないか」という誘いを受け、未経験からライターもはじめた。現在、演劇分野をメインに活動している。世界で一番好きなのは「猫」。猫歴約25年。 ⇒岩村美佳さんの記事一覧はこちら

コメント欄

有料会員登録してログインすると、コメントを書き込めます(コメントを送信すると、すべての人が読める形で公開されます)。

最近のコメント

  1. まっきー より:

    今回も、とても素敵な記事と写真をどうもありがとうございます!
    カムフロムアウェイという作品はもちろん、それ以外の作品でのそれぞれの共演話を読むことができて嬉しいです。
    有料部分でも、禅さんについてのお話や禅さんらしいやりとりもたくさん読めて、とても楽しかったです。

  2. みょうちゃん より:

    初日講演を見た後に読んだので、「そう、そう」と納得できるところがたくさんありました。それぞれの俳優としてのキャラも話題になっていて、読みごたえがありました。

  3. JUN より:

    素敵な対談でした。お互いの素敵なところを褒め合う切り込みが、よかったです。4人という新鮮なメンバーで、よかったです、

  4. つき より:

    開幕した週の週末にマチソワしました。その日の朝、急遽、予習としてBW版(Apple TVの配信)も観たので、同じ演目を1日で3回観たことになりますが、飽きるどころか、観るたびに気づくこと、腑に落ちることがどんどん出てきて、物凄く豊かな100分間でした。
    このインタビューを読んで、あれだけの芝居を見せてくださる座組ならではの雰囲気が伝わってきて、読んでいるこちらも、とても楽しかったです。咲妃さんのビアさんとのツーショット、本当に幸せそう(^^)

最近の記事

■ 2024年4月掲載分
■ 2024年3月掲載分
■ 2024年2月掲載分
■ 2024年1月掲載分
■ 2023年12月掲載分
■ 2023年11月掲載分
 過去記事一覧は⇒こちら 有料会員登録は⇒こちら
お勧め商品
新着商品
Sorry, no posts matched your criteria.