「祈ることが芸能に発展していく」 鼓童「混沌」ドラム監修、梶原徹也(下) | アイデアニュース

新着 予定 プレゼント 教室 Q&A

会員登録バナー

「祈ることが芸能に発展していく」 鼓童「混沌」ドラム監修、梶原徹也(下)

筆者: 桝郷春美 更新日: 2016年6月21日

 

梶原徹也さんのインタビュー後半は、今後の活動などについて紹介します。有料会員向け部分では、坂東玉三郎氏についての印象、鼓童の若手メンバーに伝えたいことなどのお話を伺いました。

 

梶原徹也さん=撮影・桝郷春美

梶原徹也さん=撮影・桝郷春美

 

 

■今の時代、ここまでストイックに!

 

――2011年以降、梶原さんの今後の活動の方向性が見えてきた中で、約4年前の鼓童さんとの出会いは自然な成り行きだったのでしょうか。

 

そうですね。僕の中では、自然な成り行きでした。人間が生きていくのに本当に必要なエネルギーがあるとしたら、鼓童さんの活動は、まさに全身全霊でそこに向かっている感じがします。彼らは、今の時代にここまでストイックに!という感じで日々、太鼓に打ち込んで精進しています。僕自身も、本当にやりたい活動に向かう流れの中にいますので、そんな時期には、互いに目指すものが合わさって一つに集まってくるんだなという感覚はあります。

 

――鼓童の曲について、梶原さんの印象は?

 

鼓童の代表曲は、神社の祭りのリズムから頂いているものが多いんです。昔のメンバーが神社に何年も通って習得し、許可を頂いて鼓童風にアレンジしている曲が何曲もあります。例えば、埼玉県の秩父神社の「秩父夜祭」で演奏されている「屋台囃子」という曲。これも鼓童の代表曲ですが元々、秩父神社のお祭りのための神様に向けた音楽です。太鼓は本来、神様に祈ることに通じていて、それが芸能に発展していく。そんな太鼓を叩くことの根本について、私自身も再確認させていただきました。さらに、そのようなことを鼓童の若いメンバーに伝えてほしいと外の人から言われることもあります。

 

「鼓童ワン・アース・ツアー2016 ~混沌」公演より=撮影・岡本隆史

「鼓童ワン・アース・ツアー2016 ~混沌」公演より=撮影・岡本隆史

 

 

■太鼓の持つエネルギーをドーンと伝えて行きたい

 

――これからの鼓童さんとの関わりは?

 

ここまでがっつりドラムが作品の中に入るのは、現在地方公演中の「混沌」で一段落だと思いますが、それを更に次の段階に落とし込むアイデアを鼓童のスタッフやメンバーと話しているところです。それがどういう形で日の目を見るか、今はまだ発表できませんが、一つ言えるのは、メンバーの小田洋介さんと私が一緒にやっている「えびす大黒」という太鼓とドラムのユニットがありまして、ああいう感じのことを続けて更に発展させていきたいです。

 

ポジティブなところとより太いラインをつないで、太鼓の持つエネルギーをドーンと皆さんに伝える。そんな感じでどんどん行きたいですね。そんなことで頭がいっぱいです(笑)。

 

「鼓童ワン・アース・ツアー2016 ~混沌」公演より=撮影・岡本隆史

「鼓童ワン・アース・ツアー2016 ~混沌」公演より=撮影・岡本隆史

 

 

<鼓童ワン・アース・ツアー 2016 ~混沌>(6月21日以降分)
2016年6月22日(水)兵庫県明石市 明石市立市民会館(アワーズホール)
2016年6月24日(金)高知県高知市 高知市文化プラザかるぽーと(大ホール)
2016年6月26日(日)鳥取県鳥取市 鳥取市民会館
2016年7月2日(土)愛媛県松山市 松山市民会館
2016年7月3日(日)愛媛県宇和島市 南予文化会館
2016年7月5日(火)山口県岩国市 シンフォニア岩国
2016年7月8日(金)佐賀県佐賀市 佐賀市文化会館 大ホール
2016年7月10日(日)福岡県北九州市 北九州市立黒崎ひびしんホール
2016年7月12日(火)大分県日田市 パトリア日田大ホール
2016年7月14日(木)宮﨑県延岡市 延岡総合文化センター
2016年7月22日(金)長野県長野市 長野市芸術館メインホール
2016年7月24日(日)静岡県焼津市 焼津文化会館

 

 

<関連ページ>
「太鼓芸能集団 鼓童」のホームページ ⇒http://www.kodo.or.jp/index_ja.html
梶原徹也のお風呂でコーヒーもう一杯! ⇒http://ameblo.jp/tetsuya-kajiwara/

 

 

<プレゼント>
梶原徹也さんのサイン色紙と写真1枚をセットにして、抽選でアイデアニュース有料会員(月額300円)3名さまにプレゼントします。応募は以下のフォームからお願いします。応募の際に記入いただいたメッセージは、コメントのページ(⇒こちら)に掲載します。応募締め切りは7月4日(月)。当選者の発表は発送をもってかえさせていただきます。(このプレゼントは締め切りました。ご応募ありがとうございました。)

 

 

<ここからアイデアニュース有料会員(月額300円)限定部分>

 

■「アマテラス」に新しい世界が生まれるメッセージを感じた

 

■芸術監督の玉三郎さんは、別の視点から俯瞰して、まとめられる方

 

■楽しいことや、できる!っていうポジティブなエネルギーを伝えていきたい

 

アイデアニュース会員登録は⇒こちらから

 

全文が読める有料会員登録にご協力を 月額300円

アイデアニュースは、自由な編集方針を貫き、読者のみなさまに本当に役に立つ情報を提供するため、広告を掲載せず、企業や団体からの金銭を一切受け取らず、有料会員のみなさんの支援のみで運営しています。ほとんどの記事には有料会員向け部分があり、有料会員(月額300円、税込)になると、過去の記事を含めて、すべてのコンテンツの全文が読めるようになるほか、プレゼント応募やコメント記入などができるようになります。会費は取材をしてくださっているフリーランスの記者のみなさんの原稿料となります。良質な取材活動を続けるため、どうか有料会員登録にご協力をお願いいたします。

    
<筆者プロフィール> 桝郷春美(ますごう・はるみ)福井県小浜市出身。人生の大半を米国ですごした曾祖父の日記を読んだことがきっかけでライターを志す。アサヒ・コム編集部のスタッフとして舞台ページを担当後、フリーランスのライターに。雑誌やウェブサイトにインタビュー、ルポなどを執筆。世の中と表現の関わりに関心を寄せる。表現の根っこにあるものを作品を通して見つめ、言葉で伝えていきたい。 ⇒桝郷春美さんの記事一覧はこちら

投稿・コメント欄(現在、ログインしていないので記入できません。有料会員がログインすると記入枠が表示されます)

有料会員(月額300円)登録してログインすると、投稿・コメントを書き込めます

更新情報

アイデアニュースの更新情報は、TwitterとFacebookとYouTubeとInstagramで、日々発信しています。いずれも登録は無料ですので、フォローしてくだされば幸いです。⇒Twitter ⇒Facebook ⇒YouTube ⇒Instagram

最近の記事

■ 2019年2月掲載分
■ 2019年1月掲載分
■ 2018年12月掲載分
 過去記事一覧は⇒こちら 有料会員登録は⇒こちら
お勧め商品